ちょっと変よ!

a4d8e1e7.jpg
ab778960.jpg
 主人が旅先で買ったよくある瓶詰めなんですが。。。。いかにもブログのネタになりそうなものでした。
何ということでしょう。。。(終わっちゃったテレビ番組風に。。)
逆さまにして置いてあった訳ではありません。なのに。。。下の方に隙間があるんです。お土産屋さんで、逆さまになっていたのでしょうか。
おもしろいので、そのままにして、置いてあるのですが、下に下がって行く気配は全くありませんでした。
よく見て買って来ればいいのに。。。ブログネタにはもってこいですけどね!

名人と呼んでやって下さい

私は、綺麗に咲いたお花の鉢を買って来ますが、自慢じゃないが、後々。。悲惨な状態になってしまいます。そんな時、主人が管理して、大きく咲かせたり、翌年も咲く様に手入れをしたりしてくれます。
主人が買って来る鉢は、「見切り品コーナー」で見つける事が多く、瀕死の状態の鉢物です。
7424fc14.jpg
148724ba.jpg
左の写真は6月19日に。名古屋のランの館に行った折りに、買って来た物です。
例によって見切り品の中から、穴の開くほど、じっくりと見極めて「これ」と買って来た物で、?300でした
3ca0fa44.jpg

あれから3ヶ月・・・よれよれだった茎の部分も元気になり、大きくなって、大きな花を咲かせ、他に蕾も出てきました。ヨッ!名人!
花に掛ける愛情が大きいのでしょうね。花は愛情を掛けてやれば「口答え」もしないから、可愛いのでしょうねぇ
34afcee1.jpg
ちなみに、このハイビスカスも?100でした。これでもか!と言うほど、次々と大輪の花を咲かせています。
友人や知人も、こんな主人の所に、植木鉢を持ち込んで来ます。「入院させといて~~~」と言って・・・

これも方言?

88d9d241.jpg

21日の毎日新聞に面白い記事が載っていました(ここクリックしてみて
地方によって、このバンドエイドの呼び方が違うと言うのです。
これも方言かしらと思った次第です。
普段何気なく使っているバンドエイド。みなさんの所はなんてよびますか
北海道は「サビオ」九州は「リバテープ」「カットバン」本州は「バンドエイド」が一般的なんだそうです
興味深かったのは、東日本と西日本での呼び方の違い
東はマック 西はマクド 
画鋲と押しピン。 漬け物とお新香などなど

東が宇津救命丸なのに対し西は樋屋奇応丸と言うのも面白かったです

肩の凝らない記事でした。



赤芽イモ

4bc8a965.jpg
里芋の様ですが、赤芽イモって言うんだそうです(義母談)
大きくなりました。葉っぱも大きいでしょ(モデルはnonkiです)
普通の里芋は、茎の部分が緑です。親芋の周りに出来た子芋(里芋)を食べるのに対し、この赤芽は、茎が赤く、親芋を食べます
大きな親芋ですが、ホコホコとしていて、大変に美味しいんです。
お味噌汁に入れたり、おでんの具にも使います
また、茎の部分は、ズイキと呼ばれ、干して保存します。(干した物をイモガラと呼びます)水に戻して、煮物にしたりします。
b86482e5.jpg
    a41b59ff.jpg

彼岸花とおはぎ

昨日はお彼岸の入りでした。
お彼岸の頃に咲き出す彼岸花。今年も綺麗に咲き始めました。
7fb434f7.jpg
   cd09acf0.jpg

f7f24a37.jpg
 庭には白い彼岸花です。
曼珠沙華を、「縁起が悪い」と嫌う方もいらっしゃいますが、私は、この花の咲き方が、非常に神秘的に思えるのです

春.夏は、何もありません。秋になると一斉に土から茎を出し、花だけを咲かせます。葉っぱもなく。。。花だけです。
花は、数日、一生懸命に鮮やかさを、競うように咲き、花は終わり、茎だけになります。
次に葉っぱが出てきますが、この葉っぱも、翌年の夏が近くなるころには、何も無くなってしまいます
花と葉を同時に見ることが出来ません。

「花は葉を思い、葉は花を思う」という意味から。 韓国では「サンチョ(相思華)」と呼ぶそうです。

f0b22605.jpg
我家に庭には、白い花が咲いていますが、田んぼの畦では、真っ赤な花も、盛りと咲いていました


きらきらさんのブログで、手作りのおいしそうなおはぎがのっていました。
餅米もあるし。。と久しぶりに私もおはぎを作ってみました
f8cadb89.jpg
粒あんを作りました。ことことと煮込んで、お砂糖で味付け。隠し味に、お塩を入れて・・・以前ここから焦がした事を思い出しながら、今回はイイカンジに仕上がりました。
5cd411d6.jpg
中のご飯は、タダ米を入れず、餅米だけで作りました。
おはぎについては、後日談がありますので、近日中にお話をしようと思います。

日中の日差しは厳しく差し込んできますが、空は真っ青で、何処までも高く、秋の空です。
夕方からは、虫の声の大合唱も聞こえてきます
暑さ寒さも彼岸まで。よく言ったものですね
すっかり秋の気配です。

ビックリ!

26b267d7.jpg
昨日のお昼前、玄関に車が止まった。うん?何!パトカーだ!
この年になっても、お巡りさんを見るとドキッとするのに、我家の玄関の前にパトカーが駐車。
「何事ですか!」と私。突っかけも履かず飛び出しました。
「先ほど前の学校の生徒が、スカートをめくられたと通報があって。。「不審な人物を見かけませんでしたか」とお巡りさん
「50才半ばくらいの白髪の男性。紺のズボンに。。。。。」話は続きます
41d2cbb0.jpg
話の途中で、もう一台のパトカーが店の入り口に駐車。
お巡りさん同士の話を聞きながら、ブログのネタにと、写真を撮る私って。。
「不審者を見かけましたら、すぐに連絡を下さい」と言い残し、二台のパトカーは帰りました。
午後からも、パトカーは我家の前を巡回している様子でした

一瞬「お父さんは、仕事に行っているはず。。。やわなぁ~~」と思った私。
「50才半ばって。。。お父さん位の人かぁ~~」と思った私。
本当に一瞬です。一瞬でもお父さんすいませんすいませんすいません

ししとう  辛い!

423ccbc9.jpg
13d2d1dc.jpg
庭の「ししとう」です。ピーマンをあまり好まない主人ですが、「ししとう」は大好き。今年も「これでもか!」って言いたげに、沢山のシシトウがなりました
バーベキューの長い櫛に刺して、ガスで一気に焼けば、あっと言う間に、酒の肴が出来上がり!だったのですが。。。
今年はIHに換えた為、串刺しで一気に焼く事が出来なくなり、オーブントースターで焼いたり、IHのグリルで焼いたりしていますが、強火のガスで一気に焼いたような味になりません。美味しそうな焦げ目も付かず。。。カセットコンロを出して来ましたが、ボンベのガスがなくなっていて、これまた役に立ちません。

どういう訳か、私の方にメッチャンコ辛い物が当たります
10個のシシトウを焼くと、主人が7個食べ私が3個なのに、そのうちの1個が、トッカラ。
口の中から炎が出てきそうなほど、辛いんです
わたしばっかり。。なんで???

ランチ情報(花篝)

湯ノ山街道沿いの花篝(はなかがり)と言うお店が、以前から気になっていました。
昨日のお昼にリサーチしてきました。
外から見た感じは、こじんまりとしていますが、中は意外に広く、お店の方の感じも良く、ゆっくりとくつろげる雰囲気でした。89645cf2.jpg

メニューも豊富で、中でも「篝膳」(写真)はお値打ちだと感じますa2cd5e7a.jpg
8674c3db.jpg

この日は、厚揚げと茄子の煮物。半熟玉子。天麩羅。酢の物。お造り。コーンのサラダ。香の物。ご飯。これだけでも十分なのに、おうどんと、茶碗蒸しが付き、ランチタイムには全メニューにコーヒーとデザートが付くサービスも。(私はウーロン茶にしました)これで\1200 お腹いっぱいになりました。
ボリューム満点。お味も素材の味が生かされた薄味で、美味しかったですよ
隣の方の食べていらっしゃった、寿司膳も、興味あり。次回はアレにしょうっと。

ちょっと気にいています

7701b35e.jpg
73e8b267.jpg
置き時計です
ふくろうが振り子の役目をしています
時刻に合わせて、大きいふくろうと小さいふくろうが、揺れ動きます。(小さいフクロウ。。わかりますか4と8の横から顔を出しています)
実は、このお品は、知人のお宅の新築祝いに差し上げた物ですが、何とも可愛くて、我家にも是非欲しいと言う思いが募り、ついに、私用に買い求めました

フクロウが、木目込み手法で作られ、ひとつひとつ丁寧に本革張りです。
本革ならではの風合いが、とても優しく感じられました。
幸運を呼ぶ可愛いフクロウ。我家のルームアクセサリーの仲間入りです

空也もなか

先月生まれた孫の内祝いの品を、息子達夫婦に任せる事にしました。
アレコレ迷ったあげく「空也」の最中を送って来ましたので、先日、お赤飯と一緒にお礼をすませたところです。
35647660.jpg
創業は明治17年(創業120年)。夏目漱石の小説にも登場する老舗の和菓子店「空也」の最中。一度是非食べたいと思っていました。
包みを開くと、箱を開ける前から最中の皮の香ばしい匂いがします。ワクワクです!
箱を開くと、実に小さい最中が並んでいます。小さいです。食べようと思えば一口でたべられるかも。。(マッチくらいの大きさです)
c4cbf2ce.jpg

皮がパリッとしていて、香ばしく、粒あんです。
送られた日に食べてみましたが、餡と皮が一つにならない(表現が悪いですね。)皮と餡が仲良くない感じでした。それぞれが存在を誇張している感じ。
志緒里を読むと、3~4日位が食べ頃って書かれています。
9fc29b96.jpg
やっと今日あたりから、皮と餡が融合してきた(笑)感じです
餡は「小豆」って言う存在が大きく、口に入れてしばらくしてから甘みがジワジワと感じられます。
パリッとした出来たての最中もよし、少し時間が経った最中もよし。
久しぶりに抹茶を点てたい気持ちです。
ちょっと美味しいお茶を入れて贅沢を味わいました。

予約が必要なんだけれど、その予約もとれないとか。。
地方発送はしてくれないとか。。
取りに出向かなきゃいけないとか。。
銀座のお店以外では売られていないとか。。
そのような非常にありがたぁ~~い最中だそうで、美味しさの半分以上は「有り難さ」かもしれません

記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

のんき

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ