こんにちは!のんきです!

カテゴリ: 旅行

二日目のスタートをしたものの、
本降りの雨の中、立ち寄る場所もなく
(鳥羽水族館くらいかな。。)
行きにアクシデントを解決してくださった自動車屋さんに、
立ち寄って、お借りしたタイヤも返さないと。。。

地道を走りながら、お昼のお店を探しました

ふと。。。

お友達の従姉妹さんが女将さんのお店を思い出し、
お邪魔することにしました

外宮さんの近くです。花菖蒲
DSC_0045

お昼を大きく回っていましたが、
快く迎えていただきました
DSC_0040
DSC_0042
DSC_0044

友人の従姉妹さんのお店。
次に伊勢に来たときにも、
またお邪魔したいと思います

今回、どうしても立ち寄ってみたい所がありました

地元のスーパーです(笑)

随分前に「伊勢うどん」を話題にした折
コメント欄から「みなみ製麺」のものが美味しいですよ・・・
と教えていただきました
地元の方の意見は、願ってもない事

何度も伊勢に行くたび「みなみ製麺」のものを探すのですが
探すことが出来ず、お土産用のパッケージのものばかり
(当然のことながら、コスパも高め)

そこで。。。地元のスーパーならと思ったわけです

あった!
DSC_0000_BURST20190716172455952

これです。これ!
一袋80円

お値打ち価格に感激し、その味に感激しました

確かに美味しいんです
どう美味しいかを表現することは難しいのですが
うどん。そのものが、ふわふわしたやわらかさではなく
口当たり、喉越しがいいんです
別売のスープ(伊勢うどんのたれ)もいつも食べるものより
美味しい。。。

近所のスーパーでは「みなみ製麺」を見かけません
伊勢近郊のスーパーのみなのかな。。
ネットで買うことが出来るみたいですが、今回、冷凍保存しようと
沢山買ってきました。暫く安泰!

鳥羽、相差の旅。お付き合いくださってありがとうございました




宿のすぐ隣が、神明神社と
末社である石神さまです


DSC_0000_BURST20190716084608001


雨が降っていましたが、
朝食後のお散歩。

DSC_0000_BURST20190716084857966


今回で三回目ですが、いつも石神さまの前は、
列を作っています。

この日は、朝早かった為、
参拝する人も少なく、凛とした空気を感じました。


女の願いを一つだけ叶えて下さる石神さま


私が初めてお参りしたのは、9年前。
私がお願いしたことも叶えられ
お礼のお参りもさせていただきました


ここね、参拝のたびに、境内が整備され、
毎回、びっくりさせられます。


初めて訪ねた時(9年前)の神明神社本堂

5839c852-s

立派に建替えられた、神明神社本堂

DSC_0034


旧の本堂の鬼瓦も立派に保存されています

DSC_0032

今回、新たに作られてた、橘の庭

DSC_0030


以前の手水舎。
(昔のではなく、一度建て替えられたもの)

a5a03897-s


立派になった手水舎

DSC_0026


2010年の(ブームになり始めた頃)石神さま

9551048f

石神さまの鳥居も綺麗になりました

DSC_0037


お礼に来られた方の木札もたくさん。

48c0ef66-s

お願い事を記入する記帳台も新設

DSC_0000_BURST20190716090625015
DSC_0038
1a24f7f5-s

沢山の方のお願いごと
一つづつかなえてあげてくださいね

DSC_0029

トイレも新しくなっていました


DSC_0000_BURST20190716084636975
DSC_0000_BURST20190716091047879


相差町(おうさつ)は

海女と漁師の町です。
大漁満足。海上安全。の文字も。

神明神社隣には朝福寺
薬師堂


DSC_0000_BURST20190716085526790
DSC_0036

今回、初めて中に入ってお参りしました

神社の境内に、お寺があるのは珍しいとの事
DSC_0000_BURST20190716085849459

穴のあいた石が沢山お供えしてありました

イシマテ貝によって、穴があけられるんだそうです

お願いを済ませて宿に戻りました
雨の中、どこも立ち寄れそうもなく
宿でゆっくりさせて頂きました


18時から一階のお部屋で食事。
この日は連休の最終日で、
宿泊客は私たちを含めて三組
(大人7人。子供1人)

お喋りな私たちの声だけが賑やかでした

DSC_0007

席料理だそうです

DSC_0013

地ビール地サイダー


BlogPaint

かんぱぁ~~い!
今日は、びっくりした出来事もあったけど、
いい人との出会いがあってよかったね
話が弾みます

DSC_0009


車海老
感激ぃぃぃ

DSC_0010


岩牡蠣。
まさに今が旬

DSC_0011


焼き岩牡蠣

DSC_0008


あわび。鯛。ヒラメ。マグロ
大変においしゅう。。。ございました

DSC_0000_BURST20190715181941795


わかめのしゃぶしゃぶ。
食感が良かったですよ
しゃぶしゃぶのお鍋に、お刺身の鯛も入れて、
鯛しゃぶに。これもなかなか。。。

DSC_0000_BURST20190715185139048
DSC_0000_BURST20190715185400887


ご飯はうに飯。
小さなお釜で座席で炊飯してくれました

DSC_0016

デザート

日付が変わっても
お喋りは衰えを見せず、何時頃に寝たのかな。。。

翌朝は、雨音で目が覚めました。
天気予報的中!

こんなに雨が強いと、行くところもない。。。
まずは、お風呂(温泉)に入って、
朝食は8時から

DSC_0000_BURST20190716080025217
DSC_0000_BURST20190716080140262


めかぶ雑炊(普通に白米もあり)

DSC_0020
DSC_0021
DSC_0022


鯵のみりん干し。絶品でした

DSC_0023


食後、お隣の石神さんに、
雨の中参拝しました

 。。。。つづく。。。

思わぬ車のアクシデントがあり
予定していた時間が大幅に狂い
折から、雨も降り出して、
途中の観光はすべて立ち寄る事はせず。。
お宿に直行でした

この日のお宿は、相差の石神様の隣
本当に鳥居まで2分掛からず。

新しく立て替えられて間もないのかな。。
重兵衛

DSC_0000_BURST20190716084340701

DSC_0000_BURST20190716084417960

DSC_0000_BURST20190715193612490

DSC_0000_BURST20190715193628929

ロビーです

DSC_0000_BURST20190715161617207

まずはロビーで一休み

DSC_0006
DSC_0018

階段も昇降機があって、
足の不自由な方に配慮されてます

DSC_0017

色々な浴衣もありますが、
私たちは部屋着を持参していたので
浴衣はご遠慮させていただきました
これからの季節
カラフルな浴衣で
お隣の石神さまをお参りするのもいいですね

DSC_0000_BURST20190715171313527

お部屋は二階の角部屋

DSC_0000_BURST20190715162932582
DSC_0005

洗面所
お部屋にお風呂はありませんでした

DSC_0024
DSC_0025

大浴場は、清少納言ゆかりの
「七栗の湯」に源泉を持つ
社宮司温泉を引き湯。無色透明
とろり。。滑らかな泉質

DSC_0000_BURST20190716083818617

パウダールームも清潔で
気持ちが良かったです

DSC_0000_BURST20190715162846672

お部屋に用意された「お風呂行きの籠」
これは使い勝手がよく二重丸
欲を言えば、
もち手が倒れる方がより使いやすいかな

夕方6時から夕食
それまでに、お風呂を済ませて、
お部屋でたっぷりお喋り

。。つづく。。


15日から一泊で友人と3人。
相差に行ってきました

恒例のお喋り会です

23号線のバイパスが鈴鹿まで延伸し、
伊勢までが非常に快適に近くなりました

東名阪道。伊勢道の有料を使わずに、
同じ時間くらいで伊勢に行くことが出来ます

おばさん3人組。55年の付き合い。
まさにツーカーの仲
賑やかな車内。マシンガントーク炸裂はいつもの事
楽しい旅の始まりでした

が。。。

順調に走行し久居あたりで、信号待ち。
すぐ後ろを走ってこられた男性が、
運転席の窓をノックされました

なに?なに?

運転席の窓を開けると。。。

「左後ろのタイヤがゆらゆらしてるよ・・・」
「はやく、どこかのガソリンスタンドに寄って見てもらいなさい」

「ご親切にありがとうございます。」
三人が最敬礼

ナットの締め方がゆるいのかな。。。
タイヤが飛んでいかないかな。。
心配マックス。

次の信号すぐ横に「板金。塗装。車検・販売」の文字発見

このお店に寄って相談してみようと決めました

株式会社ミクニ自動車さん

6bf5a8ea-s



画像はHPよりお借りしました

やさしそうなお兄さん。
車の整備中の手を休めて、
私たちの話を聞いてくださいました

ナットの緩みはないようです

ゆらゆらの原因を探してくださるそうで、
車を高く上げてタイヤを回してくださると。。

タイヤはゆらゆら。。



ホイルが変形しているとの事
事故がありましたか。。と
友人は全く事故の記憶がなく。。。

あいにくディーラーも祝日でお休み
ホイルの交換は無理。

さて。。。

このまま、ゆらゆらさせて、
鳥羽まで行くことが出来るか。
私たち3人ドキドキでした

社長さんも出てきてくださって、
相談の輪に加わってくださいました

明日には、ひょっとすると、ホイルの交換が
出来るかもしれない。。。
との事。
一筋の明かりを与えてくださいました

bdd6e09f-s

b25d8538-s


後ろのタイヤ2本を、
こちらのお店でお借りして
付け替えてくださいました
(親切な対応に、言葉に表せないほど感謝です)


DSC_0000_BURST20190715142535844

付け替え完了です

何から何まで本当に恐縮してしまいましたが、
私たち3人では何も出来ないので、丸投げさせていただき
翌日(帰路)に再び立ち余らさせていただきました

残念ながらディーラーさんの都合などもあって、
交換は出来ませんでした

このお店で、修理を依頼させて頂くのが本意ですが、
遠く離れた(車の持ち主、伊勢長島)所ゆえ、
こちらのお店での修理は許していただいて、
翌日、地元のお店で修理依頼を済ませたとの事です

ゆらゆら揺れるタイヤを
もう一度付け替えていただいて、帰りました

二日間。お借りしたタイヤのお陰で、
安心して旅行が出来
「ありがとうの言葉」だけでは、
全く足らないほどの
大きな安心を与えてくださった、
ミクニ自動車さん。

2日間、タイヤをお借りしたレンタル料をと、
申し出ましたが、
「そんなの結構です・いりません」と
おっしゃっていただいて、
些少のお品だけお託し、帰路に着きました



今回の旅行は、車のアクシデントと共に、
この親切なミクニ自動車さんの
社長さんはじめ、スタッフの方の
温かなお気持ちに触れることが出来、
生涯の記憶に残る旅となりました。


ミクニ自動車

  • 電話:0120-358-392
  • 住所:〒514-1113 三重県津市久居野村町923−1
  • 行き方:イオン津城山を西へ徒歩3分。野村街道沿い

カンボジアの90パーセントの人が仏教徒だそうです
だからでしょうか。。
今回の旅行。ホテルや空港などで、
蓮の花を沢山見ましたし、
蓮の実が沢山売られていました

アンコールワットの前の池にも、蓮の花が沢山

131

見学時間が遅かったから
花は開いていませんでしたが、
日の出と共に綺麗な花を咲かせるそうです


ホテルなどでは、
蓮の花が一つのオブジェのように活けられています


031c

生花ですよ
これは、蓮の花びら1枚1枚を中に折り込んで作るそうです

24dce523-s



ホテルロビーにも、
大きな蓮の葉っぱのオブジェ

238


テーブルにも、さりげなく一輪

ちょっと、失礼して、まじまじと見てみました

239
241

カンボジアの人って、器用だな。。。


KIMG5061
KIMG5062

  我が家の庭にも、朝、大きな蓮の花が咲きました

旅の楽しみは、
その地のおみやげ物を見る。買うこと。

ただ、今回の旅行は、
お土産など買うことが嫌いな主人。息子。
その2人に挟まれ、
ゆっくりとお土産を見る時間が得られませんでした。

正確には、ゆっくりとお土産を見る時間はあっても、
横からの口出しも多く、
気分良く買って帰ることが出来ませんでした。

そんな状況の中でも、(笑) 
見つけたものをさっさと購入

お嫁さん。娘。友人。知人分は、
あれこれ迷わず購入。
(買い物の面白味は、
あれこれ迷い定めるところにあるのにね)

文句たらたらの私です。

自分に購入したものは

2

バック。黒と赤を購入。
自分には黒のつもりが、
娘が黒を持って行き、私が赤になりました

パッとした赤ではなかったので、十分、私でも持てます。

絣のような生地の織物の
ロングタイトスカート。(ウエストゴム)
緯絣の綾織。カンボジアの伝統織物

シルクのスカーフ(行く前から、買って来ようと思ってました)
奮発しました。

男性人から顰蹙をかいましたが。。

1

自宅用のお土産
手前右 カンボジアは胡椒が有名だそうで、
辛さの加減も色々並んでいました。
少し辛口の胡椒

手前左 焼き菓子 
これ美味しかったです。
シュガー。ココナッツミルク。
タピオカ粉で作った伝統焼き菓子

後ろは、飴。(お土産不足に付き、知人に渡りました)

毎日、朝食はホテルのレストランで頂きました

050_e
050_e7
広々としたレストラン。ゆっくりできました

バイキング方式で、色々と並んでいましたよ

050_e8
050_e9
050_e10
050_e11
050_e12
050_e13

デザートのくだものも豊富に用意されてます

050_e4

一日目

050_e1
050_e2
050_e6
二日目
141
143
三日目
229
223
三日目は紅茶と果物だけにしました
珍しい果物。たっぷり頂きました
227


今回の旅行で3泊。お世話になったホテル。
BOREI ANGKOR RESORT & SPA  
ボレィ・アンコール

シェムリアップ到着の折に迎えがなく(手違いだったとの説明あり)
蒸し暑い中、空港の外で待ちぼうけ。。
いい印象なくタクシーで到着したホテルでしたが、
滞在中にスタッフから受ける接客など、
だんだんと気持ちが和らぎました

031a1 (2)
031b (1)
031b2
031b3
039_4c1

148_1
ロビーです

オールドマーケット等の中心街から車で10分くらい

シェムリアップの街の中心から
少し離れたところに位置していましたが、
ホテルに待機するトゥクトゥクで200円ほどで
毎晩お出掛けできたことを考えれば、
このホテルにして正解だったと思います

034

空港の外で蒸し暑い中待たされた。。
怒り心頭の私でしたが、
ロビーで振舞われたカンボジア伝統の
氷菓と冷たいオシボリ。
甘い飲物これらの接客で気持ちを落ち着けて。。。笑

035


4階に上がって
このフロア  「
プリビレッジフロア」と呼ばれ、別格扱い

242


039-_5

このフロア。スタッフの皆さんの服装も違いました

24時間専属の運転手と車がつき、
専用の携帯も貸し出され、
好きな所へいつでも呼び出しOKだそういですが、
そのようなサービスを知りませんでした。

こちらでも、上記のような冷菓と
飲物が出されましたが、辞退。(下で頂いて甘すぎたから)
すぐにWiFiのパスワードを下さったのは良かったわ

037

三泊。気持ちよく遣わさせていただきました

039_4a
050

バスタブ。シャワーが別別の個室だったことも二重丸

049
048

148

大きなプールもありましたが、ドボンとはせず。

050_1

部屋に置かれたウエルカムフルーツ
空調がバンバンに利きすぎて、
まずは、
空調を弱めることからはじめました

息子がすべてネットから予約してくれて
私は全く関知しておりませんが
とても居心地のいいホテルでした

このホテル。息子の話では
一泊朝食付き6000円くらいだそうです
(カンボジアの物価から考えれば、高級と言うことですが)
ちなみに、ガイドさんから聞いた話では
このホテルの従業員さんの月収は一万円ほどじゃないかな?
だそうです

シェムリアップから帰国に向けた
飛行機は20:45

まだ随分、時間がありました

50円のビールに心が残らないように、
お土産なども見るため、市場と、パブストリートに。

183
184
185
186


188


主人の指定席はやっぱりここ

188_1


シェムリアップ最後ですから「おつまみ」奮発

帰国後「50円のビール」の話しかしません

遠くに雷の音が。。。
あっと言う間にスコール。。

190_8


お店の方たちも大慌てて対処されてます

主人と息子をここに置いて
私一人でお土産を見に行こう!
そんな風に目論んでいたのですが、この雨に
私の計画は没となりました

190_10
190_11


雨の勢いは時間の経過と共にすごいことになってきて。。。
一時間くらい、ビールを飲みながら雨宿り
熱帯地方のスコール。十二分に体験いたしました


190_13


雨がやんで、ホテルに戻る道は、
川の中を走っているようでした

ホテルの車で空港まで送ってもらって。。

191_1
192


出国の手続きも済ませ・・・

193


見つけた。。。吉野家。なんだかほっとしました

196


シェムリアップの空港。定刻に離陸 
ベトナム航空VN813便 

200


ハノイまでの短い飛行で、
飲物程度のサービスかと思っていたら
ボリュームのあるソーセージ

ハノイ離陸00:20 
ベトナム航空 VN310

ぐっすりとは眠れず、うとうと。
窓の外が明るくなりかけた頃。朝食

200_2

洋食
200_3

和食
少し食べました。
成田着陸 7:35 


息子と一緒にアンコールワットに行く。
お正月から楽しみにしていました

595


自分でここに行きたい
ここに連れて行って!と
切望した旅でしたが
体力的にいっぱいいっぱい
主人や息子には大きなお荷物となってしまって
申し訳ない事になりましたが、私にとっては
とても思い出深い旅となりました

長く続けた旅行記。
最後までお付き合いくださって有難うございました

お土産の話などこぼれ話。。また聞いてください

このページのトップヘ