アオサバター

志摩のホテルの朝食で食べたアオサバターが、
とても香りが良く、美味しかったので買って帰ってきました。

DSC_7430
DSC_7432
早速、昼食に。
DSC_7437
パスタが少し足らなかったので、食パン一枚を半分こ。
磯の香りがして、美味しい

そして夜には
DSC_7445
じゃがバター風に

メイクインに、長野で買った海苔バター。
普通のバター。アオサバター。を挟みました。

私的に美味しかったのは

1番     海苔バター
2番     アオサバター
3番     普通のバター

しかし
じゃがバターには、男爵がいいね。

瓶の代金も含まれているのか、
少し高いと思いましたが、美味しいから善しとします。(笑)

色々な使い方が出来そうです。

灼熱の太陽とヒマワリ

午後からお天気が回復
肌を焼くような太陽がサンサンと降り注ぎます。
まだ6月なのに。。この暑さ!
真夏の日差しに閉口しながら、そうだ!思いつきました

kumiちゃんのインスタや、
げんかあちゃんのブログでお話のあった、
ヒマワリの畑に行ってみよう!

太陽にヒマワリは超お似合いですものね
家から25分くらいかな。。

477号バイパスを菰野方面に直進。
平尾ICを折りて道なり。左手に黄色く見えてきます
DSC_7465
DSC_7466

DSC_0000_BURST20220624132034099
DSC_7463
DSC_0001_BURST20220624132137203
DSC_0001_BURST20220624132121261
DSC_7464
少し背の低い品種のようです。
8000本のひまわり。
圧巻です。
kumiちゃん。げんかあちゃん。教えてくれてありがとう

父の日の会食

賢島から帰った日。父の日でした

賢島から直行で帰り、お昼過ぎには帰宅しましたが、
朝のバイキングでお腹いっぱいだったので、
お昼の時間帯を外して、
中途半端な時間に、娘夫婦のご馳走になりました

 うなぎ専門のお店でありながら、
うなぎ嫌いの人のためのメニューもあり、よく行くお店です

少しボリュームを抑えたレディース膳
DSC_7418

一膳目はそのまま蒲焼の味を楽しみ

DSC_7421

二膳目は薬味で味の変化を楽しみ

三膳目はお出汁を掛けてお茶漬け風に
DSC_0001_BURST20220618144421400

なんと4膳ものご飯が入っていました

鰻丼定食

DSC_7420


私と娘は大海老天丼

DSC_7413

ご飯少なめにして頂いても。たっぷり。

中途半端な時間にお昼ご飯でしたから、
当然の様に夕食は食べられませんでした
YYちゃん。ご馳走様でした


賢島の宿 食事

美食の隠家。。食事の期待は膨らみます
謳い文句通りの絶品でした


夕食。朝食共に、一階のレストラン賢亭にて
3

12

HPより拝借

DSC_7339~2

メニューを見ながらわくわく

bb

馬のひずめの様な手。愕然とする母

bbb

待て!が利かないんだなぁ。。。
お酒が視界に入ったら呑む人

c

やたら賑やかなプレートに盛り付けられてます
岩ガキと鱧の揚げ出し(めかぶ餡)
岩ガキに期待したのに、あまり存在感を感じられず。。
鱧の存在感バンバン

ccc

地魚カルパッチョ
(大葉とトマトのソース)
新鮮なお刺身は勿論ですが、ソースの味が光ました。

cc

真珠貝の貝柱。かす漬け
メニューには載ってません。2人分
必然的に夫の酒のアテとなり。。

cccc

柔らか鮑の志摩黒海苔グリル
(あおさクリームソース)

本当に柔らかで美味しい鮑が沢山入ってました
一同感激!(笑)

ddddddd

珍しい2ショット!


cccccc

ビールを水の様に感激もなく飲み干し。
次は。。。
三重の地酒。呑み比べだそうで。。

1

しっかり奥様が、「どれくらいの量ですか」と質問
「ぐい呑みグラス」ですと。。

そ。それで。。3000円!
奥様心の叫び!

cccccccc

    違いが判る男だったのか。。。
違いの分からぬうちに終了してしまったのか。
口に運ぶたびに600円1200円と数える奥様でした。

ddd

1
dddd

婿殿が、お茶のスパークリングは美味しくないよ・・
って忠告を無視して「コレにしよう」と母娘

2人で1本にしておけばいいのに。。
2本
母。。まずぅ。。。
お口に合いませんでした。

ccccc

美熊野牛のロースト
(ネバネバ野菜の醤油漬け)
やたらお皿が大きく、お肉小さく。
もう少し食べたかったな!

ddddd

2人分   アクアパッツア
お魚嫌いの私が、具材タップリで美味しいと思ったんです

dddddd

蓮根の炊き込みご飯
初めて食べました
いと美味し!
家庭で真似してみたいと思います

dddddddd

デザート。梅風味わらび餅
抹茶のガトーショコラ
抹茶の味。濃厚。


そして翌朝
DSC_7396

DSC_7397

少しずつ色々頂けて朝から大満足
ご飯物は、てこね寿司です。
お茶碗一杯に見えますが
盃ほどの大きさ  ↓

7

あれこれ食べたい私には、この量が有難い
(勿論、普通のご飯や創作カレーなどありました)
DSC_7399
タジン鍋で鷄肉のスープにお野菜
玉子をポトンと落として。


あっ!後ろ!
ロボットがデザートの配膳に一役

DSC_7398
DSC_7400
ロボットさんの持って来てくれた
ほうじ茶プリン
3

DSC_7401
バイキングから、フルーツとオレンジジュース

食材に拘った色々な品がたくさん
手袋をはめて取り分けました。
流石にカメラを向けてうろうろは気がひけて
食べるに専念しました。



美食の隠れ家を謳うだけのことはありました。
どのお料理も素材の味を活かしつつ味付けがはっきりしていて
ソースや餡などが美味しく、見た目も味も満足でした。
非日常を味わう事ができ
見た目より、量が思ったよりしっかりしているので、
主人も満足気でした。

施設的には、景観もすこぶる悪く(笑)イマイチの感が残りましたが、
オーベルジュホテルとしている訳ですから、
ホテルの部分より食の部分のウエートが大きく、
ホテルの細かい設備などは
仕方のない事でしょう

関わるスタッフの皆さんがとても親切でいいお宿でした。

2日目は朝から雨
しとしと。。ではなくザー

予定していた地中海村(志摩スペイン村ではありません)も
横山展望台から見る英虞湾の景色も、
帰り道に外宮さん(この時期勾玉池の花しょうぶも見ごろだろうと)も
全て計画倒れになりました。

家から二時間余り。また行く機会もありそうです。

旅のブログにお付き合い下さって
有り難うございました。



賢島のお宿

今回のホテル他 決定権を娘夫婦に一任しました
娘たちが見つけてきたホテルは
美食の隠れ家 PROVENCE

オーベルジュホテルを謳い文句にしたホテルです
オーベルジュって何。。ここ

名前からして、今夜はご馳走だぁ・・感満載

そして、以前宿泊して大感激した
汀渚ばさら邸と同じモアレリゾートのホテルです
ますます期待が膨らみました


大きなホテルではありません

DSC_7405


DSC_7331

ツインのお部屋が24
DSC_7393

  DSC_7406
入ってすぐにフロント
小さなショップ
2
ロビー


DSC_7332

4階の角のお部屋でした。

11
ddddddd

賢島の一つ手前の神明駅。徒歩1分
窓から近鉄特急が見られました

DSC_7333

浴衣と部屋着の用意がありました
私は浴衣が苦手です。旅行には必ず部屋着を持って行くのですが
(今回も持参してます)
このホテルのこのサービスは嬉しかったです


DSC_7395

肌触りも良く、ゆったりしたデザインで、
なかなか着心地のいい物でした。
(モデルに問題あり)

浴衣で部屋の外はOKですが、
部屋着で部屋から出ないでくださいとの事でした
流石にこの格好では出られないよね(笑)

1
お部屋のお風呂はユニットバスでした
アメニティはポーラ
冷蔵庫には無料のミネラルウオーター
ドリップコーヒーと煎茶

お風呂に入って、さっぱり。
1
10
上記二枚HPからの画像です

天然温泉。源泉かけ流しのお湯です。
他に入浴の方もなく、ゆっくり入浴出来ました

DSC_7389

6階では、星空コンシェルジュによる天体観測が毎夜開催されると聞いて
行ってみました
DSC_7388
室内には、大きな望遠鏡が幾つも

DSC_0001_BURST20220617201647420
本来なら、バルコニーから天体観測のはずですが、生憎、この日は曇り空。
室内で、取り貯めたコンピューター画像を見せて頂きました

DSC_7380

月食の様子

DSC_7383
回転花火銀河
h

木星だったかすい星だったか。。

DSC_7379

皆さん帰られても、娘達は夢中で画像を見せて頂いてました。
私は一足早く帰って爆睡

食事は一階のレストランにて

12
HPからお借りしました

長くなりました。夕食。朝食は別にまとめる事にします
(毎度、長くてすみません。
備忘録を兼ねたブログですからご容赦ください)


Time outの大王崎灯台

この日のお宿は賢島
ホテルに行く前に大王崎灯台に行ってみました
熊野灘と遠州灘を分かつ大王崎灯台は
安乗崎灯台と並んで、三重県に2基ある参観灯台です

DSC_7304

漁港の駐車場に車を停めて(300円)大王崎灯台に向かいます

途中は、干物や乾物。真珠などのお店が立ち並び。。
やや寂れた感はありますが。。。

途中の真珠を扱うお店では看板犬の首に真珠が掛かっていました
DSC_7305~2

DSC_7307
娘夫婦。一向に動こうとせず、ワンちゃんと遊んでます。

やっと灯台の白い建物が見えてきました。

見学時間は、午後4時まで。
2分前でした。

見学はまた今度!

来た道を戻ると、八幡さん公園。白亜の灯台が見られるとの事。
行ってみました。

DSC_7314


DSC_7310

ここ大王町は絵描きの町としても有名です

八幡さん公園には、そのような画家の像がありました
zzzzz
bb

内宮さんの長い参道を歩き、おはらい町を闊歩し、
そして大王崎の坂道を上り
普段の運動不足がモロ表れ、ヒィヒィ。。。
aaa

スマホの万歩計を見てビックリ
月 ベストだと。。でしょうね。こんなに歩くのって。。。

さぁ!今夜のお宿に向かいます
美食の隠家と言われるお宿です。

絵かきの町・大王崎コース

全行程…約3.4km・所要時間…約1時間10分

熊野灘と遠州灘を二分する大王埼灯台がある志摩市大王町は“絵かきの町”として知られている。大正2年、日本画家・土田麦遷が文展に発表して以来、藤島武二など古今東西の画家たちの創造意欲をかきたててきた。断崖に打ち寄せる波涛、暗礁を照らす白亜の灯台とともに、彼らが愛してやまない風景が、迷路のような石坂の町並みである。
平地がほとんどない波切では、斜面に石垣を築いて家を建て、主道間を結ぶ坂道には石段が巡らされている。石積みの技術は、大正から昭和初期の築港で得られたもので、“波切の石工”は伊勢志摩地方では熟練者の代名詞となっている。

おはらい町

三年ぶりのおはらい町
随分変わっていました
DSC_0001_BURST20220617130618563
DSC_0001_BURST20220617115925928
平日だった事もあり
密は避けられました。

私が知らなかった新しいお店
1

スタバが出来てたぁ・・
(そう言えば善光寺さん参道にも出来てたなぁ)
お隣は、山村牛乳 (外宮さんのほうではお馴染みです)
帰りに立ち寄ろうと思いながら。。。すっかり忘れてました
2
へんば餅。以前からあったお店ですが、二階が出来て甘味処となってました
立ち寄りたいと思いながら、頭は「赤福氷」になびいてしまって。。。

3
松阪のお肉のお店。まるよし
フラフラッと引き寄せられるようなすき焼きの匂い。。
4
答志島の浜与本店さん
DSC_7283

今回、主人が生しらす。。食いたい!と言うので、こちらのお店にしました
私はすし久さんが良かったけど。。
DSC_7284

主人は生しらす丼

私と娘は、ゆでしらす丼(ご飯少な目)

DSC_7285

プラス蒸し牡蠣(牡蠣3個。主人。娘夫婦。早い話支払った私は食べてません)

DSC_7287
DSC_7288

婿殿はプラスカレーパン
DSC_7286

お腹いっぱいになって、娘たちはスヌーピーのお店が見たいと
DSC_7232
DSC_7236
DSC_7234


私と主人は赤福茶屋に

赤福本店 毎度の事ながら、すごい人ですなぁ。。
皆さんが赤福氷を食したいと列をなして見えます
DSC_7292

私たちは、本店ではなく駐車場の近くの五十鈴川店で

こちらの店舗なら、並ばなくていいのに。。。
赤福氷一人分600円(いつからか・・・・高くなってる)
運ばれてきたのは、スプーン2個と熱いほうじ茶2つ
DSC_7296

濃いめの抹茶シロップが、氷との相性よく
また、赤福の餡との相性も抜群

食べていくと中から赤福の餡。こしあんが登場
DSC_7298

もう少し食べるとお餅登場

DSC_7299

この日、ピーカン晴れの一日。
かき氷が脳天突き刺さる程、おいしゅうございました(笑)

DSC_7300

娘夫婦を待つ間に、ブログネタ調達

段差解消機・・??定員1名
DSC_7295
DSC_7294

すぐ横に目を向けると、5段の石段
DSC_7297

この部分を車いすの方や、
足の不自由な方のためのエレベーターに代わるものなのね
段差解消機。。。いかにもこの場所にふさわしい呼び名ですこと!


娘たちが来るまでに、
お向かいの五十鈴茶屋さんんで季節大福1個購入
この時期は、パイナップル大福です。

DSC_7303

赤福さんの店舗で五十鈴茶屋さんのお菓子を頂きました

娘たちが帰ってきて、この人たちはこれから赤福氷。。
暑い日でしたが、かき氷で一遍に汗が引きました


おはらい町。こぼれ話

郵便局
DSC_7219

ポスト

DSC_7220

銀行キャッシュコーナー

DSC_7225

DSC_7229
DSC_7231
DSC_7237

DSC_7224
今回はおかげ横丁には行きませんでした

ホテルに行くには少し早いので、
大王崎に立ち寄る事にして、内宮さんを後にしました

残念だった大王崎。後日。。。


伊勢神宮内宮さん

家を10時に出発。途中、リフレッシュ工事などの渋滞もあって、
思わぬ時間が掛かり、内宮さん駐車場には丁度お昼になっていました
河川敷の駐車場に車を停めていざ!

DSC_7241
z

2019年4月に友人と一緒に参拝して以来、
3年ぶりに宇治橋を渡り神域に。

この日は五十鈴川の水量が多く、
手水舎で清める事だそうです。

DSC_7249

(コロナ対策で柄杓の使用なし)
zz

火除橋を渡ります。
DSC_7247
DSC_7253

なるほど!
五十鈴川は水量も多く流れも早いわ


d11c22b8


1番
瀧祭神(天照大御神にお取次ぎする神様)

御手洗場で手を清めた後、メインの参道に戻らず、右の脇道を少し入ります


  参拝を飛ばす方が多いのですが、取次さんとも呼ばれ、大切な参拝順序です。

社殿はありませんが、別宮扱いのポストに位置します。



DSC_7255

DSC_7254

DSC_7258

木漏れ日を浴びて、真っ直ぐに進むと、
(この道は人の往来が少ない)内宮境内別宮風日祈宮に自然に入ります
DSC_7260
風日祈宮に向かう橋

a7
上記地図2番
DSC_7265
DSC_7267


DSC_7268

風日祈宮参拝を終え、島路川の橋を渡り真っ直ぐ進むと

DSC_7270

人の往来の多いメインの参道。神楽殿や、
お札の販売やご祈祷の建物の所に出ます

本宮階段手前で、制止を受けました。
この日(17日)月並祭があり、
6月の月次祭は、10月の神嘗祭・12月の月次祭と共に
三節祭」と呼ばれる神宮の最も由緒深い祭典)

今日の日に出会えたご縁に感謝
DSC_0001_BURST20220617124232570


DSC_7274
DSC_7275

正宮参拝の石段を登ります
写真は石段下まで

上記地図3番正宮

a11

正宮を参拝後に別宮の荒祭宮に参拝するのが正式ですが

今回は体力的に無理な人1人
神社仏閣に信仰心の無い人1人
訳が分からなく付いて歩く若いのが2人
よって荒祭宮参拝は取りやめました
a8
a12

13時を回っていました

おはらい町に向け歩きました

おはらい町の様子
また見てくださいね

伊勢神宮は外宮さんから参拝し、
内宮さん参拝が、正式参拝と言われますが、
今回、私達は
内宮さんのみとしました。


伊勢志摩に行って来ました

金曜日(17日)の朝から、伊勢神宮を訪ね、志摩のお宿一泊してきました
DSC_7212

DSC_7213

東名阪道。リフレッシュ工事とは知らずに(調べればいいのに)渋滞の中に突っ込む格好で旅は始まりました
DSC_7215~3


一泊して今日。志摩地方は朝から本降り。
DSC_7408


地中海村に行こうか。横山展望台に行こうかとの計画は全てアウト!
ホテルを出て直行で帰って来ました

旅の様子。明日からまた見てください



やっぱり和食

昨日は2人の友人と3人でランチに行って来ました


お部屋に活けられたお花や置物
落ち着いた空間です
DSC_7175

DSC_7174~2


ランチは松花堂1種類のみ

DSC_7177


DSC_7182
白和えのようでしたが、お豆腐を使った(少量は使ってあるかも)物ではなく
ピーナッツをすり、和えたようなネトツとした感じでした。
後で女将に聞こうと思いながら、他の話に脱線し聞き忘れです。

DSC_7180
お刺身には茗荷が添えられて。

DSC_7181
炊き合わせ。
6面剥きの里芋など、手抜きのない仕事

DSC_7183
なんと!ハモが入ったお吸い物
お出汁の香りがよく美味しく頂きました。

DSC_7179

角の器に、きっちりと詰められたお惣菜。
左 の列から   だし巻き卵 さつまいも甘煮
えび  昆布巻き 鰆の焼き物 山もも
右の列  蒲鉾 ステーキ
鶏つくね  ホタテのしぐれ煮


デザートは、パイナップルとスイカにジュレが掛かっていました
DSC_7185

最後になって「しまった!写真!」でこのような写真に(笑)

デザートを食べてしばらく話し込み、
さぁ帰りましょうか。。と部屋を出ると

アイスクリームを一緒に食べましょうと、
お昼の接客を終えた女将(友人)
DSC_7187

またまたお部屋に逆戻り(笑)
女将も交えて話に花が咲きました

学舎を一緒に出てから半世紀以上
気分は当時の女学生のまま
話題は70才の体のあちこちの不具合とサプリメント
気心の知れた友人とのランチはリフレッシュ効果絶大!

記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード