こんにちは!のんきです!

カテゴリ: 冠婚葬祭

13日はnonnki家の47回目の誕生日でした

結婚20年を迎える事が出来ずに亡くなった、実母の事を考えれば、二人三脚で47年の歩みを続けて来られたことは、幸せな事でしょうね

その日。私はオフ会で。。(お昼はおにぎり1個作って出かけました.主人がそれでいいと言ったんです。念のため)


少し気が引けたので(笑)オフ会の帰りに、デパートで、ローストビーフを奮発

DSC_4570

ローストビーフ。鮭のカルパッチョ。大根おろし(いくらを掛けて)
南瓜の煮物。
それなりに。。。(笑)

ケーキでも。。と思いながら、最近、乳製品との相性が悪くなったようで、私。。。生クリームやアイスクリームがどうもダメになってます。
でも。。。そんな事で諦めてはならじ。。

果物たっぷりの、こんなケーキを買って来ました
DSC_4569

DSC_4568
DSC_4571

食後に向かい合って座りながら、会話も少なく、もくもくと食べる47年目の夫婦の姿でした


昨日は、自治会から、敬老の日のプレゼントを頂きました

なんと!我が家は3個

義母 昭和 3年生まれ 93歳
主人 昭和25年生まれ 71歳
私  昭和25年生まれ 
(誕生日がまだですから70歳(笑))←ここ大事

DSC_0001_BURST20210920105620111
DSC_4439

敬老者の皆様だって!
敬老者って初めて耳にする言葉です
私って敬老者なの?

漢字を直訳すれば
老人を敬う(うやまう)者って

これって、老人を指すのだろうか・・


ごちゃごちゃ言ってないで、有難く頂戴しました

敬老かぁ・・・
年を重ねたモンだわ(笑)


お茶でした。

DSC_4441




毎年20人以上で会食.
我が家のお盆の風物詩です

コロナ禍2年目のお盆
昨年は皆さんにご遠慮いただきました

今年は、主人の妹。弟のみと決めました

13日には義妹が。

15日には、義弟夫婦が。

コロナ禍で一緒に外食と言うわけにもいかず、
梅の花のお弁当を用意しました

DSC_4161

DSC_4163

ご飯は、白魚の炊き込みご飯で、たっぷりの生姜と、
山椒がアクセントになってました
メチャクチャ美味しかったです。

DSC_0000_BURST20210815114459492

私は簡単にお酒のアテだけ

いぶりがっこのクリームチーズのせ
胡瓜と明太子
牛すじのトロトロ煮込み
そうめん南瓜の酢の物
ゴーヤとスルメの漬物

DSC_4160


14日には、今年4月に結婚した甥が
お嫁さんの紹介を兼ねて来てくれました
(4月に入籍し今秋内輪での披露宴予定)
DSC_4145

新しく我が家の仲間に加わってくれた彼女。
お仏壇にもご挨拶
甥もいい伴侶に恵まれて良かったわ。

写真を見て気付きました。わわわ。。。
内敷き(仏具)を夏用に替えてないわ。
ご先祖様今年の夏はこれでお許しを。。。


二年大勢での集まりを見送ってます
楽ですが、結婚以来、盆。正の大勢の集まりを楽しんできただけに
なんだか物足らない(笑)

早くまた、仏前に皆の顔が揃いますように

先日の日柄のいい日に、お節句人形を飾りました
DSC_3049
DSC_3050

長男の誕生を祝って、実家の父がくれた物です
長男も今年42歳
もう飾らなくてもいいかな。。。と
毎年思うものの
遠く離れて暮らす長男の健康と
安泰を思う母心(笑)から今年も飾りました


床の間には、私の実弟の誕生を祝って、
母方の祖父から送られた兜の掛け軸

aa
65年も前の物です


玄関の飾りもお節句仕様に(笑)

DSC_3045
DSC_3046

色紙掛け軸の色紙は、鐘軌さん。
DSC_3047

毎月のように、いろいろな色紙画を描いてくださった方。
お祝いの人形を下さった方
皆さんが思い出の中の人となってしまわれました。。
IMG_20210419_101103

若葉の季節。
さわやかな風が気持ちのいい季節ですが、
コロナ禍に於いては、気の重い日が続いています
日に日に増え続ける罹患者数
ワクチンで抑え込めるのか。。。大きく期待する所です

昨日は、私の友人が訪ねてきてくれました

一人は赤飯を持って
aa

(たっぷり食べてから「アッ!写真!」残った分です

一人は自宅でケーキのスポンジを焼いて持って来てくれました



なんと!主人のお誕生日をお祝いしてくれるんだって。

主人は有難いことだと言いながらも、
逃げ出しました(笑)

強烈に賑やかなメンバーですから・・・大笑



ワイワイ言いながらケーキ作り
c


生クリームもトッピングの果物もすべて「お持たせ」です
cc

b

メッチャ美味しいケーキが出来ました
ローソクがないから、プリッツ立てておこうかぁ。

a


bbb

主役の主人はいないけど。。。

おしゃべりしながら、美味しくいただきました


生クリームがあっさりした甘味だったことと、
スポンジのふんわりした食感で

夕食後。ないことに、主人はお代わりまでしていただきました
d

R子ちゃん。Kちゃん。ありがとうね

楽しい時間でした

DSC_3044

お忘れ物です。
やったぁ!
また会える。

今日17日。
主人の誕生日

71歳になりました、

共に歩いて47年。

これからの日々は、無理せず
のんびりと。。。
これが第一目標

主人には、厳しい目標かと思う

片時もじっとしていられない性分だから
aa
夕食にお米を食べないのでお昼に間に合うように
大急ぎで作ったお祝いのお寿司
(酢飯がほんのり暖かい(笑))

a

私は昼と夜にも食べないと。。
明日の朝も。。。

2
お嫁さんが下孫の卒業式の写真を送ってくれました

しっかりした性格から
2歳違いの上孫と、どっちが上なのかと思うほどの
天真爛漫な女児です

先日、小学校の6年を終え卒業式を迎えました

上孫の卒業式には、こちらから出向きその成長に
目を細め、涙腺が緩み。。今回も上京したいと思いながら
コロナ禍では無理な話し。

小学校の方も、両親の出席は見合わせ
子供一人に親一人

在校生の出席もなく簡素に行われたと聞く。

今回はママが出席し、写真や動画を送ってくれました

〇〇ちゃん!
卒業おめでとう
これから始まる中学生活も、
友達と肩を組んで、部活にも勉学にも
充実した日を送
ってほしいわ

願わくば、何か打ち込めるものを見つけてね

コロナ禍で,いろいろな楽しい学校行事に制約があり
ばあちゃん的感情からすれば、すごく可愛そうに思うけれど
長い人生の一ページを彩る思い出の卒業式であり
入学式となりそうね。


昨日は42年前の思い出を活字にしてみましたが、
今日は10年前の出来事を振り返ってみました

2011年2月8日。夜11時30分
入院からわずか10日で実家の父が急逝した日です

その日は、朝から小雪がちらつき、底冷えのする寒い日でしたが、なぜか、父を見舞おうと考えバスに乗って病院に出向きました
病室で何気ない会話をし「また来るわ!」「また来て!」と別れた日の夜半
突然の電話に、ブルブル震えた事が鮮明に思い出されます

翌9日通夜。10日葬儀告別式
流れ作業のごとくに事が運びました。

当時、義理の父が第二腰椎圧迫骨折で、神経に触った状態で身動きすることすらできず、痛みに顔をゆがめた状態の日が続いていて、ペインクリニックへの通院など、私は右往左往しておいり、正直、実の父どころではありませんでした
実の父が入院した事を母から聞いても、すぐには行ってやることもできず、安易に構えていたことも事実です

まさか。。入院からわずか10日で逝ってしまった父の最期
別れとはあのような簡単なものなのかしら。。と思いながら
「また来るわ!」「また来てな!」最期の言葉が胸につかえたまま10年が過ぎました



42年前の昨日。
朝7:30に、私はお母さんになりました

結婚5年目。何度も何度も流産のつらい目に合い、
やっと、わが子と対面した時の感激は今もはっきりと覚えて居ます

「まぁ。。。モンチッチみたい」

初対面のわが子 

毛深くて。。
まさにモンチッチのようでした。

42年前の2月7日

一年のうちで一番寒さが厳しい2月ですが、
長男の生まれた日は、
ぽかぽかと病室に差し込む陽が温かく、
そして、そのぽかぽか陽気は、
なんと、入院している一週間。
毎日、続きました


長男は、比較的運のいい人生を歩んでいるように思います

産声を上げたその日の太陽が、
その後、長男人生のお守りのような気がしています
(俺の努力や!っていうかも)

親をとっくに飛び越えて、
社会を師とし、身の丈に合った生活の中で、
今後も、太陽をさんさんと浴びた人生であってほしいと願います。

私のもとに生まれてきてくれてありがとう
私をお母さんにしてくれてありがとう
育児の楽しさをたっぷり味わわせてくれてありがとう


先日、くちこちゃんのブログで、
神様のお札を立てるものを、作っていらっしゃいました

彫刻刀で器用なくちこちゃんは、作られたようです

ブログを見て「これだ!」って。。
私が長く思っていた物。
こんなような物が欲しかったのです


aaa

我が家の神棚は、中央に伊勢神宮のお札 
右に氏神様のお札が並んでいます
(毎年、暮れに、宮世話の方が2つの新しいお札を
持って来てくださいます)

氏神様のお札は、お社に凭れ掛かった状態で
ものが当たると、倒れてしまう事も。
ずーーーと気になっていました

くちこちゃんのブログを、主人に見せて、
このような物を作ってほしいと。。。

電動のこぎりを持ち出し、作ってくれました
aa
b

ご近所さんにも、「よろしかったら。。」とお裾分けしました
DSC_2504
DSC_2505

世界中でコロナに振り回された一年。
まだまだ猛威から逃れられそうもなく、
このような時ですから、
神様のお住まいも少し整理してみたいと思った事でした

このページのトップヘ