こんにちは!のんきです!

カテゴリ: 旅行


伊勢から少し離れて、車で高速を40分ほど。。

伊勢道から勢和多気で 紀勢道に入り
大台大宮まで走りました

大台大宮のインターを降りてすぐです。


滝原宮ってご存知ですか
伊勢神宮内宮さんの別宮です

その歴史は2000年を昔にさかのぼり、
伊勢の内宮さんより古いと言われてます


滝原宮です
(たきはらのみや)
(内宮さんの別宮で、遙宮(とおのみや)と呼ばれ
天照大神をお祀りしています。)

DSC_0000_BURST20191108131548268
DSC_0578


伊勢の市内から40キロも離れた山の中に、静かに鎮座し
内宮さんのような大勢の人が訪ねることもなく
ひっそりと佇んでいます

DSC_0580

神域の樹齢100年を越える杉の木立の参道は、およそ600メートル。
凛とした空気が漂い、背筋が伸びる感じです


中央構造線の真上に位置すると言われ
ゼロ磁場とも言われるそうで
エネルギーが凝縮している
パワースポットと近年言われるようになったとか

DSC_0000_BURST20191108124045269

杉の幹がまっすぐに伸びず、
螺旋になっているのは、ゼロ磁場のせいでしょうか
jiba

不思議に思った事でした

iDSC_0582
DSC_0583

内宮さんは、五十鈴川が御手洗となっていますが、
滝原宮も大台山系からの清らかな水が流れる
頓登川(とんどがわ)御手洗となっています

DSC_0595

手水所

DSC_0596

火除橋 

御手洗の川や火除橋など、内宮さんの宮域に似てます

DSC_0589

お参りの順番があるようです
記載通りにお参りさせていただきました

DSC_0590

滝原宮

DSC_0591

滝原竝宮
(たきはらならびのみや)

DSC_0593

若宮神社

横一列に並ぶ、ほかのお社と違って、
少し階段を上ります

DSC_0000_BURST20191108125456664

長由介神社


それぞれにお参りさせていただきました

DSC_0000_BURST20191108125625699

先の遷宮までお社が建っていた場所。
古澱地(こでんち)。

20年に一度の式年遷宮
伊勢の内宮さんより1年後で
こちらでは遷宮が行われるとの事でした




鳥居の前には、滝原宮の歴史が分かりやすく紹介されています

DSC_0000_BURST20191108131723725
DSC_0000_BURST20191108131729662
DSC_0000_BURST20191108131740471
DSC_0598


女性は、天皇の第四皇女で倭姫命
やまとひめのみこと


我が国の皇祖神 天照大神が鎮座できる場所を求めて

旅をされた方です

   

伊勢神宮というのは、もともと現在の場所に

あったわけではなく、


倭姫命さまによって、奈良から、京都、三重など

を遷り、最終的に現在の地に落ち着きました。

 

現在の内宮さんに天照大神が鎮座される以前に、
この滝原宮にお祀りされていました

 

 
一連の歴史は、この日、参拝する方も少なく
宿衛屋(お札やお守りなど受ける所)の神職の方から
長い時間お話を伺ってきました

その歴史に触れて、ますますこの山奥の大きな別宮が興味深く
思いを新たにできました

機会を見つけてまたお参りに行きたいと思います



いつもは寝坊なのに、旅先では早く目覚める
毎回、友人二人の話声で・・・・(笑)

夕食と同じ会場での朝食
予約でいっぱいで、8:15から
朝もバイキング形式
(安い価格設定では致し方ないと思う)

写真添付で手抜きブログ

DSC_0574

DSC_0000_BURST20191108090029682

濃厚な山村牛乳


DSC_0571
DSC_0570

丁寧に作って下さったオムレツ
美味しかったです。
トマトケチャップ。バジルの入ったマヨネーズ
明太子の入ったマヨネーズ
三種のソースの用意がありました

DSC_0561
DSC_0560

DSC_0000_BURST20191108090157103
DSC_0000_BURST20191108090052192

伊勢の海の恵み
アカモク

DSC_0000_BURST20191108090008433

海苔。納豆、左はふりかけ各種

DSC_0000_BURST20191108084607006

伊勢うどんのコーナー

DSC_0000_BURST20191108084535832

朝から「のっけ盛り」のコーナー

私の頂いたのは。。
一回目

それぞれ一口ずつ。言い訳がましいね(笑)
DSC_0557

二回目 



DSC_0556
左上 湯豆腐  左下 伊勢うどん  
右 あおさオムレツ(バジルマヨネーズで)

ご飯は頂かず。。。
お腹いっぱい頂きました
お昼は必要ないかも。。。

売店でお買い物をし、お部屋に戻ると
チェックアウトの時間

大江戸温泉。初めて利用しました

大満足のお宿でした
感激のあまり、4日に渡ってのご紹介
くどくどと。。申し訳ありません
だって感激したんだもん!


星野リゾートから譲り受けてスタートしたお宿
設備管理など、現状を維持管理するのは
大変だと思いながら
少しグレードの高い大江戸温泉として
君臨していてほしいものです


夕食を済ませて、お部屋に戻り、
またまたおしゃべり・・

沸き出る泉のごとくあふれ出る話。
とどまる所知らず・・

「そろそろお風呂に行かないと・・」の一言でお風呂行き!

DSC_0000_BURST20191107185313484

onsen_catch_img

画像はTAOYA志摩 HPより
外のお風呂と、海がこんなに近いなんて。。。

大きな湯船に首までどっぷり浸かり至福の時

浴室入り口の前は、広く「湯上り処」のスペース。
たくさんの椅子席の用意がありました

DSC_0541
DSC_0542

DSC_0537


DSC_0538

ソフトドリンク。伊勢茶。ビール。
アイスキャンディのサービスです

ビール好きな主人なら、
この場所から離れないのではないかな。。(笑)

足湯があるみたい。。行ってみようか。

DSC_0000_BURST20191107185853848

真っ暗な中での足湯。・ホンワカいい気持ち

翌朝。出かけてみたら。。。

DSC_0548


すごい!素敵な景色が広がってました

DSC_0551

夏季にはプールもあるようです
プールに隣接したサンテラス

夕食。。あんなにたくさん食べたのに。。。
ブログネタを拾いに夜食のコーナーに。(笑)

DSC_0000_BURST20191107215300771
DSC_0000_BURST20191107213528630
DSC_0000_BURST20191107213858243

夜食は塩ラーメンがふるまわれていました(一人半玉)
もう食べられないね。。と言いながら食べてしまう恐ろしさ!
(夏季には「そうめん」だったとの事)

お部屋に戻って、ない事に、早くに就寝でした
行きの車の中からずーーーーーとおしゃべりして、
お疲れモードだったかも。。

17時からの夕食は1階レストランで

バイキング方式でした
価格設定から考えて、多くを期待していませんでしたが、
今風(インスタ映えとか・・)の素晴らしい食事内容でした。
手抜きして画像を貼り付けます

DSC_0515

DSC_0000_BURST20191107175632308
DSC_0000_BURST20191107175641718
DSC_0518
DSC_0523
DSC_0524

お酒。ビールは有料です
ちなみにお風呂上りのビールは無料でした

DSC_0000_BURST20191107175739575

ジュース類は無料です

DSC_0000_BURST20191107175821554
DSC_0000_BURST20191107182846919

驚いたのは
DSC_0000_BURST20191107170808171

ベビーフードの提供もあって。。。。
ちなみに、お風呂にはベビーバスの用意もありました

DSC_0520

黄色の輪っかのもの。オニオンリングではありません
髪をまとめる。。シュシュのようなものです
こんな物の用意まであって。。。

まさに、至れり尽せり!

私の頂いたもの
1回目

DSC_0000_BURST20191107172429476

二回目

DSC_0514

さざえのつぼ焼きもありました。

三回目(笑)

DSC_0519
ローストビーフ 
(「薄く切ってください」ってお願いしたら
薄く細かくしてくださいました(笑))

てこね寿司(握り寿司は食べませんでした)
このてこね寿司。めっちゃ美味しかったわ

後ろの方からいい匂い。。。
海老の濃厚な匂いでした
ほどなくして、スタッフの方が 
「いかがですか」と配ってくださいました

DSC_0000_BURST20191107174755126 - コピー

いい匂いの正体は。。
海老のビスクスープでした
濃厚で美味しかったぁ・・

DSC_0000_BURST20191107175620225


ソフトクリーム
アイスクリーム(なんとハーゲンダッツ)

DSC_0000_BURST20191107174755126

ハーゲンダッツ 抹茶を少し頂きました

ゆっくり楽しいおしゃべりとともに
目で口で大いに美味しくいただきました
お腹いっぱぁ~~~い

今回のお宿は、うらんママちゃんの情報から
うらんママちゃん。ありがとう。
素敵なホテルに感激して帰ってきました



以前、タラサ志摩として君臨。
敷居の高いホテルでした

いつの間にか
星野リゾート。タラサ志摩となり、
敷居も高いまま


それが。。。それが。。。


今年4月に「大江戸温泉TAOYA志摩
となったと聞きました


星野リゾートの設備のまま。価格設定は急降下

これなら行ける!
行けるとの思いは、行かなきゃ!に膨らみます(笑)

9月に予約を入れたら11月のこの日まで予約が取れませんでした

「行かなきゃ!」って思ってる人がこんなに多かったのには驚き!

DSC_0000_BURST20191108102216720

大江戸温泉TAOYA志摩

DSC_0000_BURST20191107153755328
DSC_0000_BURST20191108093303720

DSC_0547

チェックインを済ませると
ラウンジで喉を潤してくださいって。。
DSC_0000_BURST20191107170529903

DSC_0000_BURST20191107153528235

ウエルカムジュース

風光明媚な景色を眺めて美味しいジュースを頂いて
おしゃべり全開

ちなみに、こちらのラウンジでは、
夜食のサービスもありました

次なる工程は。。(笑)
浴衣の選択

DSC_0000_BURST20191107155657332
DSC_0507

色柄など、好みで。。
子供用のかわいいサイズも豊富にそろっていました

私は旅行の時にいつも持ち歩く
部屋着を今回も持って行ったので
浴衣はお借りしませんでした
DSC_0554


今回は4階405号室

DSC_0509

全室オーシャンビュー

DSC_0511

部屋の窓からの眺め

DSC_0508

今回、3人だったため、エキストラベッド使用
普通は、このエキストラベッドは、手前のソファーのように使い
2つ並べた大きなソファーとして置かれているようです


DSC_0546

ウオーターサーバーの設置。
お部屋にこのようにあるのは、旅好きの私ですが
初めての事でした

館内にはアート作品があちこちに展示されています
星野リゾートの名残でしょうか

a

上 青木野枝 原形質
   下 草間草間彌生 南瓜

aa

        左 ニキ・ド・サンファル Thoeris
右 青木野枝 空の水

a

左 ニキ・ド・サンファル ホルス
右 ニキ・ド・サンファル Anubis

造詣がなく、お恥ずかしい限りです

DSC_0000_BURST20191107213356249
DSC_0529
キッズコーナーも充実です

一泊二食(バイキング方式)9980円から
(お部屋。利用人数。日付によって金額変更有)

帯が長くなりました
素晴らしい夕食の様子
また覗いてみてください

ランチを一緒にする友人。
半世紀を超えた縁となって、
ますます絆が深まりました

ランチをしながらのお話も、もちろん楽しいのですが、
「やっぱり一泊したいよね」
「パジャマでのんびり話したいよね」と
誰からともなく言いだし

ジャストタイミングで、いいお宿の情報を得て
「伊勢にでも行こうか」と纏まりました

人生に一回はお参りに行きたいと言われる伊勢神宮に
でも行こうか」という我々罰当たりな事)

三重県に生まれ住んで、もうじき70年
何度も訪ねる伊勢です。

DSC_0000_BURST20191107142648866

猿田彦神社にお参りしました
猿田彦大神とその子孫をお祀りします
(ちなみに総本山は鈴鹿市に鎮座する椿大神社です)

DSC_0000_BURST20191107141615102

DSC_0000_BURST20191107141554468

道開きの神様です
(事を新しく始める時にいい方向に導いてくださる)

DSC_0000_BURST20191107140841572

本殿前には方位石
八角形の石柱です

DSC_0000_BURST20191107141028450

八角形の方位石。1936年まで、神殿のあった場所

自分の運気を上げたい時に
その方向に手のひらを触れてお祈りしたり

自分の干支の文字に触れたりしてお願いするようです

DSC_0000_BURST20191107140533563
DSC_0000_BURST20191107141815853
境内の一角に、佐瑠女神社。
天宇受売命(あめのうずめのみこと)をお祀りする
芸道の神様です

今回、初めて訪ねた猿田彦神社でした。


この日の宿までここから40分くらいかな。。
楽しみにしていた宿に向かいました
(リーズナブルで素晴らしい宿。見つけました)
つづく。。


ラ・コリーナから車で30分

クラブハリエ。八日市の杜に到着
うらんママちゃんのFBの美味しそうな画像にくぎ付け
いつか行きたいと思っていました

今回、ラ・コリーナでは何のお買い物もしませんでした

ここで。。。(笑)

DSC_0467

和菓子「たねや」、洋菓子「クラブハリエ」、
「シェフズカウンター」「八日市の杜カフェ」などがあって、
スィーツ好きならウキウキ。

DSC_0462

この日は夕方だったこともあり、店内は私たちだけ! 
閑散としていました

DSC_0000_BURST20191007154217453

今回は利用しませんでしたが、
完全予約のシェフズカウンター

お目当てのショコラバームを買って帰りました
DSC_0498
直径8cm弱
小さなものが二個入ってます

ちなみに、大きなサイズは、
バレンタインなど特別な日に用意があるようで
この日は、このサイズのみでした

DSC_0494

電子レンジで約15秒間温めると

チョコレートが少し融けた状態になり、バームクーヘン生地もほんのり温かくなって、ふんわり。
一人一枚でもいい大きさですが、大事にして、一人半分
残りの一枚は私が。。。(笑)

あんたのブログで見る
屋根に芝生の乗っている所に行ってみたい。。

そんな風に言う主人を案内して。。(笑)
ラ・コリーナに到着



こちらに初めて
うらんママちゃんに連れてきていただいたのは4年前


当時はまだ一棟のみの営業で、
壮大な構想を知るのみでした


a7615499
写真クリックで、画像が大きくなり、
その構想のスケールの大きさが
わかっていただけると思います

あれから4年。。

そのプロジェクトは、ほぼ、
完成を迎えているみたいでした

8
屋根の上の芝生も立派に大きくなって、
緑がきれいでした


田の刈り入れも終わって、
晩秋の色が濃くなっていますが、
この日は照り付ける太陽には
夏を感じさせるものでした

9

とんがり帽子は、クラブハリエの事務所棟です

14
21
22
25
いろいろな色のコスモスがありますが、
やっぱり白が一番好きです
咲き乱れてました

09a7f1db-s


屋根から飛び出した大きな木。
一枚の絵のように溶け込んでますね

Inked19_LI

『草を刈る人も大変な作業だね。。』
って言ったら、わが亭主
「あれって、草じゃないと思う・・・・」だそうで

9393eb40-s


確かめに行きました(笑)
「やっぱり・・・」って戻って来て

女の方は蕎麦の実を
採っていらっしゃったんだそうです

わが亭主。。なんでも知ってるわ・・
ちなみに、主人曰く「赤蕎麦の実」だそうですよ

田舎の風情を満喫して、
DSC_0444

生どら焼きを食べて。。
私の希望で八日市の杜に
立ち寄ることにしました


京都旅行の二日目。

とてもいいお天気でした

かねてより、
琵琶湖バレー。琵琶湖テラスに行きたいと
切望しておりました

やっとその時が到来

琵琶湖方面に向かいます

「こちらを行くと大原三千院か。。」
行きたいけど今日は琵琶湖

ルンルン気分で車を走らせました

琵琶湖大橋を渡らず、左に曲がる。。。
ってエクシブで教えていただいてます

ちょうど、時刻はお昼
琵琶湖テラスで食べようか。。。などと心の会話

が。。。しかし
「お母さん。山の上は霧だって。
ライブカメラも作動取りやめだって」と
娘の無情なまでの声
スマホで調べてくれていました


車窓から覗けば、山に雲がかかってる。。。

(一日目に行こうかと、娘が言ってくれたのに、
日曜日は混むから、翌日にしよう。。と
言ったのは私です)

2500円×4人 ロープウェイに出費して、
上っても見晴らしが悪いなら、行くまでもないか。。

でもひょっとして。。霧がみるみる晴れるかも。。
一縷の望みを持ちながら、山を眺める私です


今回は諦めよう! 
主人の一声で楽しみにしていたのに、
即!没となりました

本来なら下のような絶景が広がっているらしい
biwako1

biwako
琵琶湖を一望する絶景
(二枚の画像はHPより)
行きたかったなぁ・・・


未練たらしく、何度も山を見て。。。
やっぱり雲が低く垂れこめてます

諦めました!
じゃあ。。何処いく?
お昼を回って、お腹もペコペコ


「あんたのブログで、屋根の上に芝生の乗ってる。。。
あそこに行きたい」と主人

近江牛を食べたいと、娘夫婦


仕方ない。。琵琶湖大橋を渡って、
近江八幡に向かいました
DSC_0000_BURST20191007122449072

若い2人がスマホで検索・見つけた近江牛のお店到着は、お昼を大きく回ってました

DSC_0442
ナビの通りに走って、到着したら、なんのことはない。。
我が家が以前行った近江牛のお店の前でした(笑)
久ぼ多屋

DSC_0001_BURST20191007132738808
近江牛。網焼き。
2019-10-6 京都_191010_0069
DSC_0439
すき焼き。
a
添えられていた赤いこんにゃく・
丁子麩の酢味噌和え
どちらも、近江八幡の郷土色豊かな一品です

お腹も満たされ、ラ・コリーナに向かいます

ゆっくりと目覚めいい気分の朝

DSC_0388

まっすぐに延びた橋を渡り、朝食は和食 華暦で
DSC_0000_BURST20191007093811155

8時半。満席のため15分待ち。。

DSC_0389

個室の下窓からお庭の様子が。。

a

朝からたっぷり頂きました

DSC_0396

デザートは、冷やされた果物のジュレかけ

食べた!食べた!

チェックアウトを済ませて、
10時の開門を待って、
徒歩10分ほどの瑠璃光院に。
秋の一般公開中

42

42_1

山門をくぐって、すぐに
手入れのなされた苔の庭が広がります

DSC_0000_BURST20191007105314941

差し込む陽に、
輝きを一段と増しているように思いました

43



11月中旬から12月初旬にかけて、
あたりは紅葉の季節を迎えます

72

まだ紅葉までにはしばらくかかりそう


48_2

朱の鯉。苔の鮮やかな緑。きれいでした

47

十三重の塔。紅葉の季節はさぞかし。。。

54_4

磨かれた廊下に映り込むもみじ

58
53_1
拝観料(2000円)を払うと、
パンフレットと一緒に、
写経用紙やボールペンが手渡されます

たくさんの方
写経をしていらっしゃいました

65_1

59

書院二階の机に映り込むもみじ

60_1

その机の周りは、大渋滞(笑)大混雑
       
62

八瀬の窯風呂
現存する希少な遺構

67_1


74

庭のすぎ苔
ちょっと変わった苔だな。。。
って思って見ていたら

植物好きの主人が「これは珍しい!
花が咲いてる」って。

75

主人の言う珍しい杉苔の花です

bc82a49e
紅葉の季節。山門はこのように彩られるようです
(パンフレットより)

2011年11月に尋ねた瑠璃光院


瑠璃光院を後に、エクシブに戻ります
途中、
ルイ・イカール美術館に。

毎年春と秋に2か月間
開催される美術館です。

以前、瑠璃光院を訪ねた折も
気になったのですが
無料で見られる(笑)とのことで、
立ち寄ってみました

DSC_0433
DSC_0426

フランスの画家ルイ・イカールの作品を展示
美術館という風情ではなく
普通の一軒家のようです

DSC_0427

大きな部屋にチョコンと

この美術館は、絵はもちろんですが
絵がかけられたお部屋の空間の使い方も見事だと感じました

DSC_0430
DSC_0431

2019-10-6 京都_191010_0070
一階。ステンドグラスのお部屋

まだまだ、見ていたかったのですが
この日の予定もあり、エクシブに戻りました


このページのトップヘ