「がさつ」な私ですですから、割れるものは仕方ない。。
そんな風に思って、陶器類の破損は諦めています

ただ、急須の蓋を割ることが多く、
急須本体は無傷なのにと、
残念に思いながら廃棄することになります

そんな思いを何度したことか。。。

先日、「かぶせ茶カフェ」で素敵な急須を見つけ、
4294af2d

初めから蓋がないから、割れる心配もなく。。(笑)

地場産に出向きました
(三重北勢地区地場産業振興センター)

画像と同じものがあったのですが

一煎用だと気づきましたし・・・・

手に取ってはみたものの、
買うことはしませんでした


後日、友人にその事を話していたら
「こんなんあるけど。。。」
DSC_0000_BURST20191024134536138

あげるわ!って・
やったぁ~~
DSC_0499

これね。。。ものすごく便利です
使いやすい!
洗いやすい!
注ぎ口から垂れない
細かな網が全体についている
bdb5c9ae-s



急須は蓋を抑えて上品に注ぐ。。。
こんな概念を覆しました

片手で楽々。
本当に使い勝手のいいものでした

蓋のない急須。
今主流となっているようですが、
これって、家使いなのかな。。
お客様の前でも、使っていいのかな?

現在の新婚家庭の台所から
蒸し器と急須が消えたと聞きます
(まな板まで消えている家庭もあるとか)
お茶は急須で入れるより、
ペットボトルのお茶だそうですが。。

そんな時代なのかな。。
昭和はとぉぉぉぉくなりにけり!