ご近所のさくらんぼ

6686e836.jpg
 「ブログネタに困った時には、ご近所の庭に行けばなんとかなる」私のブログに一役買ってくれるのが、友人宅の庭です。
雪だるまが作ってあったり、春の訪れを真っ先に感じさせてくれる花が咲き乱れたり、鯉のぼりが悠々と泳いだり。。。
先日も、カメラを持って出掛けました。
手入れの行き届いた庭で、真っ先に目に飛び込んで来たのは「たわわに実ったさくらんぼ」
「これたべてもいいの?」「の」の終わらない内に、一つ。また一つ。と、気がつけば私の手のひらには、沢山の種!
意外な場所でのサクランボとの対面。サクランボの味がしました(当たり前なんですが。。感激です)
b1a356ab.jpg
雨に当たると実が割れてしまうからと、木の上をビニールで覆い、鳥に食べられるといけないからと、木の回りを金網で囲いこんでありました
サクランボって初夏の果物だと思っていたのに、こんな近所で、この時期にサクランボ狩りが出来るなんて。。。嬉しい!剪定。水やり。消毒、受粉など。デリケートなサクランボを大きくするには、大変な作業だと思います


      42dd57fa.jpg

オマケです。この木もありました。これは何の蕾だと思いますか。
正解は。。。ここです
この木も花が咲き、実のなる様子を追跡取材しなきゃ!

久しぶりのランチ

雨の毎日。冬物の始末や衣替えの準備など、やらなきゃいけない事は山ほどあるんだけど。。
「まぁいいかっ!」病。再発!
思いついて友人を誘ってランチ。
不思議なことに、声を掛ける友人達みな「まぁいいかっ!病」罹患。
あれよあれよと言う間に、いつもの仲良しグループ4人。全員集合。
なんとお気楽主婦の面々なんでしょうね
「何処行く?」「ここ行く?」話もまとまらないまま、なばなの里に薔薇を見に行こう!決定
その前にランチ。ランチ。
前から行きたかった桑名の「いまからや」に行きたいと、私の意見が即!採用!
00d956bb.jpg
←居酒屋さんとは思えないような静かな雰囲気の玄関です
下駄箱に靴を入れ、レトロな雰囲気に吸い込まれそう。
メニューに「当店一番人気」と書かれた「おこげ膳」にしました。
1ed25c5c.jpg
←蓮根のはさみ揚げ。たこわさび。野菜の煮物。マグロの角煮。鰹のお刺身。




27f8a28d.jpg
←赤米とも呼ばれる古代米。噛めば噛むほど甘みが増して、たまにはこんなお米もいいよね。623c2d3c.jpg


パリパリのおこげの器に、海老の入った中華風のアンをジュワッと、目の前で掛けてくださいます。
少し味が濃いかな?って思いましたが、おこげのパリパリした食感と、中華アンのドロリとした食感が、なんとも美味しく感じました。
杏仁豆腐とコーヒーが付いて?1365。久々にヒットランチでした。

そうそう。。。本日のお出かけは「なばなの里」でした
バラ園が出来たと「さくら子さんのブログ」で綺麗な写真を見せていただいたので、「じゃあ!私も!」って出掛けたのですが、ランチとその後のお茶の時間で、ゆっくりと、おしゃべりをし過ぎて、帰りの時間が気に掛り、結局、「なばなの里は、逃げてかへんよなぁ~~」と言うことで、次回に回されました。

こんな物買って来ました!?

8569d8b9.jpg
日本海鮮魚センターで見つけました。しじみ汁です。「お湯で薄めるだけ」って!なんと便利な!お酒の好きな旦那に何よりだし。。シジミ貝から煮出した一番汁を煮詰た濃厚なシジミエキスに、黒酢と寒天を加えた香り豊かな醤油味のスープ。。。とあります。
迷わず買い求めました。そのまま、薄めてスープにするらしいのですが、私は、味噌汁にしています。シジミの濃厚な旨みと香りが広がります。コクがあって美味しい味噌汁が出来ます。その上黒酢と寒天を配合してあるというから、言う事なしです。
02db8c43.jpg
 
←これも鮮魚センターで見つけました。昆布を粉末にした物です
お出汁に少し加えると、コクが出て、うま味が増す様に思います。おうどんのつゆの仕上げに、入れて見ました。濃厚なお味になり、簡単に美味しい「おつゆ」が出来ました



ところで、我家では、シジミ=味噌汁 あさり=吸い物  なのですが、友人宅では シジミ=吸い物  あさり=味噌汁  これは譲れないとの事
やっぱり、シジミに八丁味噌の味噌汁ですよね!私も譲れないわ!皆さんはいかが?

こんなん買って来ました!?

359bf233.jpg
02b7df39.jpg
 これは。。
どこかのSAで買った物です。無性にお腹がすいて「何でも美味しく見えた時間帯」に買ったんです。くるみとレーズンが練り込んであって、大変に香ばしく焼き上がっていました。スコーン独特の、サクサクした感じなのですが、何か。。足りない。甘みかな?スコーン自体、甘みの少ない焼き菓子だと思うから、こんな物か?モサモサして正直ちょっと。。。って言う感じ。
帰って紅茶と一緒にカシスのジャムを付けて購入者の意地で食べました。

711ee0fe.jpg
 このお菓子も旅の途中で見つけました。新潟のお菓子のようです。早い話、ぬれおかき。しっとりとしていて、甘口のお醤油が中までしみ込んでいます。 これは美味しかった!また買いたい品です。
6c32752c.jpg

こんな物買って来ました!?

706589b7.jpg
f3959f81.jpg
 持って生まれた興味本位な性格と、ブログの更新の為、日夜たゆまぬ努力の結果、旅先では細い目が皿のようになってしまいます。
今回、万座温泉で見つけた「ゆりの花の佃煮」です。
これ結構美味しかったわ。箸休めの一品になります。百合の花って鉄分は、ほうれん草の20倍もあるんだって。ビタミンも豊富なんだそうです。
興味本位で買った物って、がっかりさせられる事が多いんだけど、これは合格ラインだわ。

a68f04e9.jpg
f09f35fd.jpg
 これも万座のホテルで買った物です。フリーズドライしたイチゴをチョコでコーティングした物はよく見かけますが、「リンゴ」のチョコは初めて。「これも買って行こう」と迷うことなく決定。味は食べる前から、おおよその見当がつきます。
23df2c6d.jpg
リンゴの角切りをフリーズドライして、アップルチョコで包んだ物です。思った通りの味でした。
リンゴの味を大切にするなら、チョコにリンゴの風味はいらないかな?
乾燥されたリンゴも、繊維質だからかな?やや噛みずらく、イチゴのチョコのような、感じではなかったわ。

萬古市

69a253fb.jpg
五月の第二の土曜日、日曜日は「万古祭り」と言う祭りが四日市であります。毎年必ず雨に見舞われるという萬古市。今年も昨日は土砂降りの雨に見舞われました。今日は青空に誘われて、私も午前中に少し覗いて来ました。
fc9cd38f.jpg

売り手と買い手の掛け合いを、隣で聞いているだけでも楽しいんです。もちろん私も、「値切ってなんぼ」。
フリマ同様つっこみが大事です。オバサンパワー炸裂です(爆)

和風の小さめのお皿と、一人用の急須が欲しい(昨年買ったのですが、娘の下宿に持たせましたから。。)
壮絶な値段交渉の末、ゲット!
5fc0af28.jpg


万古屋さんのお店の数より露天商のお店の方が多いのは、いつもながらの風景です
e9e3cd5b.jpg


陶板焼きなのかな?土鍋なのかな?こんな可愛い物を見つけました
ちょっとわかりにくいですね。
2709e482.jpg

蓋の部分に可愛い女の子が覗いています88b99038.jpg

母の日の話題

67541af3.jpg
息子の所から「母の日プレゼント」が届きました。以前、息子が一人の折、メッセージカードに「レシート」が挟まれたお花を、HPに載せたことがありましたが、今年は、お嫁さんが選んでくれた物でしょう。片面が拡大鏡になっていて、目の衰えを感じ始めた昨今、非常に有り難く思います。
自己嫌悪に陥るくらい良く見えます。

以下↓息子からのメッセージです。
今まで、息子や娘のことを中心に考えていてくれましたが、これからは、自分を見つめ直されてはいかがかと思い、このようなものにしました。
そして、「母」からすてきな「婆」になってください。


****************
昨日、友人宅で頂いた和菓子です。
両○屋の物ですが、カーネーションに細工された練りきりです。
3e03a3cb.jpg

食べるのが躊躇われるほど、美しい細工でした。中のこしあんも、さらっとしていて、美味しいお菓子でした。

母の日プレゼント

8cb75943.jpg
昨夜、娘が帰宅。開口一番「母の日のプレゼントを買って来たわ。初めてのお給料も貰ったから。。感謝の気持ちね。二つも買ってしまったよ!」
fbc184ff.jpg
WEDGWOODのドレスエプロンとFEILERの手提げの2点でした。
少ないお給料の中から、無理しちゃったわね。



「少し可愛すぎるエプロンだけど。。」一言多いのは母に似たのかも。
ありがとう!大事にするね!
e6ce07d0.jpg

咲き競う庭の花

{d963963a.jpg
13b389b5.jpg
1211d34f.jpg


シャクヤク   垣根のツツジ  アイリス


44c29f24.jpg
0a25ea0b.jpg
70f4418e.jpg


椿   こでまり   えびね


0d5c569a.jpg
e19921f2.jpg


キンセンカ   霧島ツツジ


この時期の庭は、本当に、お花が競争して「美」を競っています

竹の子の瓶詰め作業

先日「蹴飛ばし」の作業をアップいたしましたが、そろそろ今年の孟宗竹の竹の子の収穫は終わりです。
収穫した竹の子を保存するには、塩に漬ける方法や、酢に漬ける方法などありますが、今年は、友人に教えてもらって、瓶詰め作業をする事にしました。
  a16d216b.jpg
友人宅と2件分の瓶20本を用意しました。                         09d54c3b.jpg
皮付きのまま柔らかくゆでます        8a470367.jpg
皮、姫皮を丁寧に剥き、2日間お水にさらします5bac2751.jpg
竹の子を、」適当な大きさに切って瓶に詰め、空気が入らないように注意しながら、お水に浸けます。軽く蓋をして沸騰してから2時間炊きます

2e498c18.jpg
空気が入らない様に気をつけて、しっかり蓋を閉めます

瓶の中に、空気が入らないようにする事がまぁ~~大変!
お水、お湯の中での作業です。
多少空気が入ってしまった瓶もありますが、初めてにしては上出来かな?
上手く保存出来ればお正月のお料理にも重宝するはず!

それにしても、沸騰後2時間ぐらぐらとお湯を煮え立たせるって大変な作業でした。
記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ