2010年07月

重たいやろなぁ~

暑中お見舞い申し上げます
明日から8月です。
月日の速さに驚きながら、この速さなら「猛暑もすぐに終わりそう」
プラス思考で考えましょうか
それにしても朝から暑いですね
暑さに負けないでネッ!
DSCF0004
こんなに実を付けなくてもねぇ・・
重たそう・・
沢山のプチトマトが出来ています。

DSCF0047
木で熟したものは「トマト本来の味」がします
雨に当たると、実に亀裂が入るため、簡易的にビニールで覆ってあります

4此処のところの晴天続きのためでしょうか。
このトマトの品質なのでしょうか。
多少、皮が硬いように思いますが、新鮮が一番
我が家ではトマトはオヤツです。

最近はプチトマトの種類も多く、美味しいものも多くなりました

先日の旅行中に、、車山高原で普通のトマトの黄色いものを見つけました
ブログネタに買おうかとも思ったのですが、家に帰ればワンサカとあるので写真だけ撮ってきました(笑)
プチトマトの黄色は、よく見かけますが、黄色い普通のトマトは初めてみました。

4_1

手巻き梅チャーハン

こちらのローカル番組だとおもいますが、上沼恵美子さんの番組で紹介されていた「手巻き梅チャーハン」
手早く、簡単に出来て、この季節にぴったりのメニューです
DSCF0012
溶き卵の中に、梅肉(なるべくすっぱいもの)と一緒にマヨネーズを入れるのにはびっくりしました
チャーハンの作り方は下記・
DSCF0016
DSCF0019
焼き海苔の上に大葉を乗せ、梅チャーハンをのせて、クルクル巻いて食べます
          ・・・・・・・・・・・・・・記・・・・・・・・・・・

「手巻き梅チャーハン」

《材料》 (2人分)

 ご飯   400g
 玉子   2個
 ナンプラー   小さじ2杯
 マヨネーズ   40g
 梅干し   8個
 焼のり   10枚
 しその葉   10枚
 白ゴマ   大さじ2杯

《調理方法》
①梅肉(酸っぱい梅)を包丁でたたいく
②溶き卵の中に梅肉・マヨネーズを入れて混ぜる
③フライパンに少量の油を入れて熱したら、②とご飯を炒める
④白ゴマと隠し味にナンプラーを入れたら、梅チャーハンの出来上がり
⑤プレートに④を盛り付けて、焼のりと大葉を別皿に盛れば完成!
※焼のりと大葉に梅チャーハンをのせて、手巻きでお召し上がり下さい



帰りの遅くなった主人に、巻きすで巻いて、海苔巻き風に作って見ました

44_1







DSCF0028巻きすで巻いてしまうと、ふんわり感がなくなり、ご飯の量も多くなって、美味しく感じませんでした。自分で手巻きにして食べるほうが、断然美味しいですよ。

4引いても引いても、出てくる大葉。
また一つ、食べ方を教わりました。

布ぞうり

aお友達の家のお嫁さんが、作ってくださいました
「布で編んだぞうり」です
わらじのようなもの。
しっかりと編んであります
鼻緒に指を入れた瞬間。
はきやすい!
台所ではいてますが、スリッパのように、パタパタと音もしませんし、この季節、素足で履いてます
通気性がよく、履き心地抜群。
それに何より、布ですから、引きずるように歩くと、台所の床掃除にもなります(笑)
まだ頂いたばかりで、「洗う」ことはありませんが、布ですもの、洗濯だって出来るよねaa


      裏側です→

レイニアチェリー

DSCF1007
今年も頂戴しました
レイニアチェリーというアメリカのさくらんぼです
とても美味しいの!
やっこちゃんから送られて来ました

アメリカのさくらんぼと言えば、
少し黒っぽい
アメリカンチェリーと呼ばれるものしか知りませんでした。
これはあまり美味しくありませんね

やっこちゃんが、コストコで買ってくださるこのチェリーは
甘みとかすかな酸味が絶妙で
このかすかな酸味が、甘みを引き立てているように思います
DSCF0006
一粒の大きさがデカイ!
500円玉と比べてみたのですが・・・
大きいのに、種が小さいから、
食べ応え十分!
冷蔵庫で冷たく冷やしておけば、家族が、次々と冷蔵庫を開けるの・・
一般のスーパーでは、
見かけたことがありません
貴重なものをありがとうございます
みんなでウハウハ言いながら
頂戴しました
やっこちゃん!ご馳走さま!

こぼれ話 ②

梅に桃・・
スーパーで見つけたものは、他にもありまして・・・
4珍しいカボチャを見つけました
韓国のカボチャだそうで、「マッチャンカボチャ」
1個買って帰りました
4_1




スライスしたものです  →
普通のカボチャのように硬くありません
簡単に包丁が入ります。
カボチャというより、ズッキーニのような感じのものでした
4_2ごま油で炒めて、お醤油と豆板醤で味付けしました
煮くずれする事もなく、クセのないもので、食べやすかったですよ
後日、お味噌汁にも使ってみました

このお店で見つけたもう一つの話題は。。。
DSCF0263
4_3新聞紙やカレンダーで作った手提げの袋。この袋に中に、たまねぎが5個入っていました
見た目以上に「しっかりした」袋でした
これっていいねぇ・・

旅のこぼれ話 ①

DSCF0309
旅行1日目に立ち寄ったスーパーで、完熟したとてもいい梅を見つけました。
今まで、見たこともないほど、綺麗なもので、とてもいい香りがあたりに充満していました。
見たこともない綺麗な梅。なんと一袋100円(300gくらい入っていたでしょうか)
欲しい!買って帰りたい!もう1人の友人も同じ気持ちでした
何度も言いますが、本当に綺麗な梅なんです(笑)
(いつも自宅で採れた梅で、傷つきで当然だと思っていますから・・・って言うより、傷の付いた物ばかりですから・・)
旅行が始まったばかりで、完熟した梅を2日間も車に積んで走ることは不可能なこと。男性陣は「無理やな!」の一言で片付けますが、私たちはあきらめ切れません
ホームセンターによって、果実酒瓶を買って、お砂糖を買って、梅の下処理を思いつき、ペンションで作ろう!
瓶に入れたまま車で持ち歩くなら大丈夫!
ということで・・・並んでいるだけ「全部ください」(笑)
cccccc

 








26袋ありました。
友人と半分づつ。
お砂糖も買って、ペンションに持ち込み(笑)
ccccc夕食後、綺麗なテーブルの上で、チマチマと作業開始。
わんさかとある完熟梅。
あたりが、とてもいい香りに包まれましたが、瀟洒なペンションでの優雅な時間に、一生懸命に梅のオヘソを取る作業(笑)
cccccc
この作業のお陰で、残り2日間の旅行中も、梅ジュースは発酵を続けておりました(笑)
結局、瓶が足りず、ジプロックに入れて持ち帰りました(一部はペンションにプレゼント)


DSCF0261
美味しそうな桃が1箱700円。これもいい香りがしてましたぁ~~
欲しかったぁ~~
さすがにこちらはあきらめましたが、信州中野のJA直売所。
いつもの事ながら安いものがワンサカでした。

a熟していた分、ジュースが上がってくるのも早いです
帰って4日でたっぷりのジュースが出来ました
アチコチ一緒に旅した貴重なジュースです(笑)

後日、ジュースのエキスを出し切った梅は、まだまだふっくら。
梅のジャムにしました
たっぷりできて、大満足!

一部訂正
果実酒の瓶を買うことを思いついた私ですが、結局、ペンションの方に電話で事情を話したところ、こちらのお宅に「3個ある」ということだったので、買わずにお借りいたしました

楽しかったあとは・・

遊んでばかりもいられません
長野に行けば、「やらなきゃならない事がたっぷり」
今回は、1泊を他でお世話になったため
限られた時間内で、手際よく片付けなきゃ・・・
a
夏草が生い茂ってすごい事になっていましたaaaa
aaa







aaaaa





高原といえども、日差しはきつく、みなさんが汗だくで奉仕作業
雑草を刈って、雑木の枝を払い、一生懸命に動き回ってくださって
仕事がはかどりました
aa
一枚目の写真と同じアングルで撮った写真です
DSCF0460
女性陣はお昼の用意をしたり、台所の掃除をしたり・・
みんなのパワーで見違えるほど綺麗になりました。
お布団なども干してさっぱりとしたかったのですが、今回は此処まで!

中央道の渋滞を気にしながら午後3:00過ぎ、長野を後にしました
大渋滞にはまり込み
中央道を50キロ以下でノロノロと走ることになりました
大変な作業でお疲れの中、ハンドルを握っていただいた2人に感謝
今回の走行距離1180キロ
お疲れさまでした

弥彦神社と弥彦山


2年前の夏、弥彦を訪ねた折は、雨に降られ、ロープウェイにも、スカイラインにも行かず、ちょっと心残りでした
今回、念願かない、弥彦山ロープウェイで弥彦山山頂に行くことができました
DSCF0394
朱塗りもあでやかな弥彦神社一の鳥居
a一の鳥居をくぐると、すぐ左手に、川に架かる玉の橋があります。
神様が渡る橋とされていて、一般には立ち入る事ができません。
遠くからズームをきかせての撮影で、やや見にくいですね。
3_1手水舎→
↓お祭りでしょうか。参道にはちょうちんが並んでいました。
3aaa

二の鳥居→
フットワークも軽く・・







aaaa



神門

 

 

DSCF0409
厳かな雰囲気の漂う拝殿です。神門からまっすぐ正面に見えるのですが、この日は、お祭りのため、ヤグラが組まれていて、脇からの撮影になりました
拝殿の左後ろに見える山が、弥彦山です
参拝を終え、弥彦ロープーエーに乗って、弥彦山に行きますaaaaaa
aaaaaロープウェイの乗り場まで無料の送迎バスが出ているのですが、長い列が出来ていましたので、歩くことにしました
山道を黙々と・・
ひたすら歩く・・
運動不足がモロ体に響き、汗だくです。
ひーひー言いながらやっと山麓駅に到着
ガァ~~ン
すごい人の行列。この日連休中日と言うこともあって、凄い観光客が押し寄せたということです
(後で聞いた話では、この日の観光バスは31台だったそうです)
1時間程列に加わったでしょうか・・(汗だくで歩いてきたんだもん・・・待ってでも乗りたいよね)
ropeway1
HPからお借りした写真です
弥彦山麓から山頂までの1,000メートルを5分間の空中散歩です
DSCF0420
♪あれをごらんと指差す かなあ〜たあ♪
♪はるかにかすみ見えるだけぇ~♪
「前方に、佐渡が見えます」と説明を受けますが・・・・
たぶん「アレヤロナ・・」程度です
DSCF0421
眼下に広がる越後平野。雄大なパノラマが広がってます
DSCF0434
山頂には、沢山の電波塔が立ってます
お山の上も大賑わいですね
警察のものもあるとか・・日本海の向こうの警備も万全でしょうか!
DSCF0435
反対側に目を移すと、多宝山(標高634m)には気象レーダー観測所
さて・・
ここからまだまだ奥宮まで歩くのですが・・・4_4
3_7


果敢に歩いて行った人2名
(主人と友人1名)


3_8
私は途中まで行き、延々と続くであろう階段を見て、携帯で主人に電話したら「アンタには無理!」の一言で片付けられ、途中から引き返しました
残りの3人は、コシヒカリアイスクリームを食べながら待っていました。
待つこと30分くらいかな
汗だくで2人が帰って来ました
この二人に幸せが降り注ぎますように・・・3_9


貴重な奥宮のお写真です。
写真に向かって参拝した私です
主人の話では、上に載せた電波塔を超えて日本海側に奥宮があったそうで・・・
行かなくて良かったぁ~

高田公園の蓮と寺泊

DSCF0346
焼きたてのくるみパンの香ばしい香りと、朝からたっぷりのご馳走を頂き、お世話になったペンションをあとに、高田公園の蓮を見に出かけました。
42年前の夏にも尋ね、感激したので友人たちをぜひお連れしたいと思いました
あいにく、まだ見ごろには少し早かったのですが、その規模の大きさに、友人たちも見ごたえを感じていただけたみたいです

その規模にはびっくりです。
高田公園の外堀り三方を、はすが埋め尽くして居ます。その規模16ha。
東洋一だそうですよ


DSCF0336

DSCF0344
4_1園内の説明書きには、「蓮の採取」は、和37年まで行われていたそうですが、現在は採取されていないそうです。
沢山のレンコン(蓮)が採れるだろうに・・・




DSCF0354

高田城三重櫓や小林古径邸が復元されています。
お城をバックにライトアップされた桜は、日本三大夜桜に、名前が挙がるほどすばらしいものだそうです(koruteさんのブログで、以前、拝見しました)是非、春にもう一度、お濠と3,600本の桜のコラボを楽しもう!
心底思ったことでした。

上信越自動車道高田インターから高速に乗り、目指すは魚のアメ横と呼ばれる寺泊の水産市場!日本海を左手に見ながら快適なドライブです。
4_3途中、米山SAに寄り道。
このSAは、インターの出口と、SAの入り口が二手に分かれてチト分かりにくい・・・
(伊勢湾岸長島のSAみたい・・)
4_2



このSAは、眼前に広大な日本海、そしてその奥には佐渡の島影をも望むことが出来るSAです
照りつける真夏の太陽に閉口しながら、見晴らしのいい場所まで・・・
DSCF0378
ガァ~~ン
何処に佐渡の島影が・・arunokana?
4_5♪あれをごらんと指差す かなあ〜たあ♪

♪はるかにかすみ見えるだけぇ~♪

このフレーズは後日、もう一度使うことにします(笑)




DSCF0389
5_6寺泊の市場到着は、ちょうどお昼になりました
まぁ~~~すごい車の数!駐車スペース700台あるとのことですが、遠くのナンバーの車でひしめき合いゴッチャゴヤ。観光バスまで・・・
少し離れた臨時駐車場に入れ、いざ!
新鮮な日本海の幸がズラリ!安い!品揃え豊富!
さすがぁ~~港町魚やイカを串に刺して炭火で焼く、浜焼きの匂いに誘われて、ビールが飲みたい主人の足取りも軽く、沢山のお店を覗くも、まずは腹ごしらえ!
55_1







運良く、お昼の行列には加わらずに済みました。(食事を終える頃にが、広いお部屋も満杯。待つ人たちで入り口は混雑していました)
大きな蟹が1杯付いたお刺身にも、うに.いくら.の2色盛りにも、大きなどんぶりに、渡り蟹が入ったお味噌汁が付いてます。蟹のいいお出汁がでていました
5_45_2








5_35_5







新鮮なお魚と、格安なお値段に心が大きく揺れますが、真夏の太陽がギラギラする午後、これらのものを買って車に積んで走る勇気もなく、結局、乾物を買うにとどめました

弥彦神社。弥彦ロープーエーに向かいます

高原のペンション

今回、私たちがお世話になったペンションは、ごく限られた知人をもてなすために、やっていらっしゃいます
ツインのお部屋が3部屋。一般の方への開放はなされていませんから、ブログ上でのお名前は控えさせていただきますが、とても素敵なペンションのご紹介です
DSCF0324
ペンションの前庭。木漏れ日が差し込み、すがすがしい朝の空気を満喫!ひんやりと、肌に感じる空気が、とても気持ちいい!
広い敷地内のお手入れも大変な作業だろうと、他人事ながら、感心しながら、朝食前のひと時の散歩です。
a2a1←温かなお茶と一緒に出されたのは、奥様が手づくりされた、蕗のお砂糖菓子(作り方を教わってきました。来年の春には私も作ってみたいと思います(上手く出来たら、ブログで紹介させていただきます・・・来年の話ですけど・・)
「ギンギンに冷やしといたわよ。サービスよ」→
奥様の何よりの配慮に、骨抜きのプロローグ開始!
男性人は、夕食前にまず1杯がスタート。
美味しいお酒に会話も弾みます

夕食もたっぷり
a前菜として出されたものは「浸し豆の酢和え
蒸し茄子料理2種類
烏賊めし
aaaaaa



季節野菜のジュレ
トマトの美味しかったこと!「トマトってこういう味だったんだ」って思い出させてくれました
aaaaa

 

 





鶏の梅肉和えと、冷やし粒蕎麦雑炊。どちらも、さっぱりと美味しく頂きました
蕎麦の実雑炊の作り方は、帰ってきてから、電話で教わりました。
蕎麦の実を手に入れなきゃ!
aaaaaaaaaaa

 

 

 

 

野菜のスペイン風煮込み(ラタトーユみたいなものでした)
かぼちゃの冷スープ(小さな「ぼっちゃんかぼちゃ」を使っていらっしゃるとか)かぼちゃの甘みが美味しかったですよ~~
aaaaaaaaaaaaa

 

 

 

 

虹鱒のムニエル。グレープフルーツのジュースの酸味がしてバターのコクとのコラボが、美味でした。牛肉と野菜の炒め物。たまねぎ風味とメニューには書かれています。
aaaaaaaaaみょうがご飯と、手作りのお漬物。お吸い物もあったわ・・
みょうがの香りがとてもよく、美味しかったのですが、さすがに、満腹状態。お変わりまでは出来ませんでした
食後にメロンと、コーヒー。
動けないほど、食べました!満腹状態です
DSCF0281
賑やかな話し声と、笑声が、夜遅くまで続きました
ご迷惑だったろうな・・・
bbbb









bbbbbbbbb











bbbbbbbbbbbbbbbゆっくりとした時間の流れを、五感で感じられる・・・そんなペンションでした。
またお世話になりたいわ・・・



「こんなのあったらいいなぁ~」そう思う所に用意されている小物・・
「痒いところに手が届く」とでも言うのでしょうか・・dd
←テラスに用意されていたのは、蚊取り線香とうちわ。
d洗面所の蛇口は、360度回転しました。
「口をゆすぐ」のに便利ですよね。感激です
ddddパジャマ2着とバスローブ1着の用意もありました。おしゃれぇ~~

dddトイレにさりげない用意
小指ほどの小さな「トイレその後に・・」こんな小さなものもあるんだと妙に感心いたしました(笑)

記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ