寒風の中で

249cc70b.jpg
先日、近所の知人の応援を頂いて、椎茸、なめこ、シメジの菌の打ち込み作業をしました(例のごとく私は人ごとのようです。。。食べる時には一番なのですが)
ac02dc37.jpg

桜とくぬぎ(どんぐりの木)の木を切り出し、ドリルで穴を空け、それぞれの菌を打ち込みます。なるべく日光が直接あたらない、日陰に並べます。作り方はここ
寒風が吹きすさぶ山での作業。お手伝いいただいた豊○様有り難うございました。椎茸は1年半から2年。なめことシメジは1年後にブログにてご紹介できそうです

蓮根どらやき

466ece84.jpg
昨日、出掛けた途中の道の駅で、「蓮根どら焼き」なる物を見つけ、買ってみました。
この地方は、愛知県の最西端。三重県桑名市に隣接し、蓮根の産地として有名な所です。

db12e2cd.jpg
ふわぁ~とした皮の色は茶系。カルメ焼きの様な色をしています。蓮の葉が粉末にして、練り込まれている為でしょうか。一般的などら焼きに比べると、「カサ高」でふんわりしています。半分に切ってみると粒あんと一緒に、「ゴロゴロ」と蓮根の細かく刻んだ物が混じっていて、シャリシャリした食感が何ともいいんです!ふらりと立ち寄った先で、思いがけず美味しいお菓子に遭遇です。

帰り道の木曽川で見た電気の鉄塔。水位の調整の為でしょう高下駄を履いていました。
そのあたりに住む友人の目には「何の変哲もない鉄塔」らしいのですが、私の目には一風変わった鉄塔に見えましたので、アップいたしました。
d8352382.jpg

切り干し大根作り

8b453b88.jpg
ブログのお友達が、みなとみらいで、セレブな集まりをし、リッチなランチを召し上がっていらっしゃる頃、田舎のオバサンは、大きな大根を相手に、切り干し大根作りに精をだしていました。
毎年、この時期だけに登場する「ケンツキ」と呼ばれる物が、今年も登場です。
細かく切って、ザルに並べ、太陽の光を浴びることで、糖化されて甘味がさらに増し、栄養価も増加します。また食物繊維が豊富に含まれていると聞きました。
11a8c5e4.jpg
大きな大根4本でザルに軽く2杯。このまま縁側に干していたら、知り合いの方が見えて、「このままでは腐ってしまう。もっと大きなザルに、重ならないように広げた方がいい」とアドバイスを頂きました。なるほど。。。納得!即、大きな棚を運び出しました(こんなんがある事がスゴイでしょ)   4b109bc1.jpg
  
切り干し大根って、買うとホンノ少しで、結構、高いでしょ。作ってみると、「値段の高い」のもうなずけます。結構、手が掛かって面倒な割に、乾くと、ほんの少しになってしまいます。

JTの広告

feee4453.jpg
 JRの車内で目に留まった広告。JTの広告です。なかなかユニークな物でした。
人混みって何人から?
自分のたばこはカオル物。人のたばこはニオウ物
スタンド灰皿に火を消さないで入れるのは、煙を増やす行為だ

この広告を見ていて、思い出しました。
先日、息子の所にあった本を。

ぱらぱら。。と見たら結構おもしろかったので、勝手に持って帰って来ました。
e4a421ad.jpg

さりげなくたばこの作法を説きつつ、たばこを吸っててありがちなシーンが絶妙なイラストで描かれています。おもしろくて一気に読み終えてしまいました。
タバコを吸わない人も、結構笑えます。

99196e10.jpg
 主人公 オサ ホウサク(小作法策)  キレたらこわいホテルマン・サメジマくんや、好奇心いっぱいの26才・アグネスちゃん、バリバリのイエスマン・島部長
どこかで聞いたような登場人物が誇張したタッチで描かれています。
肩の凝らない1冊でした(笑)

もう一つローカルな話題で!

aa756187.jpg
名古屋へのお出かけには、JRを使います。
快速なら四日市から30分。近鉄の\610に対し\460と値打ち。
超満員な近鉄に対しご覧のようなガラガラ状態。(時間帯にもよるでしょうが、、、)
近鉄の車両より綺麗です。途中の停車駅が近鉄の特急なみの桑名だけ。
30分で高島屋の玄関です!


東京の地下鉄に、先日、乗りました。
たしか何処まで行っても\220だったような。(ちがった?)
しっかり安い!利用者数なのでしょうね

お知らせ!  3が付く

今朝、友人宅に電話するも、繋がりません。
本日より四日市の電話番号の市内局番に「3」を付けるんだそうです。
そういえば、昨年の広報で、市外局番が0593から059に変わるって知らせがあったような。。。

市外局番 059
市内局番 3○○  に変更です

ちょっと都会になったみたい。

皆さんとは、ネットでのお話が多いから、関係のないお話ですが、お知らせまで!

食べたり!40個

仲良しの友人達との新年会で、鳥羽まで行って来ました。
サン浦島 悠季の里 ここで牡蠣のコース料理を満喫。
次々と出される牡蠣の料理。「もう。。。食べられない。。」
食後の片付けに来られた仲居さん曰く「何個の牡蠣を召し上がられたと思いますか」。「20個くらいですか」と返事する私たち。
なんと。。。一人40個の牡蠣が出されたそうです!
見てください。この牡蠣料理の数々を。。
ec7bb7c4.jpg
 酢の物。牡蠣シャブ。牡蠣の土瓶蒸し。牡蠣の土手鍋。鯛の姿造。マグロのお刺身。
口取り5種。食前酒。
4df1d029.jpg
焼き牡蠣。牡蠣のグラタン。
e0f6053f.jpg
牡蠣のチャウダー。牡蠣の白みそマヨネーズ焼き
ef773ad0.jpg
 ←牡蠣フライ
d096a5d2.jpg
牡蠣ご飯。牡蠣の天麩羅の吸い物。デザート→


40個の牡蠣と聞いて驚きましたが、色々な調理で次々に運ばれてくるので、案外、食べられるものですね(さすがに夕飯は食べられませんでしたが。。)
温泉に浸かり、露天風呂でのんびりし、至福の時を過ごしてきました。

昭和の子供60年

是非行きたいと思っていた、写真展が、昨日が最終。幸いポカポカと暖かな日差しに誘われ、一人で出掛けて来ました。
名古屋のノリタケの森ギャラリーで、開催中の「日本の子供60年」ここ
懐かしくい時代にタイムスリップしてしまいました。高度成長時代のまっただ中に、子供時代を送った私には、終戦直後の餓えの時代に生きた子供達の姿に胸が詰まり、また、たくましく生き抜く姿に、大きな感動をも覚えました。
95a5c29f.jpg

35d88900.jpg
080afd35.jpg
ce8c55ec.jpg
ddf89ae6.jpg
最後の写真は、昭和40年四日市のコンビナートの公害がクローズアップされた頃の子供達。登下校や授業中、放課後の遊びも、マスクをしてすごしました。当時の暗くどんよりとした空を思い出し、胸が詰まった写真です

横浜でもこの写真展が開催されるようです(2月16日~3月19日)機会があれば是非覗いて見てください。何時の時代にも目を輝かした子供達。きっと懐かしさとともに、感動を胸に刻まれる事と思いますよ

明太マヨネーズ

c7b4f222.jpg
 最近は、スーパーなどで見かける様になった明太マヨネーズ。友人が九州のお土産に買って来てくれました。
明太子の○まやの製品です。無着色の明太がたっぷり混ざっていて、ピリッとした辛さ。
茹でたポテトと混ぜて、タラモサラダ。パスタに混ぜて明太スパ。パンに塗って焼いても美味しいね。ほかに何か調理法があれば教えて下さい。

まぎらわしい。。。

「もしもし。お待たせしました」「もしもし。。」
お相手の話し声が聞こえてきません。
私が手にしていたのは、ケーブルテレビのリモコンでした泣く
4c9afc32.jpg

我家の居間のテーブル近くには、色々な物が散在しています
左からNTT電話の子機。テレビのリモコン。デジタルのリモコン。PC電話の子機。エアコンのリモコンです。

「電話だよ~~」って取り次がれて慌てて耳にあてたのは、テレビのリモコンでした。
そそっかしいと言うか惚けて来たと言うか、情けないお話です
記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ