2018年03月

外れました。

2月22日から5週間。
やっと26日にギブスが外れました

S__87670796


ギブスを外した直後の写真です
まだまだ、腫れが引きません

007


足首を固定するための、テープが巻かれました
この状態でこれから、1か月だそうです
松葉づえは、まだまだ。。。
さようならが出来ず、
今まで片足で松葉杖を使っていましたが、
これから1か月は、
両足を使って松葉づえを使うように。。との事でした


5週間。ギブスをしていた右足は、す
っかり筋肉が落ち、
歩ける状態ではありません

両足松葉づえを使って、
少しずつ、日常生活を戻していかなくては。。

松葉杖→歩行器→杖

階段を一歩づつ上る事になります

なにはともあれ、ギブスが外れたことで、
ケッタイナ格好しながらではなく、
普通にお風呂に入れる事が嬉しいです!

骨折しているレントゲン写真を
ご紹介します(笑)


a
大きく横に入っているのは関節です
矢印の部分、縦に折れていますが、
わかりますでしょうか


友人の心遣い

春だよ。桜だよ!

友人からのlineが「どこかに行きたい病」が
重症化した私を悲しませます

歩けない状態の私には、
何処にも行くことができないじゃないか!


「どこかに行きたい病」爆発寸前の昨日

友人が、なんと!
車いすを積んで訪ねて来てくれました

040

なんでも、彼女の地区の福祉センターで
借りて来てくれたんだとか。。


これがあれば!何処にでもお伴します!


a
aa


東員町 ささ亭にて

久しぶりのご馳走におしゃべりも弾み
気がつけば、周りに人の気配なし

食後は「なばなの里」に。

037
013
015

河津桜は見頃を過ぎてはいましたが
まだまだ里内はピンク色

019
020

こちらは、しだれ桜
この木は満開でした

024

ソメイヨシノ
蕾が大きく膨らみ、開花まであと一歩です

車いすのお陰で、行動範囲が広がります
チューリップ広場に

030
031

一部のチューリップが綺麗でしたが

035

見渡す限りのチューリップには、
まだ、少し時間が掛りそうです

重い私を乗せて、広い里内をぐるりと回ってくれた友人
お疲れ様。休憩は、いつもこのお店
そして、いつも、これ!
039

友人の温かな心遣い
そして、丸一カ月ぶりのお出かけ
心ウキウキのnonkiでした
心の栄養満タン!感謝!


みんなの気持ち

主人の友人4夫婦で、4日から八重山諸島に旅行の予定でした

私が、かねてより行きたい行きたいと切望していたのですが、今回の怪我でキャンセルせざるを得ませんでした。


で。。。。。4日から主人は旅行。
私を1人で置いておけないと、言ってくれる娘夫婦の言葉に甘え、一週間、娘宅に世話になる事にしました

婿殿に申し訳ないと思っていたら、
「そんな時の為に、一階に和室を作ったのだから」と有難い事を言ってくれました

離れて住む息子からは、家族lineで、婿に連絡

261161f4-s


私の気も晴れました

娘と婿。私の三人のグループlineを作ってくれ、娘夫婦の仕事中も、連絡が取れるように考えてくれました

3fae9837-s


実は、娘の所に行く2日前の深夜
心臓の具合が思わしくなく、深夜の救急外来を受診
大騒ぎしたんです(大事には至りませんでしたが)


足のけがより、そちらの方を案じた娘たちでした

ある日、婿殿の帰りが遅いって思っていたら
図書館に寄って、本を借りて来てくれました
012
この本。以前から読んでみたかったんです
(徹子の部屋に岸恵子さんが出ていらして。。。)

ほのぼのとした挿絵が随所に入っていて
文章自体は短く、絵本の様です
大人の童話と言いましょうか。。。

・ 生まれて、生きて、死ぬ
    これは人間だれもが持つ平等なさだめです
    けれど何処にどう生まれるかを、
    人は選ぶことはできません

・ 人間が持つもう一つ平等なさだめは、年老いていくことです
   老いをどう生きるかという大事なテーマのなかで
   人はその人となりを完成していくのだ思います

・ 老いの身の孤独をどう生きてゆけるのか・・・
   愚痴っぽくて自分勝手な頑固者になるのか、
   感謝の気持ちで他人にも自分にも優しくなれるのか、
   そこが人間としての勝負どころです

・ この広い世界には、いろいろな人が生き、
   日本にいては考えられない暮らし方をしているのよ

                        ――岸 恵子――


娘の所で一週間を過ごし
整形外科診察のために
帰ってきました

名古屋の友人は、
娘の所にお見舞いに来てくれて
たっぷりとおしゃべり。

こちらの友人からは、
「今日はゴミの日だけど。。
行って来てあげようか」と電話をいただいたり

みんなの温かさに、包まれています




怪我から三週間

不注意で右足首、腓骨骨折

一般的には手術治療となるようですが、わたしの場合、綺麗に骨折(笑)していたとのことで
ギブス固定での治療となりました


あの日から、三週間。(内一週間は娘宅にて)不自由な生活の中で、主人や友人にに頼る生活です

一時は大きく落ち込み、PCを開く気力すらなかったのですが、やっと、少し、記録にとどめておこうかな。。っと思えるようになってきました
三週間を経過して、一旦、ギブスを外してレントゲン撮影

三週間ぶりに見た我が右足です

004
005

まだまだ腫れが引いていません。もう少し元に戻っているだろうと思っていたのですが。。。
ところどころ、内出血もしていています

ちなみに、左足です。

005c

比べると腫れが分かるかな。。

もう一度、ギブスが巻かれました。
(何の為に外したのかな。。ギブスのままでもレントゲンが可能だと思うのに)

ギブスの生活。
松葉杖での生活も不自由きまわりなく(自慢じゃなく二度転倒)
002
コロコロの付いた椅子を購入。
トイレに行くなど、非常に便利になりました
ただ、こればかりに頼ると、肝心な左足の筋力も失う可能性が大きいので、松葉杖と併用して使ってます
(この椅子も、動きすぎて、怖いのですが、細心の注意を払ってます)

005a
これ。。。なんだと思いますか。
こんな便利な品を見つけました

003b
お風呂に入る時に使います。
この品を購入する前は、ゴミ袋に足を入れて、厳重に縛って。。。だったのですが、この品は、中にお湯の入ってくる心配は少ないようです

004a
長さは色々あるのですが、私の場合、膝上の物を求めました
履き口がシリコン製で、立ってシャワーを浴びても水が浸入して来ません。湯船につかって少し足を上げ目にしているので全く、水が中に入ってくる心配はなくなりました
ただ、開口部が非常に窮屈です(窮屈だから水の浸入を防ぐ事が出来るのでしょうけど)

しかし便利な世の中ですね。あれこれ、寝ながらネット検索。
翌日には手元に届くのですから。。。

怪我から三週間。
まだまだ、時間が掛りそうですが、、家族。友人知人にお世話になりながら、時の過ぎるのを待とうと思っています


記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

のんき

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ