母の日プレゼント

8cb75943.jpg
昨夜、娘が帰宅。開口一番「母の日のプレゼントを買って来たわ。初めてのお給料も貰ったから。。感謝の気持ちね。二つも買ってしまったよ!」
fbc184ff.jpg
WEDGWOODのドレスエプロンとFEILERの手提げの2点でした。
少ないお給料の中から、無理しちゃったわね。



「少し可愛すぎるエプロンだけど。。」一言多いのは母に似たのかも。
ありがとう!大事にするね!
e6ce07d0.jpg

咲き競う庭の花

{d963963a.jpg
13b389b5.jpg
1211d34f.jpg


シャクヤク   垣根のツツジ  アイリス


44c29f24.jpg
0a25ea0b.jpg
70f4418e.jpg


椿   こでまり   えびね


0d5c569a.jpg
e19921f2.jpg


キンセンカ   霧島ツツジ


この時期の庭は、本当に、お花が競争して「美」を競っています

竹の子の瓶詰め作業

先日「蹴飛ばし」の作業をアップいたしましたが、そろそろ今年の孟宗竹の竹の子の収穫は終わりです。
収穫した竹の子を保存するには、塩に漬ける方法や、酢に漬ける方法などありますが、今年は、友人に教えてもらって、瓶詰め作業をする事にしました。
  a16d216b.jpg
友人宅と2件分の瓶20本を用意しました。                         09d54c3b.jpg
皮付きのまま柔らかくゆでます        8a470367.jpg
皮、姫皮を丁寧に剥き、2日間お水にさらします5bac2751.jpg
竹の子を、」適当な大きさに切って瓶に詰め、空気が入らないように注意しながら、お水に浸けます。軽く蓋をして沸騰してから2時間炊きます

2e498c18.jpg
空気が入らない様に気をつけて、しっかり蓋を閉めます

瓶の中に、空気が入らないようにする事がまぁ~~大変!
お水、お湯の中での作業です。
多少空気が入ってしまった瓶もありますが、初めてにしては上出来かな?
上手く保存出来ればお正月のお料理にも重宝するはず!

それにしても、沸騰後2時間ぐらぐらとお湯を煮え立たせるって大変な作業でした。

ようこそ!三重県へ!

d41d5b6d.jpg
近所のお友達の所のお嫁さんは北海道から嫁いで来られました。
先日、北海道からご両親が四日市に尋ねて来られ、友人宅に到着。
なんと!退職されたお父様は、キャンピングカーを購入され、コツコツと自分で改造し、奥様と2人で、日本中を回られる予定だそうです

北海道岩見沢を5月1日に出発され、函館からはフェリーで青森に渡り、日本海側の各地を回られ、京都、彦根を回り、5月7日に四日市に到着。
四日市までの走行距離は1850キロだそうですよ。

私は初対面ですのに、快く迎えてくださり、早速取材です
fe4fc59e.jpg
5d0bd45f.jpg

電子レンジ。流し台
c7301b12.jpg
a124a6a4.jpg

 トースター。テレビ
19f18cda.jpg
1c0365ba.jpg

リビング 寝室
fb4e5455.jpg
電気系統

それぞれの物が、使い勝手が良さそうに、機能的に並べられ、車内も想像以上に広い事に驚きました。快適なドライブが出来そうです
高速道路は使わず、一般道を通行し、スーパーでお買い物をしたり、お風呂に入ったり、コインランドリーを見つけたり。。。各地の「道の駅」に駐車して夜を明かし、お二人の気ままな旅を続けていらっしゃいます。もちろん奥様も時には運転を代られたり。。
一日200キロから300キロの走行だそうですよ

仲の良いご夫婦ですね。家だったら、たぶん、10キロ圏内で口げんかになってしまいそう。
退職後ののんびりした時間をこのように過ごされるご夫婦。羨ましい限りです。

旅のこぼれ話

1aedad21.jpg
864330de.jpg
 雪の中から見つけたふきのとう。太陽を浴びていないので、綺麗な黄色です。つくし。よもぎ。こごみなどを摘みました。

天麩羅にしていただきました。
0cb6d663.jpg



fb69ec33.jpg

野沢菜の菜花と表示されていたので、買ってみました。普段食べている小松菜の菜花と変わりない物でした。ガッカリ落ち込み

2322358c.jpg
    ab32da5b.jpg

日本海鮮魚センターで買った「糠サンマ」塩焼きとはひと味違った風味があり、塩の効果で余分な水分が出て身が締まり、味が凝縮したような印象。ほんのり、糠の香りも感じられました
7d55ada2.jpg
 「あっ!焼き上がりの写真!」と思った時には、このような状態。尻尾の部分だけでもあっただけ良かったわ。

恒例、「地域限定商品」買って帰って感激した事が全くなく、今回は写真だけ撮ってきました。長野県は地域限定品が多いんじゃないかな?。

29bb6f57.jpg
丁度信号で止まった所にあったお店です。「いつもニコニコ現金払い」なんでしょうかね。

1fe51b90.jpg
駒ヶ根のSAで見つけた看板。何が世界初なのかと、思いきや!
自販機で注がれるタイプのコーヒーに、自動的に蓋がされると言う物でした。コーヒーを飲まない私は、16294a45.jpg
主人の分に試しに買ってみましたが、
アイスコーヒーなどストローで飲むなら、便利かも知れません。私の買ったのはホット。結局、蓋を外したら、普通。
これまた。。看板に釣られてしまったぁ~~



冬の寒さの厳しさを教えられた旅となりました
例年、満開の桜は、まだまだ、蕾が堅く、例年、散ってしまって葉っぱだけの桜が、今、まさに満開で。。新緑の輝きもイマイチ。標高の高い所では、まだまだ、春の訪れさえ感じられない状態でした。

季節の訪れが遅かったお陰で、例年、花粉症でお薬を服用しなければ居られないのですが、今年は、平気平気。良かった良かった。

全行程1038キロ。とても楽しい旅でした。

万座温泉から横手山

長野県と、ご縁が出来てから、アチコチの温泉巡りを楽しみにするようになりました。
中でも、昨年の連休に尋ねた万座温泉は、私の大のお気に入りの温泉です。
源泉掛け流しの真っ白に濁った濃い硫黄泉。何よりビックリなのは、肌が、すべすべになるんです。無意識に何かを掴もうとすると、滑らせて落として仕舞うほど(決してオーバーな表現じゃなく、本当につるつるになるんです)


昨年は「万座温泉ホテル」のお湯に感激して帰りましたが、今年は「万座プリンスホテル」のお湯を堪能して来ました。

女性用の内風呂。屋根付きの露天風呂。趣の異なる女性専用露天風呂。混浴露天風呂と、お風呂好きにはたまらない湯船の数。
標高1800Mの大パノラマを目の当たりにし、開放感溢れる露天風呂で湯船に浸かり、ゆっくりとした時間を過ごせました。


女性用の露天から、男性の露天風呂(混浴)に行く事が出来、子供達は「パパァ~~」と叫びながら、入ったり来たり。「おばちゃんも行こうよ!」と、何度も何度も誘ってくれましたが、妊婦に間違われるような体型では、「混浴」に足を踏み込む勇気は持ち合わせません

なにはともあれ、のぼせる一歩手前まで、お湯に浸かり、心地よい気分であたりの景色も堪能してきました。今度は、秋の紅葉の季節に、必ず、また行こうと思っています。妊婦体型から脱出し、混浴に入って行く事が出来る様な体型になるには、時間がたりませんが。。

f6d58a87.jpg
 こんなに気圧が低いのですね。今にも、はち切れそうになったポテトチップスの袋です。

温泉を満喫し、穏やかに煙りを上げる浅間山の姿を横目に、キャベツ畑を横切り、横手山の山頂に向かいます。
ここでも、例年にない残雪の多さにビックリ。


63b82625.jpg
最後のスキーやボードを楽しむ若者の姿を見ながら、温泉組の我々は、やや羨ましくもありました
車の後部座席から撮った写真です。見にくくてごめんなさい
dfbcfe49.jpg
背高のっぽの雪の壁になっていました。
「黒部の雪の壁を歩いてみたい」とかねがね思っていただけに、思いも掛けない雪の壁に遭遇し、感激でした。


←標高2300M 横手山山頂からの風景です

温泉の疲れから、ウトウトと後部座席に揺られていました。終始運転してくれた○○ちゃんご苦労様。ありがとう!

連休の旅 二日目

aecaec39.jpg
毎年、この時期に必ず出掛けるのが、長野県坂井村にある「安宮神社」です。
この神社の境内には沢山の桜の木があるのですが、鳥居脇の、「右近桜(うこんざくら)」がとても綺麗です。普通の桜に比べ、満開の時期がやや遅く、毎年、連休の頃に満開を迎えています
黄色がかった緑の様な色をしています。
困ったがぁ~~~しかし!落ち込み
今年は、まだまだ蕾も堅く、咲く気配は感じられませんでした。ショック!悲しい悲しい
e9ae87e5.jpg
変わりに、いつもなら、散ってしまっている「小彼岸桜」が満開でした





89ebcaf4.jpg
この神社は、境内裏に、860体もの石仏が、山の斜面に所狭しと鎮座している事でも有名です。



参拝後、我々は、万座温泉に行くことにし、途中の「サン・クリストフ」で昼食。
このお店は、嬬恋産キャベツを使ったロールキャベツで有名なお店だと聞いています。
車を降りると、硫黄の匂いがプーンとする程、温泉の近くで、付近の景色とマッチした外観。「営業中」の札が下がって居なければ、レストランだと気づかない様な、普通のロッジ風の建物です。
和風のロールキャベツ定食\150045e41c02.jpg
bfc8c7c8.jpg
 
ロールキャベツ2個、熊笹豆腐、ごはん、味噌汁、香物、果物、がセットになっていました
ロールキャベツはとろけるように柔らかくて、和風あんの味が良かったですよ。
食べやすいように切れ目が入れられています。心遣いが感じられました。


洋風のロールキャベツ定食\1500↓
e8217d61.jpg
2db0c4d2.jpg
 クリームパスタの上にやや大きめのロールキャベツが1個。野菜サラダ。焼きたてのフワフワロールパン。コーヒーがセットになっていました。
クリーム仕立てのロールキャベツは、濃厚な味なのに、クセがなく、とても美味しかったですよ。和風、洋風の両方を主人と半分ずつ頂きました。

2261b771.jpg
 店内には、訪れた人たちが思い思いに、書き綴ったノートがあり、私たちのグループの子供達も、足跡を残して来ました。
53edcb30.jpg
f242f535.jpg
  ***次の話題は万座温泉と驚きの雪の壁の話題です。***準備中

連休の旅 一日目

a41d892f.jpg
 
高速道路の渋滞にを避ける為、早朝というか深夜と言うか。。午前3時半友人家族と総勢9人(63才~3才まで)で出発。渋滞に遭うこともなく、長野道姨捨SAに7時頃到着。朝食を済ませ、一路「燕温泉」に向かう。車窓に妙高山の姿が現れる。(トップ写真)

097cf4b2.jpg
  883169fe.jpg
燕温泉はまだ冬なの?と思う程、雪の中にひっそりとしていました。この温泉は、紅葉の季節に、何度も尋ねた事があり、
観光化されず、きらびやかなところがない事が気に入っています。今回「たぶんまだ雪が残っているだろう」とは思っていましたが、残ってる。。なんて言う物じゃなかった!雪の中でした。温泉街までは除雪もなされていましたが、山間の露天風呂までは、雪が深く、尋ねることが出来ませんでした。訪れている観光客の数も、両手の指で足りる程です。5b5f4812.jpg
 

←雪道で「ふきのとう」を発見。太陽の光を浴びていないので、「黄色」です。
アチコチで見つけては、掘って持ち帰りました。



d20cc171.jpg
山を下り新井PA内の「日本海鮮魚センター」に立ち寄り、鮮魚の買い出しです。このお店も今回で3回目。店内はそんなに広くはないのですが、新鮮な魚介類が、所狭しと並べられ、非常にお値打ちな価格です。新鮮な鮮魚を購入し、自宅に送って頂く事にし、当日は、お寿司を買って、次なる目的地「野尻湖」に車を走らせました。

ea66e44e.jpg
野尻湖畔の桜は丁度満開。連休中だと言うのに、人出は少なく、のんびりと桜の木の下で、先ほど買ったお寿司で昼食。桜の花びらがヒラヒラと舞い、何ともいい風情でした。
食後、子供達は、ボートに乗り、私は友人と一緒に遊覧船に乗船。主人は、運転のお疲れからか、お昼のビールが効いたのか、湖畔でお休み。




5eac7573.jpg
 遊覧船「MIYABI」より、黒姫山を望む


早朝三時半に出発した旅行の一日目。渋滞に巻き込まれることもなく、観光地の人混みに遭遇することもなく、実に快適な旅の始まりでした。** つづく **

虹鱒と紅葉の花

12447ee7.jpg
 友人宅から、虹鱒を頂戴しました。ココのお宅は、父子で(時には家族で)川に釣りに出掛けられ、沢山の川魚を釣って来られます。実に羨ましい親子関係です。
我家の旦那様は、川魚の釣りはやりません。ですから、淡泊な川魚を頂くと、本当に嬉しくなります。
春から夏にかけて、スーパーの店頭に並びますが、やっぱり、釣った物は、身が締まっていて、美味しさが違います。
写真は、塩焼きにしようと、お塩を振った物です。わかりにくいですが、虹鱒特有の、体全体に黒点があり、側面に赤~赤紫色の模様があります。
fc1751eb.jpg
早速、夕飯に塩焼きを頂きました。
さっぱりとしていて、クセもなく、美味しく頂きました。庭の新緑に輝く、紅葉の枝を切って来て、お皿に盛りつけました。ちょっといいでしょ!
まだ残っています。今夜はバター焼きにしてみようかな。
それにしても、このお魚を釣る為の餌は「いくら」だそうです(もったいない。。。ボソッ)
餌にする位なら、「いくら」も欲しかったわ。餌のイクラ残っていませんか。
○○ちゃん。ありがとう。美味しかったよ!


**************************************
01c9ef84.jpg
昨日、やっこちゃんのブログで、可憐な紅葉の花の紹介がありました
家の庭に、大きな紅葉の木があり、秋の紅葉と落ち葉。初夏の新緑と、居間の私の席から、季節の移ろいを、目の当たりに出来ますが、やっこちゃんのおっしゃる「花」は恥ずかしいのですが、気づきませんでした。
ニジマスの盛りつけに、枝を取りに行っているのに、気づかないとは。。
あまりにもお花が小さい事と、この時期、輝くような葉っぱの緑に目を奪われて仕舞う為でしょうか(苦しいいい訳です)
やっこちゃんのブログを見て、カメラを持って、庭に飛び出しました。可憐な花を付けていました。
上手く撮れませんでしたが、ご紹介しますね。

田舎の回覧板

709f602c.jpg
 
本日回ってきた回覧板です。「竹の子蹴倒し作業(けたおし)」に参加協力をお願いしたい。。と言う物でした。

持ち物・・・のこぎり、ナタ、(動力の物は持参禁止)、飲料水

お隣に回す前に、思わず、写真を撮りました。
この町ならではの回覧板。とくとご覧あれ!
記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ