2014年06月

おはらい町 おかげ横丁散策

昨日のブログと前後してしまいました

本宮参拝を終え、今回は別宮には立ち寄らず、
「おはらい町」「おかげ横丁」を散策しました

102


相変わらず、すごい人でにぎわってます


043


毎度おなじみの、赤福本店 赤福氷を食べたいよ~~
その前にお昼にしましょう

053

主人と行くと、いつもここ。
他にもコジャレタお店がたくさんあるのに。。。
「てこね」「てこね」と譲らないものですから。。
すし久さんです


写真 1

ごぼうの煮しめの小鉢。アオサのお味噌汁。お漬け物
1190円

魚嫌いの私ですが、こちらの「てこね」は平気です
特製のたれに漬けこまれた鰹。
たれの絡まった酢飯。
なんともおいしいんです

054

食後のはらごなし。。ちょっと散策

044

銀行のキャッシュコーナー。

058

いつの間にできたのかコンビニ
もちろん24時間営業です

BlogPaint

てんこ盛りに積まれた干物の試食
いつもこのお店は人だかりがすごいんです

103

てるてる坊主が並んだおかげ横丁
今にも降り出しそうな雲行きでしたが、このテルテル坊主の御蔭?
傘の必要はありませんでした

aaa


かんぴんたん。どもならん。
方言です。笑
意味わかりますか?

aa

そして。。。赤福氷。
3人で1つお願いしました。(スプーン・お茶3つ)

たっぷりの抹茶密の掛かった赤福氷
普通のカキ氷に掛けた密より濃厚に思います

食べ進めると、アンとお餅(小さいもの2個)が出てきます

このお餅は赤福のお餅ではなく、


氷の中に合うように工夫されたお餅だそうです
フワァ~~とした氷は、密との絡みもよく、密と餡の甘さが絶妙

主人はカキ氷を食べると、頭が痛くなるとかで、
滅多にカキ氷を食べる事はありませんが、
添えられた「ほうじ茶」が、キンキンに冷えた口を緩和する役割を果たしてくれるので、
主人も、平気で食べられます

このほうじ茶。赤福を食べる時も一緒に運ばれてくるのですが
、氷と一緒に運ばれたものは、アツアツのお茶ではなく少しぬるめのほうじ茶でした
こんな所も考えられているのかしら

107
市営の駐車場が満車で困っていたら・・・
ご近所の方が、一日500円で駐車させて見えました
いい商売やん!

内宮おかげ参道を通り抜けます
110

通りぬけ地下道には、江戸時代のお伊勢参りの様子が描かれています。
111
写真クリックで大きくなります

114

おっと!その前に。。。
五十鈴茶屋でお買いもの
季節の大福
6月はパイン大福だそうです。
残り2個(行きに買っておけばよかった。。。。)
a
餡の甘み。パインの甘酸っぱい味
両者が口の中で絶妙に混ざります
うまし!

「おはらい町「「おかげ横丁」たっぷり時間をかけて
遊んできました

このあと、まだまだ寄り道します

天然のお塩

今回、私が「どうしても伊勢に行きたかった理由」
二見でお塩を買う事でした

昔からの旅館「岩戸館」が作り、伊勢神宮外宮さんに奉納するお塩

海水6トンをくみ上げて、丸一日煮出して作るものです
材料は海水のみ

一日に、20キロ程度しかできないそうです。

作り方の説明はここ


工場の見学もできるようですが、
あいにく、この日は火曜日であり、旅館も含めてお休みの日でした
日を変えて見に来てくださいと。。。

a


岩戸の塩を体内に入れることにより、
カラダの中で不要になったものを『出す』力が強まり
免疫力やカラダのシステムの機能が増すとのこと

お風呂に入れてみたり、お水で薄めて飲用に
いろいろな方法で使ってみると、友人からも聞いていました

一般に言われる『塩分』とは違いますので、
どんな症状の方でも安心して摂取して大丈夫だと、お店の方は言われました
特に、体温の低い方には、効果てきめんだそうですよ。

お塩は少し黄色い天然の色をしています
味は塩の味の中に,ほんのり甘みも感じられます

001

天然ミネラルたっぷりのこのお塩
私には、ぜひ、使ってほしい人がいました
さっそく購入し、差し上げることにします

041
この日も、夫婦岩は、波静かな二見の海に鎮座

車の中で主人が待っていましたので、写真を1枚だけ撮って
大急ぎで車に戻りました


伊勢神宮内宮さん

一週間前、うらんママちゃんと、伊勢神宮の外宮さんを訪ねました
時間的に内宮さんまでは無理と判断し、また今度!と思っていたのですが、昨日、主人の仕事の都合も付き、娘も御休みだったことで、伊勢神宮内宮さんに行ってきました

BlogPaint
昨年の式年遷宮後、奇麗になった本宮を参拝するのは初めてです
100

たくさんの観光バス。相変わらずの人気です

065

宇治橋を渡って。。。
内宮さんは右側通行です。まんなかは、神様の道
ちなみに、外宮さんは、左側通行です

aa

昨日は、先日お亡くなりになられた
桂の宮様のご葬儀だったためでしょうか
反旗が掲げられていました
神宮司庁の入り口のあたりには、どなたかがお越しだったようです

aaa

奇麗に咲く花菖蒲が献花されていました

075

手水舎
五十鈴川のお手洗い場でもいいのですが、この日はこちらで・・

078

本宮に向かいます
平日だったこともあり、比較的、閑散としていました
このあと、観光バスの団体さんがこられ
一気に賑やかになりました

077

神宮の樹林の中で、実のなる木。初めて見つけました
夏ミカンのようでしたが。。

080

本宮。写真撮影は石段の下まで

a

神宮の境内には、
神の使いとしてニワトリが放し飼いにされています

写真 3


優雅な鯉を見ていたら、主人に先を急がされ
おかげ横丁に向かいました。

自転車の事故

003
昨日、何も知らずに、お店のシャッターを開けたら
我が家の駐車場に県警の車が、目の前に救急車が。。
びっくり。。

通学途中の自転車に乗った中学生と、歩行者の衝突事故でした
歩行者の方が怪我をされているみたい
怪我が大したことがないといいですが。。。

我が家の前の道。坂道です。
上からの自転車は、当然のことながら、スピードが出ています

普段、横着な自転車の乗り方をする私にも
御灸が据えられたように思いました
気をつけよう。。
みなさんもね

庭に咲く花

歩く姿は百合の花

002


ずいぶん前に、「可睡ゆりの園」を訪れた折に買ってきた百合の球根
毎年、立派な花を咲かせますが、今年もきれいに咲きだしました。

002
003
004


アジサイも、いつの間にか、たくさんの種類になりました
主人の刺し芽によるものです

005

おたふく

花びらが丸くカールしていて愛らしいです。
「おたふく」って言う名前。もう少し可愛いネーミングがなかったんでしょうか。

007

一般的なガクアジサイ

個人的にはガクアジサイが大好きです。
何年も前に、この花を初めて見た時、アッと言う程新鮮な驚きがありました。

009

富士の瀧

真っ白です。非常に清楚で可憐だと思いませんか。
010
八重柏葉紫陽花
最近よく見かける様になりました、初めて見た時の感動は忘れません。
葉っぱが柏の葉のようです。花は円錐形。
支柱で真っ直ぐに立てて咲かすもよし、ダラリと花を垂らすもよし。。。
011

紅(クレナイ

花が丸くとがっている。薄い赤からだんだんと、
色の濃い赤となる。赤の紫陽花は珍しいと思うわ

012
昨日は、照りつける太陽が、アジサイに容赦なく、
少しかわいそうなアジサイたちでした

014

庭の片隅にひっそりと咲く花を見つけました
雑草だそうですが、あまりに可愛い花でしたから
しばらく、ひかずに。。。
そんな事を言ってるから種がこぼれて、
手に負えなくなるんだけどね。。。(笑)



孔雀さぼてん

先日「もう咲きそう・・」とご紹介した
孔雀サボテンが、咲きました
月下美人だと思うような、大きな花でしたが、
月下美人に赤はないだろぅ。
月下美人なら一夜花ですが、
これは3日間咲いていました。
だから月下美人ではないでしょう(笑)

56972743-s


庭の植木鉢の軍団の中に収まっていましたが、
蕾が大きくなり始めましたから・・

2 (2)

一等席に持ってきました

2-(1)

蕾はますます膨らみました
4 (2)

今夜あたりかな。。。そんな会話が聞こえたかのように
夜に開花し始めました

6 (1)

玄関の特別席にご案内!
頭を下げていて、支柱でささえ、上を向かせていいものかどうかの判断つかず
そのまま、お辞儀をさせて観察しました
ojigi

10 (2)
12 (1)
002
001
下向いてばかりいないで、ほら!顔見せて!
とばかりに、お花を持ち上げてみました

私の手と比較してみてください
大きいのが分かっていただけますか

だんだんと小さな花になり、3日目には
001
力尽きました。
花の命は短くて。。。


大漁!

朝、目覚めたら主人のベッドは空っぽ
そう。。。早朝3:30に釣りに行くって言ってたわ。。。

004
あれこれ、今回、大きな成果があって、ご満悦
さば。かわはぎ。いさきetc
005
私は、自慢ではありませんが、お魚が嫌いです
一切、お魚をさばいたりは、しません
釣って来た者が、責任をもって、食べられるように下準備をする!
我が家の取り決めです。(調理は私がします)
008
サバは、お刺身に。
014a
塩焼きに。
ちなみに、私はアレルギーがあって、サバを食べると蕁麻疹が出ます
よって食べられません
007a
かわはぎ。大きかったですよ。
普通のサイズのまな板の端から端までありました
013a
煮付けにしました
コロッと身が外れて、食べやすいお魚です
011a
いさき。。かな。
毎晩、お魚の献立が続きました。いったん休憩(笑)
塩焼きにしようか。煮付けにしようか。悩んでます

有りがたきかな。食材費0円の毎日です

買い物三昧

外宮さんからの帰り道。明和町通過。
明和町と言えば「へんば餅」笑
072

068
へんば餅とは何ぞや。。と思われる方はここ
aaa
へんば餅を買おうと、お店に入って、気が変わりました
今夜のごはん。調達。
このお店のお赤飯。初めてです。
そして、我が家のお気に入りの、昆布の佃煮
以前のブログ

お店の前には、「おかげ横丁」にもお店のある若松屋さん
bb
赤飯を買って、お惣菜に買えば、今夜の手抜き完了
aa
月替わりかまぼこ
今月は、うに湯葉かまぼこ
以下HPより  
ウニはすり身の中にたっぷりと練りこみ、かまぼこの上塗りに。
ウニ独特の臭みがないよう、ウニ選びには細心の注意を払い、
嫌味のない食べやすいウニを仕入れています。
その上から、かまぼこを包むように湯葉をのせ、
かまぼこと一緒に蒸し上げます。
湯葉でしっかりと閉じ込めることで、ウニの旨味が逃げていきません。

なる。。。ほどぉ・・・
美味しかった確かに!

そして、もっと美味しかったのは↓
a
大きく、ずっしりとした「ひりょうず」。
「ひりょうず」とは、関東名で「がんもどき」のことです。
9種類の物が練り込まれています
噂には聞いていましたが、本当においしかったわ
また買いたい!笑

夜の用意も思わぬ、完璧に済ませました
さぁ!かえろうか!

うらんママちゃんに最寄駅まで送っていただきます

またまた途中。。笑

明和町のあたりで、隠れ家のようにひっそりと佇むカフェ
「shiroiro」
074
知る人ぞ知る、、お店
ランチの時間は予約が取れないほどだそうです
080
ただランチと言っても、ビーフシチューのみ
ご自慢のビーフシチュー。少し食べてみたかったのですが
この日はランチの時間を過ぎていましたから、喫茶
aaaa
100%オーガニック桃のジュースにしました
出されたお水にもレモンが浮かべられ、氷も球体
随処にオサレ~~を感じられるお店でした

へんな時間帯でしたが、次々にお客様が入ってこられ
人気のお店であることを知った次第です

081

御値段は明和町値段
びっくりするほどリーズナブルです

うらんママちゃんに伊勢中川の駅まで送っていただいて
重い荷物を担いで帰りました

こうさんとのプチオフ会
久し振りの外出で、とても楽しい時間でした
こうさんは、伊勢で1泊され、京都に向かわれ、京都で2泊
たぶん、今日あたりに御帰りだと存じます笑

うらんママちゃん。こうさん。ありがと!

外宮さん界隈

こうさんと、伊勢神宮外宮さん前の「赤福」でお別れし、うらんママちゃんと2人。新しいお店が多くなった参道を歩きました

043

こうさんとお別れした「赤福」
この時期は、赤福氷の旗がひらめいてます。食べたかったぁ~~~(笑)
ただね。お昼ご飯が、のどまで詰まった状態でしたから、たとえ、氷といえど、入る隙間なく断念!
またの機会に。。

BlogPaint
うらんママちゃん。御勧めのパン屋さん。
残念ながら、お休みでした
近くに同じ経営で、人気のココットのお店もあります
当然のことながら、お休みでした

BlogPaint
パン屋さんの御隣の牛乳のお店
ここのアイスクリームは抜群です
修学旅行生かな。。にぎわってました
私は。。上記赤福氷も食べられない状態でしたから。。(笑)
039
御米屋さんのようです。
おにぎりなど、軽食もあるようでした。
040
巾着伊勢うどん。。珍しい!
大きな、おあげさんに、うどんが入ってます。
いつの日にか、食べてみたいな笑
041
木造3階建て 三連になった旅館「山田館」も健在
レトロな雰囲気満載に100年の歴史を刻んでいます


うらんママちゃんは、私の体のことを気遣って
ここで帰ろうか。。となりましたが
ここまで来て、お店を見るだけって。。。
何か、ばちでも当たりそう。。

という私の希望で、外宮さん参拝
046
047
本殿参拝の前に、湧き道にそれて。。笑
遷宮会館と、能舞台
そして。。↓
048
勾玉池の花菖蒲満開
a
055
花菖蒲を満喫してやっと参拝
この日、予想に反して、閑散としていました
考えるに、皆さんの旅行のコースは、外宮さん参拝後、
内宮さんに向かわれます
午後からなら、こんなに閑散としているんだ。。気づきました笑

062
真新しい本殿が見えてきました
057
本殿。奇麗になって初めて行きました
地元ですのに。。やっとです笑
064
以前の本殿。玄関は閉められていました
061
20年の風雪に耐えてきた旧本殿の屋根。
これだけを見ていれば、何と言う思いもしませんが
新しい本殿の屋根と比べると、その時間の重さに気付かされます
058a
神宮を守る裏方さんも大変ですね
高いところに人影が見え隠れしていました
aa
ご不在なことも多い神馬
この日はご在宅でした


伊勢神宮、外宮さん。行けてよかったぁ==

内宮さんはまた今度!
a
外宮さん前「浜与」さんにて「牡蠣のしぐれ煮」購入
この品は、地元のデパートでも買うことができるのですが
このお店のものの方が、ふっくらとしていて、味付けも私好みです
聞けば、デパートのものは、工場で一括して仕込んでいるものだそうで
このお店に並ぶ物は、このお店て仕込んでいるそうです


ということで、うらんママちゃんの車の助手席に乗せていただいて
帰路につきました
途中。。またまた寄り道
また明日!

こうさんと一緒に


東京から、ブログのお友達、こうさんが、
お友達と一緒に、伊勢に来られました

00a1

名古屋から乗って来られた快速みえ3号 鳥羽行 
 四日市から私も乗車しました
列車の中で、「お久しぶり!」のあいさつもそこそこに。。。
伊勢までの間、あれこれとお話が弾み、
楽しい時間。1時間余りで伊勢市到着。
改札を出ると、うらんママちゃんが、迎えてくださいました
BlogPaint

遷宮に合わせて、
伊勢市駅前が、見違えるようにきれいになっていました
写真は、伊勢神宮外宮さんを背中に、伊勢市駅を見る
005
伊勢市駅を背中に、伊勢神宮外宮さん参道を見る
まっすぐ。まっすぐ歩けば伊勢神宮外宮さんです

こうさんのお友達、お二方と、ここでしばしお別れ

うらんママちゃん。こうさん。私。
3人で向かった先は、お昼御飯。。笑
011
朝熊山にあったお屋敷の門で移築されたという
立派な門構えのお寿司屋さん
以前、うらんママちゃんに連れて行っていただいて感激
今回、私のリクエストで、
うらんママちゃんが予約してくださってありました
035
御玄関です
55dabda3-s
014
通されたお部屋から、手入れの行き届いたお庭を見る

そしてお食事
a
もずく酢 天ぷら 茶碗蒸し 
浅利とアオサのお味噌汁
020
028

長い大きなお皿に盛りつけられた3人分のお寿司
c
どれもおいしく頂きましたが、中でも
金目鯛の握りは、抜群においしく、写真を撮り忘れました
1
御話が弾む。弾む。
食べる食べる・・
気がつけば、お昼を大きく回り、こうさんのお友達に申し訳のないこと!
急いで、外宮さん近くに戻り、
こうさんとは、ここでお別れしました

今度は、東京で待ってるから。。とおっしゃってくださいました
行きたいなぁ~~

a
こうさんから、TDLのお土産を頂戴しました
頭の黒い綿棒です

記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード