こんにちは!のんきです!

2019年03月

夜は近くのお寿司屋さんに、みんなで行きました


私が上京するたびに、前を通っているのですが、
立ち寄ったこともなく、ママの話ではランチがお値打ちだとか。。

KIMG3564
KIMG3563
KIMG3629
かっぱ巻きの上に、カニとイクラ。
マグロがたっぷりの「こぼれ寿司」

みんなで食べると美味しいね

「えっ!あんた来るの?」と息子
「ばあちゃん。来てね」と上孫


孫の「来てね」が聞ける幸せ。。
どこまででも行ってあげようと思うものの
お嫁さんには悪いかな。。。

ただ、「来てね」と言ってくれるのって
子供の成長の期間に、長くないはず!

ならば行こう!(笑)

15日 小学校の課程を終え、
上孫が卒業式でした

まだ。。。この間入学式だったのに。。
っていうのが実感です

一年生の教室の一番前の席で、
床に足がつかず
ブラブラさせていた、小さかったのに・・・

小さな体に大きなランドセルを
揺らしながら登校してたのに。。。

目の病気で、小さな顔に、
いつも眼鏡がずり落ちてたのに。。。

KIMG3553

今、足のサイズは、私より大きくなりました。
身長は、まだ私の勝ちです(笑)


KIMG3512

校長先生から手渡される卒業証書
後ろ姿が頼もしい
(しばらく、ババ馬鹿にお付き合いください)

1552904716335

101人の卒業生

BlogPaint

6年前、両親に手を引かれて校門をくぐりました。

今日も両親と手をつないで校門を出ました

これから歩む道も、友達と肩を組み、部活に勉強にと、
充実した日を送ってほしい
願わくば、何か打ち込めるものを見つけてほしい
親子三人の姿を見ながら、そんな風に思っていました


KIMG3543

マンションロビーにて

c29140da-s
ed2a5bcb-s
6年前 入学式の日


KIMG3558

卒業証書。アルバム CDロムまであったことに驚き

驚きと言えば。卒業式には、振袖袴姿の女児3名

KIMG3507

KIMG3551

6年間。一緒に登下校してくれたランドセル
ありがとう・・見守ってくれて!




おまけ

KIMG3524
当日、母親の胸を飾ったコサージュは、それぞれに、
児童が組み合わせて作ったものだそうです

上の孫の小学校卒業式に出席のため、14日に上京

卒業式を口実に、あちこち出歩いて、先ほど帰ってきました


またブログの方。お付き合いください

KIMG3755

帰りの新幹線車中から見た綺麗な富士山。

富士山が綺麗に見えると、何かうれしい!


観光バスの駐車場からすぐ近くに、
福砂屋松枝店があって、ラッキーでした

前日、長崎市内の観光を取りやめ、
福砂屋を探そうと思っていましたから(笑)

KIMG3472~2

各地のデパートの物産展や、
デパートに置かれている福砂屋のカステラは、
東京工場で作られた品


長崎で買う福砂屋カステラ。断然美味しいです

KIMG3470~2

聞けば、長崎本店の工場と、東京工場、
など4つ工場があるとの事ですが、
工場によって味が違うんだそうです
(大きな違いは使う卵が違うからとか)

KIMG3473

今回、初めて最中を買いました。
皮と餡が別になった物。
パリパリの皮は、香ばしく自分の好みの分量の餡で、
食べられ、めっちゃ美味しい!
地方で買えないのが、残念です。

他に買ってきたおみやげ
KIMG3459~2

呼子のイカを巻いた昆布巻き
茂木びわのまるごと入ったゼリー
九州限定のミルキー
五島列島のうどん
五島列島の椿油
KIMG3464
KIMG3461~2
KIMG3465


博多駅でかった「いきなり団子」
以前いただいて美味しかったので、
同じものを探したのですが、見つけられず。。
今回はこれにしました。
KIMG3467
中にサツマイモとアンが入っています
ホコホコのさつま芋と甘さ控えめな粒あんが
しっかりと幅を利かせ

少し塩味の団子生地とのコラボが絶妙

最後まで、お付き合い下さり有り難うございました。
長崎旅行記。おわり。

ちょっと、お出かけします。
暫く、ブログ更新お休みします。

午前中に軍艦島を訪れ、
午後のスケジュールは、長崎の町歩き

ただ、この日の夜の新幹線に博多から乗車するため、
長崎の町歩きの時間は限られた時間でした


平和公園も、グラバー園も、
何度も行ったことがあるし。。。今回はパス
ツアーから外れることにしました

大浦天主堂。
こちらは、塗り替えられてきれいになったと聞いていたので、
見学することに。

坂道を登れば、大浦天主堂。グラバー園に続くはず
すぐ近くのはず。

ただ。。

BlogPaint

すごい人。すごい人

この坂道,両脇のおみやげ物屋さんには、
日本の人と顔の似ている外国の方であふれていました

KIMG3441

港に向かう横断歩道には、
袋をいくつも抱えた人たちが、船に向かって帰って行かれます


Quantumof%20theSeas

o0540096013361226084

この日、長崎港には、バハマ船籍の大型客船が入港。
この日の夕方に上海に向けて出港予定だったとか。

まじかに、初めて見ました。
まじかで見ると、ビルが横倒しになってる感じ

大きな船に圧倒されながら大浦天主堂
拝観は1000円びっくり!

KIMG3432

KIMG3436

KIMG3486~2

この天井。。。好きだなぁ・
(パンフレットの画像より)


ooura
やさしい、いいお顔ですね

限られた時間で大急ぎ、バスに戻りました

五島列島と軍艦島の旅
毎日、早起きしてかなり強行軍の旅でした。
また、ツアー旅行の難点。「もう少し。。。見たい」ができず
中途半端な見学になってしまったことも確かです

ただ、今回、効率よく回り、
入場料や船代金。宿など考えると
62900円のコスパは抜群だったと思います

長崎の町の山の上に建つ、お宿

今回の旅では、二泊連泊でした

部屋は二部屋。(男性と女性に別れました)

一泊目

夕方6時過ぎに到着後、
一時間ほど休憩し(男性陣 お風呂・女性陣 お喋り)
その後、食事が始まりました


KIMG3178

KIMG3176

かんぱぁ~~い

KIMG3182

KIMG3187

KIMG3192

KIMG3189

KIMG3179

まずビール。。例のごとく「まず!」から
始まり大盛り上がり



早朝出発だったこともあり、
女性陣は一足先に部屋に戻り、お風呂に入ってバタンキュウー



二泊目

フェリーが長崎港に着いたのは、20時を回っていました
宿の送迎バスで戻り、部屋に入らず宴会場に直行
20:30から慌しく夕食を済ませました


KIMG3337
KIMG3338

KIMG3332~2

豪華な献立が並び、一日目より良かったかな。。
トラフグ。イセエビ。アワビなど並びました

食後は8人で本館まで移動
このお宿の「売り」にもなっている長崎の夜景見るため
展望台に向かいました

夜景をバックに8人が集合した写真を撮ったはず・・
なのに。。ない!
間違って消去した可能性大

27ab816c-s

長崎の夜景は、世界新三大夜景に数えられるそうです
世界って。。(笑)
でもとてもきれいでしたよ

a
aa

わいわい楽しいおしゃべりで、夜が更けていきました
11:30までのお風呂。ぎりぎりで入浴でした。


旅の3日目。やっとすっきり晴れました。
この日も朝食は6:30

朝の弱い私は連日の強行スケジュールに
ややお疲れモード

ただ、軍艦島を楽しみに出かけましたから、
気分はハイでした(笑)


ホテル出発は8:10
宿の送迎バスで長崎港

長崎港から軍艦島クルージング
KIMG3370


5

これに先立ち、一日目のバス車内で
「軍艦島上陸の誓約書」に記名して提出しています

KIMG3161

いろいろな制限がありました

日傘 雨傘 禁止(カッパ着用)
ピンヒール.サンダル・草履などは禁止 etc


・上陸できる確率70%だそうですが、
この日はお天気もよく、上陸できそう。。


なぜ、上陸の確立が低いのかを、
帰ってきて調べました


いざ!長崎港を出港


KIMG3378

女神大橋(夜間はライトアップされ「日本夜景遺産」)
下をくぐり抜けました。
外海です

外海も穏やかで船酔いの心配もなく、
東岸にある桟橋に接岸しました

650x_56791791

階段になった桟橋。
波の高さにより、上陸する高さが変わる由


この島に足を踏み込んだとたんに、

ぐるりと当たりを見まわし、愕然としました
がれきの山

aa (1)

まだ、数十年前にこの地は栄え、
この小さな島に5300人
(東京都の約9倍という世界一の人口密度)
もの人が生活していたのに
まさに栄華の跡を見る思いでした


それぞれのグループごとに、ボランティアの方の説明を受けました
私たちのグループは、第二見学広場から

KIMG3385

aa (2)


鉱の中枢。総合事務所だったところだと説明あり
島の東側には住宅の建物は少なく、
炭鉱関連の施設が多かった所です


dd (2)



c

灯台。閉山後に真っ暗なため、建てられたもの
この島は24時間稼働していたため、
生活のあった時代は、明かりが消えることがなく、
灯台の必要もなかったと聞く

灯台の横には、貯水槽
昭和32年対岸からの海底送水管が敷かれるまでは、
給水船により運ばれた水がここに蓄えられて、
島民の生活に使われていました。

ちなみに、水と並ぶライフラインの電気も、
大正の頃から海底ケーブルで送電されていたそうです。

dd (1)

第三見学広場 島の南の端

gunkan-058

後ろに幼児用のプールの跡も残っていました
プールの水は海水。
あくまでも幼児。小学生用で、
中学生は海に飛び込んでいたとか

ddddd (2)



KIMG3391

写真の奥正面は30棟
日本最古の鉄筋コンクリート造り高層アパート
(7階建て)大正5年に建設された由

30号アパートの隣にある、
「く」の字型に曲がった建物は、昭和32年に建てられた31号棟。
地下に一般用の共同浴場があり、
1階には郵便局や理髪店などもあったという

ddd

映画館・パチンコ店・スナックなどもそろっていたそうです

第一見学広場(桟橋近く)に戻りました

aaaa (1)
aaaa (2)

aaaaaa (2)

二本づつ並んだ柱は
石炭を貯炭場所に運ぶベルトコンベアの支柱の跡

ddddd (1)

ボランティアの方の説明は、これまで。30分くらいだったろうか。。
一時間くらいだったかも
あれこれお話を伺っていて、時間のたつのを忘れていました


KIMG3474

島の一部220mが見学通路として整備されています

実際に間近で見学できるのは島のほんのわずかな部分だけで、
林立するアパート群など、西側には回ることができません


そこで。。

桟橋に戻り、再び船に乗船
この島の周りを回遊してくれます。
上陸しただけでは、見られない島の西など、まじかに見られました
軍艦島は本来、現在の3分の1の面積しかなったのですが
6回に渡る埋め立て工事により、現在の姿になりました

bb (1)

林立するアパート

bb (2)

小学校。中学校(給食用にエレベーターの設備があったと聞きました)


bbbbb (1)

崩れたところに、お寺があったとか

bbbbb (2)

記憶が薄れかけてきています(笑)

病院だったかな。。
小さな島の中で、伝染病も。隔離病棟もあったと聞きました


bbbbbbb (2)

林立するアパートは、中でつながっていて、外に出る必要はなかったとか。


cea3dee2-s

かって端島(はしま)神社がありました
拝殿は倒壊し小さな祠のみ長い年月耐えていました
軍艦島は正式には端島(はしま)って言います
KIMG3404
KIMG3405

         島から少し離れて、島全体を見ると。。軍艦島と呼ばれる所以が理解できました


bbbbbbb (1)

島からの帰る途中、遠くに見える島(名前の説明があったのに、忘却の彼方)
あそこまで、地下道がつながって石炭を採掘していたそうです


長崎半島の沖合4.5kmの位置に浮かぶ、南北480m、東西160m、周囲1.2kmの小さな島です。
時の流れとともに、建造物は徐々に崩壊。廃墟と化した島ですが、時が流れ、多くの観光客の訪ねる島となって、さてさて。。この島の思いはいかがなものでしょうかね


長くなってしまいました。最後までお付き合いくださって感謝です
行きたい行きたい。見てみたいと切望した軍艦島に上陸でき、
見学できた事はとても貴重な体験で、記憶に残ることだと思います
KIMG3448

上陸できた証明書(笑)いただきました


お昼ご飯を食べて、観光バスで郷の首港に向かい、

チャーターされた船で、(45人満席)
「海上タクシー」って書かれてました
キリシタン洞窟クルージングに出かけました

曇っていた空が少しづつ晴れ間が広がってきました


650x_43922618

およそ140年前
キリシタン弾圧。迫害から逃れるため、
4家族8人が隠れ住んだ洞窟

船でしか行けないこの地に
身を隠したそうですが、
焚火の煙を、漁師の船に見つかり厳しい拷問を受けたとの事


510


近くにある「ハリノメンド」(針の穴の意味)
その形状から、マリア様が幼いイエス様を抱いているように見える・・・



言われてみれば・・・

船がその海域を行ったり来たりしながら、
案内してくださいました

船は久賀島に渡り、
KIMG3308
KIMG3307

旧五輪協会に

KIMG3311

KIMG3321

KIMG3317

KIMG3309

新五輪協会とともに並んで建ってます

KIMG3314

KIMG3310

晴れ間が広がり、海の美しさが際立つ
きれぃーーーーーーぃ

KIMG3322

福江港

KIMG3323

KIMG3328

福江港から、フェリーで3時間。長崎に戻ります
船内で大盛り上がり。
この人たち、ずーっと酒の袋を持ち歩いてます。
各々が、お酒の手配をしてきた関係で、
たっぷりあります。

地図で見ると、すぐ近くに見える五島列島、
3時間もかかる事に大きな驚きでした



豊臣秀吉が発布したバテレン追放令、
江戸幕府による禁教令など、弾圧された、
各地のキリシタンたちは、開拓移民として五島などの
離れ島に移住し、
ひそかに信仰を守り続ける信徒さんの思いと歴史を、
今回の旅では、あちこちで感じることができました


信仰の自由の今、このような歴史があって、
今がある。。痛感した次第です

この日は、乗り物にいろいろと乗り換えました
ホテルの送迎バス
高速船
島の観光バス
島のシャトルバス
島の観光バス
海上タクシー
大型フェリー
ホテル送迎バス

長崎港に到着は20時でした

二日目の朝も早かった。。。。

朝食は6:30 ホテルのバスで出発は7:10

長崎港から、五島列島有明港までジェット船で1時間半
KIMG3215

KIMG3211


KIMG3216

KIMG3213

前日、添乗員さんから、
船酔いしやすい人はもちろん
「大丈夫!」って思われる人も、
港で酔い止めを服用した方がよい。。
とのアドバイスをうけ、
乗り物酔いしたことのない私ですが、
酔い止めを服用しました

日によっては、ジェットコースターのごとくに
感じることもあるとか・・

服用していてよかった。。。
五島列島の港に着く少し前から気分が悪く、
もう少し乗船が長かったら、危ないところでした

(同じツアーの方で、
大変な思いをされていらっしゃる方も見えました)

港から観光バスで島巡入り
KIMG3239



まず最初は、海童神社

KIMG3228

クジラのあごの骨で作られた鳥居です

KIMG3229

KIMG3234


階段を見て、参拝をあきらめました

1551663616984

1551663611653

クジラの骨??
お友達から写真をいただきました

五島列島は、あちこちで「椿」の花を多く見かけました
自生しているんだそうです

資生堂の「椿シャンプー」もこちらの椿油だそうです

KIMG3237


次なるところは、この時期に蛤浜ビーチ

KIMG3223

遠浅のきれいな海水浴場ですが、
さすがにこの時期は。。。寒い!

1551663606066
海の美しさに感激

そして向かった先は坂本龍馬ゆかりの地

龍馬の足跡がこんな所にもあったなんて。。。
坂本龍馬の同志たちの乗った帆船が、遭難した潮会崎を
見つめるように、銅像が建ってます

KIMG3243


KIMG3248

KIMG3246

この日の海は、
本来の透き通ったブルーの姿を見せてくれませんでした・

KIMG3249

BlogPaint


KIMG3255


観光バスは上五島空港に。

KIMG3267

今、この空港は使われておらず、
頭が島天主堂の資料館になってます

こちらから、島のシャトルバスに乗り換え、
頭が島天主堂に向かいます


頭が島天主堂


KIMG3283
KIMG3279

KIMG3278

近隣の砂岩を切り出して積み珍しい石造りの教会です
中の様子は撮影禁止。
お伝え出来ませんが、外観からは想像もできないような,
パステルカラーの「可憐さ」「かわいいい」感じでした



KIMG3273

門柱と欄干 (お寺?神社?って感じです

小さな島に29もの教会があり、信徒さんの手で管理保存され、
祈りの場として生活の中に溶け込んでいます

近くには、キリシタン墓地が。
KIMG3285

KIMG3282

五島列島は、海がきれいで、風光明媚なところ。。
っていう事しか知らなかった私

今回、訪ねてみて、
キリスト教徒の歴史を垣間見るいい機会でした

かって、厳しい、弾圧を受けながら、この地に渡り、
静かな祈りを続けてきた信徒たち

その歴史を知れば知るほど、胸が熱くなり、
教会の椅子に腰を落として、
やさしくも凛とした空気を感じてきました


お昼の食事は、五島の「うどんの地獄炊き」
KIMG3296

KIMG3291

冷や麦のような麺を茹でて、あご出汁でいただきます
釜揚げうどんのようなものでした
地元でとれた新鮮な魚介類の海鮮丼と一緒に

KIMG3294


帯が長くなりました

食後はチャーター船で海を回ります
***つづく***



友人たちが、早朝5:00に我が家に集合

今回のメンバーは、主人の60年来の友人4人と、
必然的に仲良くなった嫁4人です

朝の弱い私。起きられるかと案じましたが、
遊びなら起きられるものですね(笑)

5:43の列車に乗車 
45分には、この有様

KIMG3108


名古屋駅にて、朝食用のお弁当を買い求め
いざ!旅の始まりです

(名古屋 7:06発)


KIMG3116

雨の心配マックスでしたが、
新神戸のあたりから、降り始め新幹線の窓を濡らし始めましたが
到着の頃には、小雨程度。ほっ!

JR小倉駅には

10:11着

小倉駅前から、バスに乗車

なんと!前日に納車されたばかりの新車でした
KIMG3148

最近の観光バス。コンセントもあって、スマホの充電に重宝でした

KIMG3152

(この画像を友人にラインしたら、
長崎からの第一報がコンセントですか・・って(笑)返ってきた。


第一の目的地

宗像大社(世界遺産)

天照大神の三柱の姫神様。

田心姫神   (たごりひめかみ) (長女)
湍津姫神   (たぎつひめかみ)   (次女)
市杵島姫神  (いちきしまひめかみ) (三女)

三人の女神様が祭られていると聞きました

古事記や日本書紀の神話にも登場するという
歴史の古い神社で、航海の安全を守る神として、
祀られているそうです。


KIMG3118
小雨の程度で傘は必要ありませんでした


手水舎

BlogPaint



本殿 拝殿 
KIMG3123

三女の女神様(市杵島姫神)が祀られています

「高宮参道 入口」
KIMG3128




第二宮 第三宮 
長女。次女の方がお祀りされています

なんと!このお社!
昭和50年伊勢神宮内宮別宮の
伊佐奈岐の宮の社殿を下賜されたんだそうです

伊勢神宮別宮の「おさがり」が
この地で再び参拝されていることに、感動しました

KIMG3129

高宮祭場 

森の中の、長い階段を上ると聞いていたので、
私は諦めました(そんなに長い階段ではなかったと。。主人談)
主人が撮ってきた画像です。

1551586121445

古代の祭祀場所と言われているこの高宮祭場は、
宗像大神の降臨の地とも言われています。


BlogPaint


太鼓橋 




ご神木(楢の木)

KIMG3133
KIMG3134



この日二つ目の見学は、出津(しつ)教会(世界遺産)
バスを降りて、坂道を少し歩くと見えて来ました
KIMG3162

ド・ロ神父(フランスの方)が私財を投げ打って建てた質実剛健な教会です

写真が撮れませんが、
内部のデザインはとてもシンプル。
天井は低く平らで、窓も普通のガラス。(ステンドグラスではなく)

syitu05


画像はHPからお借りしました

前の塔の上のマリア像

KIMG3163

KIMG3167

KIMG3165

左: マルコドロー神父之像 右: 中村近蔵翁之像

KIMG3171

道の駅(ゆうひがおかそとめ)に立ち寄りチト休憩

道の駅「夕陽丘そとめ」(そとめとは外海のこと)
夕日のとても美しいところとして有名だそうですが
この日は小雨。。。見られませんでした

新幹線車内。バス車中と出来上がっている主人グループ
こんなん買ってきてました
KIMG3157

KIMG3158

KIMG3156
KIMG3155

たくう・・・

バスは長崎の今夜のお宿に向け走り出しました
この日のバス走行距離 

275キロ


このページのトップヘ