旅行

お泊りおしゃべり

長い付き合いの友人たちの間で、
ブログ更新がなくなった私の事を、

「うつ病?」「引きこもり症」なる病気じゃない。。との噂らしい(笑)

ただ、寒いから出掛けない。。
出掛けないからブログのネタ不足。。。と言うだけなのに。。

体を気遣って、夜な夜な電話を頂戴します
嬉しい事です


そんな友人の、親戚の人が、岐阜でコンサートをされるとの事。

「あんたの分もチケット買ってあるから・・」と嬉しい誘い


002


この方を存じませんでしたが、
岐阜を中心に活躍されている方で、
初めて聞く歌声は、力強く、
地元の方はもちろん、遠くからも、
応援に駆け付けられたファンのみなさん。

和気あいあいのコンサートで、楽しめました

もう一人の友人が、
それなら、久しぶりにお泊りして、おしゃべりしよう!
ポンパレでチケットを買ってくれました

友人の気遣いを嬉しく思います


長良川沿いのお宿です

064


(鵜飼いの季節以外は閑散としています。だから。。。チケットもお安く。)
長良川鵜飼いは5月11日から10月15日まで毎日開催


030


長良川に面して建ち、お部屋から金華山。
岐阜城が望め、絶好のロケーションでした

056

山の上が岐阜城

052

鵜飼いの舟も今はお休み。。

031


お部屋は。。。可もなく不可もなく。。。
おしゃべりするだけなら。。これでいいか。。

035


夕食は個室を用意してくださいました。

037



038


ひさしぶりぃぃ~~~かんぱぁ~~い!

a


楽しい食事の時間でしたが、お部屋が寒すぎた!

空調の調節が上手く行ってなかったのね。
我慢が出来ないな。。と思っていたら

042


飛騨牛のステーキ登場。寒さも吹っ飛ぶ。。(笑)

045


このお肉。。すっごぉ~~くやわらかくておいしゅうございました

夕食後、友人たちは再度温泉に。。

夜遅くまで話は途切れることなく続きました
(一番早く寝て一番遅くまで寝てたのは私です)

051

翌朝、カーテンを開けてびっくり
金華山は雪景色に。

ノーマルタイヤでのドライブだったので案じましたが
朝食を終わるころには、雪も小降りになりホッ

053

朝からご馳走。。

055

岐阜だもん!ほうば味噌。
香ばしい香りにつられて、食が進みます

ポンパレチケット。
一泊二食付き込みこみで9800円でした

ポンパレ特典。
長良川サイダーのお土産付きです
004


ランチでのおしゃべりも楽しい時間に違い有りませんが
湯船に浸かって、夜遅くまでおしゃべりできて。。
何より、上げ膳据え膳ってのが。。一番ですね

命の洗濯をした思いでした
企画してくれた友人に感謝
ハンドルを握ってくれた友人に感謝
「さえずり会2」の付き合いも50年になります

注)さえずり会1は私たちの親が結成しています(笑)


娘夫婦と一泊二日4

今回、蓼科に行こうと決まった時から、
私には寄りたいところがありました

先日、友人から頂いて、その存在を知った
「信州里の菓工房」です

中央道 駒ヶ根ICと松川ICの間に位置する。。
とだけ覚えて出かけました。

諏訪からの帰り道。駒ヶ根で降りよう。。と話を進め笑
駒ヶ根なら「ソースかつ丼でしょ」と相成りました・

お昼を大きく回っていましたが、
朝ごはんをたっぷり食べていたので、
あまり空腹を感じることがありませんでしたが、
若夫婦の意見に賛同しました

何やら若い2人が検索。一軒のお店にナビしてくれました
中央道駒ヶ根ICからすぐです。

お昼を大きく回っているのも関わらず、
まぁ!すごい人!
 明治亭です

116

1時30分ころ  待つ人の列に加わりました
待つこと30分弱
その間にも待つ人の列は延びる延びる

f

ジャァ~~ン!ソースかつ丼です
左が、主人と婿殿が食べたロースかつ丼
右は私が食べたヒレかつ丼(お子様用)

びっくりするほど、ドデカイのですが、
ご飯の上にたっぷりのキャベツの千切りが乗ってますから、
食べてみたら、案外、平気でした

ちなみに、係の方いわく、
丼の蓋に、カツを取り出して食べるようです


このお店のメニューはなんでもあり!
のごとくいろいろなメニューが並びます

娘は、「サーモンいくら丼にしようかな」って・・(笑)

ここに来たからには、かつ丼でしょ。。ということで
お嬢様は、海老フライヒレ丼

zz

とにかく、おいしいかつ丼でした
カツの衣にソースが絡み、その濃い目の味を、
キャベツとご飯が緩和してくれる。。
絶妙な組み合わせでした

また、信州に行くなら、駒ヶ根で降りよう。。って思ったほどです

今回、ぜひ立ち寄ってみたいと思った「信州里の菓工房
かつ丼のお店から、地道、15分くらいでした
15分。15分ということは。。。
15分ということは。。。

a

楽しみにしていた ↑  
こんなんが食べられない!ってことやん!
(写真はHPからお借りしました)

ああああああああああかつ丼が。。。
まだお腹にパンパン状態。

仕方ない。喫茶はまた今度ということで
お買いものを。。

a

栗きんとんで有名な、中津川の川○屋さんが
洋菓子も含めて新たに作られたお店だと聞いています

z

店内は和菓子。洋菓子が入り混じった展示
ですが、どことなく「和」の風情。。。↓

127_1


あれこれ買い物かごに入れていたら、観光バス3台が入ってきて
またたく間に店内は大混雑
急いで会計を済ませました

喫茶部門に思いを残したまま。。。
せめて。。。せめて。。。栗ソフトを。。
小雨の中、大いそぎで車に戻りました

がぁ・・・・
128

写真を撮る前に、私が食べる前に
旦那が一口って。。どうよ。。

栗の味が濃厚で、本当においしかったです
一番上の部分は、更に美味しかったかも。。笑

aa

上は

「きんつば」です。2個買ってきました。
ぐるりと、粒あんで囲まれ、真ん中に
栗きんとんが入っています。

下は
夏の期間限定の水まんじゅう
これも、あんの代わりに栗きんとんが入っていました
冷たく冷やして、、、ツルンとしたのど越し
めっちゃおいしかったぁ~~

aaa

自宅用に。。。
ケーキの切れ端を並べて、生クリームでお化粧し、
クッキーをあしらったもの。300円くらいだったかな。。
スポンジの部分に、栗の細かく刻んだものや
小さな四角く切ったメロンや、小さな黄桃などが入っていました
(これはスポンジの切れ端によって違うと思います)

車のトランクには傘を4本用意してのお出かけでした

梅雨真っただ中の旅行であったにも関わらず
傘の出番がなかったことは幸いでした

明日には義母も退院してきます
義母との生活が始まれば、今回のような気ままな旅も
幾分、制約を受けそうです
そう言った意味でも今回、娘夫婦と一緒に
楽しい一泊旅行ができたことは
とてもうれしい事でした

YYちゃん。連れて行ってくれてありがと。


娘夫婦と一泊二日 3

朝食は和食で。2200円

a
① 野菜サラダ 二人分

②時計回りに

がんもどき  お蕎麦 
ヨーグルト 焼き鮭

③ ほうれん草のお浸し シラス 
自家製海苔ふりかけ   ところてん

④ 卵焼き なめたけ たらこ

a

お味噌汁は具だくさん
珍しく根菜類と一緒に
「小麦粉団子)(すいとん)が小さく入っていました
さすがにご飯は食べられませんでした


さて!二日目!雨

向かった先は、諏訪インターに近い「
山下清放浪美術館
以前に主人が立ち寄って絶賛したところです

「これが美術館?」と思わせるような
粗末な(申し訳ないのすが)建物で
通り過ぎてしまいそうな小さな建物です

090
aa

玄関は、放浪の旅に持ち歩いた
「おむすび」が石のオブジェとなっています

館内は、写真撮影が禁止されていて、残念ですが

温かみのある、心がなごむような絵が並びます
ちびり絵も、身近にある材料を使って(1円紙幣なども使われていました)
美術の苦手な私にも、十分に理解できる素晴らしいもので
思わず、メガネをはずして絵を観察。
引き込まれるとはこのことでしょうか。

山下 清の作品のみの展示ですから、
点数も多く、見応え充分です

ボランティアで解説してくださった女性のかた。

実に流暢に、立て板に水の如くの説明
絵の解説はもちろん、山下清さんの暮らしぶり。
昔の新聞記事を使っての解説etc

彼女の話術に引き込まれてしまいます

諏訪観光と言えば真っ先に「諏訪大社」があげられますが
ここ山下清放浪美術館も、諏訪湖方面に行かれる機会があれば
外せない美術館として御奨めです
外見からは、想像もできないような、素晴らしいところでした。

諏訪大社に向かいました
094

何度目かな。。。何回も来ていますが、そのたびに
くぐる鳥居がまちまちで。。笑(駐車場の場所によって)
尋ねるたびに新鮮(笑)

109


103


098

記憶に新しい御柱祭
本宮 壱の御柱

099

100


FullSizeRender_22


結婚41年 

111

結婚1年 

BlogPaint

結婚ほやほや・・



aaaa
108_1


珍しい木を境内で見つけました
「キササゲ」と札は掛けられていました


aaa


御柱祭の余韻の如く、諏訪の町のあちこちで
キャラクターを(諏訪市公認)見かけました


お昼を回っていました。 次なる目的地は。。食い気に走ります。。


娘夫婦と一泊二日 2

エクシブ蓼科での宿泊。今回で3度目です
いずれも雨にたたられています。

考えてみれば、3度ともに、
6月7月。雨の季節だったかも。。

早くチェックインを済ませて、森の中を森林浴しよう。
清里萌え木の村に行きたい
長門牧場も
北八ヶ岳ロープーエーも・・

との思いは、またしても今回も叶わず。。

004_1


緑のXIVの文字がこの地にマッチしているように思われます

004

門から車寄せまでずーーーと先

084

車寄せ
027_1
スタッフの方。ニッカボッカスタイル
ロッジ風の建物にマッチしてかわいい感じです

008

チェックインの手続きも婿殿にすべてお任せ

016_1

広大な敷地に、フロントのあるメイン棟を含め全8棟。
すべてが二階建で木立の中に点在する形で建てられています

025

エレベーターとやエスカレーター。渡り廊下などなど・・・
迷子になりそう。
お風呂に行きはよいよい帰りは迷い。。笑



022

建物に溶け込んだ森の教会
雨の中。。。

主人と2人で広すぎるお部屋

a

食事は5:30から

032

小雨に濡れながら、ブログ魂で!
今宵の食卓のお店
もちろん、中から(雨に濡れずに行くこと可能)

a

左上から時計まわりに
着席のテーブルに置かれた飾り皿
苦手な食材のある人の目印に置かれた折鶴
主人の冷酒
まずはビールから。。と婿殿と主人

036_1

ビールのラベルに「御柱祭」のロゴ

038

かんぱぁ~~い!

連れて来てくれてありがとう

ここから備忘録。食べたものです。

041

前采

043

金目鯛のお刺身に、アツアツのスープが注がれました
天盛りにされたミョウガの食感と香が二重丸

2

海老とオクラの炒め物
海老味噌の濃厚な美味しさ。。。

3

ホタテの春巻き

FullSizeRender_11

美味しいお酒にきれいなお姉さん
主人は夢見心地。。

4

ふかひれと冬瓜の煮込み
蟹のあんかけ

5

鱸(すずき)の米粉のフライ。チリソース

米粉の揚げもの。ひとつ賢くなった気分

FullSizeRender_9

娘夫婦との楽しい会話と美味しいお酒に大満足

6

牛ロースの黒コショウ炒め
や.わ.ら.か.い・・お肉に大満足の御一行(笑)

7

これ。。すみません
半分食べてからの写真です
鮎と野沢菜のチャーハン
(私はお腹いっぱいで食べられませんでした)
3人が大絶賛した一品です

054

天井の照明に主人が気付きました
この写真では分かりにくいのですが

053_1

細いワイヤーのようなものに
鉛筆のようなデザインの横木を渡して
明が付けられていました

8

デザート
クローバーは抹茶で型抜きされたもので
左のブルーベリーのケーキに添えられたものです

072

食事を終えると雨も上がったようで。。
お散歩しながらお部屋に帰りました

075

くちこちゃんなら、お買いものに
歯止めが利かなくなっちゃうこと間違いない!
と思わず笑みがこみ上げたショップ

015
016

私はゆっくりと温泉に入って

迷いながら(笑)

エレベーターで地下一階に下りて、エスカレーターで一階下りて
もう一か所のエスカレーターでもう一階下りるという複雑さ

痴呆が見え隠れし始めた私には、頭をフル稼働)

やっとの思いでお部屋に戻りました。

主人はベッドに倒れ込んで寝込んだ模様

生きてることを確認して、私も寝心地のいいベッドで就寝

長い帯になってしまって申し訳ございません
最後まで見てくれてありがと。


娘夫婦と一泊二日

「お母さん!蓼科のエクシブに行こうと思うの。。。
一緒に行く?」と娘

「一緒に行く」という言葉を
100パーセント理解した上で(笑)「連れて行ってぇ~

自宅を7.30に出発。娘のところに「御迎え。。。」
着9:00少し前

4人で向かう先は蓼科高原

天候。曇り・・・

行きたいと思うところは、曇り空ではすべて没。

中央道諏訪ICで降りて、まずは「お昼」

主人が以前に偶然立ち寄ったお店のお蕎麦が
メッチャ美味しかったから「そこに行こう」

店の名前もわからず、唯一の手掛かりは、諏訪ICから近かった。。

石を投げれば「そば屋」に当たると思われる界隈で、
店の名前もわからずどう探す。。


娘と婿殿が、検索してくれました。


お店までナビで案内してもらって。。
本当に便利な世の中です

お店の近くで「そうそう!!ここ!ここ!」って。。(笑)

お店の外観を撮りませんでしたが、

アットホームな感じが溢れる外観は、ごくごく
普通のお蕎麦屋さんでしたが、十割蕎麦で、ファンの方も多く、
店内には、各地から届いた感激の葉書が、見られました

ここです

001

4人がそれぞれにオーダーしましたが
私は 鴨せいろ 
 
冷たいお蕎麦を、温かな鴨汁に浸けて食べます

お蕎麦が苦手な私も、全て食べられました
お蕎麦のゆで加減。浸け汁の濃さ。
美味しくいただきました

001_2

娘は鴨南蛮そば




食後は。。娘の希望で、
蓼科ビーナスラインを白樺湖方面に向かいました
003

池の平ホテルの一角にある美術館

二年前の秋、息子家族と来ているのですが、
子供中心に回っていましたから
すぐ隣にこのような素敵なところがあったことに、
当時は気づきませんでした


世界の影絵・きり絵・ガラス・オルゴール美術館



館内は写真撮影ができませんでした
大きな感動をお知らせしたいので、HPから写真をお借りしました
slide_02

写真クリックで大きくなります
ぜひ。。。
slide_03

光、鏡、水などを効果的に使い、
壁全面に写る影絵は、圧巻です

各部屋ごとに分かれていて、部屋に入る瞬間に、息を呑む・・

身じろぎもせず、立ちつくす。。そんな感慨を覚えました

やっぱり、実際に見たものろは感動が違います。
機会があれば、ぜひ、実物を見にお出かけください


きり絵  
も繊細な指先を想像し
繊細な作家の心を想像し、幻想的なアートに大感激

世界最大の和紙のきり絵など、見応えがありました

美しい音色を奏でるアンティークオルゴールは、先日、六甲山で
大感激した後でした
から、感激が少し薄らぎました。。

影絵作りやキャンドル作りなど体験教室もあるようです
大人から子供まで楽しい時間を過ごすことができそうですよ。

雨が降り出しました。
少し早めでしたが、エクシブ蓼科に向かいました



兄弟姉妹の旅 (須磨離宮公園)

たった1泊の旅でしたのに、ブログの話題に1週間。
私の備忘録としても、皆さまを引っ張り込んで、ご迷惑なことでした
本日。旅の最終です。
心苦しいのですが、もう一日、お付き合いください


ホテルのロビーに「今、見ごろです」との掲示を見て、
須磨離宮公園に行ってみました

かつて天皇の別荘であった、
「須磨離宮(正式名称・武庫離宮)」跡に作られた公園です

広大な敷地には、四季折々の風景が楽しめ、
植物園などもあるようです

その公園で、今まさに、バラが見ごろでした

180種4000株のバラの花を楽しむことができるとか


224

197

229

b

227

バラの花に付けられたネームプレートを見て歩くのも楽しかったです
一部ご紹介します

a

aa

aaa

aaaa

aaaaa

aaaaaa

「どこがやぁ~~」「なるほど。。」独り言をつぶやきながら
見て歩きました

208

この隧道を抜ければ、菖蒲園に。。とのこと
疲れはピークでしたが、行ってみました

隧道を抜けると。。。↓
207

階段を降りるのがつらい人は、滑り台で
(スピードが出ます。気をつけてくださいとの注意書きあり)

ただ。。。滑り台で降りても。。ねぇ

上りは階段ですから。。笑

この先に菖蒲園や子供広場、アスレチックなどあるようですが
私たちは、滑り台を見ただけ。。

232

高台のレストハウスで休憩
神戸の海が真近に見られ、気持のいい空間でした
が、私は歩き疲れてややグロッキー
冷たい飲み物ものどを通らない状態
休憩してから、車に戻りました

名神高速。新名神と来た道を戻り、我が家到着は19:30を回っていました
兄。妹。弟の三夫婦の旅。
たくさんの写真とともに、思い出に残る旅となりました


おまけ・・
235

草津PAで見つけたコンビニ(MINISTOP)
HighwayStyle だそうで、神戸や京都のお土産なども
多数取り扱いがあったみたいでした


長い旅行記にお付き合いくださってありがとうございました

兄弟姉妹の旅 (六甲山ホテルBBQ)


やっと見つけた。お昼ご飯が食べられる。。


BBQとバイキング形式のセットで1人2800円

171
172
173


175

nonkiさんの取ってきた分
真ん中はカレースープです

177

和牛の表示で、神戸牛ではありませんでした
お肉と野菜6人分
(全員が60代。残りましたぁ~~)

BlogPaint

みんなも久しぶりのBBQだったみたいで
結構楽しんで食事ができました

184

nonkiさんのデザート

170

窓からは神戸港を眼下に望み遠くに神戸空港も
左手奥には大阪港も見られました

188

食事を終えたら、二時を回ってました
気がつけば、私たちだけ。。。

さぁ!次の目的地に向かわないと。。

山を降りる。。。
山をおりるって。。。牧場は?ソフトクリームは?

私の叫びは運転席。助手席には届かず。。

途中車が止まった!ここはどこ?
ソフトクリームは?・・
193

鉢巻展望台から

192

遠く大阪方面を望む

遠くの大阪より、近くのソフトクリーム。。。
叶わず!




兄弟姉妹の旅 (六甲高山植物園)


オルゴールミュージアムに隣接する「六甲高山植物園」
珍しい青のケシの花が咲いています。ということで、出かけてみました

090

aaaaa

広い園内。ぐるりと一周してきました
夏を思わせるような日差しでしたが、吹く風が気持ちよく
お花の好きな主人の説明を聞きながら
疲れを感じさせない空間だったように思います

手抜きですが、珍しい写真の添付です

131

キビヒトリシズカ

152

エンコンソウ 
 
昭和天皇がこの場所で興味を示され
翌月に吹上御所に献上した旨の掲示あり
 
161

ユキモチソウ 
珍しいですね

a

aa

141

ウラシマソウ

aaa

コマクサのところで、主人の足が止まりました
非常に珍しいんだそうです
我々はふ~~んそうなんだ。。
aaaa

aaaaa

aaaaaa

aaaaaaa


この花を見たくてここに来ました
青いケシの花です
1本だけ。。わずかに1本だけ咲いていました
104

貴重な1本の青いケシの花
ピントが合っていません。。。



お昼を大きく回りました
朝、たっぷりと食べているのですが、さすがにお腹もすいてきて
さて。。。どこで。
事前の下調べもなく、車を走らせながらのお店探し。

困ったときにはホテルに行けばなんとかなる。。。。

見つけた!六甲山ホテル
191

六甲山ホテル内のレストランは、どこも満席
(お昼を大きく回っているにも関わらず)
仕方ない。。あきらめるか。。。

ふと、道を挟んで向かい側に
併設のBBQガーデンを見つけました
190

帯が長くなりました
明日に続けます

兄弟姉妹の旅 (オルゴールミュージアム)


オルゴール館を見つけて立ち寄りました

077

ここでも、高山植物園との共通チケット購入

aaa

19世紀後半から20世紀はじめの自動演奏器が展示されていて
見応えがありましたし、
丁度、オルゴールコンサートの時間だったので
その優しい音色を聞くことができました

オルゴール=宝石箱のような小箱を連想する私ですが
こちらの展示は、大型の物ばかりで、まず、びっくりでした

081

演奏時以外は撮影OKでした

083

ピアノと上の半円形の部分に、バイオリン
バイオリンを囲むように、グレーの輪があるでしょ
その輪の内側に弦が張られていて、回る度に、
バイオリンが倒れ、音が出る仕組みだそうです
ふ~~~ん。すごい!

084

このお人形がお手紙を書くところ

ビデオカメラで撮った映像が脇のモニターに大きく映し出され
人形の表情などが、つぶさに観察できる仕組みです

ランプの炎が消えそうになると、
再び灯すような仕草に感心することしきりでした

ヨーロッパの古いオルゴールが、
今の世に脈々と受け継がれていること。

オルゴールがこんなに迫力のある音を出すことに
大きな感動をも覚えました

088

御一行は、隣接する高山植物園に向かいました
せせらぎの散策路。整備された小道です

真夏を思わせるような日差しでしたが、吹く風はさわやか。。

旅のブログ。もう少し続けたいと思います
お付き合いくださいね

兄弟姉妹の旅 (二日目)

旅先の朝は、どういう訳か、目覚めが早い。

男性陣(主人と義弟)はすでにお目覚め。

朝からゆっくりと温泉につかり、いざ!朝食・。

上げ膳。据え膳。主婦の一番の御褒美だと思う

043

ずずず~~~と奥に進み
和食のレストラン華暦
img_2

054

a

055

b

朝から、たっぷりといただきました

img_41

温泉のお湯が湯気になってるのかと思ったら
ミストだそうです
夜にはライトアップされて、きれいだったと思うのですが
昨夜は部屋呑み。おしゃべりに花が咲き
ライトアップを見ることができませんでした

さて。。2日目。

BlogPaint

サミット・各国首脳ではありません
もう少し、並び方もあっただろうに。。
笑えて仕方ありません

エクシブ車寄せにて。
スタッフの方が皆さんでお写真撮りましょうか。。って

御親切に言ってくださって、慌てて横一列に。
巨大なガラス板に水を流して滝に見立てたものが素敵でした

で。。。2日目
六甲に行こうかと話がまとまるも「六甲のどこ?」
「牧場なん?(ソフトクリームなん)
六甲の山頂なん?(いちごパフェなん)

運転は、昨日に引き続き義弟

074

六甲の山頂を目指して出発です

記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ