2012年04月

五月の節句人形

17日の大安の日。お節句人形を出しました

DSCN5268
息子の初節句に、実家の父から贈られたものです
34年の月日が流れました
(光線の加減でしょうか、
房の色が青く写りましょたが実際は紫です)
雛飾りを飾った途端に、部屋中がパッと華やぐのに比べ、
お節句人形を飾った途端に、
部屋がピシッとした凛とした空気に変わります。
後ろの掛け軸は、16歳で亡くなった私の弟のもので
57年前母方の実家から贈られたものです
毎年「今、生きていたら。。いくつになってるのかな・・」と思いながら
この掛け軸をかけています
57年の歳月で、掛け軸にもシミが見られます

DSCN5270
玄関には息子の初節句に叔母から贈られた兜飾り
DSCN5274
旅先で見つけた紙で折られた武者人形もお出ましです
1
このお人形。とても小さな物です
洗濯バサミを置きました(何も洗濯バサミじゃなくても。。笑)
2
叔母たちから息子の初節句に贈られたお人形
私の初めての出産を喜んで、贈ってくれた実家の父も叔母たちも、
それぞれにあちらの世界に旅立ちました
34年の月日を感じずにはいられません

毎年、遠く離れて暮らす息子家族の安泰を祈って
お節句人形を飾るのですが
今年は、お節句人形を贈ってくれた人の事なども
あれこれと思いをめぐらすお節句人形です

バスの旅こぼれ話

今回のバス旅行はお弁当が配られました
6
彩りもよくおいしくいただきました
朝、お茶と一緒に配られたのですが、お花見しながらどうぞ・・・
という趣旨らしい
「荷物になるよねぇ。。。」
「バスの中で食べちゃいましょうか」
「そうしよ!そうしよ!」
この会話、10時頃です
鈴鹿から乗車した友人は、朝7:00に乗車
私も7:40分乗車と、朝早くから出掛けた事もあって
10:00にはお腹もスキイスキ・・
というわけで10:00には食べ始めました(笑)
結果的に、根尾の淡墨桜は、見ごろでもなく、
見て歩くのに時間も要せず
お弁当を食べているなんて雰囲気ではなく
バスの中で食べて大正解でした!

途中の道の駅で見つけたんです ↓
DSCN5099
大豆でできたもので、
戻して味付けすれば「お肉」の味わいというものです
面白いネーミングでしたが、
義母のお土産にはできませんよね(笑)
(私のほうでは、若い人は使いませんが、
老人は元気という事を「まめ」って言います)
写真だけ撮らせていただきました

DSCN5206
DSCN5188
奥の細道むすびの地記念館の中にあった銀行
和風の造りがなぜか新鮮でした
DSCN5189
キャッシュコーナーも和風。。
店舗内は畳や障子があるとか。。
さすがに店舗の中までは入ってみませんでしたが・・

この記念館で館内の方に
「館内に喫茶室はありますか」と伺いました
「館内にはありません。コーヒーが飲みたいの?」と聞かれました
「コーヒーが飲みたいなら付いていらっしゃい!」
とおっしゃられます
不審に思いながら付いていくと、広い道路まで出られ
指をさして「あそこのお店のコーヒーがおいしいから」
と教えてくださいました
そして、その方は、真っ先に走ってそのお店まで行かれ
「お休みではありませんでしたから・・どうぞ!」だって。
なんて親切な方なんでしょう!
DSCN5207
「はるにれ」というお店でした
お店の外観は。。。少し殺伐とした感じを受け
大丈夫??この店??って感じでしたが
店内には、センス良く活けられたお花などとてもいい感じで
落ち着いてお茶のできる雰囲気でした
長いカウンターと、4人と2人のテーブル席
こじんまりとしたお店です
DSCN5211
コーヒーのメニューだけでも19種類
コーヒーにこだわりのあるお店だという事がわかりますが
あいにく、私はコーヒーが駄目ですから
期間限定の「桜紅茶」をいただきました
DSCN5210
お願いしてから、豆を挽き、ハンドドリップで丁寧に扱っていらっしゃいます
いい香りが漂いました
3

左上が、私の桜紅茶
桜のいい香りがしています
友人たちはブレンドコーヒーでしたが、
それぞれに、とても素敵なカップで出されました
いいお店を教えていただき、感謝です

DSCF0304
岐阜県は柿の産地です
どちらを向いても柿の加工品ばかり。。
少しお土産に買ってきました

楽しかったぁ~~
こぼれ話!おわり!

62回目の誕生日

昨日は主人の62回目の誕生日でした

DSCN5262
娘も予定を作らず帰ってきて3人でお祝いの食卓を囲みました
1
皆さんのお宅のようにコジャレタ物は並びません
上等のワインも並びません
いつもと同じような献立に1品余分に作った程度
① 山ウドのてんぷら(裏山から収穫)
②海老フライ(大きな物を奮発)
③豚肉の生姜焼き
④わけぎの甘辛いため


そして。。。。朝から作ったのは
DSCN5244
筍。干瓢。椎茸を含め煮にして。。。
アナゴのかば焼きを買ってきて。。
厚焼き卵を焼いて。。。
DSCN5245
巻きずしを作ってみました

お誕生日の日の献立です
プレゼントは。。。
なにもありませんけど・・・・・なにか??
アッ!娘からはもらってましたよ


おまけ。。どうでもいいけど。。。
DSCN5247
巻寿司の端っこが大好きなnonkiです

桜の季節も終わって

学校の石積みに、
校庭の桜の花びらが、まさに吹雪になって舞い落ちます
DSCF0301

写真では上手く伝わりませんが
石積みの間に花びらが挟まって、本当に綺麗です。
今年の入学式を彩った桜も任務終了ですね。

そして、家の裏手には、今まさに満開の山桜。。。

DSCN5236


DSCN5237

居間から見える山桜です。
一般的なソメイヨシノなどは、花が咲いた後から葉が出てきますが、
山桜は、葉っぱと花が、同時です。
やがて裏山は、新緑の若葉の季節を迎えます

木曽三川公園

バスツアー最後の見学は木曽三川公園
しょっちゅう行く所です(笑)が今年のチューリップ祭りにはまだ行く機会に恵まれず、今回、バスで立ち寄る事ができたのはラッキーでした
DSCN5233
DSCN5234
約3800平方メートルの大花壇には、
251000球のチューリップとムスカリが植えられ
今、まさに見ごろです
満開のチューリップが、
バスツアーの最後を飾って迎えてくれました
ゆっくり見ていたかったのですが、団体行動の泣き所。。
集合時間が迫っていて、大急ぎの見学でした
(ちょうど、デジカメのバッテリーもここで切れてしまって。。)
また、人気のミッフィー花絵花壇は、
高い所から見なければその全貌が分からず
今回は写真に収める事ができませんでした
DSCN5218
2
お花であふれる木曽三川公園
国営で入場無料です。(なばなの里のチューリップは有料ですが)
ぜひお出かけください

朝から、どんよりした空模様
天気予報は午後から雨だと告げていましたから、
折り畳みの傘を持って出かけました
三川公園のチューリップを見て、バスに戻るやいなや。。
大粒の雨が降り出し、バスの窓を濡らしています
大垣で舟に乗っている時じゃなくてよかったぁ~~
チューリップを見てる時じゃなくてよかったぁ~~
マイカーで行けば、40分もあれば帰って来られる場所ですが
バスツアーゆえ。。あちこちで乗客を降ろしながらですから、
2時間をかけて(途中渋滞もしましたし)帰ってきました

友人たちとのバスの旅
花をめでる旅の予約は、難しいですね
根尾の淡墨桜は、本当に残念でしたが、大垣の桜吹雪
三川公園の満開のチューリップと
思い出多い一日でした

お弁当。乗船料。入場料など含めて4980円 
名阪近鉄観光のバスの旅でした

大垣で舟下り

根尾の淡墨桜にいささか意気消沈した私です
次なる目的地は、来た道を戻る格好で、大垣に向かいました
大垣城の外堀だった水門川を、舟で下る。。

良質で豊富な地下水に恵まれ、
水とともに栄えてきた大垣らしいです
DSCN5142肝心の桜は、この日見おさめのような状態。。笑
観光バス(桜の木の陰に見えてます)が止まった対岸から乗船です
DSCN5143
DSCN5144
吹く風にはらはらと桜の花びらが舞います
これはこれで綺麗です
DSCN5156
ライフジャケットを装着し、30分の舟下りの始まり・・
1漕に6人。14:20の便に乗りました
DSCN5167
ゆったり~~
DSCN5177
のんびり~
DSCN5176
花びらの絨毯を眺めながら・・・
DSCN5178
きれぃ~~
DSCN5184
満開の桜の下というわけにはいきませんでしたが
散りゆく桜を、川面に浮く桜の花びらを見ながら
思い出に残る時間を過ごす事が出来ました
DSCN5186
帰りの舟はエンジンの音も軽やかに全速力で戻って行きました
DSCN5216
下船場は、4月8日に開館したばかりの奥の細道結びの地記念館
そう。。。大垣は

俳聖・松尾芭蕉が「奥の細道」の旅を終えた
むすびの地でもあります

奥の細道結びの地記念館を見学した私たちのバスツアーは
最後の目的地。木曽三川公園に向かいます

根尾淡墨桜

毎日、開花状況を知るため、
岐阜県本巣市のHPを開いては溜息をついていました
前日のHPの開花状況は、
「つぼみも膨らみ、今日・明日には咲き始めると思われます。」
一夜にして満開になるとも思われず・・・
でも予約してもある事ですし。。。
昨日、早朝より、「水の都大垣お花見舟下り。根尾淡墨桜」
というバスツアーに参加しました

中堤と呼ばれる長良川と揖斐川にはさまれた堤防上の道路をまっすぐに進みます。
考えてみればバスツアーで一般道ばかりって珍しい(笑)
1922年(大正11年国の天然記念物物に指定された
岐阜県本巣市にある淡墨桜
一度、行きたいと思っていました

DSCN5129
neo1
1
やっぱり・・・
ちらほら。。でもなく。。。。ちら・・状態
まだつぼみでした 残念!
樹高16.3m、幹囲目通り9.91m、
枝張りは東西26.90m、南北20.20m。
樹齢1500年と言われます
現地の案内の方の説明によれば、
「1500年と言われてから幾久しく、1600年くらい」
と一度に100年も加算されてしまいました(そんなぁ~~)
樹齢1500年以上ということにしましょうか(笑)
日本五大桜または三大巨桜の1つです

1500年前って・・・いつぅ??
飛鳥時代だって。。
飛鳥時代??
はるかな時代を経て、今の時代にもきれいな花を咲かせる巨木
DSCN5120
沢山の支柱に支えられ、痛々しいほど
近年、幹の中に空洞ができ、樹医の方の懸命のご努力と、
地元の方たちの熱意で守られている事を、
バスのガイドさんの説明で聞きました
淡墨桜は蕾のときは薄いピンク、
満開に至っては白色、
散りぎわには特異の淡い墨色に変化するんだそうです

やっと念願かなって、この巨木を目の当たりにできたのですが
つぼみ膨らむ。。の状態
いかんせん。残念ですが、また来る楽しみとしましょう
DSCN5110
バスは大垣に戻り、大垣の桜を舟から眺める。。
さてさて、こちらの桜は。。。笑
大垣に向かいました
明日も見てくださいね

畑仕事バトンタッチ

今まで、畑の仕事は、そのほとんどが義母の仕事でした。
畑からの帰り道に、収穫した野菜を、我が家に置いて行ってくれたり、我が家の草ぼうぼうの庭を、丁寧に、根気よく草を引いて下さったり。。。とてもありがたい存在の義母でした
その義母も、今年84歳。寄る年波には勝てず、最近は、あれだけ「命」だった畑にも、出向く事が少なくなりました。畑で丹精込めて作った野菜が、集団で訪れる猿の軍団の被害にあうようになった事も、義母が、畑から離れた一因ですが・・・
そこで。。。畑を放っておく訳にも行かず、主人の出番となりました。
主人がまず最初にした事は。。。畑を猿から守る事!
畑のご近所さんと一緒に、猿の被害から守るネットを設置する事にしました
その費用の総額の半分を、市のほうで負担していただく事にもなりました
DSCN7692グリーンのネットの上に、電気を通した紐で囲いました
確かに、ビリビリします(笑)
この囲いのお陰で、安心して農作物を作る事が出来そうです

そして、主人が購入したものは・・・
DSCF0269
DSCF0271
小型の耕運機。20万円強。。。
おばあちゃんは、鍬で一生懸命に、畑を耕していたのに・・・って口が裂けても言えません
言えません!言いません!
私は畑仕事一切を免除してもらってますから・・
収穫した野菜をおいしく調理します
おばあちゃんから受け取ったバトン。お父さん!しっかり握ってね

孫の入園

昨日下孫さん。幼稚園の年少組さんに入園です
月日の流れ。。。早いですね。
この間、誕生の日に備えて、お手伝いに馳せ参じたと思っていたのですが。。。
もう幼稚園だって!
kanokanyuuenn

下の子特有の、要領のよさも持ち、上孫のような心配は皆無(笑)
たくましいお嬢さんです(笑)
通園バスに乗り込むお兄ちゃんを「羨望のまなざし」で見送った日々
やっと明日からお兄ちゃんと一緒に通園バスに乗ることができます
叶佳ちゃん。入園おめでとう!

おまけ
ぶかぶかの制服を着た上孫の入園の日のブログ
今回は、身の丈に合った制服です

初物。。蕨

DSCF0268今年初めての蕨
例年より、少し早いかも。。。
ここのところのぽかぽか陽気で、顔を見せ始めました
ほんの少しですが、裏山で見つけました(主人が)
少し前のシイタケは、すべて猿に食べられてしまいましたが
猿との知恵比べに勝って3個収穫
肉厚のいい生シイタケでした
DSCN5079
一晩重曹に浸してあくを取り、さっそく朝食の食卓にのぼりました
今夜は厚揚げと一緒に煮てみようと思っています
記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード