こんにちは!のんきです!

2012年12月

003
ブログネタ。。。不足してます(笑)
今夜の御馳走は、豚テキ用のお肉を塩麹につけておきました
焼けば出来上がり!簡単なメニューです
004
今日の話題のもう一つは、付け合わせにしたポテトサラダ
長いもで作ってみました
作り方は普通のジャガイモで作るときと同じ
ただ、あまり、つぶさないで、コロコロ食感が残っていた方がいいかな・・
長いもを煮ると、ほっこりと、おいしいですよね
なら。。ポテトサラダにもいいのではと思ったのが
この献立を作ったキッカケです

4
御近所のお年寄りの奥様から、いつも、手間のかかったものを頂戴します
「喜んでいただけるのが嬉しい!」とおっしゃるのですが、いつもいつも。。。
本当に恐縮してます
写真の右のものは、たっぷりの「ゆずのしぼり汁」
これだけ絞るのって、考えただけでも大変な作業だと思います
この奥様は高知県のご出身の方で、この時期、ゆずを50キロ購入され、絞られるそうです
写真の左は、そのゆずのしぼり汁を使った、「なます」のようなもの。
酢じめしたお魚も一緒に入れていただいてありました

私も、この柚のしぼり。小分けして密封し、酢飯などに、使いたいと思います
この瓶目一杯入っていたのですが、お友達におすそ分けしました。
008
後日、このゆずの搾り汁を使って、千枚漬けを頂戴しました
蕪の厚さといい、甘さ加減といい、絶妙です
ゆずの香りが一段とうま味を増してます
カンカン感激!
3

黒姫高原のペンションの奥様から、この時期にいつも送っていただきます
美味しいリンゴ。心おきなく食べることができます
007
切ってびっくり!たっぷりの蜜。。。おいしい!
ありがとうございます。

黒姫高原では12月1日(12月に入った途端に。。とおっしゃいます(笑))に40センチの積雪があったとか。
厳しい冬の到来ですね

ももママちゃんのブログで「ええっ.....」と思うような
おでんの紹介がありました
おでんのつゆに、オイスターソースを使うとか。。
「ええっ・・・・・・」
「オ」「オ。。。。」「オイスターソースぅぅ」
味の想像もつかず、ももママちゃんにメールで
詳しい問い合わせをしました(笑)
詳細なレシピを送ってもらっても
疑り深い私は、まだ半信半疑(笑)
レシピを気にしながら、作る勇気が出ませんでした

12月に入って、急に寒さが厳しくなり
「おでん」の献立が頭をよぎります

そうだ!
ももママちゃん風のおでんを作ろう!
頂いたレシピを参考に。。。
74d00b26-s
前置きが長くなりましたが、結果から言えば
メッチャおいしいおでんでした
おでんの汁(つゆ)というより
おでんの高級スープという感じ

おでんの種と一緒にスープを飲みながら。。

レシピ
水 2リッターに本だしを入れる
我が家のだしは
これです

オイスターソース 大 1~1.5
塩 大 0.5
(私は塩麹を使いました)

スープはこれだけです

このスープの中に、梅干し1~2個
柚の皮を入れて普通のおでんのように煮込みます

決して沸騰させないように注意してね
(ねりものは後でいれますよ~)

スープが澄んでとても高級なおでんが出来上がります

ぜひ、寒い夜にお試しください

追記
一晩置いた今朝。。。
大根絶品!
やぱりおでんって大根だよね

先日、うらんママちゃんと一緒に出かけた「もみじ谷」で買った小粒の黒豆が、もう少し欲しかったので、再び、出かけてみました
今日の話題は、そのお豆ではなく、私の地方に伝わる「あほ炊き」と呼ばれる煮物の話題です
もみじ谷の臨時のお店で見つけた、発泡スチロールの入れ物

cccccc

久し振りに作ってみようかと、買わずに帰りました(笑)

帰ってみたら。。
まぁ~~なんということでしょう・・・
御近所さんから「おすそわけ」をいただきました
a39

当地では、大根を大きな樽で漬け込むお宅も多いようです。
もうすぐ、大根のお漬物を仕込む時期
大きな樽に残った古漬けの処理に、
このような「あほ炊き」を作られたようです

食べたいな。。と思いながら帰ってきたら
食卓に「食べたいもの」が乗ってた。。
なんと幸せなことでしょう

美味しく頂きました

あほ炊きの作り方

樽の底に残った「古漬け」と呼ばれるもたくあんは、
漬かりすぎ状態で、硬くて酸っぱくなります
(この状態の物の方が好きだと言われる人もいらっしゃいますが)
この古漬けのたくあんを、薄く切って塩抜きし
(完全に塩を抜ききらない)
ごま油で炒めて、醤油・砂糖・だし汁を入れ
柔らかく煮たものが「あほ炊き」です。
一味を仕上げに入れてピリッとさせます。
(少し濃いめの味付けが美味しいですよ。仕上げにゴマも・・・)
保存食を無駄にしない昔の人の知恵でしょうね。
感心してしまいます。


このネーミングの由来ですが、
せっかく苦労して漬けたのに戻して違う料理にするからとか、
一度漬けた大根を再び煮るから。とか聞きますが、
正確なところはわかりません
大根の漬物が話せたら、頭から湯気を出して
怒り狂うネーミングだと思うのですが・・・



昨日は私の62回目のお誕生日でした
この世に私を送り出してくれた両親はすでに他界。
生まれてすぐに、乳児結核に罹患した私に、高価な薬を与え、母乳の出が悪い母は、私を抱いて、近所の方々の母乳をもらって歩き、今のようにミルクも乏しく、ヤギのミルクなどを飲ませて育児に懸命だったと、聞きました

ひ弱な体質で、長生きはできないかも。。と両親はとても心配したと、先日、なばなの里で叔母から聞きました
叔母たちも私はとても小学校に上がれないのでは。。。と思ったとか。

そんな私が、63年目に突入です。
今、大きな病気もすることなく、お腹が出て寸胴な体系になった私を、両親はどのように見ているのでしょうか


a8
娘から「プールに行くためのトートバック
marimekkoのものです
163
御嫁さんから可愛いブローチです
VENDOMEのものです
写真_1~1
娘からはメールに添付した画像も。
これも気持ちとして頂戴しておこうか。。。
「うまれたしあわせ」確かに!
(娘の文字ではありません。ネット画像のようです)

主人や子供たちに、孫までできて
nonki家が大きく広がりました
天国から見ているであろう両親も
ホッと胸を撫で下ろしていることでしょう

小学校に上がれないかも。。。と思われた私
62回目の誕生日をわがまま気ままに過ごしております
1
主人からは夕食
家族で焼き肉
据え膳でした

フィットネスクラブで、ジムやプールで汗を流した後、サウナに入ったり、ミストサウナに入ったりと、思い思いの、ゆっくりとした時間を過ごすのですが、皆さんが、一番最後に入ってから帰られるのが、露天風呂。
ゆっくりと露天風呂に浸かって、おしゃべりに夢中。のぼせる程です 笑

先日の話題は「今夜何にするぅぅ」から始まる献立の話題

久し振りに「がら」を作ってみようと思うの。。。

「がら」って何?何??

この日「がら」とやらの話題で花が咲きました

私の方のある地方のみ(ごく狭い地域)伝わる料理です
大根の絞ったものに、ネギや酢にした魚を入れて、酢味噌で和えるもの・・

聞けば簡単な料理ですよね(笑)

大根おろしをしぼって、汁は捨てるの??もったいない・・という私に
大根おろしじゃなく。。。(だいこんおろしでは。あかんのやにぃ。。)←方言

「がら突き」というものがあるらしい

貸してあげるわ(かしたるわぁ)←方言

ということで「がら突き」なるものを届けてくださいました
a11
洗濯板ではありません
初めて見るものでした。
011
ギザギザの山の部分は、尖っていて、容易に大根を下ろすことができそうです
さっそく、私も大根を突いてみました。
a11_2
きめの粗い大根おろしになりました
この下ろした大根に、少量の塩を混ぜて、一晩置くのだそうです

一晩置いた、きめの粗い大根おろしを、固く固く絞ったものに、小口切りにした青ネギと、酢サバなど(私は烏賊を茹でたものにしました)を入れて、酢味噌で和えるんだそうです
たっぷりの、ゆずの千切りも入れて・・・

全く、栄養価を度外視したような献立だわ(笑)
大根おろしを絞った汁に栄養があるのに。。。
そのうえ、一晩置くんやて。。。。

何ということぉぉ

で・・

出来たものがこれです
a11_3

あのね!これ。。。
メッチャ美味しくて、教えてもらってから、何度も何度も、作ってます
肝心のしぼり汁を捨てて。。。笑

中に混ぜるものは、かまぼこ等でもいいし、酢〆した魚でもいいし・・・

鈴鹿市のごくごく狭いところにのみ、伝わる料理
そして、その狭いところの方は、各々の家庭に、この「がら突き」なるものがあるそうな・・・

所変われば。。。ですね

プールの露天風呂で教わった珍しい献立

たびたび作りたいけど、「がら突き」がないわ・・・

ちなみに「千切り大根」を細くしたものを、水で戻して作ってみたら、どうかな。。って思ってます


昨夜遅く、友人が朔日餅を持って訪ねて来てくれました
毎月のこと、本当にうれしく、内心「アテ」にもしているのですが・・・・
001
12月の朔日餅は「雪餅」
もろこし粉入りの餅生地でこし餡を包み、
もち粉をまぶしました。うっすらと雪化粧した大地に見立てたお餅です。HPより借用
003
写真を撮る前に一つ食べてしまってます
004
やわらかなお餅に、漉し餡が包まれて、とても上品なお菓子に仕上がってます
(赤福の餡と同じだと思います)
「火の用心」の千社札風の貼紙が一緒に渡されました
昔懐かしいものです。


先日、
うらんママちゃんと一緒に出かけた「もみじ谷」で買った「小豆のような黒豆」を入れて炊飯してみました
049
普通の黒豆よりはるかに小さく、小豆の粒のような大きさです
この小さな黒豆を、研いだお米と一緒に浸して(4時間くらい)
普通に炊飯すればいいそうです
006
お赤飯のようになりました(少しお塩を入れて炊飯しました)
美味しかったですよ~~

このお豆を少し残しておいて、我が家の畑に蒔こうかと思って
主人に言いましたが、このように細かな豆は面倒だ!とか
却下されました
自分で作るなどできないので、今回買ったお豆はすべて使い切ろうと思います

猿の出没に頭を悩ませる我が家
早い話、田舎住まいの我が家ですが
今朝ほど、思わぬ珍客が。。。

003部屋の中から撮ってます
タヌキです
でも。。。。なんだか元気がなさげ。。
004一向に逃げる気配もなく。。
4_1
しばらくじっと動きませんでした

だけど。。だけど。。。。
だけどさぁ~~
タヌキって夜行性の生き物じゃない??
朝の出没に驚きました

だけど。。
これって、タヌキ??
アライグマのようだ。。という主人
さて。。
なにがおいでになったのかしら
名刺くらい置いていけばいいのに。。。

このページのトップヘ