四日市公害のミュージカル

1日。友人の妹さんが出演されると言う事で、
ミュージカル劇に誘われ出掛けてきました

市民のボランティアの皆さんが
手作りで作り上げるミュージカルです

余談ですが、以前「掲示板」でお世話になっていた方も、
プログラムの名前で見つけました
001


002

私の子供の頃、
四日市と言えば、大気汚染からの四日市ぜんそくの患者が多く、
深刻な公害病として有名で、その名を全国に知れ渡る所となりました

四日市ぜんそくは、高度成長期(1960年頃)の事で、
水俣病。新潟水俣病。イタイイタイ病と合わせて、四大公害病と言われます

四日市公害訴訟判決45周年 
四日市市制 120年の記念公演です

私ごとですが、実弟が、16歳でぜんそく発作で亡くなりましたから、
今回のミュージカル劇は、見てみたいと思っていました


ステージ向かって左手側には、
ドラム、キーボード、サックスなど、
生演奏でストーリーの要所要所に音を奏で、
迫力も伝わりました

第一幕
海と空の編 

第二幕
実在の公害患者さんと家族のの生活が描かれる


『息を腹いっぱい吸いたい』という、子供たちの声に感銘を受けました

普通に生活していた人たちが、

高度経済成長の狭間で、
コンビナートの煙突から出る鉛色の煙の元

普通に息ができない状態でした


余談ですが、この当時の事を、
亡くなった名古屋に住んでいた祖母が、
観光バスで四日市を通ると、空は曇り空で臭い臭い!
バスの窓を閉めたよ~~
って言っていた事を思い出しました

今、中国の大気汚染の問題も、何十年か前の四日市の空と同じです

今、四日市の海は、お魚が釣れ、水遊びに興じられ
空は青空を見られるまでに、改善されました。

しかし、今でも、闘病を続けていらっしゃる
四日市公害病認定患者の皆さんがおられる事も事実です



ddf89ae6

以前、昭和の子供写真店を見て
ブログに取り上げた折の写真です
登下校にマスクは必須でした
http://nonkinako-3.dreamlog.jp/archives/51504211.html


003

コンビナートの中心に位置した塩浜小学校
途中から、校歌の歌詞が変更になったと。。。



二時間。二幕のミュージカル。

子供から大人。老人と各世代のボランティアの方も、
一生懸命にお稽古された様子が垣間見られ、
感動してホールを後にいたしました





仏事のお菓子

仏壇のお供えにと、「都饅頭」を頂戴しました

007



てっきり、全国区のお饅頭だと思っていたら
三重県のお菓子として君臨していると知ったのは
ブログを初めてから知ったことです

発祥は三重県桑名市だそうです

7a

香ばしく焼かれた皮とちりばめられた黒ゴマ
小さい頃から、見慣れたお菓子です。

008a

粒あんががダントツで好きなのですが、
このお饅頭だけは、、粒あんじゃなくても大好きです。

粒あんでもこしあんでもなく。。。
「さらし餡」と母が言った記憶が。。。

フンワリ肉桂の香りがします。

餡の水分が少ないからでしょう。
割るとぽろぽろと崩れてきます。

舌触りがよく、しっかりとした甘さなのに、
くどいと感じる事はありません。

子供の頃、通夜に出かけた親が
「お下がり」としてもらって帰ると、
真っ先に「都饅頭」を探した記憶が鮮明です

桑名花○舎の物が大好きですが、
今回頂いたのは別のお店の物でした

焼きあがりの皮に違いが感じられ、
やっぱり「花○舎さんのじゃないと・・」と偉そうに文句を言いながら、
一番で食べました。


出来たぁ~~

GWに息子の所に行き、IKEAに立ち寄りました
車で上京したんだもん!IKEAでお買いものに
上機嫌のnonkiさんでした

安いんだもん!あれこれ小物も買ってきましたが、
組みたて家具(小さいもの)も

帰って、組みたては主人の仕事

なんやこりゃ!と
声の方に向かうと、主人が頑張ってました

何の説明文もない絵だけの「組みたて説明書」

0059

0052

0053

0054

キッチンワゴンの出来上がりです

キッチンの片隅で、活躍しています

自分で品番を記入して、倉庫の様な所で品物を探し
IKEA方式の購入に驚きました

コストの軽減。こんなところに反映されているのですね

田の字の間取り


母との同居生活にあたり、家を大々的にリホームをしましたが、
田舎での生活が根底にありますから、
二間続きの和室など、出来る限り、手を加えませんでした。

俗に言う「田」の字の間取りです
壁の部分が少なく、家具などおけず

いつ来られるか分からない来客用に
御座敷の二部屋は家具が置けず。。

収納が極端に少なく、毎日の生活に
不便この上なし

厨子二階(つしにかい)と呼ぶ、屋根裏部屋があり、
物置小屋のような役割をしています

今回のリホームで、この厨子二階(つしにかい)に通じる、
階段をはずして、収納式の階段にしました
部屋を広く使う為でした

0250
004

026
001

季節物や、節句人形などは、
この部屋に入れる事にしたのですが・・・・

じゃぁ~~~~ん。
使ってみたら狭い階段で、非常にめんどう。

ストレスの塊になるような。。。

ついつい、二階に運ぶ事が後回しになり、

部屋に置きっぱなしの状態が見え隠れし始めました

これではイカン!

と言うことで、

先日完成した車庫に、物置小屋を作る事にしました。
(当初から予定していたのですが、遥かに大きな小屋に予定変更)

006
011
027

主人と弟と専門の技術を持った友人たちの力も借りて、
10畳の物置小屋作成

BlogPaint


入って、右手には棚を作ってもらって、使い勝手のいい様にと・・

001


左手には、季節の衣類をケースに入れて、収納するようにしました

10畳の物置小屋。なんでも入って散らかり放題に
ならないように気をつけねば。。





同期会

振り返れば、遥かに遠くになってしまった「初々しい頃」

昭和1968年4月。某銀行某支店
初々しく入行した7人が、久しぶりに集まりました
(退職後2人は疎遠になり、現在5人)

014a

それぞれに持ち寄ったお菓子もあり
食べる。話す。笑う。転げる?


「箸が転んでもおかしいお年頃」
BlogPaint

友人の車でランチに移動
美味しいご馳走に大満足
おしゃべりに忙しく写真を撮る事など
すっかり忘れていました

もう一度我が家に帰り、おはなしの続き
BlogPaint

職場で出会って来年で50年。半世紀が過ぎました

時間の経過は時に非常に残酷です

白魚をような指でお札を数えていたのに。。
今や乾電池のような、指

ピンヒールで走り回っていたのに、今や、ペッタンコの靴

ハンドバックは、トートバックと言うより袋に変わりました


それぞれが、それぞれの人生を歩みつつ
若かりし頃、同じ時間を共有したことで
半世紀たっても、瞬時に「白魚」の時代に戻れる

有難きかな。。友よ!

これからの人生は、健康第一に
いつまでも、このような「おしゃべり会」が続きますようにと
誰も思う事は一緒

 それぞれが、夕飯を気にしながらのお別れでした


楽しい一日 ②

三段腹を持ち合わせていますから、
ランチを一段目に入れて、
まだまだ、二段目三段目が空っぽです

二段目を満たす為に、
うらんママちゃんが連れて行ってくれたのは、
三重県総合文化会館  の中にある茶室


和庵(なごみあん)

043
044


近代的な建物の中、ここ一角は別世界。
静寂な空気が漂います。
我々も静々と。。。

28b3b3c6

0997522a


立礼席だったので、お行儀が悪くても、
足の不自由なお年寄りでも、「お手前」を楽しめますね

紫陽花の器と、季節の和菓子。

三人の体の奥深くに隠し持っていた
「上品」を引っ張り出したひと時でした

350円 安いわ。。。と上品は長続きせず。。

本日、二段腹終了でした

三段目がまだ空っぽです(笑)

先日、うらんママちゃんからlineでいただいた画像の
お菓子をぜひ。。。とお願いして、
津市内のお店に連れて行っていただきました

カフェ サンチェ 羊のカスティーリャ
004

可愛いカステラでしょ
かわいい刻印の正方形のカステラです

美味しいんです

ただ、このお店も、土日は喫茶部門はお休みとの事

買って帰って三段目に入れる事にしました

007

カステラの一番の美味しさは。。。。

005
底の部分! ザラメが抜群!


生地はしっとり。ふわふわ状態ではなく
重量感があります


優しい卵の風味と優しい甘味

はちみつの甘味でしょうか。

大変においしゅうございました
本日、三段のお腹。十分に満たされました

ご一緒できたうらんママちゃん。げんかあちゃん。
お世話になりました
お陰様でめっちゃリフレッシュできて
体も心も軽くなりました


楽しい一日

日曜日(19日)、うらんママとげんかあちゃん。
3人で、伊賀上野までランチに出かけました。

四日市から乗車した急行電車は、
あいにく、2人並んで座る事が出来ず、
げんかあちゃんとは、通路を挟んで着席。

通路を挟んで、年金話に花が咲き、
時間を感じる間もなく「津」到着

津駅に集合した3人。

お久しぶりぃぃ~~~の挨拶もそこそこに、
例の如くにマシンガントーク炸裂!

うらんママちゃんの車でいざ!

マシンガントークは「あら!もう伊賀なの」まで
途絶える事なく続く。。。

004


小高い山(丘)の上に目指すピザ屋さんがありました

ご主人さまは、その道では有名な木工作家さん。
奥様は、ボタン作家さん

お忙しいお二人ですから、
ピザ屋さんは、毎週土曜日曜のみの営業

040

オシャレな扉を一歩入れば、ご主人の力作が並ぶ展示会場と、ご自宅

035

ちらっと見せていただいたご主人さまの工房

006

大きな木をそのまま使った家具が目に飛び込んできます

20170619152130bf3
げんかあちゃんのお写真頂戴しました
事後承諾ヨロシクです

今日のブログは、画像が多いので、
帯が長くなりますが、お付き合いください

こちらが、土曜日曜のみ開店の奥様のお店(ピザ屋さん)
ご主人さまがこつこつと建てられたんだそうです(設計は別だそう)

007



009


新緑の山と田植えの終わったばかりの田んぼ
我が家で見慣れた風景も、
所変われば新鮮に感じるから不思議です

 

011


天使の羽根と名付けられた椅子

08409860-s


①の部分は、子供のお尻を表現しているとの事です
言われてみれば、かわいいお尻を想像できます
天使の羽根 まさしく。。です


013

私たちが陣取ったテーブル席

大きなパーティでは、上の部分だけ外して、
直接、芝生の上に置き、大きなお盆として、
お皿などのディスプレーに使われることもあると聞きました

015

この椅子も可愛い!

019

大きな丸太を1本。切り抜いて使われた棚

021

ボタン作家でもあられる奥様の作品でしょうか

カップにボタンの付いたコーヒーカップと、
変わった形のボタンが展示販売されています

(珈琲カップはプライスがなかったので、売り物ではないようです)

022


BlogPaint

オブジェ。木のくりぬき

020


忙しそうな調理場


BlogPaint


屋内ではなく、テラス席。

気持ちよい風が通り抜けピザを待つ間も

気さくな御主人との楽しいお話や

ご苦労話など

テーブルに座りこんで、話に花が咲きました


028


肝心なピザ
直径20センチほどのもの三枚をチョイスし、三人で分けっこ。
ズッキーニやトマトのピザは、チーズなしです

017

20170619152031269


屋内のお部屋

012


木立の中につるされたハンモック。
のんびりとした時間が過ぎていきそうですね


びっくりは。。。。これ

033



御主人手作りのツリーハウス

034


ツリーハウスを下から撮影

001

御主人が掛けていらしたメガネ
フレームの部分が壊れたから、自分で作りましたと。。。

「重くないですか」との質問に「掛けてみなさい」との事

BlogPaint

のんきさん。ご満悦!

すっごく軽くて、なかなかですやん!

賑やか三人組。この後、津に戻りました
帯が長くなってしまいました、
別腹の様子は、またご紹介しますね


衝動買い

展示会に出かけて、試食を食べて、
衝動買いをしてしまいました

009

母との同居になって、

以前から母の使っていた
レンジのみの(オーブンなし)電子レンジを使っています

オーブン料理の回数は少なく、
さほど不便は感じなかったのですが、この品を見たら欲しくなって。。

SHARP ウオーターオーブン ヘルシオグリエ

SHARPの得意分野。ウオーターオーブン。

今回買ったのは、オーブントースターより一回り大きく
電子レンジより二回り小さめの物

水を使った過熱水蒸気で食品に熱を通す
SHARPのお得意加熱方法

そのため、使用前に上部にある
水タンクにお水を入れる事が必須です 



011

011a


こんなに蒸気が出ています



横並びで食パン二枚が入る庫内

食パンと目玉焼きが同時進行

IMG_9357
IMG_9360


焼き野菜と、トースト。ウインナーソーセージなど
朝食の用意がひとまとめに出来上がります

この日は、めんたいパンと、バタートースト

012


我が家では滅多に朝食にパンの登場は有りませんが、
ここのとこころ頻繁に。。

ただし。。御味噌汁は必ずです(笑)

市販の天ぷらも、中はやわらかく、
外はカリッと出来上がります。
食卓に出せば決して手抜きには見えません
から揚げなども、油で揚げずに出来て
ヘルシーです


オーブントースターでも電子レンジでもないこの品
使用頻度が高く、今の所、衝動買いに後悔はありません





夏のお菓子

知人から宅急便が届きました。

「鼓月」の包装紙に、ウキウキと開封

IMG_9377

冷菓の詰め合わせでした

やったぁ~~
写真中は、私の大好物の「あんみつ」です
しこっ!とした食感の寒天と、
餡の甘さに果物の酸味が絶妙にマッチ。うれしい!

両端は、伊予柑とブドウの果実の入ったのゼリー

IMG_9378

ゼリーとヨーグルトの二層式。
これも絶妙な組み合わせだと、感心してしまいました

ちょうど、娘が帰宅中。運よくこんな場面に出くわすのよねぇ・・・





九の下にホ。

015


娘が「ここの和菓子とっても美味しいから、ぜひ、食べて!」と
持って来てくれました

お店の袋が写真です

上の一はそのままで「イチ」と読みます

九の下にホを書いて何と読みますか。
「漢字 九の下にホ」で検索してみました。
「ZA」と出てきました(中国漢字だそうです)

                   


ZAとキーボードを叩いても、漢字が出てきません



お店の名前が
一朶 (イチダ)          

 
九の下にホ。。ではなく
乃の下に木でした(笑)


a


上 キウイ大福
下 くず餅(きなこと抹茶)

本くずのやさしい食感と
ひんやりとしたのど越し。最高でした

一個だけ買ってきたキウイ大福
半分横取り。美味しい!



ここから三月の話題(笑)
以前、買ってきてくれた折りのものです
(写真。お蔵入りから救出)


018

豆大福が看板商品みたいですが。。



私は「桜餅」にしました

025

上下に桜の葉の塩漬けがあり
こし餡と、桜の葉の塩味が絶妙

お父さんとおばあちゃんは豆大福
婿殿は草餅
娘はイチゴ大福
私は桜餅

それぞれに、美味しい。。が口から飛び出しました。



記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ