2011年02月12日

新しい名前

春岳院釈健浄

父の新しい名前です

父は、生前、自分の好きな字である「春」という字と、
名前の一字「健」を含めた戒名を考えていて
3年前に、この院号を頂戴しておりました

私自身の備忘録を兼ねたブログですから、
少し今回の経緯を書き連ねてみたいと思います
mixiの方でお相手下さいます方には
一部重複いたしますがお許しください

父の死亡診断書の病名欄には「肺気腫」となっておりました
長く町医者にかかっておりましたが、
肺の病気があった事など、まったく気がつきませんでした。
この病気は今回入院させていただいた病院の検査で見つかったものです
大きな病院に入院してからの検査の日々の中で
糖尿病から来る右足の中指と小指に壊疽が見られ、
切断を迫られておりました
(場合によって指だけではなく足首からの切断もありうるとの説明あり)
私としては、父は高齢でもあり、肺に病気も抱えた状態で
足の手術をする事に大きな戸惑いを覚え
出来ることなら、何も処置せずにソットしておいてほしいというのが
本音でした。

父の亡くなる当日(2月8日)午後、病院を訪ねた折り
ちょうど、病棟のナースステーションに、
私の担当医(私もこの病院に長く通院しておりますので)
(父の担当医ではありません)
の姿を偶然に見つけこの医師にも父の壊疽と、私の思いを話し
丁寧な説明を受け、手術やむなし・・の考えを固めました
父にどう説明しようかと頭の痛いことでした。
その後、父の病室を訪ね、いつものように取り留めもない事などを
少し話をし(足のことは結局言いだせませんでした)
「じゃあ・・帰るわね。明日は来られないから明後日来るわ」
「また来てな!」
「うん!また来るわ!」
父と話した最期の会話です
確か午後4時前だったと記憶しています

その日の夜、母からの電話で父の死亡を知りました
母も私も父の最期に立ち会う事はできませんでした
入院から10日。あまりにも突然で、あっけない別れでした。

翌日(9日)の午後4時ころ、
通夜の準備をしながら
「昨日の今頃・・また来てな!って言って手を振ってたのに・・・」
って思うと、
人の最期ってこんなにもあっけない物なのかと、改めて思うことでした。

私の年で親を見送る事は、仕方のない事で、
いろいろと思う事はありますが
これも定命と納得のいくことです

足の指の切断もなく、旅立つことができて
ほんとうに良かったわ・・・・合掌

皆様から暖かなコメントを頂戴し、心底うれしく思っております
ありがとうございました



トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by さくら子   2011年02月12日 21:16
辛い決断の言葉をお父さんに話さない内に逝ってしまわれたのはきっとお母様がのんきさんの心中を思ってお父様をお迎えに来られたのかもしれませんね。

最後の言葉、響くでしょ。。
これからは思いだしてあげることが会いに行くことになりますね。

のんきさん、深夜に訃報を受けてさらに翌日もお通夜、二晩を不規則過ごされてさぞかしお疲れでしょう。
しなければならないことが続くのでなかなかゆっくりとは出来ないでしょうけどご自身のお身体の事も気を付けて下さいね。
2. Posted by やっこ   2011年02月12日 23:10
お通夜に告別式ときっとのんきさんのことだから、いろいろと気遣われて過ごされたと思うのですが、
こんなに早くにブログ復活で、びっくりしています。
お父様、早々と法名いただいていたのですね。
ウチの母方の祖父母も善光寺で生前に法名をもらっていました。
あの世で自分の名前がわからないと困るからって。
ご自分の好きな字をあてられて、いいお名前になりましたね。
春がすぐそばまで来ているような、そんなお名前ですね。
のんきさん、体調崩されないようにね!
3. Posted by 三日坊主   2011年02月13日 08:07
お父様のお名前、とても良いですね。
迷子にならずに済みますね・・

この地方ではしばらくは大変でしょうが、十分お身体にお気をつけてくださいね。

また落ち着いたころにお誘いしても良いかしら・・?
4. Posted by ケイ   2011年02月13日 11:41
お父様の 急な 天からのお迎え・・・
長く寝込んで 辛く苦しいおもいをしなかったのは
せめてもの 救いかしら・・・
また来てな!って言って手を振ってた姿が 心に残りますね。

しばらくは のんきさんも大変でしょうが
お体を ご自愛下さいね。


5. Posted by ココア   2011年02月13日 12:05
お別れは、寂しくて、辛いことですが
お父様、苦しい思いもさほどされず
怖い手術もぜずに旅立たれ、
よかったって言い方は、失礼かもしれませんが
お父様にとってはよかったですね。

私の父は、頸椎骨折で、延命治療をして
3か月ほどでしたが、苦しい毎日でした。
いっぱい頑張っていたので、最後は、もう頑張らなくていいよ~って…
亡くなったときは、やっと楽になってよかったね~って
声をかけたのを、憶えています。

なんだか、暗い話でごめんなさい。
のんきさんの日記を読んでいたら、父のことを思い出してしまいました。

のんきさんも、からだご自愛くださいね。
6. Posted by 女将   2011年02月13日 13:09
のんきさんのように、優しいお父様だったのでしょうね。
優しさの残る最後だったんだろうな。って思います。

また来てな!!

そう、何度も行きますよね。
お名前も立派です。
迷子にならずに旅立つ事ができますよね。
7. Posted by JUN   2011年02月13日 19:18
のんきさん、お身体の具合はよろしいですか?
今はまだ気が張っているかもしれませんが、
どうぞお身体気をつけて下さい。
お父様・・・悲しいお別れでしたね・・・・・
「また来てな!」の言葉が心に沁みます。
のんきさんの心にはいつまでもお父様がいらっしゃいますよね。
お名前も「春」と言う字が入って優しい感じですね。
8. Posted by ももママ   2011年02月13日 22:57
お父様とのお別れは寂しいですが
つらい決断をすることなく、静かに旅立たれたのが
せめてもの救いですね。
最期の言葉、胸にずーーんと響きますね。
これからもたくさんお父様を思い出してあげてくださいね。

まだまだお疲れのことと思います。
どうぞお体をご自愛くださいね。
9. Posted by かきたま   2011年02月14日 12:16
私はこのようなときにかける言葉がみつかりません。

ごめんね。
どうぞ、ご自愛ください。
10. Posted by ひでママ   2011年02月14日 16:15
しばらくPCとご無沙汰したました。

遅れてしまって・・・

MIXではお父様のこと、うかがっていましたが、まさか?こんなに急にとは思いませんでした。

しばらくは慌ただしいいと思いますが、お体いは気をつけてくださいね。
11. Posted by のんき   2011年02月14日 20:32
さくら子さん。大きな励ましの言葉をありがとう。

疲れているはずなのに、ぐっすりと眠れないのは、やっぱり神経が波を打っているからでしょうね
高いびきのnonnkiに戻るのも、そんなに時間はかからないと思うのですが・・・

母が迎えにきた・・・そうかも。
すっかり母の存在を忘れてました。
12. Posted by のんき   2011年02月14日 20:39
やっこちゃん。お気遣いたっぷりのコメントをありがと!

毎日、なにやかやと、死後の手続きなどに出向くことも多く、ブログ完全復活までには、もう少し掛るかな・・・
とは思うものの、早く、PCの前にデンと座っていたいと、躍起になってます

>あの世で自分の名前がわからないと困るからって
なるほど・・・
言われてみて、初めて、気付いたんだけど・・
戒名って、亡くなった本人は知らないのよね。
なるほど・・
父は、大きな顔をして、自分の名札を下げて、あの世とやらに出掛けたわけね。
なんだかホッとしました。
13. Posted by のんき   2011年02月14日 20:41
三日坊主さん。暖かなコメントをありがと!

死後の手続きって、以外に多くて・・・・
ぼちぼち・・やってます。


>また落ち着いたころにお誘いしても良いかしら・・?

落ち着かなくても大いに歓迎ですから・・・
14. Posted by のんき   2011年02月14日 20:45
ケイさん。お心遣いありがと。心にしみます。

父の葬儀のあと、毎日のように小雪がちらつき、今日は本格的な雪景色です。
寒がりだった父の事を思うと、いいお天気の日に送ってあげられて良かったと、つくづく思う毎日です。

入院から10日。家族の負担の少ないうちに、ピリオードを打ってくれたのかもね。

ケイさんの所も、今日は雪景色でしょうね。
ケイさんも風邪などひかぬように気をつけてね!
15. Posted by のんき   2011年02月14日 20:50
ココアさん。ほんわか、和むコメントをありがとうございます

辛い手術の話も聞かず、怖い手術もせずに、五体満足で旅立てた事、私自身もホッとしています。
注射さえも怖がるような、気の小さな父でしたから、足の指を落とすなんて・・
とても言い出せないわ・・・

ココアさんのお父様とのお別れも、辛いお話ですね
延命治療について、今回、私も、ずいぶんと考えさせられました。
16. Posted by のんき   2011年02月14日 20:56
女将さん。うれしいコメントありがと!

何がうれしいかって・・・

>のんきさんのように、優しいお父様だったのでしょうね。

のんきさんのように優しい・・・って。
そ!そ!私って優しいから・・・

あのね!
小さなサンドイッチを父にあげたの・・
亡くなる1週間くらい前だったかな?
大きな口を開けたから「自分で持ってたべな!」ってサンドイッチを持たせたの・・
ねっ!優しい娘でしょ
なんか、心に引っかかってます・・・
食べさせてあげればよかったのに・・って。

こんな事を気にする私って、やっぱり優しいよね
17. Posted by のんき   2011年02月14日 20:59
JUNさん。お心遣いたっぷり・・・心にしみ込みます。
ありがとうございます

疲れているはずなのですが、気も張ってるのかな・・
母が高齢の割に、しっかり動いてくれていますから、任せている部分も多く、皆さんが御心配下さいますが、お陰さまで、私は元気です

父の考えた院号を、ほめていただけて、私もうれしいわ。
ありがと!
18. Posted by のんき   2011年02月14日 21:03
ももママちゃん。気遣ってくれてありがとね。
大変な毎日が続いたのもかかわらず、食欲はたっぷりあって、仏様のお供え物まで、手が伸びてしまいます。
「なんだか食欲がなくて・・・」こんなフレーズを言ってみたいのですが・・・

故人を思い出す事が、供養になると聞いたことがあります
何かにつけて、思いだすことも多いかな・・って思ってます。
19. Posted by のんき   2011年02月14日 21:09
かきたまさん。コメントありがとうございます。

かきたまさんの優しいお気持ち。ずんずん心に入り込んできます。
ありがとね。
20. Posted by のんき   2011年02月14日 21:12
ひでママさん。お心遣いありがとうございます

今日はこちらでも雪が積もりました。
ひでママさんの所も、厳しい寒さでしょうね。
寒いと、骨折の箇所が痛みますでしょ。大変ですね。ご自愛くださいね

お陰さまで、私は大丈夫ですから・・・
お気遣いありがとね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

のんき

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ