ちょっとお出かけ

名古屋でお買い物

瑞浪のいインター近くで偶然見つけた。
恵那川上屋さん
この季節は、干し柿の中に栗きんとんの入った「ひなたぼっこ」
(本当は川上屋さんの「柿の実きんとん」が好きなのですが、今回はこちらで。
a

美味しいね。。美味しいね
一人
連発しながら娘宅で頂きました


娘の近所のお目当てのスイーツ
a


DSC_2581

米粉のサンドイッチとメロンのケーキ

今回は、苺のサンドイッチ
こちらのサンドイッチは、もうケーキの域だと思います

aaaaaa
aaaaa

そして。。メロンのケーキ

aa

DSC_2584

メロンの房の部分はくりぬかれ、
苺とシャインマスカットが入れ込まれてました

メロン1個まるごとケーキもありましたが、
手が届きませんでした(笑)


娘の所に行く楽しみの一つに、スーパーに行く事があげられます

オシャレなスーパーが点在する場所柄です

今回は主人を娘宅に置いて、娘と二人で買い物に大急ぎ


マイセンのカツサンドを見つけました
私の方では、買えませんから。
迷わず買い物かごに。
IMG_20210224_200210

緑の箱は今回初めて知りました
ポテトサンドです

分厚いカツサンドは、いつものことながら感激
ポテトサンドは可もなく不可もなく


先日、げんかあちゃんのブログで紹介のあった2点
私のほうでも、売られているとの事ですが、
家の近所のスーパーにはなかったので
名古屋で購入

元祖。ヨコイのパスタ
若鯱屋のカレーうどん
共に冷凍食品です。
ヨコイの看板商品。あんかけスパではなくナポリタン
あんかけは見つけられなかった。

DSC_2586

名古屋のスーパー
もう少しゆっくりと買い物がしたいのですが
主人が待ってます。
子供たちがそれぞれに
気を使ってくれて、一泊の娘宅行き
楽しく過ごしました。

息子と娘と

息子は、せっかく、帰省するなら、
両親においしい物を食べさせてやりたいと、
食べログを調べて、あちこち探してくれたようでした
(両親にという隠れ蓑で、
本当は自分が食べたいと思った節が見られました(笑))

で。。。ラッキーな事に見つけたのが、
瑞浪市の柳家  ジビエ料理のお店です


私は、まるで分らないのですが、
食べログの評価も高く、予約の取れない店としても有名なのだそうです。
(食べログで10年連続1位だそう)

それが。。。ラッキーなことに、20日の夜ならキャンセルが一組あり、
食事ができるとか。。
(19日の夜。20日の昼共に予約できず)

息子が娘夫婦にも声をかけ、
皆で夕食に出向くことになりました

ただ、残念なことに、婿殿はこの日。
友人とスキーに行かれていて一緒に行くことができませんでした


20日(土曜日)昼食を済ませて娘宅に。
主人と息子と娘、私。4人で出かけたのって、
何十年ぶりかなぁ。。

感慨深いものがありました

18:00の予約に間に合いました
創業は1946年。
岐阜県の瑞浪市にあります
(中央道瑞浪ICから30分くらいだったかな)

途中、看板やお店の道案内もなく、心細いことこの上なし
ナビだけが頼りです
3

安政6年に建てられた古民家を移築。
6室あるお部屋は、すべて囲炉裏を囲むスタイルです
(4.5年前に一部改築されたようです)

お部屋には、囲炉裏の中央に、炭が組み合わされていて、
あたたかな炎が心地よかったです

4
5
立派なハリと欄間。。。

私たちのお部屋の囲炉裏には、
こちらの大女将が付いて焼いてくださいました
私と同世代(3歳上だそうです)で、お話も弾みました

先付?かな?
「これ。。。なに?」
「蜂の子」の佃煮の様です
8

私と娘はちょっとパス(笑)主人が回収
主人と息子はおいしい。おいしいと連発
主人のお酒も進む進!

9
大根に軽くお塩を振っただけのもの。
口直しの役目は大きなものでした

いよいよ串が炭のそばに。

シカのひれ肉

7
10
丁寧に焼いてくださって
焼き加減抜群!
柔らかくで、心配していた臭みなどなく
牛肉を食べているような感覚でした

鴨肉のねぎま。一緒に鴨ロース

11
12
13
鴨がこんなにおいしかったとは。。
ネギも絶妙な焼き加減で、甘味が引き出されてます

猪です

14
1
これ。。。脂?
四角で真っ白いお肉に
びっくりしたのですが。。

16
17
脂が落ちて、火の手が上がります


18

串に刺されて持ってこられた時には、まるで脂の塊だったのに
焼きあがったものは、脂こくもなく
脂のにおいもなく、私は今回の中では一番おいしく思いました
粒マスタードが添えられていました


シカロース
19
2
20
柚子胡椒で食べました

小鴨が半身

21
鴨の小さいのではなく、小鴨という種類なんだそうです
国内では最小の鴨だそうですよ

22
半身ということでしたから、切り分けていただいたところによって
固い。柔らかいと感じ方も違ったのが興味深かったですよ

ここで一旦終了。
23

囲炉裏の火が引き上げられました
消壺に入れられて保管されるとか
消壺ってメッチャ懐かしい。。
昔の台所。おくどさんの横に必ずあったよね。
私って昔人間丸出しだわ。。(笑)

熾火の上に、つるされた
このつるすもの。自在鉤っていうらしい。
囲炉裏にはつきものだよね
DSC_2566

24
26

たっぷりのきのこ。ねぎの鴨鍋です

27

いいお出汁が出ていて、いくらでも食べられそうです
ここに、おうどんを入れたら抜群だと思うものの。。。
もったいないので、皆で一致団結して(笑)残さず、何回もお変わりしました

〆のご飯は、自然薯がかかったご飯
28
29

もうお腹いっぱいでしたが、わずかに見つけた胃の隙間に、少しだけ流し込みました
つるん!とした食感がとてもおいしくて。。
私はたくさん食べられませんでしたが、他の三人は、お変わりしていました

30
31

70歳になって、初めて食べたジビエ料理
息子に誘ってもらわなければ、
おそらく一生食べずに終わっていた事だと思います

ジビエって臭みが強いというイメージで、食べるなどもってのほか。。
と思っていたのですが、丁寧な下処理と火入れなどで
私の持っていたイメージは崩れ落ちました


このお店が人気で予約が取りにくいということも
十分に腑に落ちました


このお店は、季節によって、食材が変わり
春は山菜。
夏は鮎。ウナギ。川魚
秋にはマツタケなどのキノコ
冬はジビエ

その季節にしか食べられない食材を使ったお任せコースのみです

(息子さん。。。今度はマツタケの季節にお願いします)

食通の人たちの間では、ジビエのこの季節こそが。。。と言われる方も多く
遠く海外からのお客様も多いと聞きました

行きは息子の運転で
帰りは娘の運転で

子供たちと来られたことで
なぜかホンワカ気分の老夫婦二人は後部座席で夢の中。。

この日は娘宅に一泊し息子は翌日に帰っていきました

帯が長くなりました
最後まで読んでくださってありがとうございます




お出汁

デパートの買い物。その3

一階食料品売り場の一角で、期間限定のお店
茅乃舎」のお店がありました
たまには、デパートも覗いてみるものですね

いつも、娘が数をまとめてくれて通販で取り寄せていますが
そろそろお出汁の残りも少なくなっていて、渡りに船でした


c

いつも使うお出汁とは違った、黄金比のだし
いつもの茅乃舎だしと値段は同じです

dashi

鰹節。昆布。椎茸
焼きあご。あご煮干しが調合されているようです
通常は通販限定の商品だそうで、今回、初めて購入してみました

いつも買うお出汁より、
少し濃いめのお出汁のように感じました

いつものお出汁は、お吸い物に
このお出汁はお味噌汁に合うのではないかと感じます


cc

青柚子胡椒
いつもは生七味を買うのですが今回はこちらに。

cccc

煎り酒。これも残り少なくなってましたから
丁度良かったわ。私は、ポン酢の代わりに使っています

もう一点。初めて購入してみましたドレッシングです
楽しみです


それぞれのチョコレート

シーツを買いにデパートに行き
あれこれブログネタを拾ってきました

もうすぐバレンタイン。
私は恋焦がれて差し上げる人もいませんが、
一応4個用意します

孫。婿殿。息子。そして
旦那という隠れ蓑で自分用

中学二年生の孫は、チョコレートが嫌いで、
小さい時から「あんこ」系
昨年は赤福を送りました(笑)

今年はどのような物をとデパートの中をうろうろ物色
やっぱり。。。チョコではなく甘味物かな。。

「あも」にしようと叶匠寿庵のお店に。。

きれいに並ぶショーケースでふと気が付いたお菓子

心よせ結」いいネーミングだなぁ

dddd

d

一口で説明すれば、
最中の皮にチョコレートを挟むものです

10個の絵柄のある最中の皮
ddd

チョコレートは、抹茶ときな粉の二種類

cyoko
a

自分用(ブログ編集用)に開封してみました

最中の皮の絵柄の中に、一枚づつ、隠れ💛を
見つけるのも楽しい(笑)
パリッとした最中の皮。抹茶のチョコレートと合う合う!

孫には、「あも」と一緒に
婿殿には、一壺天と一緒に
送ることにしました

一応、旦那用には、私の一番好きなもの
2021-02-10-20-11-45-432
2021-02-10-20-12-29-476

マキシムのレースクレープ
クレープ生地にチョコレート二種類をコーティングしたもの
ミルクチョコ。ダークチョコ

マキシムって遠い記憶がよみがえります
パリのレストラン。マキシムに行ったわ・・
初めてエスカルゴを食べました。

当時の重厚な建物に妙に感激した記憶とともによみがえります
あれからはや。。。
半世紀近くの時が流れてしまいました

小さくなった??

先日、デパートに出掛けた折に、
季節限定の出店「すや」を見つけて、
思わず買ってしまいました
a

栗きんとん
6個入り 1728円(税込み)
小さくなった??と感じたのは
私だけかなぁ。。
DSC_2304

何か小さく感じました

美味しさは変わりなく。。
美味しい!しっとりとしていて、甘みの塩梅もよく
栗がすべて裏ごしされてなくて、
ごくごく小さな欠片(かけら)も混ざっていて食感もよく。。

やっぱり、この時期に栗きんとん
贅沢なオヤツですが、奮発してしまいます


DSC_2305

一緒に栗どら焼きも。。
ふっくらとしたスポンジ部分
栗の刻んだものも混ざった栗あんが、殊の外美味しく、
栗きんとんと、栗どらやき。
渋茶と一緒に大切に頂きました(笑)


久しぶりの近鉄電車

お寺に行くために、久しぶりに、近鉄電車に乗車

コロナの終息には程遠く、第三波の報道まで出ている昨今、
公共交通機関を使う事には、
まだ少し抵抗もあって、大きく迷ったのですが。。


なるべく、人の少ない時間帯を利用することとしました


電車の中つりを見て、驚きました

換気装置や空調装置で4~10分で車内の空気を入れ替えてるって。

a

すべての車両に抗ウイルス。抗菌加工を済ませてるって。
鉄道車両では、日本初だそうです

aa

大きく安心し、お隣と少し距離を置いて座った次第です


そして、驚いたのは、桑名の駅
新しい駅舎になってます

近鉄。JR。養老線が混在する桑名駅でしたが
すっきりと変貌していました
DSC_2197


そして、桑名駅で感心したのは、トリックアートのような。。
目の錯覚を利用した案内。

近鉄阿倉川駅にもこのような案内があるらしい


3
1
2

立体的に見えるのですが、平面的に描かれた案内です
近鉄画像より拝借

浦島太郎ではありませんが、久しぶりに乗車した近鉄電車
思わぬブログネタを拾ってきました






恵那 五平餅

恵那峡大橋をくぐって進む遊覧船を見送り、
恵那峡を後にしました
DSC_2101

ここに来たら、栗を・・・

この季節は、栗栗栗の中津川

栗きんとんを作るお店は多いと聞きますが
我が家は「すや
DSC_2111

今回、初めて(いつも中津川IC近くのすや西木店)
「すや本店」に立ち寄りました
恵那峡からすぐです


この後、川上屋によって、
「柿の実きんとん」を買うつもりでしたから

ここでは、栗きんとんと栗きんつばを・。。
DSC_2128

おいしゅう。。。ございました。。。

さぁ!川上屋さん。
大好きな柿の実きんとん。。。
♪♪ ルンルン  ♪♪


川上屋さん到着
すごい、、、人人人
第二駐車場まで満車

DSC_2112

このお店は、栗を使った洋菓子の販売もあり、
若い人には受けるんだろうな
(若い人がわんさか。。)

DSC_2113

探せどお目当ての柿の実きんとんがない。。

ない。。ない。。。ない。
お店の人に伺うと
がぁ。。。ん!

今月20日からの販売予定でございます。。。


がぁん!がぁん!
頭ががぁん!

「すや」でもう少し買うんだったぁ。。

このお店で、何も買わないのも。。。
と何の義理もないのに。。 

初めて丁稚羊羹を買ってみました

DSC_2127
a
確かに栗の味でしたが、何かイマイチ
栗のペーストを固めたような。

私は、てっきり栗が固体で入っている蒸し羊羹だと思って買ったのですが。。
がっくり。。肩を落として。。

はい!川上屋さん終了

次の目的地は。。。今回、行きたかったお店

五平餅の「あまからや」さん

娘たちが中津川に行くたびに、
このお店のたれを買って来てくれるように頼んでいました

美味しいクルミのたれ
(我が家の冷蔵庫には常備されています)
胡桃のタレは、青葉の和え物に使います。
めっちゃ美味しい!
DSC_2160

お店で五平餅を食べたいと切望した母です




DSC_2116
DSC_2118

DSC_2122

一皿6本お漬物付きで660円)

アッ!写真と思った時には主人が1本口にくわえてました

醤油。砂糖。胡麻。クルミの一体となった濃厚なコクが
半端なく感じられます

私の知る五平餅は、小判型をしていて
大きなものを想像していたのですが
このお店のものは、みたらし団子のような形状

お餅はただ米(うるち米)をつぶしたような。。
柔らかなものでした

美味しかったぁ・・・

小皿で添えられたお漬け物
美味しかったので、分けて頂いてきました

DSC_2141



思いついたように出掛けた恵那の日帰りドライブ
お母さんの行きたい所に連れて行ってあげるから。。
と私の意向を組んで
予定を立ててくれた娘夫婦

婿殿と交代でハンドルを握ってくれて
あちこち寄り道をしながらのドライブ
YYちゃん。
幸せな時間をありがとう
また連れてってね!

日帰りの旅を私の備忘録を兼ねているとは言え
長々と連ねました
お付き合いくださって有難うございました

恵那 恵那峡

松茸食べ放題7000円の旗がひらめく道を、
恵那峡の展望台に向かいました

随分前に展望台に行った記憶が。。

赤い大きな橋と、綺麗なダム湖が遠い記憶に残っていました

展望台が二か所ありますよ。。と
ナビを見ながら話すドライバーさん(婿殿)

赤い橋がまじかだった記憶が。。と
今回もいい加減な母

とりあえずと向かった先は、寂れた展望台でした

Inkeda_LI

アッ!あの橋!あそこ!あそこ!
あの展望台だよ。。

うるさい母。。

DSC_2102

あたりの紅葉はイマイチでしたが、
婿殿が撮ってくれた一枚
(後に、あの時はコロナで大変だったと思い起こすかな。。。
マスクを付けて)

1604709506448

あの橋を目指して移動しました

こちらが、思っていた展望台です(笑)

aaa

DSC_2103
DSC_2104

やっぱりぃぃ
記憶は確かだった(笑)
(痴呆の症状の一つに、昔のことは記憶に残るそうですが)

赤い橋が目の前だ!

(赤い橋。。ではなく恵那峡大橋っていうんだそうです)

遊覧船が、来るのを待ちました。
じぃーーーーと。ブログのために!(笑)


line_933973653722828


DSC_2108
DSC_2109

のんびりと通り過ぎる遊覧船
もう少しすると、紅葉も綺麗でしょうね

今回は、次の予定があって乗船は諦めましたが
また違った景色が見られると思うと
機会を見つけて乗船したいものです

さぁ!恵那に来たら栗きんとん!
寄ってお土産を買って帰ろう・・
そして私が切望するもう一か所にも。
つづく。

恵那 パティスリー銀の森

銀の森を散策中に、ふらりと入ったお店



DSC_2097

玄関を一歩入ると。。
幻想的な何か森の中に引き込まれた感じ

DSC_2093
line_933935231473155

line_933941280292424

どんぐりの形をしたランプが大きい木から下がっています。

line_933960537108823

木の下には野兎かな。。お食事中

DSC_2095

木の中ではリスがお食事中

DSC_2140

画像はパンフレットから拝借
まさにこんな感じでした

DSC_2096

DSC_2137

このお店の料理長は、チェス
副料理長はナッツ

ともにリスです(笑)

a


二人の肖像画?がお店の真正面に掲げられていました

line_933894848343171


このお店の看板商品は、森の食材を使ったクッキー
プティポワ(小さい森という意味だそうです)

DSC_2133

甘い普通のクッキーとは別の物のように思います
どんぐり粉を使って焼き上げてます

DSC_0001_BURST20201107081755315

どんぐり。くま笹。山椒。けしの実。
キイチゴ。くこの実。さんざし。
7つの森の恵みが小さな缶に
びっちりと詰められています

DSC_2134

仕切り板や、カップなどなく、整然と並ぶクッキー
圧巻ですよ

DSC_0001_BURST20201107162516040

どんぐり粉を使ったクッキー
自然な味わいで、甘い物が苦手な主人も食べてます
美味しくいただきました
どれも一様に美味しいのですが
私的には、キイチゴのメレンゲが口の中でとけるもの
山椒の香りがほのかにするもの
サンザシの甘酸っぱいもの
この3点が特に気に入りました

銀の森に別れて、恵那峡に行ってみました

つづく。。

恵那 銀の森

娘の所に一泊し翌日は朝から
(婿殿も娘もこの日有給休暇を取ってくれてました)
「まだ紅葉には少しはやいかな。。」と言いながら、
恵那に行くことにしました

(前日の夜、用事があって義弟の所に出掛けた主人は、
美味しいお酒をご馳走になり、
そのまま義弟宅で一泊。
娘宅から車で20分くらい。。近くです)

主人を迎えていざ!
車中の話題は、タダになった焼き肉の話で大盛り上がり
セコイ一族です。(笑)

目指すは銀の森


DSC_2081

何度も前を通ったことはあるのですが、
立ち寄った事がありませんでした

実は私と娘夫婦は、朝食も食べずに出てきたので、
お昼には少し早かったのですが、お腹がぺこぺこ状態

主人は、義妹が朝からしっかりと、
食事の用意をしてくれたので、
まだまだ食べたくないと。。

食べたい人。まだ食べたくない人。。。
当然のように食べたい人の勝ち!

銀の森の中のお店に直行(笑)

DSC_2082
DSC_2085
DSC_2084
1604709484848
ご飯は、御釜で炊いているようです

私は十八番(おはこ御膳)
DSC_0000_BURST20201106111438196
DSC_2089

色々な物が綺麗に詰まっていて、
それぞれが薄味。素材の味がしっかり生きてるように思いました

主人は、まだ食べたくないと。。。
言いながら
大エビ天ぷら御膳に
DSC_2087

(天ぷらを少し残して。。私と婿殿がお手伝い)

婿殿は、飛騨牛陶板焼き御膳
1604709473499
1604709476679
1604744849664

娘は、飛騨牛朴葉焼き御膳
1604709461920
1604709465624

本当は私と同じ十八番がよかったのですが、
数量に限りがあったようで、
権利を譲ってくれました)


食後は、広い園内のお散歩
DSC_0001_BURST20201106103247491
DSC_0000_BURST20201106103318970

DSC_2092
珍しい色のコスモスでした
名札から、チョコレートコスモスだと。
DSC_2097

あちこちに点在するお店を覗きながら。。

素敵なお店を見つけました。後日の話題にします

DSC_2083

買ってきました

DSC_2125

パスタのミートソース
生七味。
欲しかったものを見つけて即!買い!

DSC_2126

ブログネタゲット!(笑)
大きなお麩です

どれくらい大きいかというと。。(笑)

DSC_2143
決してお椀が小さいのではなく。。
お麩が大きいんです

このお麩。すまし汁の中に入れるだけ
普通のお麩って、使う前に水に浸しませんか?
これは下処理なく、直接、すましに入れるだけでした

DSC_2144

やっぱり大きい。。(笑)
すぐに崩れましたが。。

平日だったこともあり、ゆっくりと買い物ができました
記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

のんき

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ