旅行

四国旅行旅のこぼれ話

今回、観光バスの座席が2席で一人でしたから、窓際に座ってゆっくりと車窓を眺めました
あちこちで、面白おかしいブログネタに出会いました
zz
びっくりしたバス停。
たいま。。ではなくおおさって読むらしい。
丁度このバス停の前で信号待ち
zzz
これは宇和島近辺を走行中
滅多やたらと電柱が多くありませんか
木製の電柱がそこら中にありました
大きな道路の両脇にも林立状態でした
風あたりがきつく、長い電線が張れないのかと思ったのですが。。。わかりません
zzzz
10分100円のレンタカーだって!

zzzzz
四国らしい。。お遍路さんへの案内図
今回、2か所でお遍路さんと思われる方に遭遇しました

zzzzzzz
主人に聞くとタバコの葉だそうです

zzzzzzzzzz
たかっ!私の方では161円くらいかな。。
zzzzzzzz
各ホテル。。ティバッグ。こちらにも龍馬様仕様

ところで、ティパック。ティバックで車中で意見が分かれました
私は従来からティバックだと言ったら、それは女性の下着だと。。(笑)
帰って一番に調べたら、正解は「Tea Bag(ティーバッグ)」です。
文字通り茶葉を手持ちカバンのような形の袋に入れていることが由来です。
私の言うティバックは女性の下着です大笑
ティバッグ。。覚えておかないと。。。

Tさん。その様です。

 x

南海トラフ巨大地震がひとたび発生すると津波の心配が大きいですね
あちこちで、津波の時の避難場所を見かけました
使うことがありませんように

xx
空港でもこの表示が。。
zzzzzzzzz
高知駅前で土佐三志士像。武市半平太(たけちはんぺいた)、坂本龍馬、中岡慎太郎の銅像です
特殊加工された発泡スチロールで出来ているそうで、台風接近時には、倉庫などに保管されるそうです。添乗員さんのお話でした

長く旅行記にお付き合いくださってありがとうございました

おしまい!

四国旅行3日目 高知城 ひろめ市場

高知のホテルは高知城の近くでした
夕食までの時間に皆で高知城を訪ねました
夕刻であったため、中に入ることが出来ず、そとを見るのみ


8
6

7
12

女性陣他一名。お疲れモード全開で、ベンチでお喋り
(主人が遠くから撮ったみたいです)

そのころ。。。長老は

15
5
すこぶるお元気です
鍛え方の違い?77歳。金毘羅さんも階段制覇されたし。。
一番元気!

土佐藩祖・山内一豊の像
a


板垣退助の像
aaa

一豊を内助の功で支えた お千代の像
aa
良妻賢母として有名ですよね。(一豊のために用意した馬)
aaaaaa
愛妻歌碑
あきかぜの福井の里にいもをおきて
安芸の大山越がてぬかも
(福井は福井県ではなく高知城下の意)

同行の男性陣に声高らかに伝えたい歌碑でした

お城からすぐ近く
のん兵衛さん御用達のひろめ市場で夕食を

a
高知市公式HPより画像拝借
zz
沢山のお店60店舗があり、いろいろの料理があり、賑やかに笑い声のあふれるフードコート
その席数は500席

値段的にも庶民の味方
高知市民も旅行者も一緒になって楽しめ相席も当たり前

なかなか空いた席がなく、6人が一緒には無理っぽい。。

とりあえず、あちこちに別れて着席
少しづつ。。陣地を広げて。。(笑)最終的には6人一緒に


aaaaa

鰹が何と言っても美味しかったようです
塩で食す鰹の叩き。初めて!
にんにく。わさびが添えられています

z


ビールだ。。お酒だ。。。賑やかに。
1滴も呑めない私ですが、この雰囲気と美味しいメニューに大満足

zzzzz

zzzzzzzz

お隣の席のおねえちゃんから、差し入れ。。
(お隣の席には地元の女性同士で4人でした)
zzzzzzzzzzzz
アイスクリームを頂きました。
袖すり合うも他生の縁とか言いますが、
本当にうれしい出会いでした

主人がお礼にお酒を返しに行くと
お姉さんが私たちの席まで来てくれて。。
酒盛り。。(笑)

zzzz
30代のおねえちゃん。男性陣はもろ手を広げて大歓迎
70代のおばちゃんではよほど不満だったのか
男性陣の顔が見たこともないような顔に代わるのを
見逃さない女性陣でした

zzzzzzz
zzzzzz
もうすぐ結婚50年
見たこともないこの笑顔!
こんな笑顏。。どこにしまってあるんやろう


余りの楽しさに餃子の写真を撮り忘れました
この餃子。。本当に美味しくて。。
お隣のお姉さんに教えて頂いたお店です

zzzzzzzzzzzzz
aa
安兵衛HPから拝借

本当にこのお店。長い行列に加わった甲斐がありました
おいしゅうございました

楽しい夜は更けて。。。
ホテルに戻ります
ライトアップされた高知城が浮かび上がって
とても綺麗でした
2
3

ホテルに帰ってそれぞれの部屋に入ったかと思いきや。。
4
パジャマ談義勃発中

明日は最終日。お天気はよさそうです

・・・つづく・・・



四国の旅 3日目 下灘駅 佐田沈下橋 高知市内

今治で迎えた朝。
b
朝からたっぷりバイキング。ご飯は頂きませんがお味噌汁を。
珍しく赤みそでした

さぁ出発

降りしきる無常の雨

この日、私の一番楽しみにしていた下灘駅に行くと言うのに。。

雨も雨。。。警報級の雨

バスの座席の高さまで、雨を跳ね上げる。。

5

何とか小降りにならないかと。。。祈るような気持ち


7

国道から見る下灘駅(車窓からアッと思った時には遅い。)

JR予讃線。下灘駅は海に一番近い無人駅として有名になり
『HERO』特別篇や、『男はつらいよ』でも、下灘駅が登場
青春18きっぷのポスター撮影にもこの駅が何度も採用されている。



9

最寄りの駐車場までは道が狭く、バスが行くことが出来ず100メートルほど緩やかな坂道を歩くと言う
この大雨の中。。。
さて。。どうする。。。

また来れるだろうか。。その確率は低いように思う
第一、今回の旅は、父母ヶ浜とこの下灘駅に行きたくて申し込んだんだし。。。
行こう!決めた!
ツアーの方たち22人のうち10人がバスを降りられ
(我々グループでは3人)
合羽を着て、傘をさして。。降りしきる雨の中を会話もなく黙々と歩く
もはや合羽が合羽の役目をなさず。。
靴の中もびたびた

6


2

晴れていれば、目の前の伊予灘が青く綺麗だろうに。。
aa
a

上記2枚。伊予市HPから拝借

晴れていれば、せめて曇りなら
ホームのベンチに腰掛け、遮るものが、何一つない海をボーっと眺めていたかった。

8

10


確かに来た!証拠写真
4
3

aaaa
こんなラブラブベンチ。風情を壊すものだとおもった。
ホームの長いベンチで寄り添って海を眺める事こそが、ラブラブなのでは。。。
オバサンのひがみかな・・(笑)

四国の絶景を回る旅。7番目の絶景は大雨に祟られ散々だった
しかし
これもまた旅の思い出の一ページになると思う

高速を降り昼食会場に
q
qq
昼食はバスの中で申し込んだ
鯛めし何とか。。。1,900円 
鯛のお刺身をつけ汁に入れ、
qqq
ご飯に掛けて食す
qqqq

一言!ご飯がまずい!
炊き方に問題があるのか、お米の品種があるのか。。
とにかく6人全員が、「まずい!このご飯!」

雨は段々と小降りになり、傘の必要はなくなり小走りでバスにもどる。

バス走行2時間余り愛媛県から高知県に(途中一か所で休憩あり)
bb

最後(8番目)の絶景地は
四万十川 佐田の沈下橋 

沈下橋とは
増水時に川に沈んでしまうように設計された欄干のない橋のこと


c
ccccc

cc
cccc
ccc
cccccc
曇天ながら雨はすっかり上がった
普段はこんなに水位はないと言う話を添乗員さんから聞くも、先ほどまでの大雨で
勢いよく流れる四万十川だった
2
女であることを捨てた女
3

欄干のない橋をスピードを落とさず走る黒のトラック

f
高知の街中に入り
ff
11

札幌時計台。長崎オランダ坂とともに日本三大がっかり名所と言われる。。はりまや橋
♪坊さんかんざし買うを見た♪

ffff
fffff
市電も珍しいなぁ

この日今治のホテルを8:00に出発
高知のホテル到着は17:00
走行距離330キロ

元気印の年より軍団
この後高知城に。。
そして高知の夜はひろめ市場で。。

やっぱり今日も前半。後半になってしまった

・・・・つづく・・・






四国の旅 2日目 来島海峡 亀老山 今治城

金毘羅さんをそれぞれに参拝し、食事を済ませてバス集合
二時間走って次なる絶景地。愛媛県の今治に向かいます


3

バスの中から瞬時に写す・・後々のブログ編集のための覚えに。。ブログ魂炸裂
高松道 善通寺のインターから高速に乗りました

4
石鎚山SAで休憩後、
しまなみ海道来島海峡大橋に向け出発
PXL_20240527_044804210

5
ジャァ~∻ン!絶景かな!
6

a
8

雨が降らなくて良かったぁ・・・心底そう思いました

来島海峡大橋を渡り対岸の亀老山展望台(きろうさん)
9
一段と高い展望台から、走って来た来島海峡大橋が一望できました
お天気で良かったぁ・・

10

もう一段高い所まで皆さんは階段を上られましたが
私はパス。。
(金毘羅さんでアホ程歩いてまだ歩ける老人軍団って。。。)
aaaa
aaaaa
労をねぎらい写真の数を増やしておきます

二日目観光を終了し、バスは今治市内に
この日のお宿(今治国際ホテル)に向かいました

この日のバス走行距離160キロ
午後3時20分にホテル到着

元気な老人軍団。ホテルのそばの今治城まで足を運んでいましたが
私は空調のきいたお部屋で明日に備えてお昼寝タイム

今治城の画像。友人から頂きました
s
右に見える三角帽子の建物が、我々の宿泊した今治国際ホテルです
a

ss
お堀は海水が引かれているため海水魚が泳いでると皆でびっくりでした
sss
ssss
伊予半国領主として20万石を領した藤堂高虎像
三重県人の我々からすれば、伊予国今治から三重の地に移り住み、津の殿様としての藤堂高虎を思いますが。。。

z
ホテルの部屋から見えました(窓ガラス汚れ大いにあり)


夕食は宴会場で
zz
zzz
zzzz

a

2日目終了
足のふくらはぎが痛む夜。。(笑)

3日目に続く。。。私が今回の旅行で一番行って見たかった下灘駅の行程が含まれますが、明日はとうとう雨みたい。。




四国の旅 2日目 金毘羅宮

旅行2日目。この日は金毘羅宮参拝が組まれています
朝起き窓を開き、雨の確認
音を立てて雨が降っていました
3
(ホテルの部屋より)
ただ、救いは午前9時ころには雨も止む予報
出発のころには止んでいますように。。。
バイキング形式の朝食会場に出向きます。
6
階下のバイキング会場が見渡せました

食事を済ませ、出発までの時間、あちこちをうろうろ。。
心配した雨はやんでいました(やったぁ~~)

4
玄関前に6人集合
5
車窓から見るホテル。大きなホテルでした
20分くらいで金毘羅さん到着

金毘羅宮参拝。 6人中2人は階段一段目から頑張って歩いて上られました
6人中 1人の方は膝の調子を案じられ、上る事を諦められました
6人中 3人(私夫婦。男性友人)途中までタクシーを利用しました

金毘羅さん参り。本宮までの石段は785段(奥社まで1368段)
バスの中で添乗員さんの説明では、大門の所365段目までタクシー一人700円
ちょっと魅力的な話ですね
私は、参拝をあきらめて下で待つことに決めていましたが、こんな方法があるなら・・

バスをお店の駐車場に止めて、歩く道すがら、お店の方から主人が耳よりな情報をゲット
何と500段目まで4人で2000円(1人500円)でタクシーを用意して下さるそうで・・・

その話!乗った!
500段目までタクシーで登れば、残りは285段
何とかなりそうです

長い石段を上る『石段かご』は担ぎ手の高齢化と後継者がいないという理由で2020年の1月末50年の歴史に幕を下ろしたとのことでした

7
元気な友人はさっさと歩き(我々グループの一番長老)
11
杖を借りてイザゆかん!
(我々のグループはバスを駐車したお店で無料で貸し出しあり)

我々「3人。はタクシーに乗り込みました
途中 JR 土讃線 琴平駅 
8

近くに琴平電鉄琴平駅もすぐそばにありました(画像なし)

一方通行の道を外してタクシーは階段500段目まで送ってくれました
なんとありがたや・・・

主人と友人は残り285段を歩いて本宮参拝
私はと申しますと。。。
何と階段500段目に資生堂パーラーのお店神椿

何度も参拝してるしぃぃと自分に甘くお店の周りを一人うろうろ

9
こんな山の中にどうして資生堂パーラーが。。。
レストランの方ではなく、カフェテラスに陣取ってここで一休み
(まだ階段一歩も歩いてないのに。。ブログネタ調達)
10

濃厚な抹茶ソフトの上に五色のお豆がトッピングされています

ここは石段500段目。残り285段
12
500段目から本宮の階段を望む
ここで手を合わせ、無礼の段。平に誤り階段を下りる事にしました
後で主人に聞いたら「ここからの階段が高さがあり上りにくかったと。。)
狭心症の私・・上らず正解だったかも

のんびり階段を下りながら、あたりを見て歩きました

13
14
書院  
建物自体が重要文化財
15

有形民俗文化財 青銅大燈籠
16
大門 
神域の総門でこれより内が境内です。
二層入母屋造・瓦葺です。

17
五人百姓 この日は三人でした
19
階段をずいぶん下りてきました
振り返ると。。なんと!この石段。。。
登れるはずがないと確信しました

500段を降りてくるだけで、膝がガクガクしているのが分かります。アシタはエライ事になりそうだ。。。

石段下で友人と合流
aa

見上げれば、友人が参拝を済ませて帰ってきました
この方。。我々6人の中で最年長
最年長ご夫婦だけ階段785段を往復されました
(奥様も旦那様に遅れる事10数分。無事にご帰還されました)

大変な思いをされて本宮まで行かれたTさんから
画像を頂戴しました
honnguu
本宮さん
zzz
上で男性三人が会えたようです

そして。。。ご親切に買って来て下さいました
ここで買うことが出来るお守り。御朱印
zzzz
ご利益がありそう。。

さぁ!遅いお昼は讃岐うどん
a
参道のセルフのお店
琴平町観光協会のページで知った「てんてこ舞い」
aa
セルフのお店でしたが、讃岐うどん。おいしゅうございました
aaa
それぞれにチョイス。私はザルうどん
400円だったかな?安い!美味しい!

2日目は1ページで済ませるつもりでしたが
画像が多く、この日も前後で分ける事になりました

2日目後半につなぎます。。愛媛県に移動し
来島大橋の観光。 またお付き合いください





四国の旅 1日目 かずら橋 枇杷の滝 父母ヶ浜

大歩危峡を後に、絶景3番目は、吉野川の上流、祖谷のかずら橋
私は、過去に2度来てます。最初に訪ねた折。余りにも水量が多く、ザァザァと流れる川に恐怖を感じ、戻るに戻れない状況が、以後トラウマとなり、2回目以降同行者のカメラマンに徹してます。

PXL_20240526_064040487

今回も私はこちらの橋から皆を見つけようと思います

2

この景色は好きです

3

同行の人達を見つけました。(通行料金は550円)
手を振ってる!余裕なのかな。。。

4

いやいや。。余裕は感じられない。。

PXL_20240526_063915064

aa


渡り切る手前で待ち構えました

みんな必死の表情を撮る事ができました

6

aaa
aaaa

上2枚の写真は
友人が橋を渡りながら撮った写真です
写真を撮りながらって・・・余裕のよっちゃんや!(笑)

近くのびわの滝。高さ40メートル

7

17年前に訪ねた折の写真(2007年の夏です)
a

若い!痩せてる!
時間は残酷だ!

aaaaa
aaaaaa


山が重なり景観は見事な事ながら、この地で生活する人々を思うと複雑な思いに駆られました
バス車窓より撮りました
b

YouTubeで見つけました。
https://www.youtube.com/watch?v=rfmk379E8dM


バスを進める事2時間弱香川県に入り
絶景4番目は  父母ケ浜(ちちぶがはま)
インスタ映えの火付け役となってSNSで大人気となった所です。
今回、旅行の行程にここを見つけて、楽しみにしていました
干潮の際の潮だまりに写るシルエットが鏡のように上下対象に見えるスポットです
丁度、バス到着は引き潮時。やったぁ!
2
見渡せば、若い人でいっぱい・・・
年より軍団!イザ!

我々の顔じゃなく(笑)潮だまりの方を見てください
4

上手く撮れませんが。。それなりに。

3

5
風が出てきました。うまくいきません。

aa
夕日。引き潮。無風。三拍子そろうと上記のような写真が撮れます
画像お借りしました

6
砂浜に残されたアート
7
足洗い場完備!

若い方に混じって、年より軍団。思いがけず楽しい時間でした
雨が降らなくて本当に良かったぁ。。。
8

この日の宿泊はレノマの
レオマワールドなど様々なアトラクション。温水プール。フラワーガーデンなどが揃う一角に祟づむホテルです
9
公式HPより

bb
イルミネーションが灯り始めた頃。。ホテルの部屋から

長い一日が終了です
この日のバス走行距離200キロ
高知県から徳島県に入り香川県まで進めました

明日は金毘羅さん。・・・つづく・・・


四国の旅 一日目 高知竜馬空港 桂浜 大歩危峡

ご近所さんとの旅も、与那国島八重山諸島。利尻礼文島。と続き今回3回目になります

「お身体に配慮した 8つの絶景をめぐる四国周遊4日間」何よりの決め手は「お身体に配慮したの文字」

私も主人も四国には何度も訪ねていますが、同伴するお相手が違えば、また、旅の楽しみも違うはず!
そして。。大きな決め手となったのは、
旅のコースに父母ヶ浜。(ちちぶがはま)下灘駅(しもなだえき)を見つけた事!
この二か所にはまだ行った事もなく、最近のSNSで大ブレーク。機会を見つけて、行ってみたいと思っていました。

仲良くして頂くご近所さん4軒ですが、今回は3軒の夫婦6人で旅行社に申し込みました

ところが。。

出発の日の2日前。1軒の奥様の都合が悪くなり。。さぁ!大変!
もう一軒の奥様に急遽、救援を請いました
旅行までの日数もなく、困られたようですが、長いお付き合いが功を奏し、代役を引き受けて下さって一件落着(このお宅のご主人は我々の帰って来た日が出発で、同じようなコースで旅行の先約があり、一緒に行けなかった経緯があります)

前置きが長くなりました。旅行記始めます

セントレア集合
このツアーに参加された方、私たちを含め22名でした
2

3

出発便 セントレア 10:15 
JAL.FDA コードシェア便 FDA943
FDAの機体は16色あります。利尻礼文の旅では、往復、ピンクだったと記憶しています
2
今回は赤でした(帰りはブルー)
高知竜馬空港まで飛行時間1時間
4
機内サービスのお菓子とお茶。食べたと思ったら着陸態勢に入ると。。忙しい(笑)
5

12
高知竜馬空港です
この画像は帰りの機内から撮ったものです
到着時は雨こそ降っていませんでしたが、曇天でした

高知空港で手荷物を受け取るターンテーブル。一番に流れてきたのは。。。
6
鰹の叩き。。
7
初めまして・・・のんきです
この方。。あちこちで何度もお見掛けしました
空港の名前にまで高知龍馬空港となっているくらいですから。

添乗員(女性)の迎えを受け、観光バスに乗り込みます
1人2席使用。北海道の時もそうでしたが、夫婦並んで座る窮屈さもなく、隣の座席に荷物も置くことが出来、非常にありがたい事でした

一番最初の絶景は。。
9
桂浜 竜頭岬
10

aaa
画像右の囲いの中の階段を上ると
坂本龍馬の視線で太平洋を見ることが出来るそうですが、
上りませんでした。
200円必要です。
aa
aaaa

お昼は、桂浜海のテラスで自由昼食(2023年オープン)
13
こうち旅ネット公式より拝借
aaaaa
b
美食館神にて    鰹たたき丼
高知に来たら鰹でしょ。空港でも出迎えてくれましたし。。(笑)
ローストビーフ丼などお肉系のメニューは売り切れてました
お魚の苦手な私は困った。。何もない。。
皆さんのビールのアテをツマミながら。。
鰹。魚臭さもなく非常に美味しかったと皆さんの弁です

c
外が非常に賑やか
大漁旗を掲げ、よさこい踊りの披露でしたが、食べたり飲んだりに忙しい一行は、最後を少し見た程度。。

次なる絶景地はバスで一時間くらい
徳島県の大歩危峡(おおぼけきょう)
エメラルドグリーンの吉野川の激流が作った渓谷美
14
折から沢山の鯉のぼりが迎えてくれました
15
前回来た時には、遊覧船で小歩危峡近くまで遊覧した記憶がありますが今回は上から眺める程度
16

バスの中で説明を聞いて急いで撮った大歩危駅
17
JR土讃線 大歩危駅。特急停車駅なのに無人駅らしい
一日目の絶景見学地は4つですが、長くなりますので、残りの絶景見学地。2つは後半とし、明日につなげます



三泊四日の旅。帰りました

四国4県をぐるりと回り
ピーカン晴れの高知竜馬空港を飛び立ち
1時間のフライトでセントレアに着陸
3泊4日の旅を終えました

旅の途中の楽しい話を沢山お土産にして
今日の午後に帰ってきました

3

高知での夜
ひろめ市場で底抜けに明るく楽しいお嬢さんと隣り合わせ
袖すり合うも他生の縁。楽しい旅の夜となりました

2

夜の高知城


4
あああ・・楽しかった!
ひろめ市場を後にホテルに。

皆さんから、開口一番「お天気どうだった?」と案じて頂きました
お陰様で大雨に閉口した場所は一か所。
後は傘も必要としない楽しい旅でした

旅のお話。またお付き合いください

ご近所さんと旅行


天気予報に一喜一憂の数日を過ごしました

あいにくのお天気の様ですが、仲良しパワー全開で雨雲を一掃できますように。。。

2
 
行きたかった、父母ケ浜。下灘駅。楽しみに出掛けます。

帰りましたらまたお話のお付き合いください

伊勢志摩の旅 お土産

鵜方の駅の裏に、お値打ちなお店があり、近くまで行くと立ち寄ります

3
これが欲しかったんです
アコヤガイ(真珠貝)の貝柱。時期的に遅いとあきらめていたら・・
あった!あった!うれしくなりました
収穫量も少なく、一般に流通も少なく、お刺身で食べる事は、なかなか地方では食べられない物だと思います
アコヤ貝の貝柱は、真珠のように美しい輝きと、勾玉のような恰好で、癖のない味です
お刺身で。かき揚げや串焼き。バターで炒めたり・・どんな方法でも美味しいです
出荷期間の短いもので、今回、買うことが出来てうれしかった(笑)

ただねぇ。。。年々高くなってしまい段々と手の届かない物になりました
昔は1キロ2キロと買っていたものですが・・・

今回1キロ9800円(税別)でした

(私は300グラムのパックを買ってきました)

1

セル牡蠣。これも時期が遅いかと思いながら。。購入
やや身は小さかったのですが、それなりに。。
2

私の方では、バタ貝と呼びます。ヒオウギ貝です
焼いてお酒とお醤油を少し。。。おいC
 お酒は一滴たりとも呑まない(呑めない)私ですが、このようなもの大好き。

のん兵衛の主人と意見が一致するのはこれくらいです

4

アワビというには小さい。トコブシというには大きい。
これ。何かな。。煮てありました。手間いらず。味はアワビでした。

9

初めて買ったアオサの練り込まれた素麺。まだ食べていませんが、香りを楽しみにしています


長く続けた旅行記録。お付き合いいただいてありがとうございました









記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード