長野

900キロ越えドライブ 5

297
002

お昼を食べたお店から車で10分くらいかな。。
お花の好きな主人を連れて行ってあげようと、予約を入れてありました
ラ.カスタナチュラルヒーリングガーデン
以前、どなたかのブログで見て、一度、行きたいと思っていました

296

日差しの強い夏を思わせるような日でした
黒の可愛い日傘の用意がありました
この施設は、ヘアケアやスキンケア製品を製造販売している
アルペンローゼという会社ゆえ
細かな気遣いがうれしいですね

295

門を一歩入ると、お手入れの行き届いたお庭が広がります

225
232
aaa
aa
a

この時期、お花の種類は少ないようでしたが、植物が好きな主人は
興味深く見入っていました

253
236

クリスマスローズも、こぼれ種からこんなに増えていました

233

北アルプスの雪解け水が長い年月を掛けて湧き上がきた天然水だそうです

249

とんぼや、蝶の楽園です

251

係の人に「これは?」と質問して
「お父さん!バラの実だって知ってた?」と問う私に
「これもバラの実だ!」って ↓

255

ふーーん。なんでも良く知ってるんやね。。。

293

さっきのバラの実とよく似てるのに。。
これは「ハマナスの実」だと。。まったく感心する・・・わが亭主
バラやと思った!葉っぱが違うやろ!と。。
なるほどぉぉ
241

ファクトリーというらしい

270

建物の前にはカフェが。

3936af93-s
一休み。。

a

主人は、ジンジャースパイシー
私は、オレンジミックス。シャーベットのようなものでした
エキナセアクッキーと、イチゴのフナンシェも一緒に。
「今、蕎麦を食べたやろ!」という旦那の声を無視。

285

姫リンゴの木も大きな鉢植えに。
絵になりますねぇ~~

281

展望塔二階のお部屋でちょっと休憩
アロマのいい香りがしていました

再び、園内を歩く。。
289

石の庭かな。。

294

グレープフルーツがぶら下がってました
唯一、私にも分かったものでした

この施設は、完全予約制です

一日の入場者が決められているので、ゆっくりと散策できます

行かれる方は必ず予約してからお出かけください

今回の長野行き
一日目 家から長野の家まで300キロあまり
二日目 長野から妙高往復300キロあまり
三日目 長野から家まで300キロ余り
三日間で900キロを超える運転。ひとりでしてくれた主人に感謝です

娘が嫁いで夫婦2人の生活になりました
時間はたっぷり。。
年金生活になって、経済的な余裕は
少し窮屈ですが、これからこんな生活がはじまるのかな
今回は、老後の予行演習でした

長野の旅。長く続けました
最後までお付き合いくださってありがとうございました




900キロ越えドライブ 4

ドライブ最終日23日この日も快晴
今回の旅はお天気に恵まれてラッキー


友人の別荘で迎えた朝、ベランダに置いた温度計は12度でした

高原の朝は、もう晩秋のたたずまい、夜は、毛布と掛け布団が必要でした

209

別荘管理人としての任務を済ませて3日目の予定は。。笑

まずは、お昼ご飯。
ブログのお友達PAPAさんからの情報で、おいしいお蕎麦屋さんに向かいます

211

途中、彼岸花がたくさん咲いてました

ナビのお陰で道に迷うこともなく、
御蕎麦屋さん到着

214

216

二階の大広間かな?に案内されました

220

窓から安曇野の景色。

215

御蕎麦がカラッと揚げたもの。べったら漬けのような自家製のお漬物がすぐに出されました

行かれるなら馬刺しもね。。って聞いていたので、
迷うことなく「馬刺しください!」(お蕎麦より先に(笑))

219

もつ煮も食べたいと。。。

218

いろいろな種類のお蕎麦がありましたが、天ザルにしました
219_1 (2)

サクッと揚がった天ぷら。絶品!

219_1 (3)

御蕎麦は細切り。そば好きの主人も「おいしい」を連発してました

出されたそば茶がおいしかったぁ~
苦がそば茶というものらしい
221

310

買ってきました

美味しい昼食に大満足。このお店から車で10分ほどで
行きたいと思っていた「
ラカスタナチュラルヒーリングガーデン」に立ち寄りました

長くなってすみません
明日につなげます

900キロ越えドライブ 3

イルミネーションは、寒風吹きすさぶ季節で、
肌に刺すような冷気の中で見るものだと言うのが、
私の持論なのですが、
病気をしてから、寒風の中を歩くことが躊躇われ、
昨年の「なばなの里」のイルミネーションも見る事ができませんでした

今回、
アパリゾート上越妙高イルミネーションは、
7月1日から11月15日までの開催だと知り、これなら行ける!(笑)

今回のドライブ旅行の第一目的でもありました

妙高高原から下りて、
イルミの開催時間まで、まだ時間はありましたが、
ホテルのロビーでお茶でもして開催を待とうと思いました

早く行ったお陰で、駐車場は、ホテルの近くに止めることができました
(帰りに見たら、延々と奥のとんでもない遠くまでびっしりと車が並んでいて、
事のラッキーさを知ったことでした)

103

104

ホテルのロビーでお茶でも。。との思いは、
この日、そのような提供はないとのことと、
宿泊者と、イルミ見物者でロビーは溢れ、
「ロビーで待とう」はだれの思いも同じであったことに、
打ち砕かれ1時間余りを、適当に石積みに座ってまつ事になりました

105

一角には、屋台村のような設備もありましたが
お昼が二時だったこともあり、写真だけ。。

開催時間(17:00)1時間ほど前から、入場ゲートに人が長い列を作り始め
開催時間には、ゲートをくぐる人も多く見かけます

109

遠く離れてカメラのズーム一杯で撮りました
まだまだ、日は高く、早々と入っても。。。との思いの私です
もう少し、座って待つことにしました

日が西に傾くのと平行して、寒さが・・・
9月とはいえ新潟県ですから。。

114

遠くに見えるイルミネーションの一部が、くっきりと見え始めたころ
一枚羽織って、入場の列に加わりました
午後6時ころでした
116

コンビニで前売りチケットを購入している人は、優先して入場できます
500円以上で50円の割引券(屋台村などで使う)の特典付き
私も前日、コンビニで購入しました(特典は使いませんでしたが)

a

300メートル。何色かの色にわかれてトンネルが続きます
かなりの急こう配で、普通に300メートルは歩けない私ですが
LEDの明るさにつられて
息を切ることなく、ゆっくりと歩くことができました
時間的にまだ少し早い(薄明るい)時間で、
人が少なかったことも幸いしました

141

光のトンネルを抜けると、一面に真っ白な光が広がりました

150

池に写るイルミ
なんか幻想的
寒さも気にならないほど。。。

この池では、ウォータープロジェクションマッピング
水に投影する技術だそうです。

159

池の噴水を使ったもので、凄い演出でした

160

上手く撮れていませんが、噴水のなかに「桜」が
(写真クリックで大きな画像で見ていただけます)

161

ひまわりが。。
(写真クリックで大きな画像で見ていただけます)

164

雪景色が。。写真が下手ですみません
雰囲気だけでも味わっていただきたく。。
(写真クリックで大きな画像で見ていただけます)

175

なにかね。。竜みたいな。。
(写真クリックで大きな画像で見ていただけます)

池を後にして、順路に沿って進みます
あたりはすっかり暗くなって、LEDの明かりが輝きはじめました

179

広いイルミの道を進みます

先ほど、待ち時間に見ていた竜のイルミが真近に見られます

180
186
189
190
193
194

竜が大空を駆け巡る素敵な演出のイルミネーションでした


パンフレットによれば、ゴルフ場の敷地
約2万平方メートルを利用し、150万個ものLEDが使われているとのこと
遠くまで出かけた甲斐がありました

早い時間に近くに車を止め、早い時間に帰ってきたことで
渋滞もなくスムーズに帰ることができましたが
対向車が数珠つなぎで延々とつながっていました
これから登って行かれる方の車列です。

駐車場につくまでに何時間かかるものやら。。
(駐車場も満車状態で空きを求める人たちの列が出来ていましたから)
人ごとながら心配しました

なお、この日(22日)夜8:30から花火の打ち上げもあるとかで
車の数も半端ではなかったのかな。。

行かれるなら、平日。このホテルに宿泊して(一泊二食1万円からイルミチケット付き)
ゆっくりとイルミネーションを楽しむのが一番です(宿泊者の駐車場は別ですから)


この日
妙高高原の晩秋の風を楽しみ
広いイルミネーション会場と歩き
206

64年の私の人生で、初めて
そして、たぶん、もう二度とこのようなことがないと思われる
一日、一万歩を越えていました。
数字を見たら、いっぺんに疲れが噴き出しました(笑)

900キロ越えドライブ 2

小布施の栗スィーツに心を残しながら、妙高に向かいました。
この日の夜、妙高高原のイルミネーションを見たいと思っていましたから。。

イルミ開催までの時間、毎年、主人がスキーに訪れる赤倉を尋ねました

スカイケーブルとやらに乗車し、一気に標高1256メートルまで登ります

102


021
032

11分の空中散歩です

036

小布施で食べるつもりだったお昼。。
食べそこなって、2時になってしまいました

山頂にあるレストランで遅くなったお昼御飯にやっとありつけました

スキー客相手の「高かろうまずかろう」を想像し
気分も滅入りがちだったのに。。。

このレストランは、赤倉観光ホテルの直営だそうで
おしゃれなメニューが並んでました
052

041

主人が食べた海老とホタテのシーフードスープカレー

042

私は、ソラマメと信州産アスパラのスープカレー

添えられたパンは、三食の野菜のパンで
皮はパリッと中はふんわり
ほかほかしていて美味しかったぁ~
050

展望テラス席からの見晴らし最高
遠くの山波が一望できます


食べたからには歩く。。。
主人に送れながらマイペースで。。

a

高山植物を見ながら。。

aa
058

一部紅葉が始まっている木を見つつ
赤とんぼやススキの揺れる気配に深まる秋を感じつつ。。

096

奥まで進めば、妙高山からの湧水。復活の泉があるという。。
展望広場で主人を待とうと思いながらも、「泉」を見たいし。。
頑張って、歩くことにしました

075

ねっ!これが、頑張って歩いた御褒美の復活の泉

日本三大ガッカリ名所
札幌の時計台。高知とはりまや橋
もう一つは何やったかな。。
その一つに、この「復活の泉」を加えていただきたい!

ハァハァ言いながら訪ねた日本でガッカリの四代目名所にしたいと思います

098
こちらから、妙高山に上ることができます
健脚の方。たくさんお見受けしました

私たちは
山から下りることにしました
少し時間が早かったのですが、
妙高高原イルミネーションの会場に向かうことにしました
素晴らしいイルミネーションでした
明日の話題につなげます


 

900キロ越えのドライブ 1

21日。お昼を済ませてから、長野に向かいました。
(午前中は主人が避けられない用事があったため)

行きも帰りも心配した渋滞もなく、よかったよかった。。
と思っていた矢先、帰りの中央道小牧あたりで渋滞に巻き込まれて。。。

BlogPaint


ストップした状態は長く続かず、よかったよかった。。

ということで、しばらく、長野の話題にお付き合いください


この時期の長野県は、りんご。真っ赤なリンゴが手の届くところにたくさん。

013


まずは、nonki家御用達のリンゴの直売所に出向きました。

a


農家の方々が、こちらに収穫したリンゴを運んでこられます
併設された直売所では、非常にお値打ちに、
リンゴを買うことができ、皆さん、山のように買っていかれます

005

試食コーナー
自分で切った感じ。食べた感じなど確かめて買うことができます

002

少し、傷のあるものは、破格値

001

破格値の世界一を2個買ってきました

そして、試食してから買ったのは左

トキという品種にしました

王林とふじを掛け合わせたものだそうです
このトキと言うリンゴは、
リンゴの酸味を好む人には向きません。甘味があります

006

懐かしい。。アケビも並んでました

009

建物の外には、傷がついたリンゴをジュースに加工するのでしょうか
まだまだこれから、このカートの数が増えますね

7496c08f
以前、訪ねた折の写真です。加工用リンゴがうず高く積まれてました


そして。。
リンゴとともにこの時期、見かけるのが栗

011

小布施に向かいました

栗のお菓子を買って、栗ごはんを食べて。。
小布施堂。竹風堂のスィーツも。。心躍らせていましたが
がぁ===ん

小布施の町に入ることすらできない渋滞
遠くに車を止めて歩かれる方も多く見受けました

栗ごはんも、栗のスィーツも吹っ飛んだ瞬間です

この時期の小布施。。恐るべし!

結局、栗ごはんどころか、小布施の街並みも見ることもできず
あきらめることになりました

湖畔の花火大会

お嫁さんと孫たちを、千葉まで送っていくことにしました。
送っていくなら、長野に寄ろう。。となり、長野で二泊。
湖畔で打ち上げられる花火を、孫たちに見せてあげたかったんです

この日(八月十四日)高原は、朝から、今にも降り出しそうなお天気でした
100パーセント花火大会は順延だろうと思いながらも、万が一の期待も込めながら、お昼前に、場所取り。
湖畔にシートを広げました

032

小さな湖です。
が、ここは、ヘラブナ釣りの湖として、知る人ぞ知る。。所なんだそうです リンク

036
ママと孫たちは、湖に繰り出しました
037
今にも降り出しそうな空模様の中、たくさんの方が楽しそうでした


きっちり!お昼過ぎから、雨が降り出しました

花火大会はやっぱり無理かも。。正直、私はあきらめの境地でした
それゆえ、例年のようにお弁当の用意もしませんでした

が。。

夕方になるにつれ、雨はあがり、予定通りに花火大会が始まりました
041

多くの人が集まり、賑やかさを増します

046

標高1000メートル。肌寒く感じられます 
 
小さな湖の対岸で打ち上げられる花火大会の始まりです。
湖水を渡る風が爽やかですが、時間とともに寒くなります

皆さんが、厚手の毛布持参(笑)

048

一枚羽織って、毛布にくるまって。。。笑

対岸で打ち上げられる花火は、頭の上で花開き
座わった状態で、上を向いてみるのは苦痛です
よって。。
みなさん、寝転がって花火見物
(枕を持ってこられている人も)
BlogPaint

nonkiさんも一休み

BlogPaint

002

ここは、別荘地としても多くの方が利用されています
皆さんからの寄付金もあつまります

0102

今年は、この花火大会も50回目を迎えるそうですよ~

午後七時。薄暗くなりかけたころ
ドド~~ンと、お腹に響く号砲で花火大会が始まりました

私のカメラでは、うまく撮ることができませんでしたが
雰囲気だけでも。。
0156
019
a
053

水中スターマインは、見事でした
湖面に映る花火。溜息が出るほどでした


051
027
054
055

決して大きな花火大会ではありませんが
初めて近くで見る花火に子供たちは大喜び
夏の夜の思い出として心に刻まれたかな?

ため息か出る程、綺麗だった水中スターマインや、
湖面にかかるナイアガラの滝と、超特大スターマインの競演など
とてもきれいだったのですが、カメラが悪いのか私の腕が悪いのか。。
上手く撮れた写真がありませんでした
めっちゃ、、きれいやったよ~~

山の天気は移ろいやすく、雨だったり、濃いキリが立ち込めたり・・
最後まで、奇麗に見られた今年の花火
ラッキーでした

楽しかったわ

IMG_20140817_163418


今から帰ります。

追記
午後2:40分に息子の家を出て、上りの高速の大渋滞を見ながら、下りのわれわれは、スムースに車が流れ、あちこちのSAで休憩(遊び?)日付が変わって深夜0:30に自宅に到着
(渋滞のメッカ。豊川あたりで、渋滞に巻き込まれながら)

御天気にも恵まれ、楽しい旅でした。

旅の様子。また覗いてみてください

なれないタブレットからの送受信で、みなさんのブログにも、お邪魔できず、また私のブログにコメントをくださっても、気になりながら、お返事が遅くなってしまったこと。お詫びします

みどりっぽい・・・

もう何年くらい前になるだろう。。
14.5年にはなると思う
長野の友人の別荘の入り口のすぐ脇に、桜の木を植えた

当時「緑っぽい桜」を初めて見て、
お花の好きな主人と、友人の奥様2人で、
長野の植木屋さんを探したものだったと記憶している

ところが、私たちが長野の行く時期は、お正月。スキーの時期
GWの1週間余り。夏休み。11月頃の紅葉の季節
毎年、同じような時期に出かけ
この桜が開花した姿を見たことがない
先日GWに訪ねた折も、蕾はまだまだ堅い状態。

本当にこの木に緑の桜が咲くのか
普通のピンクの桜なのか。。
それさへ確かめることができずにいた

そこで!

先日のGWに行った折、一枝折って持ち帰り

154
玄関に活けてみたら、青々とした葉っぱが出てきて
蕾も膨らみ始めた
023
どうやら、緑っぽい桜のよう。。。
ヤッタァ~の気分!

きれいに咲くのを楽しみにしているのに
葉っぱが枯れ始めてきました
きれいに咲く緑の桜を見ることは不可能な状態かも・・


ああああああああああ残念!
主人の事、なんとかするんだろうな。
挿し木かも。

きんつば

長野に行くと、いつも買って帰るのが、竹風堂のドラ焼き。しっとりとしたスポンジに、栗あんの甘さ。我が家の大好物ですが、今回は、ショーケースに隣に並んでいた「きんつば山」も少し買ってきました
005
どら焼きは、いつものことですから、今回はスルーして・・・
はじめて買った「きんつば山」これ美味しかったぁ~~
7_1
普通の「きんつば」は粒あんですが、この「きんつば」は栗あん
そして、栗の刻んだものが入っています
小豆あんの量は、ごくごく少なく、
栗の香りがよく仕上がっています

ドラ焼き6個入り1239円
きんつば山6個入り 900円

また一つ美味しいものを見つけました

新茶の最盛期
主人のお友達2人の方が茶農家です
a

①「かぶせ茶」 ②「煎茶」それぞれに
おいしいお茶を格安に譲っていただきます

おいしいお茶と美味しいお菓子
至福のひと時です

ところで、新茶の茶葉
2煎3煎くらいまで絞り出しますが、茶がらにポン酢をかけることを
いつか訪ねた「かぶせ茶カフェ」で教えていただきました
495
お茶の効能は、目を見張るほど
香りのいい新茶
捨てることなくみぃ~~んな食べたいよね

GW最終日は安曇野で

GW最終日。朝食を済ませて息子たちは、渋滞を避けるため、9:00前には帰って行きました(渋滞もなく12:30過ぎに自宅に着いたと連絡あり)
主人と私。娘の3人は、山を下り、安曇野に向かいます
この季節の安曇野の風景。大好きです
大王わさび農場。何度も行くところですが、ショップには入らず、この景色だけを見たくて・・・・

141
農場脇を流れる蓼川(たてがわ)にある水車。
映画「夢」で使われた水車小屋 です
138
安曇野には500体を越える道祖神があると言います
ショップの方は大勢の人でにぎわってますが
こちらの方は静かな時間が流れてます

わさび農場では行くたびに新しいわさびの製品ができてます
136

ここに来たら必ずわさび最中を食す(笑)
場内にある「わさびソフトクリーム」は、正直
わさびの風味も辛味もありません
わさびの風味辛味はだんぜん、このわさび最中!
1
お昼はわさびコロッケで済ませる??
2わさびコロッケといえど。。
わさびの香りもなく。。イマイチです
お昼の腹の足しにはなりました
3
今回、初めて買った「わさびジュース」
三枚目の写真の「こけ玉」みたいなものが、わさびを凍らせたものだそうです
緑色のジュースに、氷を入れ、この「苔玉じゃなかったわさびの冷凍」を入れてあるもの
味は三段階にわかれて笑
はじめは「なんじゃ。。これ」
わさびが溶けはじめると「カラッ!」
残り少なくなって、わさびが溶け、氷が解けたころ
「おいし」です笑
早い話、買ってすぐに飲まず、しばらくしてから飲めばいい!ってことです
次回からはそうしようかな。。もう買わないかな笑

安曇野を後に、渋滞を覚悟しながら車を走らせ帰宅
157
確か、豊科のはず。。。
いつの間にやら安曇野インターと名前が変わっていました
ええ・・・そんなに長野に行ってなかった??
162
記憶に新しい笹子トンネルと同じ構造の恵那山トンネル
入口の信号も確認しました(笑)

渋滞を心配したのですが拍子ぬけするほど、
渋滞にも合わず帰宅することができました
 今年のGW終了です
記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ