こんにちは!のんきです!

カテゴリ: リホーム

車庫の一角に、物置小屋が作ってあります

もう出来上がっていたものだと思っていたのですが、
まだ中途半端だったようです

過去の写真から

a

小さく見えますが10畳の広さです

aa

裏口から車庫に直結していて
雨が降っても雨に濡れることなく行き来できて
使い勝手がよく、重宝しています
これで完成だと持っていました

所が、先日から主人がチマチマとまた始まりました
角波鉄板を張るんだそうです

DSC_3222

他の用事で立ち寄ってくださった友人も急遽
お手伝いに加わってくださいました

DSC_3225
なるほどぉぉ・・・
これにて、物置小屋完結です

旧宅のキッチンをリホームしてわずか3年で、
こちらの家に引っ越してしまいました

私の希望をあちこちに取り入れての
リホームでしたから、
キッチンキャビネットなどは、こちらに持ってきました
(持って来たものの、置き場所がなく
物置小屋で鎮座していますが)

心残りなのが
135cmの自動昇降式の吊戸棚

大きな物故、言い出しにくくて。。
旧宅のキッチンに置いたまま

旧宅で使う事なく
そのままにしておくのがもったいなくて。。。
先日、思い切ってこちらに移動させることにしました。

ただ、主人一人ではとても無理。
困ったときに友人頼み。
いつものように、主人の友人がお手伝いしてくださって。。。

DSC_0001_BURST20200719151822746
DSC_0000_BURST20200719153026671


DSC_0004_BURST20200719153101605

DSC_1591


無事に移設完了です

夜は心づくしの腹一杯呑み会 
DSC_1570

出来合いの物。冷蔵庫の常備菜、少し手造り
先日の羽田市場の品をあれこれ入れてnonki弁当完成

DSC_1574

黒いのは、鰻の蒲焼き。残念!焦がしました
(でも食べていただきました(笑))
お皿は、豚バラの生姜焼

DSC_1575

DSC_1577

日付が変わる頃にお開きとなりました。

Sちゃん。S君。お世話になりました!
有り難うね!

主人は「つぶ貝」が好きで、お寿司屋さんではいつも「つぶ貝ください」って言ってます
先日の羽田市場で「つぶ貝」を見つけて買ってみました
DSC_1578

貝の形のまま見たのは、私、初めて!
グロテスク。。(笑)

サザエの身より、少し大きめでした
DSC_0000_BURST20200719195213754

美味しかったようです

体調絶不調につき、ブログの更新が途絶えてしまいました

体調が戻るのに、こんなに日数を要したかしらと、
今更ながらに、「年」を感じています


洗濯機が外にあると寒かろう。。。
台所から続く、小さな部屋を増築

IMG_8262 (2)
IMG_8277
IMG_8278


洗濯機と冷凍庫をこちらに置きました。
大きな窓を付けて、明るい陽が入ってきます

狭心症の持病のある私の事を気遣ってくれた主人に感謝です

18日に義父の一周忌の準備もあって、
何かと、気ぜわしい日々を送っています

寒さが厳しくなってきました
みな様もご自愛くださいね

春から、順次、進めているリホーム

納屋の解体で一段落

納屋解体後の土地は、駐車場にするつもりですが、鉄骨屋さんの都合で、この作業は来年と言うことに。

今回のリホームで、洗濯機の置き場所が、どう考えてもなく(脱衣場に置くつもりでしたが、天井までの作りつけの整理たんすを作ったため)

もう一か所には、洗面所にしたため、この場所にも置けず。。。

結局、裏庭に。。と言うことになりました

それで良かったんです。。夏のうちは。。(笑)

だんだんと寒くなり、外での作業がつらくなってきました

で。。。

洗濯機置き場と称し、台所からの続きに、小さな部屋を増築する事にしました

015
003

しばらくの間、洗濯機を使えない状態です

仕方ない。。。洗濯物を持って、旧宅まで。。。
ただ、私は車にのれませんから、主人の都合のいい時はいいのですが
主人の都合の付かない日は、洗濯ものを持って、バスに乗ります(バス停2つ 片道180円)

旧宅が急な坂道の上にある関係で、行きはバス。帰りは歩き。。

おばあさんは、川に洗濯に。。ならぬ、おばあさんは山に洗濯にです。

旧宅で掃除洗濯を済ませて、ゴロン。。
私のPCもないので、ただただゴロン。。息抜きばあさんです。

PCの不自由な生活で、自分のブログの更新もままならぬまま、皆さんのブログにお邪魔することもままならず、11月は飛ぶように過ぎて行きました
たぶん、11月以上に12月は早く過ぎ去り、すぐにお正月なんだろうな。。って思っています

備忘録として

11月2日から、納屋の解体作業が始まりました

ポールを組んで、足場を作られました

IMG_7905


足場のポールの上を、スイスイと動かれる
(お仕事ですから当然ですが)作業員さん
シートを張り巡らされて。。

IMG_7944


納屋の三方にシートが張り巡らされました

その手際のいいこと!

IMG_7939


納屋の瓦が外されて。。 瓦は、約 3トン だったそうです

IMG_7937


瓦のなくなった屋根に水をたっぷり含ませて
この日のお仕事は終了

11月3日 納屋の解体開始

IMG_7951

重機で手際よくことが進み

IMG_7953


午後にはすっかり納屋の姿はなくなりました。

IMG_7955


覆っていたシートも外され足場の撤去


IMG_7954


高いところでの作業、見てる私がはらはら
 

11月4日 きれいに整地してくださってます

IMG_7956


まだ少し、整地の作業が残ってしまって翌日5日


IMG_7963


建物を崩してみたら、まぁ!lこんなに広かったの?
と思えるような空き地になりました

解体屋さんの帰えられるのと、入れ違いに、
車庫の建設に携わってくださる、鉄骨屋さんがきてくださいました

IMG_7960


主人と入念な打ち合わせ

IMG_7961


主人の古くからの友人です。

年内は、お仕事が立て込んでいるため、

我が家の作業は来年と言うことになりました

よって・・・リホーム第5弾に続きます




リホーム第四弾は、15坪の納屋を解体して、駐車場にすること。
春から始まった家のリホーム。最終章です

BlogPaint


解体する前に、中の物を処分する作業。
義弟の応援を得て、
長い月日をかけて整理していきました(主人と義弟)


IMG_7726



田舎の納屋です。
入っていたものは、まるで昭和の博物館のよう。。

「これ残そう!」と思ったものは一つもなし。。


2

何するの。。。と思うほどの枚数のお皿。
茶わん。湯飲み。小鉢などの食器類。

義母に聞けば、このお皿は、

現在88歳の義母の結婚式の時に
揃えたお皿だそうで。。

大中小とたぁ~~くさん。

「結婚式の時」という義母の思い出に、
大中小3枚づつ残して後は処分。

IMG_7695


石臼です。
子供たちの小さいころには、ご近所の仲良しグループで
「餅つき大会」やりました
杵も健在なり。。

また、昔のようなイベントをやるかも。。との思いがあって、
いったん残す(本当は重くて捨てられない状態だったかも)

IMG_7705

何だかわかりますか。。。

計りです。

おもりは ↓ こちら

IMG_7706


IMG_7704

この桶満杯で15キロのお米が計れます

IMG_7699

手編みのごうかき。 
柄の部分が長くありません。
小柄だった義両親には、この長さが最適だったんでしょうね

IMG_7698

せおいかご

IMG_7727

乳母車。最近、私もゴミ出しの日。
大きな荷物だと、この乳母車を使っています


IMG_7729

義弟と主人の努力で、ずいぶん片付きました

IMG_7694

新品、箱入りの状態で出てきました。

一時ブームになった美顔器。 

女性の間で爆発的ブームを巻き起こしたのですが
「効果がない!」との報道で、風船が割れたように下火になりました。

IMG_7753


部屋の間仕切りや、柱なども撤去。

あとは業者の方にお任せです

11月の解体作業が待たれます

しかし・・・・

よくぞこんなに残してあったものです

残すっていうのではなく、捨てなかった。。っていうのかな

お宝になる様なものは何一つなく

ほとんどの物が廃棄処分となりました

65歳となった私。
自分自身の身辺も、ぼちぼち、片づけなければ。。
と痛感いたしました

息子や娘たちから「こんな物のこしてぇ。。。」と顰蹙を買う前に。。



キッチン。リビング。居室。玄関に続き、
リホームの第三弾は、
南側の廊下の張替えと、ガラス戸をサッシにしました

IMG_7313

雨戸も戸袋も木製(半世紀はたつと聞く)
安いサッシでいいのですが。。。
残念なことに、昔の建具のため、今の規格に合わない

結果、サッシをオーダーという厄介な事になってしまいました

BlogPaint


同じ町内。気ごころの知れた大工さん。


BlogPaint

細かな調整も、しっかりと引き受けてくださいました

そばで見ていて、申し訳ない程のご苦労ぶりでした

大工さんいわく、廊下の右と左で7ミリの差が出てるって。。。
そんな細かな調整も、大工さんの計らいで、
見違えるようになりました

IMG_7351

ペアガラスを入れていただきました
断熱効果もあり、結露を防ぐ効果があると聞きました



今までの木の戸袋もサッシに変わり、これで、
台風が来ても「ガタピシ」が軽減されると思われます

IMG_7354

廊下の床も張り替えられました。

ところが。。。



廊下の端に入れ込んであった
「布団箪笥」がどうしても入らない。。

(昔の婚礼家具の用意には、布団箪笥なるものがありました。
私のお嫁入り道具の一つです)

IMG_7344_1

わずか数ミリ。。ですが納まらない・
箪笥のヘリを削っていただくことに・・・

IMG_7350

あれこれ勝手の言い放題
見事に布団箪笥も納まって、一件落着です

暑い最中のお仕事で、本当にお世話になりました

リホーム最終章(第四弾)は、もう少し、涼しくなってから。。
小屋を解体して、駐車場にするつもりです。

キッチン。リビング。座敷。義母の部屋とリホームをすませ
玄関のリホームが完成しました

20160605_1

段差のある敷き居は。シルバーカーには無理ですから。。

ただ、
今時の玄関は、背丈が高く、
我が家の従来の高さに合わせるのが難儀だったようです

11

それなりに・・・(笑)

20160605_2

玄関を入って、上るのも足腰の弱った者には大変

001

低い段差をつけて、もらって
ワンクッション置きました
手すりも完備

玄関の靴を脱ぐ場所は従来の三分の一になりましたが
上がり降りがしやすくなりました

003

おばあちゃんのためのリホームですが
その実、私たち夫婦の行く道も近く
今回思い切って、あちこち手を入れました

次は、御座敷の硝子戸の入れ替えと、
雨戸と戸袋のやり直しにかかります


築90年あまりの、実家のリホーム。

建て替えた方が、快適でお洒落に出来ると思うものの。。

退院してくる義母のことを考えると、どこか、
昔の面影を残してあげたいという思いが強く、
また、私の子供が、将来的に帰ってきて、この家に住むことは、
100パーセントありえない事を考えれば、
リホームして、少しだけ隙間風を防ぐような家になればいい。。
というのが、私たち夫婦一致した意見でした

ccc


キッチンのシンクから、三部屋を見渡せます
一番奥の部屋まで、フラットにして、手押し車で歩けるようになりました
(一番奥が、義母の部屋になります)

ccccc



大きなミス発見。冷蔵庫の扉を大きく開くと
換気扇にぶつかる事が判明
今後、冷蔵庫の位置を代えるかな。。
(明るく採光を取り入れたのに、窓をふさぐことになるけど。。)

結局、冷蔵庫を移動。小さな窓が塞がってしまいました

003


私の家から運んできたのは、冷蔵庫のみ
後は、義母の使っていた家電を使います

ccccccc


部屋の広さから、必然的に、浴室はこじんまりとしてしまいました
脱衣所に、大きな作りつけの棚を取り付けてもらって
散らかりがちな脱衣所が片つくハズ・・・

002

御座敷の畳も入れ替え。。
いい香りがしています

昨日、義父の百ヶ日を済ませました
早いものですね

義母も外泊させてもらって、一晩、久しぶりの我が家を満喫しました

011
008


庭を散歩する足取りもしっかりとしてきました


最高の笑顔を見せてくれて、病院に戻りました

法事を終え、一息する間もなく、田圃の作業が始まります
(主人が。。)


義母の退院後、同居をするにあたり、いろいろと考えました。

最大の難関は、お仏壇をどうするか(田舎のお仏壇は大きくてね)

小さなお仏壇にして、我が家に持ってきて、一部屋増築し、義母を引き取る。

この方法が私たち夫婦にとっては最善の方法のように思えました。

が。。

義母にとってはどうでしょう。

慣れ親しんだ家屋から離れ、隣近所の仲良しの方たちと離れた生活。
さみしいだろうな。。。

人生の最終章が、悲しみと辛抱の毎日では気の毒過ぎませんか。

同居に踏み切る!こう言うと、友人たちは100パーセント猛反対します。猛です。
nonkiちゃんは、一緒に生活したことがないから。。安易に考えすぎ!の一言。
大変や事なんよ。と続きます。
自分の体の事も考えて。。
それぞれの友人たちが、私の体を案じてのアドバイスをくれます

でも。。

私は、実の母との縁は19年。義母との縁は41年
実の母と暮らした時間より、はるかに長い時間を、義母と過ごしてきました(同居ではないにしろ)

そして、何より、実の母に親孝行らしきことを、何一つ出来ぬまま死に別れました。
今、実母が、介護を必要として生きていたら。。。足しげく病院に行き、出来るだけの事をするだろうと考えます。

孝行のまねごとをしてみたいと言う思いが強いのですが、苦労知らずの勝手者の私に務まるかが最大の思案ごとですが。

そして。。何よりね。

主人の実家の方が、生活をするにあたり、とても便利な立地条件です(近所に大きなスーパーも徒歩圏に郵便局や病院も)

現在の我が家は、山の上にあり、車に乗れない私の将来を考えると、毎日の生活が不便極まりない事。
若くはなっていきませんからねぇ。。

われわれ夫婦のいく末も考えながら主人の実家をバリアフリーにリホームすることにしました

主人の実家は、田舎造りの「田」の字の間取り。

目に見える柱や梁は、とてつもなく大きな木が使われ、見るからに頑丈な造りのように見えます
001


BlogPaint

台所から繋がる2部屋をフラットにして、リビングダイニングに。
和室の畳も取り換えて。。
微妙な隙間風の入る窓は、サッシに。

お風呂とトイレも手すりを付けて。。

そんな風に思っていました。

が。。。。

この家。義母の生まれる前の年に建ったんだそうです。
昭和2年。なんと88年。

天井の梁や柱はしっかりとしたものながら、床板をめくってみたら。。。
肝心要の基礎の部分が、昔風の造りで、長い年月による痛みもひどく、大ショック。

軽い気持ちで考えたリホームが、大仕事となってしまいました。

このページのトップヘ