一昨日は、おじいちゃんの初命日でした
4・7日5・7日の法要と一緒に、濃い身内が集まって、
初命日の法要を済ませました。

あとは、来月初旬の49日法要で忌明けとなり、
一区切りとなります

ところで、おばあちゃんは、リハビリ頑張ってます。
スタッフの方のやさしい言葉掛けと、親切な気遣いに、ご満悦
一日3回(一回1時間)のリハビリの御蔭で、まずは、紙おむつが取れました。
そして、車いすを一人で操作し、トイレに行くことができるようになりました。

スタッフの方の手厚い介護に頭が下がります。

一応、五月末までの予定が組まれていますが、
本人の「やる気」次第で、家に帰るのも早くなるかも。。

あちこちの病院を紹介していただきましたが、
この病院にして良かったと思ってます

023
006

たくさんのスタッフの方。皆さんがとても優しいと義母は言います
義母の心待ちにするお風呂は、温泉です

007_1

湧き出る温泉は、一般の人も利用可能

一階にはアトリウムと呼ばれる明るい空間があって
足湯の設備も(一般の人用)
002

003

車いすの人用の足湯も

004
005

001

至れり尽くせりの施設で、義母いわく「天国のよう」だそうです
義父を亡くした悲しみも、日に日に癒えてきたみたいで
涙の回数も少なくなりました

気候も良くなって、もう少しリハビリが進み
体力が回復してきたら、屋外のリハビリ遊歩道にも出られそうです

008

017

春の終わりには、手押し車で歩けるようになるかな。。

そんな期待を持って、洗濯ものを取りに行く私の足取りは軽いんです!