冠婚葬祭

来る年もよろしくお願いします


KIMG2403
KIMG2404


注連縄も玄関、神棚、裏口と飾り終え

お天気のいい日に、ガラスも拭き、
昨日は台所の油汚れと格闘


毛染めも済ませ、お年玉の準備も完了。

今日は、明日のお餅搗きのために、洗米作業

新しい年を迎える準備が着々と進みます

月日が巡るのは、なんと早いものでしょう。
68歳の年末です

信じられないような早さで一年が過ぎ去りました。

年を重ねるにつれ、
時間がたつのがだんだん早く感じられ、
「1年」の重みを感じる間もなく、
過ぎ去るように思われます。

若い頃に遭遇したような、感動やときめきが薄れ、
季節感を感じる余裕もなく、きっとその分、
時が早く進むのかなって思う今日この頃です。        




本日をもって、今年最後のブログにさせていただきます。

来年、このブログは、13年目に突入します。
(HPの時代を含めれば14年)

長く続けられましたのも、

陰ながら応援し、時にはネタの提供まで下さいます皆様

そして何より、暖かなコメントを寄せてくださいます皆様

皆様方の暖かい励ましのお陰で、

どうにかまたこのブログも1年を終了することが出来ました。


 本当にありがとうございました。

お世話になりました。


 皆様の、お健やかな年越しと、
新たな年明けが幸せ多い年となりますよう
お祈り申し上げます

のんき

別れの夜

私の人生の歩み68年

かけがえのない人との別れを、多く、経験して来ました


ただ、その方たちは、いずれも、
私よりも年の上の方で、寂しさは感じるものの、
諦める術も覚えてきました


昨夜
は、17日に亡くなった
懇意にするお友達の奥様のお通夜でした



私の人生で始めて、私より若い方とのお別れでした

若いころの癌。すっかりよくなって。。。
と喜んで話されていたころ
15年も経ってからの再発
(原発は同じだったとのこと)

40歳を過ぎたころからの20年。
癌との闘いの日々だったように思います

辛かったでしょうに。。
辛い顔も見せず入退院を繰り返され、
今夏から、ホスピス病棟に。

本人の頑張りのお陰で、
医師から告げられた命の時間より、
はるかに長い時間を持てたことで、
お嬢さんの結婚。出産も見届けられ、
可愛いお孫さんと一緒の時間も持てたことは、
本人はもちろんのこと、残された家族にとっても、
心安らぐ時間であったと思います

ホスピス病棟で、よくなる希望も薄れる中にあって、
彼女の姿を思うとき、お別れは辛いことですが、
これでよかったのだ。これでゆっくり出来るんだと思う
気持ちが大きくなります。


献身的に寄り添ってこられたご主人にも、
頭が下がります


私の年ですから、
葬儀に参列する事は珍しい事ではありませんが、
縁の深い方とのお別れ、若い方のとお別れは、
殊の外、辛く、言葉が見つかりません。

 「別れは必ず来るもの」
「生まれ持って来た寿命だから・・」と
理屈では分かっている事ですが、
気分の塞ぐ事には違い有りません


ほほえみ掛ける遺影を眺めながら、
「まだ若いのに・・まだまだこれからなのに・・・」
そんな言葉しか思いつきませんでした
 

63才の生涯を閉じられた○○さん。安らかに。。。

KIMG2376

合掌

お盆には。

今年のお盆は、おばあちゃんが、入院中なので、
みんなが揃っての会食は取りやめました

それぞれが、おばあちゃんのお見舞いを済ませて、
我が家に来てくれましたから
賑わいは例年のごとく・・・
食事のない分、私は大きくたすかりました


KIMG0676
KIMG0666


家をリホームする折、おばあちゃんのディサービスの車の乗り降りを考え
雨の日の対策も考慮した結果
勝手口から、屋根のある駐車場に出られます

(勝手口が、駐車場の中にある配置にしました)
そんな風なことから
皆さんが、玄関から入られず、勝手口から。

KIMG0669

狭い勝手口。外に並んだ靴

(敷居を踏んだらだめなのに。。誰だ!)


皆様!玄関からどうぞ!
綺麗に片つけましたのに。。。(笑)

賑やかな時間の中、一足先に、私と娘。息子家族と一緒に
息子の家に向かう事になりました

夕方4時30分に出て、息子の家には深夜12時着でした
15日夕方 新幹線にて帰宅

おばあちゃんの入院

義母が22日(日曜日)早朝に玄関で転倒

その時はどうにか動けたようで、
這って自分のベッドまで戻ったようです
(早朝だったため、私は就寝中で気付きませんでした)

かかりつけの病院に連絡するも、
日曜日だった為、内科の医師のみで、
整形の医師が不在

翌日まで待って来院するか、救急で病院を訪ねるか。。
にしてくださいとの事

時間の経過と共に、だんだんと痛みが増し、
動けない状態になった為、救急車の要請をしました

救急車に乗って、県立医療センターに。

大腿骨骨折との事
手術が必要であるとの事でした

翌23日担当医から詳しい説明あり

高齢である事。
心不全の数値がすこぶる悪い事。
腎臓の機能もすこぶる悪い事。
糖尿病がある事

色々な悪い条件が重なり、
手術のリスクは非常に大きく、詳しく検査して後
手術できない可能性も
大いにあるとの事でした


ただ、手術をしなければ、寝たきりになる

手術をすれば、リスクは大きいが
リハビリ次第で歩く事が出来るようになるかも。。

二者択一を迫られました

私と主人は、多少のリスクはあっても、手術を希望
本人も手術は怖いけれど、寝たきりは困ると言います


医師は大きく迷っておられましたが
私たちの希望を聞き入れて下さって、
翌24日午前9:30.全身麻酔で手術
11:30終了
無題

ただ、心臓の機能低下のため、
普通は一般病棟に移るとの事ですが、
義母は救命救急センターで24時間の監視が必要とのことで、
術後は救命センターに移動
KIMG0505

一度目の面会時は、まだ麻酔で意識朦朧状態
夕方、18時に様子を見に行ったら、
開口一番「お腹がすいたぁ~」

順調に行けば、(本人の回復状況を見ながら)
三日目から歩く練習開始
二週間の入院生活後、
リハビリ専門病院に転院

89歳の高齢ゆえ、リハビリも思うに任せない事が多いとは思うのですが、
自分の足で、トイレくらいは行けるまでに回復して欲しいと願っています


母の日のご馳走

母の日と父の日。両方のお祝いね。

娘夫婦から、冷蔵での宅急便が届きました


022


重い!
和久傳の三段の丸い箱に入ったご馳走でした(二人分)

025


一段目 オードブル。
素材。配色。味付け。大きさのバランス流石に和久傳だわ!

008a


026


二の箱 お鍋。

003

出汁まで付いて、お魚の嫌いな私も
きちんと下処理がなされたお魚もくになりませんでした

007


027


三の箱 お赤飯 食後のお菓子

002
006


お菓子は西湖(レンコンの生菓子です)

008
010


和三盆糖のあっさり甘み。
レンコンのもちもちした口当たり、
そしてつるりとしたのど越し。
以前にも食べた記憶が蘇りました


母の日に届いた娘夫婦の気持ち。
娘夫婦を慈しむ母の気持ちも膨らみました



金金ピカピカ

義母の念願であった
お仏壇のお洗濯ができてきました 
 
ブログに取り上げました

ボロボロで扉を閉めると、
壊れるのではないかと案じられるような仏壇でした
義母いわく100年くらい前のものだそうです

002


仏壇を業者の方にお預けしたら、
長い年月、床から壁から。。
手を加えなきゃいけない所だらけ・・

7

大工さんに入って頂く事から始まりました

仏壇の中には、鑑定団に出すような物は
入っていませんでしたが(笑)

043

記念硬貨や古銭などが入った箱が出てきました

そして
先日、春のお彼岸に合わせて、納めて頂きました

まぁ! びっくりするほど、綺麗になって、キンピカです

002
005


手次のお寺さんにお願いして
「精入れ」なるものを行って頂きました

003



涙が出るほど嬉しい!って
おばあちゃんは仏壇の前に座ったきり。。
長年の念願が叶って良かったね

夜は、義弟と会食

008

なにもご馳走はありませんが、
この季節ならではの物がならびました

新玉ねぎのスライス
山ウドの天ぷら

006


わらびのサラダ
山ウドの酢味噌和え

011


野菜の天ぷら

007


新しくなったお仏壇で、御先祖様。おじいちゃん。
どうぞごゆっくりとお眠りください


結婚式の引き出物

一昔前(私の結婚式の頃)名古屋の結婚式の引き出物は
派手だと全国に広まっていたようです

事実、私の時も、振り返れば、
大きな魚(ぶり)1本を付けたりする風習が残っていました


昨今は、じみ婚が主流になって、
名古屋の結婚式も、以前に比べれば、
ずいぶんと落ち着きました(笑)

先日の甥の結婚式の引き出物です
最近は、若い二人で決める事が多く、
親は全く蚊帳の外。。

107

左カタログギフト 
右はバームクーヘンかと思っていたら。。。

108
109

開けてびっくり。アップルパイ。と思ったら。。。

001a

頭の方はアップルパイ。
しっぽにはあんこが詰まっていました

105

名披露目
(新郎新婦の名前を紹介する品)
どうもこれは東海地方独特の風習らしい

お品は鰹節かと思ったら。。
開いてびっくり
106

インスタントの赤だし味噌汁
鰹節
三角の小さなのは、ふりかけでした

002

赤だし 湯を注ぐと↓

003
006

ふりかけは、ご丁寧に海苔がハートでした

若い二人が考えた引き出物
有難く頂戴いたしました

甥の結婚式


4日(日曜日)名古屋のホテルで
甥の結婚式でした


娘と同じ年の甥は、
12歳も年下の可愛いお嫁さんと縁が出来ました

012


チャペルでの結婚式

035
036


ウエルカムパーティ。 

055


披露宴

065

ケーキ入刀

(新郎新婦席の後ろが大きな鏡だったので皆さんが写ってます)
064

073

67歳の兄。63歳の弟

079

お色直しの登場は、びっくり。

3738

すみっこでnonkiさんです

042

義父の三回忌

義父がなくなって、年が明けると丸2年になります
三回忌法要を前倒しにして、17日の日曜日に務めました
004

義父亡きあとの義母との生活も、それなりに日を重ね、仏壇のおじいちゃんも安心してくださっているでしょうか。
親戚、縁者が寒い中お参りくださって、読経がはじまりました
006

お葬式後、日を追ってお参りが重なりましたが、三回忌をもって一段落。
7回忌までしばし、ゆっくりと。。(笑)


お盆の集まり

今年のお盆は、息子家族の姿は有りませんでした
孫たちも大きくなって、塾の予定や、空手の合宿など、子供たちの予定を最優先し
家族のキャンプなどの予定を入れると、帰省する日程が決まらないとか

9月に一緒に旅行の予定ですから、夏はまぁいいか。。。(笑)

息子家族が欠席のお盆の集まり。それでも3歳から89歳まで総勢14人

お仏壇にお参りして、皆でおしゃべりに花を咲かせ、食事

今年は大いに手を抜いて、居酒屋さんで会食
後片付けなどの雑務から解放され、私にはこの上なく楽ちんな集まりでした。

ただ、お店探しに一苦労。
一か月ほど前の予約にも関わらず、あちこちのお店が満席で、予約の取れない状態でした

みんなの集まりに(おばあちゃんにとっても)居酒屋ってどうよ・・・だったのですが、みんなが思い思いに食べたいものを注文できるスタイルは、悪くないかも。。でした

008
006
011
002
013014

志摩で鮮魚の有名なお店です
鈴木水産。すしダイニング。 
お寿司や。お造りは美味しかったのですが、それ以外は。。。イマイチだったかな。。。
主人は日本酒。ビールと美味しくいただけたようでした

皆が寄ってワイワイ賑やかなのが一番。今年の夏も終わりました
来年の2月には、甥の結婚式。お正月には彼女も来て下さるとか。。
ますます賑やかになるnonki家です

記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

のんき

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ