旅行

佐原の町歩き

香取神宮から10分たらずで、水郷の町佐原に到着


以前、ブログのお友達からの情報で、メモ書きしてありました

利根川に流れる、小野川を中心にした歴史保存地区。
小江戸と呼ばれるようになったとの事

夏休みの自由研究で、歴史の好きな上孫は
伊能忠敬の事を調べたようで
伊能忠敬の旧家や資料館などもあり、
上孫は興味深そうでした


KIMG1570~2


車を預けて、街並みのパンフレットを頂き、いざ!

小野川に沿って歩きます

KIMG1485

忠敬橋

KIMG1487

伊能忠敬に由来したネーミングですが、
ちゅうけい橋とよみます。

src_37881596

KIMG1488
のんき家御一行様

ジャアジャア橋と呼ばれる橋ですが、故障中でした

KIMG1491

500_50678141

KIMG1490

この橋の傍から、小野川の舟遊びが出来ます
あやめの季節は素晴らしいと聞きますが、今の時期は。。。
と言うことで、今回の乗船は見送り

KIMG1498

伊能忠敬の旧宅

1538980609201


伊能忠敬は
17才で佐原村の伊能家に婿入り、69才で没したとの事

KIMG1492

1538980577210


この旧宅は正門、店舗、炊事場、書院、土蔵の展示
昭和20年ころまで使われていた様です。

KIMG1502
KIMG1499

近くには、伊能忠敬記念館

50歳で、家業を息子に譲り、

「1800年(56歳)」から「1816年(72歳)」まで
「17年」をかけて「全国を測量」し
「日本地図」を完成させました。

すごい人ですね

想像しただけで気が遠くなりそうです

館内撮影禁止で
その様子を伝える事ができませんが

伊能忠敬の生涯と
大日本沿海輿地全図(だいにほんえんかいよちぜんず)
作製を紹介した記念館です。

記念館には当時の地図が多数展示
今の地図と比べてもその誤差の小ささに驚かされます。


上孫と息子はゆっくりと時間を掛けて館内を見ていましたが

私は、昨日の鋸山の疲れがドバーーーと出て
空調の利いた館内で休憩でした

KIMG1501

記念館前の家
撮影に使われたようですが、今、喫茶になってます


お昼を回り、このお店の前はすごい列
列に加わることなく、町歩き

d75ba9972e615eddeb5dfb3d7ed7d62c

KIMG1547

後で、テレビの番組で、このお店は
黒そばが有名な歴史のあるお店だそうです


KIMG1549

上記二枚の画像は、テレビの画面より。

日高昆布を練りこんで真黒の色の蕎麦だそうです

調べてから行かないと。。。後悔がのこります。

孫たちは、街並みに興味もなさそうでしたから、
前日の疲れでダウン寸前の私は街並みにカメラを向けることもなく帰ってきました

もう少し体調を整えてゆっくり町歩きしたいですね
また連れて行ってくれるだろうか。。





香取神宮

鋸山に行った翌朝

足のふくらはぎが痛い。。。。


香取神宮に行きたいと申告してあり、実行の日

このチャンスを足の痛みでフイにしたくないし。。。


結局、シップを貼って出掛けました(笑)


香取神宮。神社ではなく、神宮

きっと大きいんだろうな。。と思いつつ。

下総国の一宮(最も格式の高い神社)で、
全国約400社の香取神社の総本社だそうです

鳥居
KIMG1482

参道

KIMG1479

KIMG1478
参道の両脇には大きな石燈籠が並びます


総門は工事中でした

KIMG1463


楼門
KIMG1466

木の狛犬。初めて見たかも。
a



KIMG1472

本殿(本殿・中殿・拝殿が連なる)

本殿の色が黒って珍しいですね
KIMG1467


上部にもご注目!色鮮やかで見事な装飾
2014年の式年大祭「式年神幸祭」に合わせて
大改修されたとの記載あり

650x_54281213

後日、テレビを見ていたら芸能人が香取神宮を訪ねる番組がありました
KIMG1552

本殿について話を聞いてテレビ画面を撮りました

本殿の前でじじばばと孫二人
年賀状の写真にしょうかな

1538980570254
KIMG1569

御神箋を買ってきました

楼門を出た所に、ご神木がありました

KIMG1469


KIMG1470

参拝後、参道をうろうろ・・・

三連休最後の日。人影はまばら。。
ひなびた感じで、購買意欲に欠ける(笑)
と思いながらも、私の事!
お団子を食べよう!

仕事で一緒に来られなかったママに、葛餅を買う息子
KIMG1484

私もママにお土産購入
pic03

さぁ!佐原の町に行ってみよう(車で10分程度)

水郷の町として知られる千葉県香取市の佐原地区。
小江戸と呼ばれ、小野川を中心にした歴史保存地区が有名です。

鋸山を下りて

鋸山を下りると、お昼を大きく回っていました


ネット検索でお店を決めていましたが、
どのお店も、長い行列ができていて、
他府県ナンバーの車や単車が勢ぞろい。

待つことが嫌いな主人と私。

美味しい鯵のフライ  <   別の店

鰺フライが負けました。

海鮮浜焼き まるはま.
食べ放題の海鮮BBQのお店は、
びっくりするほどの行列でした
(いつ順番が回ってくるかもわからない行列です)

金谷港の傍で、回転すしのお店を見つけましたが、
ここも、待つ人の順番が。。。
とりあえず、名前を記入し、

KIMG1416

隣のザ・フイッシュ

お土産物を見たり...
うろうろ。。。


ご近所さん。お友達。相変わらず大きな袋になりました

自宅用には、のこぎり山バウムクーヘンを買ってきました
KIMG1518

KIMG1521

KIMG1522

甘さは丁度いいのですが、
私の好きなふんわりしたバームではなく、
ちょっと固めのバームでした


金谷港。 東京湾フェリーの乗り場もあります

9216fe6d-s


金谷港~久里浜  11.5K 35分なんですって・・・
このアクセスもなかなかいいですよね

ずいぶん時間を潰して順番待ちした回転すしのお店に。
ほどなく名前を呼んでもらって
超超遅い昼食でした
回転ずしの割に、500円前後のお皿が多く
お味のほどは・・・
可もなく不可もなく。。


image

帰りは市原SAで少し休憩(ソフトクリームを買って)

たっぷり遊んで、体の疲れはマックスでしたが、
みんなのやさしさに触れることができて、
心は満たされてホンワカ気分のお出掛けとなりました


鋸山(のこぎりやま)



上京の話がまとまると、息子から
「何処行きたい?」のlineが入ります

関東の話で「何処行きたい」と言われましても。。。

私は、PCであちこち。。
探しまわったり・・・・

お友達のお出掛けブログを参考にさせていただいたり・・

今回、私が行きたいと申告した所は、

佐原の町歩き。
鋸山(のこぎりやま)。

この二か所に絞り込みました

鋸山はずいぶん以前に、
候補地に選んだのですが「あんたには無理」と
却下されてました

ただ、体力的に無理なら、これから益々無理になるし。。。
この際、無理かどうか。。行ってみたい。

前置きが長くなりましたが、
運動会翌日、みんなで館山道を走り、
鋸山に出向きました


鋸山は、千葉県の房総半島南部にある山です
ロープーエーもある事だし。。と安易に考えた私

この日。強風のため、ロープーエーはお休み。


息子は初めから、自動車道を使って行くつもりだったらしい
「鋸山登山自動車道」は、往復で車一台につき1,000円。

車で上って行くことが出来ました
(ロープーエーで行っても、
この駐車場まで降りる事になると知りました)

KIMG1414

車中から撮った景色
東京湾かな。館山方向かも。。綺麗でした

650x_46739071
KIMG1540

拝観料600円を払います。
(鋸山全体が、日本寺の境内と言うことらしい)


500_44595623

なだらかな山道を想像していたら。。。
わぉ!わぉ!


500_44595367

何処までも続いていそうな階段

主人は先に・
娘は私の体を気遣ってくれて、私の後ろに付いてくれました

人が対向出来るだけの階段
途中で休憩する場所もなく、やっぱり無理か。。。
と思っていたら、上孫が「ばあちゃん。あと少し」
「ばあちゃん。頑張って」と何度も、声を掛けてくれます

少し立ち止まって、呼吸を整え、忍ばせてあった「ニトロ」を舌下
もうやめようかな。。。と思っていると
息子があと少し頑張れ!椅子があって休憩できるから。。
上孫は、階段を駆け上り、あと「16段だ」と教えてくれました



娘。息子。上孫の言葉に勇気をもらって
とりあえず、休憩する場所まで16段を登り切りました

06503c94-s



東京湾も真っ青。遠くにはうっすら富士山も見えます。
キレー。。。。

「ばあちゃん。頑張ってきてよかったでしょ」と言う上孫

1538917975868
1538917970701

「飛悠君のお陰よ。ありがとう」
この子が励ましてくれなかったら、
早々に諦めていたと思うの。。

1538917981387

地獄覗き
石切り場の100mもの断崖絶壁に突き出すように残された岩場。)

休憩する場所から撮りました。しかし怖そうな

この日、地獄覗きは、長い列を作っていて
主人は先端まで行く事を、諦めたようです

考えてみれば、このアングルで写真を撮るのが一番かも
(やせ我慢に聞こえるかな。。(笑))

娘や孫たちは、一旦階段を下りて、先に行ってしまった主人たちを追いかけ
日本寺。大仏さんを見学に

私は、この先無理をして皆に迷惑を掛けると思い
車に戻って、皆の帰りを待ちました






ここからは、皆が撮ってきてくれた写真です


1538917956228

66bfa720-s

地獄のぞきが上空に・
この高さだったのか。。。切り立った断崖に突き出てる

BlogPaint

百尺観音

6年の歳月をかけて昭和41年に
かつての石切場跡に彫刻完成されました。

1538917926575

千五百羅漢

1538917921583

日本寺大仏(
高さ31m)
奈良の大仏の2倍という

650x_41556245

岩を削った状態が、横から見るとよくわかる




案外平坦な道だったから、お母さん行けたかも。。と言う娘の言葉
しっかりと受け止めました
今度は、今回行けなかった所を回ってみようかな。
33万㎡の広い境内(その一部)だけだったんだもん

(また途中リタイア。上孫から「根性がない」って言われるかも。
その前に息子に却下されそうな。。。(笑)

map


今回、体力の衰えを実感しながらも、ここまで行けた!
ここまで行けた事が、妙に私の中では
自信につながってます。



帰りました。

沢山の洗濯物をバックに詰め帰りました。

朝8時30分に出発。名古屋の娘宅に寄って小休憩。
17時30分到着。
やっぱり、千葉は遠いわ。

KIMG1513

東名海老名SAにて、ストリートビューの車発見!
ブログのお土産です。
成田ナンバーでしたが、軽自動車だった事に、驚きました。

明日から、ぼつぼつブログ更新していきます。
婆バカ旅行記。また見て下さい。

鳥羽の旅 ⑥ 斎宮歴史博物館


毎度の伊勢神宮は今回はパスしました

鳥羽駅前に新しくオープンした
「鳥羽マルシェ」に立ち寄り、海産物を購入

松尾観音寺のパワースポットに立ち寄り

多気郡明和町の
斎宮歴史博物館が目的地です

斎宮とは
天皇の代理として、伊勢神宮に仕えた斎王
(未婚の内親王や女王から選ばれた人)
はるばる近江から鈴鹿の山を越えて5泊6日の旅の末、
斎宮に来られた由の宮殿と、
彼女に仕えた官人たちの御殿のような所

斎王は、天皇が即位するたびに、選ばれたと言う

この斎王制度は、7世紀後半 
天武天皇により定められ、およそ660年の間続いたと言う。
斎宮は、9世紀から10世紀に掛け、最も栄え、
14世紀半ば、南北朝時代の動乱で消滅


同じ三重県に住む者として、以前から、
訪ねてみたい所でしたが、今回、念願かなって。。。

KIMG0303

歴史博物館は、二つの展示室と、
映像展示室から出来ていて、入館料340円

見ごたえのある建物でした

KIMG0304

展示室に入ってすぐに目に付く、御輿(葱華輦(そうかれん))
京都から斎王が来る折に使われた

c475615e-s



KIMG0311

斎王の住居復元(原寸大)
KIMG0313

KIMG0308
KIMG0315

KIMG0314

展示室2では、斎宮跡の発掘調査結果の紹介

KIMG0322

土器復元パズルで遊ぶ(時間内に出来ないと土器が崩れて散らばる)

斎宮歴史博物館から車ですぐの所に、さいくう平安の杜
KIMG0330

実物大に復元された斎宮寮が3棟復元されています

KIMG0335

正殿

KIMG0340

西脇殿

KIMG0346

東脇殿


さいくう平安の杜からすぐ近くには、「歴史体験館」があり、
当時の体験ができる施設です。

平安貴族の邸宅である寝殿造りを模した建物で
斎宮が最も栄えた平安時代の年中行事や
十二単の試着などの体験館です

私もちょっと。。。

KIMG0350


葱華輦(そうかれん))に入り込み、御姫様気分


BlogPaint


御姫様気分に浸るには、小袿(こうちき)をはおって。。
(十二単は有料)

BlogPaint


主人が、前を向くな!後ろを向け!って

KIMG0366

KIMG0367

当時の遊びの貝合わせ
今で言う、トランプの神経衰弱のような遊びですね

KIMG0362

平安時代貴族男性の履物 浅沓(あさぐつ)を履いてみる
歩きにくい。。。

KIMG0359

蹴鞠の体験もできるのですが、
また骨折すると大変。やめました(笑)

KIMG0374

近くには、斎宮ロマン広場 10分の1に縮小した史跡地も復元されています


KIMG0369
KIMG0376
お嬢様は、母の付き合いは、できない様子で、
早々に座り込み、七夕祭り作り。

お願い事は、賓日館で笹に、短冊を掛けて来たので、
こちらでは、お飾りを。


鳥羽の旅 ⑤ 朝食

おそるおそる起きて、窓越しの天気を確認
よし!雨は降ってない!


アネックス棟の和食のお店(海幸)がお休みのため、別邸での朝食
別邸に行った事がなく、行きたい。泊りたいと思っていたので、ウキウキ気分です

広い敷地内を巡回するバスで、別邸に行きます
私と娘はアネックス棟から
主人とお友達ご夫婦は、朝風呂から
それぞれに。

KIMG0270


src_45701935


食事処が満席だった為、これ幸いとうろうろ

KIMG0268

純和風のテイスト。


KIMG0267
KIMG0263

周囲を池に囲まれ、水面に浮いたような印象を与えることから「浮殿」と名付けたそう

KIMG0271

大きな池を中心にした日本庭園が素晴らしい。
その先は鳥羽湾の青い海.
何と素晴らしいロケーションなんでしょう。。

KIMG0273
オーナーレセプションの隣のお部屋
素敵なお庭を眺める最高のロケーション

朝食は個室華暦にて
20170505175538

KIMG0285
KIMG0277
KIMG0278
KIMG0282
KIMG0284
鯛と渡り蟹のみそ汁もおかわり自由。

朝から贅沢な時間が流れてます

昨晩の呑んべえさん2人も、お代りまで。。。

こんなに食べられるかな。。って思いながら完食。

S__91512860
予約が取りにくいと言われる別邸
今度は一泊したいな。。。。
コの字に建った客室には、
ワンちゃんと一緒にお泊り出来るお部屋もあるとか

さぁ!二日目!
今回は、伊勢神宮に寄らず車窓からのご挨拶にして
行きたいと切望した私の意見を聞いてもらう格好で
明和町の斎宮歴史博物館を訪ねる事にしました

鳥羽の旅 ④ ホテル


今回も、旅の宿は、エクシブ鳥羽アネックス

KIMG0291

KIMG0286

17階建ての16階に一泊

KIMG0214

鳥羽湾を一望する見事なロケーション。
(写真は部屋から)

S__91512845


KIMG0216

真下にプール、もうすぐ夏休み。
子供たちの歓声が響く事でしょうね


夕食は本館地下一階の「翆陽」中華です
グランドエクシブ鳥羽本館は
鳥羽別邸のオープンに合わせて
大規模改修されたと聞いていたので楽しみでした。

スタイリッシュに生まれ変わった翠陽にシャトルバスで出掛けます
(アネックス棟の中で和食と思っていたら、この日、お休みでした)

26579344752_c59c2ffa2c_z
26066585944_439eb5c8e4_z

私たちは奥の個室を用意していただきました
なんせ。。賑やかすぎますから。。

グラスワイン。。。とは行かないだろうな。。。と思っていたら
案の定
「折角だからボトルにしよう」と主人
結局男性2人でボトル二本を頂きました

スタッフの方のお薦めワイン
「キクタクも呑まれた」の一言で決定!
なんと安易な。。
KIMG0228

コルクの年号を撮らないと。。など注文がうるさい事!
古いものならいざ知らず・・2015年だって
(エクシブ値段1本7800円)


KIMG0234

KIMG0224

KIMG0219

KIMG0227

かんぱぁ~~い!


ひとの食べた物など関心は薄いと思いますが、
備忘録を兼ねてますから、お付き合いください

KIMG0231

前菜盛り合わせ

KIMG0240

KIMG0242

ふかひれスープ
そのまま。おこげを浸して。赤酢を少し加えて 
三種の食べ方で頂きました
赤酢を少量加えてみたら、さっぱりと、私は一番好きな味になりました


KIMG0245

北京ダック 
自分で巻いて食べる。。。
おちょぼ口の私の口には難儀しました

KIMG0250

エビとホタテの炒め物

KIMG0251

和牛のやわらか煮込み
陶板で出されたのには驚きました

KIMG0254

アワビの天ぷら
スパイシーなソースが掛っていました

KIMG0256

マーボ豆腐とご飯

KIMG0258

細切りそば

KIMG0259

デザート


ゆっくりと時間を掛けて食事。
楽しいおしゃべりもスパイス
4450


食後は部屋に戻らず、本館からすぐ歩いてお風呂に。




源泉掛け流し。ヌルッ!としたお湯は気持ちがよく
最高の気分!!露天風呂もゆっくりできて、リラックス。

湯上りは、心地よい風に吹かれて、アネックス棟までお散歩。
雨も上がって、心地よいひと時でした

部屋では男性陣は、缶ビールでまたまた盛り上がって・・・
日付の変わる頃、友人夫婦はお隣のお部屋に。。


朝食は、別邸にて。
別邸に行って見たかったので、ワクワクしながら、眠りに落ちました。

余録
いつ行ってもエクシブのスタッフの行き届いた「おもてなし」には
感心し、脱帽です
今回、夕食の翆陽でのお嬢さん
今年の春に入社されたのかな。。
お店を出る間際に、自筆で書かれた名刺を渡されました
裏には、、、


KIMG0394
こちらこそ、お世話になりました。

鳥羽の旅 ③ 二見の塩

取り寄せたり、行くと買って帰ったりで、二見のお塩は私のお気に入り
二見夫婦岩のすぐ近く。大きな旅館の岩戸館で作られています


今回も、購入の為に立ち寄りました。
女将さんが応対してくださり
「明日の分のお塩を作っていますから、見て行きなさい」
願ってもない言葉にうきうきと、塩工房にお邪魔しました


KIMG0195

工房入り口です


KIMG0198

KIMG0200

KIMG0202


二見の海から海水を汲み、薪で煮詰めて製塩する。
6トンの海水から20キロぐらいしか出来ないそうです。

八重山諸島のお塩は、海水だけのもので、ミネラルがたっぷりなんだそうです

こちらは、海水の取水場所も、海水の質が綺麗である場所であることはもちろん、
山の山水が流れ込む場所だそうです。
海と山の栄養は入り混じったお塩です


a






KIMG0403

岩戸の塩を体内に入れることにより、
カラダの中で不要になったものを『出す』力が強まり
免疫力やカラダのシステムの機能が増すとのこと

お風呂に入れてみたり、お水で薄めて飲用に
いろいろな方法で使ってみると、友人からも聞いていました


万病の元である、低体温(冷え性)

女性の鉄・亜鉛不足の人にはぜひとの事
該当者1人います



お塩は少し黄色い天然の色をしています
味は塩の味の中に,ほんのり甘みも感じられます



一般に言われる『塩分』とは違います
どんな症状の方でも安心して摂取して大丈夫だと、
お店の方は言われました
特に、体温の低い方には、効果てきめんだそうですよ。


KIMG0208


夫婦岩は小雨の中いつもと変わらぬ姿で
鎮座していました

今夜の宿に急ぎます
夕食の予約が5:30でしたから。。


鳥羽の旅 ②二見 賓日館

松阪でお昼を食べて大満足の5人

まっすぐに宿に向かうには、少し早すぎました

何度も行った二見ですが、
皆が「賓日館
」に行った事がないとの事でしたから
立ち寄る事にしました
お塩も欲しかった物ですから。。


KIMG0173

賓日館玄関です

明治時代に賓客を迎えるために建てられ
国指定重要有形文化財です


平成11年にクローズするまでの間、
皇族や各界要人が数多く宿泊されましたが
今は二見町が管理し資料館として一般公開しています。


以前に訪ねた折のブログ(2013年3月)
こちらに詳しくアップしてあります。

KIMG0130

KIMG0127

階段の親柱にはかえるの彫刻
彫刻家板倉白龍の作品です。

KIMG0143
120畳の大広間

KIMG0133



KIMG0137

能舞台

KIMG0136



能舞台がある広間の天井にシャンデリア??


KIMG0139

ミスマッチのように思えるのですが、
見事に調和しているのが不思議です

KIMG0141

KIMG0132

KIMG0152

KIMG0161

建築から70年以上の時を刻み
いまなお、同じ姿をのこしている建具や調度品の数々
なんら違和感を感じないのも不思議です



KIMG0150

皇室の方が宿泊された「御殿の間」

御殿の間の天井 ↓

3d2bb2e8-s

KIMG0149


建具、調度品など、「古さ」を全く感じさせない建物で
見応えのあるものでした


KIMG0175

庭に通じる門扉から中に。。

水琴窟が二か所あり、違った音色を聞く事が出来ますが、
私に「違い」は分かりませんでした

KIMG0188

KIMG0185

みんなで一休み、
のんきさん。かなり、お疲れモード

KIMG0193

KIMG0179


夫婦岩がメインの二見が浦ですが、すぐ近くのこの建物
一見の価値があります
伊勢路の旅。二見を訪ねられたら、
ぜひ、賓日館にもお立ち寄りください


二見に寄ったのは「お塩」を買いたかったから。。
今回は、その「お塩」を作っている行程も見学させていただきました

*******つづく******




記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

のんき

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ