2013年06月

京都の旅 ② 猛暑の中の行脚


あちこちの摂社に立ち寄りながら
やっと下鴨神社に到着しました
029
立派な門 楼門の前で
030
舞澱と神服澱
031
032
中門
あちこち、うろうろとカメラに収めながらの私
言社に行った折りには皆さんが参拝を終えていらっしゃいました
言社は7つのお社に12の干支がまつられ
それぞれが自分の干支社にお参りします
034
「御手洗川」と「輪橋(そりはし)」
038
境内には「君が代」に歌われた「さざれ石」があります
一口メモ
さざれ石」とは、ちいさな石という意味です
さざれ石は年とともに大きく成長し、
岩になると信じられている神霊の宿る石です

下鴨神社の詳しいブログは以前の  
こちら


参拝を終え、車は南駐車場に置いたまま
猛暑の中の行脚が始まりました

娘が、どうしても行きたいと言っていた甘味処に向かうnonnki一向
042
私が「行きたい」と言っても聞き入れてもらえないだろうけど。。
娘の「行きたい」には従順な主人
この日京都は34度。猛暑です
043
有名な「豆餅」のお店。出町ふたばの丁度、反対側
甘味処 いせはん
046
猛暑の中を歩いてきて良かったぁ~~
特製あんみつ 
小豆。 蕨もち。抹茶ゼリー。黒糖ゼリー
寒天。白玉。豆乳ソフト
小豆の粒がびっくりする程大きい。丹波産の大納言だそうです
絶妙な甘さ加減は、丸2日掛けて炊き上げたもの
抹茶ゼリーも黒糖ゼリーも、とにかくすべてが美味しいの。。
一つ一つにこだわりのある素材を使われていて
手抜きのない味
800円は高いかな。。って思ったのですが、
食べてみて納得でした


そして、またまた猛暑の中を
お嬢さんたっての希望のお店に
「ここから、案外、近くだよ」との言葉を信じて5人が歩きます
もう一度言いたい。。猛暑の中です

歩けども歩けども。。。
お店は見当たらず。。。
お嬢さんの携帯ナビだけが頼りです
男性陣2人は途中で「駐車場に戻る」と賢い選択
「お店の前まで車でお店に迎えに来て!」と抜け目のない娘
娘の言う事にうなずきながらナビを頭に入れる父
(私が言おうものなら。。。)

「あの角曲がって。。」「もう少し」「もう少し」
女3人。。
大通りを抜けて。。。四つ辻を曲がって。。。
いい加減腹が立ってきた私
怒り沸騰です
途中で駐車場に戻った男性陣に従えばよかったと猛省

やっとお目当てのお店到着
洋菓子工房リモール
052
洋菓子のお店なんですが。。
外観は、いかにも京都!って言う雰囲気
ここが。。洋菓子ぃぃ・・
a
玄関を入ってすぐに、小さな売り場
横のふすまを開くと2間続きの和室にテーブル
 フィナンシェが人気のお店ですが、
店内で食べれば焼き立ての フィナンシェが食べられるとか。。
娘が買って帰りました
aa
よくあるフィナンシェは、外も中もふんわりしていますが
こちらのものは、外がカリッカリで堅くさえ感じます
中はふんわり、しっとりしているんです
確かに美味しい。確かに美味しいんですが
小さなものが1個200円
さぁ・・どうする??(笑)

私は、今夜ホテルで食べるようにとプリン4個購入
(5個購入を希望しましたが1個不足)
aaa
結局、夕食後に食べようと思ったプリンは
お腹いっぱいで食べられず
翌朝、いただきました
バニラビーンズたっぷりで、トビッキリの美味しさ
口当たりもよく◎でした

お店で買い物を済ませ外に出ると
外には男性陣の乗った車がお迎え
有難い。。。

大原に向かいました

京(今日)のお話はここまで
明日は大原のとびきりまずかったお昼(笑)の話題も含め
感動の大原の旅です
また見てください

京都の旅①

「京都のエクシブに予約してあるんだけど、都合が悪くなったから。。nonnkiちゃん行かない?」という1本の電話に、「行く!行く!」と大乗り気になったのは娘です
電話の翌日には勤務先に有給休暇の届けを提出して準備万端!
私も京都は何度行っても飽きる事がありませんから、今回の友人からの電話は嬉しく思いました
主人と娘と、娘の提案で、主人のお友達御夫婦にもお声をかけて、5人の旅となりました

まずは、下鴨神社南駐車場に車を預けて・・・
下賀茂神社本殿に向かう前に左に曲がって立ち寄った河合神社

a
「方丈記」鴨長明ゆかりの神社であり
女性の守護神として信仰され、日本第一美麗神であるここ
行かなきゃ。。(笑)
① 河合神社鳥居
②四脚門
③拝殿
④手水舎
f3919153-s
008
本殿です
006
本殿横にはたくさんの数の鏡絵馬が奉納されています
aa
ここの「お化粧室」は、私たちの知るお化粧室ではなく(笑)
「美麗祈願の鏡絵馬」 を自分の顔に見立てお化粧をする所です
裏に願い事と姓名を書き奉納します。
aaa
お化粧室には化粧品の準備もありました(笑)
010
境内の休憩所には「美人水」の旗が閃いていましたが、
これ以上美人になると・・・との思いから、
鏡絵馬も美人水も購入せず
「今のまま、、崩れませんように。。」とのお参りのみ

041
017
下賀茂神社までのプロムナード。。
糺の森(ただすのもり)
いつ行っても心いやされる空間です
下賀茂神社はこの森とともに、世界遺産です
aa
この日の京都は34度でしたが、この森の中はまさに別天地
マイナスイオンたっぷりです
a
御神木の古木
021
下賀茂神社の手水舎
018鳥居をくぐって正面に下鴨大社ですが。。その前に
左手にある「縁結びの神様」にお参り
相生の社
一口メモ
めでたいことを「相生」といいますが、
この言葉は「相生社(あいおいのやしろ)」からできた言葉です。
023
「賽銭」と書かずに「幸千」と書かれた幸千箱
いかにも「縁結びの神様」にふさわしく
幸せが千も満も降り注ぎそうです
年頃の娘と私2人でお幸千を奮発しました
026
お隣には「連理の賢木(れんりのさかき)」」と呼ばれる不思議な御神木があります
027
写真では、分かりずらいですかね・・。
2本の木が途中から一本に結ばれているんです。確かに。。(笑)
025
写真をクリックしていただくと
文字が大きくなります
下鴨神社を目前にして、なかなか到達できない
nonnkiさん御一行です

京は(今日は)ここまで、
明日は美味しい甘味どころも交えて。。
また見てください

帰ってきました

115
京都の旅が降って湧いてきました
112
♪ 京都大原三千院  ♪
恋に疲れた女がひとり・・・♪
089
昨日の朝から、家族3人と友人の御夫婦
5人で京都に行ってきました

大原三千院。宝泉院。寂光院
初めて行った所。もう一度行きたかった所
のんびりとした時間が流れて行きました
明日から、旅行記にお付き合いください

大量に

009
大玉の玉ねぎが大量です。 義両親が、全く、畑仕事が出来なくなって、その仕事が、すべて主人の仕事となりました
義両親から、友人から、畑の御近所さんから、皆さんからの御指導よろしきを得て、大量の玉ねぎを収穫しました
「玉ねぎ氷」を欠かせない私には、とても助かります
001
南の軒下。北の軒下に保存用の玉ねぎが、ぶら下がりました
010赤い玉ねぎも。・・・
011
002
ジャガイモもたっぷりです

大量にと言えばこちらも。。。
003
びわ。。です
どうする。。こんなに。。。。
食べます!笑
001
息子の家庭に送りました
孫たちの喜びそうなお菓子もたっぷり入れてね。

ご飯にもパンにも

御近所さんから鳥羽に行かれたお土産を頂戴しました
118

ひじきわさび
「試食してみたら美味しかったから」と言われます

aa
やわらかな芽ひじきを、佃煮風にし、
わさびの香りとピリッとした味
温かなご飯にぴったり!
これだけでご飯が1膳余分に進みそうです
aaaaaaaaaaaaa
翌日は、ご飯に合うならパンにもと・・・
バターを塗ったバンズにひじきの佃煮をのせ
とろけるチーズをかけて焼きました
イケル!
(同じようにして、鰹節にお醤油を少し落としたものもパンとの相性抜群です)
(アッ!写真上、白いものはご飯じゃなく、大根おろしですから(笑))
なんだか和洋折衷の朝食です

Yちゃん。美味しかったわ!ありがと!

温かな雰囲気のお店

三日坊主さんのブログに、
最近できたばかりのお店の紹介がありました
天扶良 きく桜さんです
ちょうど、昨日は、
その紹介されたお店の近くの美容院に出向いたので、
友人と一緒にそのお店を訪ねてみました

001
002
カウンター席12席
小さなお店ですが、御夫婦(と思う)で切り盛りしていらっしゃる家庭的なお店です
005
今月9日に開店だったとか
店内にはお祝いの花が溢れてました
003
鮎の塩麹焼き
パプリカとヤングコーンが添えられていました
004
鱧と冬瓜の吸い物風の蒸しもの
丁寧に下処理された鱧とお出汁が抜群!
少し浮き実のように使われたジュンサイと鱧、冬瓜
それぞれの食感が違っていて美味しかったです
a①エビ 茄子
② かぼちゃ インゲン
③ サツマイモ
④ 鱚
aa
① エビ2尾に種を取った梅干しを乗せ大葉で巻いて揚げたもの
② 赤 モンゴルのお塩 青 博多の塩の用意がありました
博多の塩の方が、しお味が強く感じました
優しい塩味のモンゴルの勝ち!笑
③ 小エビが散らばった天丼(ご飯を少なめにお願いしました)
シジミの赤だし お漬物
④ 抹茶のアイスクリーム さくらんぼ添え(今年初物でした)
このほかに、確か小鯛の天ぷらがあったのですが、
写真撮り忘れてます

着席早々に、「嫌いなものはありますか」と聞いて下さいました
「あなご」はだめですと即答しました
「あなご」の変わりに「小鯛」だったようです
細かな配慮に嬉しくなりました

御主人の手元を見ながら
カウンター席ならではの会話も楽しむ事が出来ました
また、天ぷらの上手な揚げ方や、粉との配合なども
丁寧に教えていただけて、ちょっと得した気分です

とても温かみのあるお店でした
また行ってみたいお店が増えました

お店で教えてもらった一口メモ
天ぷら油が古くなったら、ジャガイモ。サツマイモ。などを
素あげにすると、いったん、油は回復するそうです
素揚げしたジャガイモは、肉じゃがなどに使うと
煮崩れなくうまくできるとも聞きました

冷たくしてね

梅雨の真っただ中であるにもかかわらず
西日本の各地は「うだる様な暑さ」と言う表現がぴったり!
真夏の暑さには、徐々に体も慣れてのこと。
それなりに、体も対応できますが、
6月のこの暑さに、体もついてゆけません
今朝も早朝から東の窓から
強烈な日の光が差し込んでます


和菓子屋さんから「失敗した」と言われる
「あんこ」を1キロいただきました
私には、どこが失敗なのか、全く分からず、
とても美味しい「つぶあん」でした

001

このまま薄めれば「ぜんざい」が出来ます
昨日は、アホホド暑い真夏日
ぜんざい大好きなnonnkiさんも、さすがに。。。(笑)

買い置きのあった「寒天パウダー」で
水ようかんを作ることを思い立ちました

寒天パウダーに、お水とお砂糖を入れて
餡を少しずつ攪拌しながら加えて
最後に「お塩」を一つまみ
固めれば出来上がりです

ここで
じゃぁ~~ん!登場!
002
現在34.5歳(子供の年もおぼろげ。。)の息子が
中学、高校と持って行ったお弁当箱です
物持ちがいいでしょ((笑)
ときどき、このお弁当箱は、お菓子作りに登場します

冷蔵庫で冷やして出来上がり!
半分を義両親宅にすそわけしました
006
冷たく冷やして。。美味し!

 まだ500g残ってます
あんパンでも作ろうかと思案中


楽しい絵本

「夏休みになったら行くからね」と上孫からの電話
梅雨が明ければ、夏休みですね
孫たちに読み聞かせできるような本はないかと、図書館で下調べ
とても楽しい絵本を見つけました

読者参加型絵本とでも言いましょうか。。(笑)
まくらのせんにん そこのあなたの巻
001
枕の仙人が、弟子の掛けさん(かけ布団)と敷きさん(敷き布団)をお伴に散歩中の出来事です
ぞうさんに、きりんさん、うさぎさんに、たこさんと、 次々と謎の穴に頭から埋もれてしまいます。
助けようとした仙人までもが、穴から抜け出せなくなりました

こうなったら「そこのあなた!」に頼むしかない。

そこのあなたとは、読者です。

002



絵本を逆さまにしたら、今度は絵本の上を、トントンと叩いて下さい。。。と続きます

穴にはまった仙人や、動物たちが、ストンと下に落ちてきます。下には、敷きさん(敷き布団)掛けさん(掛け布団)が、落ちた動物を受け止めます


007

本の最後には、もう一度、本の向きをもとに戻して  おしまい!

013
たくさんの子供たちに叩かれた絵本の上の部分はへこんでいました


子供だけではなく、大人も、思わず、笑みがこぼれる絵本でした

作者の、かがくいひろしさんは、2009年におなくなりになり、この本は遺作になりました


お魚続きの日

主人が釣りに出かけました。
いろいろなお魚を釣って来て、下処理も主人の仕事です
001
お刺身用  鯛の片身
塩焼き用  鯛の片身を切り身
煮つけ用  かわはぎ こち
天ぷらフライ用   キス
それぞれの用途に合わせて下処理をしてくれました
食材費0円の日が続きました(笑)
003

大きなキスはフライに。小さなキスは唐揚げに、キスの骨は「骨せんべい」に変身しました
新鮮なお魚を調理すれば、文句なしに美味しい一品です

あんみつ

友人たちと一緒にランチをした、高島屋51Fのセパージュ 
(JR名古屋高島屋12Fから高速エレベーターに乗り換えます)
お隣には、カフェ ド シェルという喫茶店が・・・
a
早い!早い!アッという間に51Fです
aa
いつも入店を待つ人であふれていて、諦めることが多いのですが、この日は3人の方のみ
20分くらいかな。。用意されていた椅子に腰かけ、友人とおしゃべりして待ちました
BlogPaint
天井が高く、差し込む光が輝き、明るい店内です。窓際の席はとれませんでしたが、
高層階ならではの眺望。大パノラマが広がります
153
○○と煙は高いとこノボル。。。って言うけど。。。
やっぱり○○って言われても、この景色。。見たいよねぇ~~
411
いつもなら、そっくりかえって見上げるミッドランドスクエアも、屋上が隣に見えるんだもん!
もうnonnkiさん大感激です

で。。。前置きがながくなりました
今日の題につなげます(笑)

メニューには美味しそうなスイーツがラインナップ。
私はやっぱり「あんみつ」でしょ!笑
405
用意されたフォークとナイフとスプーン
あんみつをオーダーですよ! あ  ん  み  つ
ただ、メニューには「あんみつのミルフィーユ」とあったかな?
407
寒天が板状になって、間に餡が挟まれてます
なるほどぉぉ  発想の転換ってこういう事を言うんだね
409
ナイフを入れるとこのような状態(笑)

エッ!お味!
普通でした(笑)

下に降りて、横に見えたミッドランドを見上げました!
836e1036

記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ