2012年04月

お花見

家の近くの川沿いに植えられた桜が、
この時期、とてもきれいです
(四日市市川島町)
日曜日のぽかぽか陽気に誘われて、出かけてみました
例年なら、桜まつりでにぎわっている頃だと思いながらも
今年の桜の開花は遅れているので
お祭りは来週かも・・と思いながら・・・

DSCN5062
例年、この時期には満開の桜を見られるのですが、
今年はやはりまだ満開まではもう少しかかりそうです
鹿化川(かばけかわ)の両岸に5キロにわたり植えられた1000本の桜並木
DSCN5061
皆さんのご努力でこの景観が保たれているのですね
3地元自治会による桜まつりが開催され、お天気にも恵まれて多くの人でにぎわっていました
4
5
自治会役員さんのお世話による模擬店も盛況でした
DSCN5070
ビンゴ大会では大きな歓声も・・
DSCN5075
DSCN5063
満開までもう少し。。。ですね
6
焼きそばとねぎ焼き。。買って帰りました

いちご狩り

1DSCN5020加盟する健康保険組合の行事で「いちご狩り」がありました
子供たちが小さい頃、
家族で出かけた事はありますが、実に久しぶりの「いちご狩り」でした
ここ
DSCN5022大粒で甘いいちごたぁ~~~くさん!
DSCN5024
思い切り食べよう!と思うものの、昨日は春の日差しも厳しく
ハウスの中は暑い!暑い!
2
おいしい!と思ったのは最初の3粒くらいかな(笑)
なま暖かないちご。。。おいしくありません
出かける前に、息子が言いました
「バケツに氷を入れて、持っていく。」
「向こうで、バケツに水を入れて氷水を作る」
「いちごを摘んだら、直接、食べず、
一旦食べる分だけ、バケツに入れる」
「落ち着いて座って冷えたいちごを食べる」
このようなアドヴァイスをもらったものの
貴重な意見を無視して出かけました
やっぱり。。。
息子の意見は正しかった(笑)
温室で暖かくなったいちごは、
根性を入れて食べてもそんなに食べられません
そして、今回、気づいた事・・・
いちごって、案外、お腹が膨れるものです
DSCN5045
とかなんとか・・・言いながら・・
3人で食べた食べた・・
ハウスから出たところで、いちごのソフトクリーム400円
DSCN5048

DSCN5047_1
このアイスはとてもおいしかったですよ~
別にいちごの果肉たっぷりのソースが渡されました
ソフトクリームの上にタラリ~とかけて
まいう~~~

大量ネーブル消費完了

DSCN5000
DSCN5003
個別にラッピングして、義両親のところや友人にもらっていただきました
8677d910-s
大量にいただいた、すっぱぁ~~~いネーブル!
消費完了!

健康飲料あれこれ

明治牛乳の宅配のお店から、グルコサミンの乳飲料を届けていただいてます

2dab43be

先日の朝、グルコサミンと一緒に写真のようなものが入っていました
セサミンとコラーゲンだって!

DSCF0128

DSCF0130
こんな方にお勧め。。。
3つに該当していません。残り3つも。。。イマイチ該当しないかな
だから試飲だけさせていただきました。

そして後日、今度はセサミンだって
DSCN4785

サプリメントもあれこれ頂戴しますが、健康にいい、飲みたいのは山々なれど・・
そうもいかず・・・

食生活の改善こそが健康への近道でしょうね。
わかっているのですが実行が難しい!

まだ持ってます。。。

DSCN4999
台所の出窓に置かれた一輪ざし
活けられたお花は、バレンタインの日(2月14日)に主人が私の友人から頂いたお花
一輪枯れ。。また一輪枯れ。。とだんだんとお花が駄目になっていく中、カーネーションと白の小花だけは、3月も元気に過ごし、4月になりました。まだ元気です
お花の世話らしくき事は何もしていません。ときどき、お水を換えるくらい・・
カーネーションは比較的、長く楽しめるとは聞きますが、セットになっていた他のカーネーションが枯れていく中、このカーネーションは、ピンシャンしています
こうなったら、この状態をいつまで持続させる事が出来るか挑戦です

筍で

ここのところの陽気で、筍がとれ出しました

7煮物にご飯にと定番料理も飽きてきました
1ゆでたての物をお刺身で、わさび醤油で食べるのが一番!
右はグラタンです。
DSCN4754
エビをフードプロセッサーでジャッとして
筍にはさんで揚げました。ツクシも少し庭先で摘みました
DSCN4757
義両親の分は、穂先の柔らかな部分とエビのすり身を混ぜて揚げてみました
ごちらの揚げものも、抹茶塩で食べればビミデゴザイマスぅぅぅ
1
カレーにだって入れちゃいます
他の物の味を邪魔しない筍は、なにに入れても大丈夫です
姫皮の部分は酢味噌であえました

あれこれと、春の食卓を賑わせてくれています
ただ、まだまだ時期的には早く、一度にたくさん採れるものではありませんので
例年、送らさせていただいている方。。
もうしばらくお待ちください

平等院参道にて

宇治に来たなら、お茶でしょう・・
参道のお店のあちこちから、いい香りがしていました
友人と一緒の旅なら、きっと、あちこち覗き、お抹茶と和菓子だとか・・・あんみつだとか・・・京風のミニ懐石だとか・・・立ち寄りたいようなお店かあちこちにありましたが、甘いものが苦手な主人と一緒ですから、「あんみつ」とも言えず、抹茶ソフトとも言えず・・・言ったところで却下されるのも目に見えてますし・・・笑
もう一度、今度は友人と一緒に出かけてみたいと思ってます

主人がおいしいお茶をいただいている間に、私はあれこれ。。少しづつ買ってきました
宇治茶のお店  伊藤久右衛門
お茶のいい香りにつられて入ったお店です

DSCF0241


1

上は抹茶最中です。香ばしいサクサクの皮と、甘さの抑えられた粒あん。粒あんの中には、抹茶の求肥が入っていました。私の好きな粒あんだったので、5個買ったのですが、もう少し。。カエバヨカッタわ!
下は「くず便り」と名付けられたくずもちです。口当たりのいい物でしたが、中はこしあん。
こしあんだったので2個だけ買ってきました(笑)

宇治まで来たら。。。京都のコストコによって行きましょう
宇治から車で30分ほどで行くことができました
会員になるかどうか。。散々迷った挙句、息子のマンションの近くにも、コストコができるという話を聞いて、お嫁さんと一緒に買い物に行くこともあるかと、この際、会員になることに決めました
DSCF0248
これから、コストコの買い物と一緒に、あちこち立ち寄る事が出来そうです
コストコつながりになりました。新参者ですがよろしくお願いします

宇治十帖

源氏物語、光源氏が亡きあと息子の薫を主人公に、
舞台は宇治に移ります。
源氏物語の最後の十帖を
宇治十帖と呼ぶと記憶しています
宇治上神社から、
源氏物語ミュージアムまでの小道は、
「さわらびの道」と名付けられ
源氏物語散策の道として整備されています

DSCF0197
DSCF0201
2道沿いには与謝野晶子の、
宇治十帖の十首が歌碑に刻まれています
平日だったこともあり、人影もまばらで、
静かに散策することができましたが、
この道、車と併用の道らしく、ときどき行き交う車に、
少しがっかりさせられました
のんびりと、あちこちの句碑を眺めながら歩きたいな・・・
車乗り入れを禁止すればいいのにと思った事でした
5
ヒカルゲンジという椿があることも知りました。
いかにもこの小道にふさわしい清楚な感じです
7
DSCF0212朝霧橋のたもとには、宇治十帖にちなんだ、
浮舟と匂宮のモニュメントがあります

家から2時間足らずで行く事が出来る宇治
思いつきで出かけたところですが、
今回、実にいろいろと知ることができました
宇治とは
日本最古の神社建築・宇治上神社が鎮座する場所であり、
栄華を誇った藤原氏が極楽浄土を夢見たところであり、
源氏物語のラブストーリーの舞台でもあり、
源氏と平家が戦った歴史の舞台でもあります

今回は、時間の関係で、源氏物語ミュージアムの見学をあきらめました
歴史ある町を、もう一度、ゆっくりと尋ねてみたいと思っています

DSCF0225
宇治川には、観光バスのお客さんでしょうか・・
お弁当を食べながら屋形船が行き交っていました
例年なら満開の桜を見ながら。。って事でしょうけど
今年は桜の開花も少し遅れ気味。。
もう少しすれば、満開の桜を見ながら
のんびりと屋形船もいいですね
15分で500円だそうです
 

4月の朔日餅

宇治の旅のお話
宇治十帖の話に続きますが
昨夜届いた「桜餅」のご紹介を・・・

4月の
朔日餅は、心待ちにしていたさくら餅です
昨晩、主人の友人が届けてくださいました。

DSCN4991
薄いピンク色の道明寺のお餅が、
桜の葉っぱにくるまっていて、桜の葉のかおりも良く、
葉っぱの塩加減と、餡の甘さが絶妙です。
本当に美味しい!ちなみに餡は赤福餅に使われるこし餡です
DSCN4995
くるんである桜の葉は、
向かい合わせに2枚使われていて、パリッとした食感です。
外の比較的大きめの葉っぱは外して、
中の柔らかな葉をお餅と一緒に食べます
(三日坊主さんからの受け売りです)
2
DSCN4990
包装紙は伊勢千代紙です
いろいろな桜が描かれています

一文字  殿桜  五所桜  児桜  婆桜
繋桜  江戸彼岸  染井吉野
御衣黄  小桜  普賢象  奈良桜
外山桜  真桜  緋桜  有明桜  関山  霞桜

聞いたこともない桜の名称が続きます
見ているだけで楽しくなる包装紙のお話でした

宇治神社と宇治上神社

平等院表門から出て、参道のお店を覗き
宇治川沿いを歩いてみました
桜のつぼみもほころんで
川のせせらぎも心地よく
なんだか落ち着く・・・・
世界文化遺産宇治上神社の案内を見つけた私たち。
「寄ってみようか」「お腹がすいた」・・・
とまるで話が合わないものの、
目は「お昼どころ」を探しながら、
宇治上神社方向に足が向かってます。
平等院とは宇治川を挟み、対岸に位置する宇治上神社
DSCF0165赤い欄干の橋が遠くからでも目にする事ができます
長い長い橋です。朝霧橋です
宇治川右岸と宇治川の流れの中に出来た中州が、中ノ島で
島全体が公園になっています
もうしばらくして、桜が咲けば絶景だろうと思いをはせました
DSCF0168長い朝霧橋の向こうに、赤の鳥居が見えてきました
てっきりこの神社が宇治上神社だと思っていましたら
この神社は
宇治神社だそうです
DSCF0169
宇治川に面した本道から鳥居をくぐります。
石段を登り境内に。
DSCF0174拝殿の背後に本殿がありました
この時点では、ここは宇治神社?
宇治上神社よね???と半信半疑
どうも違うみたい・・・
ちょうど関係者の方がいらっしゃったので伺ってみました
この神社は宇治神社で
この神社の裏にあるのが宇治上神社だそうです
(ややこしぃぃ・・)
もとは二社一体で、
宇治上神社を本宮または離宮上社、
宇治神社を若宮または離宮下社と呼び、
明治16年(1883)に分社されたんだそうです
3宇治神社から、奥に進むと、赤い大きな鳥居が見えてきました
鳥居の横には世界文化遺産と大きく書かれています
どんな立派なお社なんだろう・・
わくわくしながら・・・

f6943f3c-s

白無垢姿のお嫁さんと遭遇
世界遺産の神社で結婚式なんて素敵ですね

DSCF0181以外に質素な境内の入り口
DSCF0185拝殿(国宝指定)
屋根は檜皮葺。(ひわだぶき)

檜皮葺。(ひわだぶき)とは。。。
屋根葺手法の一つで、檜の樹皮、を用いて施工する。
日本古来から伝わる伝統的手法で、
世界に類を見ない日本独自の屋根工法だそうです
DSCF0182

拝殿前には盛り土(盛り砂?)
きれいに円錐形に盛られていました
なに??なに??
清め砂と言われるらしい
DSCF0183

DSCF0190

拝殿から裏に回る東南には
かつて宇治七名水の一つ「桐原水」が湧き出ています
現在は「飲料に適していません」
という張り紙がありましたが、とてもきれいなお水でした
張り紙に関係なく、飲料水として持ち帰られる方も多いと聞きました
DSCF0191

拝殿裏の階段を登ると本殿です
日本最古の神社建築だそうですよ~
DSCF0193
拝殿の裏に回って、窓が開かれていましたので
チョット覗いてみました
先ほどの花嫁さんの結婚式がここで執り行われたのでしょうね

世界文化遺産に登録された宇治上神社
ものすごく大きな神社を想像していましたが
案外、こじんまりした神社でしたが
そこに漂う空気は、とても凛とした厳かな空間でした

記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード