4_8
今回の東京行きは
「東京に行きたかったから・・ここに泊まった」のではなく
「ここに泊まりたかったから、東京に出かけた」んです
エクシブ東京ベイコート倶楽部
エクシブ系リゾートの中でも最高級だと聞いていました
4_8_127偕建ての2つのホテル棟を地上100メートルの高さで接続した建物

全室スイートです

お台場の観光もそこそこに「ホテルでゆっくりしたいね」と全員に一致!
 
5
ゲートです。スタッフの出迎えがあり
タクシーも一旦止められ宿泊者全員の名前のチェックがありました。
10

玄関です
ゲートのところから連絡が行っているので「○○さま」で迎えてくれます

1_4
玄関を入ると、豪華なお花
その他ロビーなどにも大きなお花が活けられていました

チェックインを済ませてエレベーターに・・
ここでもチェック体制万全
お部屋のカードキーを差し込まなくてはエレベーターが作動しません

お部屋の紹介です
3和室
畳敷きではなく、絨毯が敷かれています
(私的には畳のほうが良かったわ)
座椅子の後ろに見えるガラスの扉は押入れ
お布団が入っています
3_3
ベッドルーム
3_5
リビングルーム
夜景が言葉にならないほど綺麗でしたよ~
1_81_7







おしゃれ・・・なお菓子鉢
バラの花の下のナプキンを
開くと、チョコレートとウエハースのお菓子が入っていました
3_2
バスルーム
3_1
1_93_9






_2_6





アメニティーも豊富。
シャンプー。コンディショナー。
ボディーローション。あと1個・・
なんだっけ・・4種類。同じ容器でもう大変!(笑)
2_82_7







タオル類も十分に用意されています
バスローブとパジャマ
2_9












びっくりしたのは「お水」の用意があったこと
お水って言わずに・・・アハハ・・ミネラルウォーターですね(笑)
ベイコートのロゴマーク入りです
ニュージーランドから取り寄せお水だそうです
圧倒されることが多くて、美味しかったのやらなんやら・・
覚えていません・・
3_8
26偕のSPAに行く廊下
一番上の写真で、ホテル棟をつなぐ渡り廊下の部分です
DSCF0110
渡り廊下から撮った写真です
夜景は言葉で言い表せないほど素敵でした↓1137
写真では「きらびやかさ」が伝わらないとが残念です
110_1
spaに続く階段
ごーじゃすぅ・・・
1093
我々のほかにお一人いらっしゃっただけ・・
丸い湯船に5人で円形に座って入浴
貸切のような感覚です
シャワーブースも、1個づつが独立した扉があり
隣の人を気にせずにシャワーなど使えました
露天。スチームサウナ。ドライサウナ。など充実しています
10_110_6







パウダールームのアメニティも充実
ロッカールームも暗証番号で管理されています
お部屋からspaまでバスローブとスリッパでOKだったことも
他のエクシブではないこと。妙に感激
10_4
リラクゼーションルームかな
湯上りにゆっくり外を眺めてくつろぎました10_2
10_3







ドライフルーツやスポーツドリンクなどの用意もありました
10_5
最上階27階のプールです
痩せすぎ2人肥えすぎ3人の我々グループ
水着になる覚悟も出来ず、今回は使用をあきらめました
写真だけ・・・

SPAとプールやジムの利用は
別料金で1回の利用毎に5250円が必要ですが
今回、私達は、SPA。食事などセットになった
期間限定の料金設定があったため
アチコチふらふらと出来ました(ラッキー)


他のエクシブのように、ロビーに、おみやげ物や衣類、装飾品などが並ぶショップがなく、大きくアテが外れました
こちらで何かを買おうと意気込んでいた我々ですから・・

食事もゴージャスでした
またの機会にご紹介したいと思います
長くなってごめんなさい。
最後まで読んでいただいてありがとうございました