料理

2016年10月23日

私の愛読書も、年とともに変化をし、
最近では肩の凝るような本。
文字の細かな本は、縁遠いものになりました。

唯一、新刊が出るのを楽しみにしているのが
「きのう何食べた?」漫画の料理本です。

IMG_7860


肩が凝りません!(笑)

IMG_7847-(1)




その本に紹介されていたお好み焼き。
おなじみのお好み焼きですが、
牛乳を使う。。。
との事。

小麦粉を、牛乳と卵でとく・・・
なんとなく「ふんわり」した出来上がりがイメージできますが、
レシピに忠実に作ってみることにしました

IMG_7842

100gの「お好み焼き粉」 キャベツ150g
(青ネギ・天かす・ちくわ残り物少々)
  豚ばら肉 牛乳120cc 卵1個  

IMG_7843

本では、大きく1枚で焼いてますが、私は小さく4枚  
3分焼きひっくり返す

IMG_7844

蓋をして5分 蒸し焼き。 
5分経ったら、もう一度ひっくり返す

IMG_7848

水分を飛ばすため、蓋なしでしばらく焼いて、
ソースやトッピング(青のりと鰹節)

私は1枚を、だし醤油のみ。
1枚をマヨネーズとお好み焼きソース。
1枚をお好み焼きソースのみ
1枚を、梅干しを漬けたときの「赤しそ」をトッピング


ふんわり、分厚いお好み焼きができました。

粉に対して、キャベツが多いとの不安も一気に解消!

粉っぽさが感じられず、ふんわりとしたお好み焼きでした。

お好み焼きを作ったら、ついでに、関西のねぎ焼きも。。。

IMG_7849

生地は薄く薄く。。


IMG_7850

ネギをたっぷり!あとは天かす。

具はこれだけ。実にシンプル

上からもう一度、薄い粉をタラッとかけて、紅ショウガをトッピング

IMG_7854

二つに折って出来上がり。
しっとりとしていてシンプル。我が家の大好物のネギ焼きです







2016年10月15日

ちゃっちゃっと。。。って方言ですかね(笑)

それとも、死語となってしまった言葉かな?

「すぐ」「迅速に」という意味合いで使います

お昼の用意はちゃちゃっと済ませたい!

主人の提案で(テレビで見たらしい)簡単パスタ

用意するもの。「海苔茶漬け」 
梅干し(種を取ってたたく) 
青しそ

IMG_7718

ゆでたパスタに、海苔茶漬けと梅干しを絡めて、
青しそをトッピングすれば完成

IMG_7716

ちゃっちゃと作って、ちゃっちゃと食べた昼食でした


2016年09月14日

ゴーヤ祭り開催中のげんかあちゃん。

簡単なゴーヤの大量消費を教えていただきました。

ぽんぽこに膨らんだゴーヤ。
我が家もゴロゴロしてます

苦くないゴーヤの調理方法として、
佃煮にしたり、シーチキンとあえたり・・

今回、教えていただいたのは、なんと!するめとのコラボ。

すぐにでも作ってみたかったのですが、
お正月前なら、あちこちで見かける「するめ」ですが、この季節。。

探せど見つからず。。。

運よく。。本当に運よく。。

ありました。

IMG_7423

ここに。。笑

娘の家の地鎮祭に、お供えされた中に、
「するめ」を見つけたときのうれしさ(笑)

おさがりとして、「するめ」だけもらってきました

IMG_7483

ゴーヤ500g  (種取って)
醤油         200cc
砂糖            200g
酢          100cc
タカノ爪 1~3本(お好みで)
スルメ           1枚

スルメの足は硬いので切らないでだし用です(後で取りだします)

IMG_7484

調味料はそのまま(加熱せず)
すべてを、袋に入れて、2日目から食べられ
1週間は冷蔵庫で大丈夫だそうです

IMG_7490


やっと見つけたスルメで、主人のお酒のアテができました



2016年09月04日

ブログのお友達から、献立のヒントをいただく事はしょっちゅう。
困ったときのブロ友さんです。

今回、
げんかあちゃんのご紹介の1品

IMG_7384


ちょうど、主人が畑から、バケツに一杯のピーマンを持ち帰って
「もういらない!どなたかに差し上げて!」と
声を荒げていた日でした。

以下げんかあちゃんのページをコピペ

ピーマン4~5個(5ミリの千切り)
鶏ガラスープ     小さじ1
塩 胡 椒     少々
  ご ま 油     大さじ1
シーチキン70グラム缶   1/2 
(アッサリ系が好きなので半分にしました)

以上を

耐熱容器に入れてレンジ600Wで3~4分

軽くかき混ぜて出来上がり


シーチキンの缶詰が半分残ったので、

白菜の軸の部分を、同じ要領で作ってみました

白菜からお水が出るので、調味料はやや濃い目にしました

IMG_7385

私的には白菜のほうが好みでしたが、
母はピーマンのこのような献立。88年目にして初めてだそうで、
箸休めではなく、主食の様に食べてました(笑)

げんかあちゃん。ありがとう。
コピペ事後承諾ということで。。ヨロシク。



2016年06月02日

いつだったか、やっこちゃんから、
恵那の「あまからや」さんの五平餅のタレが美味しいから・・
って教えていただきました

運よく、娘夫婦が中津川に行くようだったので、
買ってきてもらいました

MM (2)


アッ!写真!と思ったときには、容器に移し替えた後でした(笑)

MMM (2)


機会を見つけて五平餅も作ってみたいのですが、
まずは、搗きたてお餅に絡めて、ほんのり炙ってみました

五平餅はうるち米をつぶして作りますが、今回はもち米

019

呆れるほど、写真が下手ですが。。
味は抜群


ごま、さとう、しょう油、山くるみが主原料だそうで、
コクのある胡桃の味が絶妙です

MMM (1)

ホウレンソウとシメジをこの「タレ」で和えてみました

びっくりするほど美味しい一品になりました

しばらくこのたれにはまりそう
焼き豆腐に「田楽」のように使ってみようかと思案中





2016年06月01日

友人が、大きな箱にいっぱいのイチゴを届けてくれました

お世辞にも、きれいな。。
とは言えない、クズのイチゴです。

イチゴ農家の方が、
捨てるから。。好きなだけ摘んで行っていいと言われたとか。

洗って、痛んだところを捨てて。。と下準備が大変でしたが、
大きなお鍋に山盛りのイチゴになりました

041

お砂糖を掛けて一晩おきました

翌日、コトコトと煮詰めて出来上がり。
イチゴの形状がところどころに残って、メッチャ美味しくできました

後で検索してみたら、レンジで簡単にできるみたい。。
IHの前で焦げないように見つめながら作っていたのに。。



2016年05月26日

主人が、実山椒をたくさん採ってきた。

気分が乗らない。。

こんなにたくさん千切るのって大変やろうな。。。と思いつつ、
2.3日そのままになってました。

私の場合、気分が乗れば、
何時であろうと台所に立つのですが、
疲れていたり、気分が乗らないと、怒りに変わります。


放置されたままの実山椒

001


やっと気分が乗ってきて、下処理することにしました

適当に小枝から外しますが、神経質にすべて外す必要はありませんから。。

002


少しのお塩を入れてゆでる。指でつぶれる程度まで

003

お水にしばらく浸けて、(一時間くらい)アクを抜く


004

今年の実山椒出来上がり
冷凍庫で1年持ちます。

献立のちょっとしたアクセントに使うと重宝します


で。。。
実山椒入りポテトサラダ

JPG

マヨネーズに、梅干しの刻んだもので調味し
マッシュポテトに味付け
冷凍の実山椒を入れて、
粉山椒をトッピング




2016年04月29日

一日目    すき焼き
二日目    前日の残りに、少しお出汁を加えて、焼きうどん
三日目    前日の残りに、ジャガイモと玉ねぎを入れて、肉じゃが

002

さすがに、ここまで来ると、肉はカケラほど(笑)

でもでも一日目の名残の糸こんにゃくなど
まだ少し顔が見えます

これで終わり??

003

いえいえ。。。渡りに舟でやっこちゃんから
マッシュポテトの素を送って頂きました

ジャガイモの残りが一個だったので、継ぎ足しは一個のジャガイモでコロッケ

少量のコロッケのつもりでしたが

ラッキー!

二人分のコロッケができました。


すき焼きに始まった我が家の献立
リメイクを繰り返して4日です。
お金がたまらないのはなぜ??
(のんきさんが使ってるからやん!って。。納得)


2016年04月23日

娘の嫁ぎ先の御両親の別荘が、中津川にあり、
この時期は、山菜採りを楽しんでいらっしゃるとか。。
先日、娘が、「こしあぶら」を持ってきてくれました

q


裏山で主人が「山うど」を収穫

599d24e4-s

qqq

こしあぶら。山うど。と一緒に、冷蔵庫に残っていた
アスパラ。シメジも天ぷらにしました
今年初めての「素麵」に添えていただきました

ccc

山うどを出し醤油に。一夜漬け。

bad12241-s

わらびも裏山から。。

1c4109bf-s

春の野山の恵み。食材費0円
助かります。。笑



2016年04月12日

先日のオフ会の折、げんかあちゃんからアイディアをもらった筍料理

ペペロンチーノ風

002


たっぷりのオリーブオイルと、にんにく。トウガラシを。。。


げんかあちゃんは、蕗を一緒に炒めておられましたが、
我が家は畑の菜花を利用

実は、冷蔵庫のアオサを入れようと、とりだしたのですが、
頭は「アオサ」で。。。手にしたのは「菜花」でした

菜花をゆでながら、それでも「アオサ」を入れて炒めよう。。と
思っていた私って。。
やっぱり病気かも。。

筍料理。アオサでも菜花でも。。。我が家の定番に収まります


 で。。。翌日。。
アオサは、切干大根の煮物に入れました。。笑

001




記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

のんき

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ