ふわふわ。。。。食パン

2月だったかな。。
また一軒食パン専門のお店がオープンしました

鈴鹿にも店舗があり、鈴鹿の友人から美味しいと聞いていたのですが
主人が「パンはお菓子だ」という人ですから、

お店を見ることさえ許されない感じで。。
まして買うなど。。(笑)
気にはなりながら、同乗している車で
立ち寄ることもしませんでした

同じ道沿いに「乃が美」があります

最近、食パンの専門店多いですねぇ

隣の鈴鹿市にも、銀座に志かわ。。ができてびっくりしています
話が脱線・・

その立ち寄ることもしなかった
お店のパンを、先日、
なんと!いただきました

DSC_2627
sさん。ありがとうございます

食べたかったんですぅぅ(笑)

DSC_2628

ふわふわ。。。
美味しいわぁ。。。


まずはそのまま。。。
しっとりとした食感。


パンの耳も柔らかく、
耳ってこんなに美味しかったの。。
って言うのが実感です

角食パン2斤分 

美味しいパンは、サンドイッチにしたい。。
そう思うものの、薄くスライスすることは至難の業に思える

焼いて。。。それも邪道のような。
やっぱり、生で食べるのが一番の様です

乃がみや、にしかわ。も食べてますが、正直、違いはわかりません
やや甘味に違いがあるのかな・・

美味しい食パンを、堪能させていただきました


歯科医院にて

先日、息子からline
歯にかぶせた物を処置しようと、近くの歯科医院を訪ねたら
歯にかぶせてあるものは水銀が入っているから、
水銀を取り除き、新しくかぶせると言われた・・
水銀除去に5万円。新しい治療に3万円
8万が必要になると言われたそうだ。

InkedInkeda_LI
主人の友人で、我が家の飲み仲間に歯科医師が見えるので、
その医師に聞いてみてほしいというものでした
夜、主人が友人の歯科医師に事の次第を話すと。。。
 
そのような保険外治療をされる歯科医院もあるにはあるけど。。。
口を濁されたようでした
幸い、友人の歯科医師は、地元で開院。
そして東京にも診療所があり
一週間2日ないし3日上京されて診察に当たられています
息子も東京の先生の診療所を早速に訪ねたと報告あり
初診料を含めて840円だったと。。
しばらく通院するようです

8万円と言われた歯科医院。

840円だった歯科医院

最近、歯科医院はコンビニの数より多いという
医師を複数人抱えて診療にあたっている医院は、それなりに大変だろう
保険外診療もしないと。。。などと思ったことでした
保険外治療も、患者さんのためを思っての最適な治療なのか
ただ単にお金儲けだけの保険外治療なのか
患者側も両目を見開いて病院を選ぶことが必要なのだと思う

ちなみに昨日は二回目の診察で
かぶせてあった物を外し、中を削って
仮の詰め物をして2030円だったとの事。

楽でした

2月中旬友人が女将の割烹料理のお店
ランチを頂いていて
「お雛さまのちらし寿司」の話題が出ました

長いお付き合いですが、
このお店がお雛様の日限定で「ちらし寿司」を
作っていらっしゃる事を全く知りませんでした

今年のお雛様はこのお店のちらし寿司!


主人は夕食にご飯を食べませんから、お米系はお昼に。
勝手を言って、お昼前に仕上げていただきました

DSC_2615

きれい。。。


煮物。酢の物など、一つ一つの下処理が
丁寧にされていて、大変においしくいただきました
DSC_2618

丁度、訪ねてきた義妹にも、お裾分け
(裏口にて受け渡し)

お仏壇にも生ものを除いてお供えし

DSC_2621
DSC_2617

肝心かなめのお雛様にもお供えを。。。

結婚して46年。
初めて雛の日のちらし寿司を作らない
楽を覚えてしまいました(笑)

IMG_20210303_173322
DSC_2625


つくし

日曜日の午後、庭に出ていた主人が、摘んで入ってきました

新聞紙の上に広げて。。。
DSC_2602

アッ!つくし!
もう出てるん!
袴を取っておいて!
機関銃のごとくに言葉を残し
ブログ魂を掲げて
庭に出てツクシの写真を撮ってきました

DSC_0001_BURST20210228132208866

夜には天ぷらにしてみました

DSC_2605

買ったのはアナゴだけ
生椎茸。サツマイモ。人参。フキノトウ
ブロッコリー。太いネギ
そして。。。つくし

DSC_2607

きんぴら風です。
(玉でとじる御宅も多いのですが、
主人が卵が嫌いですから我が家はきんぴら風)

3月に入り、花粉の飛散とともに、野山も春です

味比べ

裏口に、チョコンとお菓子が置かれていました
庭に出ていて、気づかなかったぁ。。

どなたかしら。。

思い当たる方は2人。
1人にラインで伺ってみたらNO

ならば、もう1方に違いない!

lineしようかと思っているところに、主人の携帯に電話

やっぱり彼でした

小ざくらや一清
おほほっ
DSC_2591

楽しいネーミングですね

頂戴した方は、各地の銘菓と言われるものをよくご存じで
いつも頂戴しています。
恐縮してます

可愛い、イチゴ大福が4個
イチゴの種類によって、色分けされたカップに入っています

a
DSC_2592

主人は紅ほっぺを。私は「ゆめのか」を。

aa

IMG_20210228_110647

上が紅ほっぺ・下がゆめのか

食べ比べてみると、微妙にイチゴの甘さが違うように思いますが、
白あんとのコラボで、大きく違いは判りませんでした
ただ、やわらかな羽二重餅と、ジューシーなイチゴ
そして甘さの加減が絶妙な白あん
なんとも、贅沢なお菓子です
思わず笑みがこぼれネーミング通り「おほほっ」
頬が緩みます(笑)

が。。下品な私は
イチゴの大きさの違い(笑)に目が行ってしまった
私が小さなイチゴだったから、もう大変!(笑)

残り2個は私が。。と固く心に決めました(笑)

もう一袋は、タイ焼きが4尾(幸福堂)

aaaa

まだ、イチゴ大福で大騒ぎしていますから、
まだタイ焼きまで食べていませんが、
これも、焼いて食べればまた格別なのでは。。。
ウキウキしています


後日、残りの2つを頂きました

上があまおう。下がとちおとめです
IMG_20210301_093300

Tさん。いつもお心に掛けていただいてありがとうございます
頂いたお菓子で、多少、夫婦の会話が弾みました。

桃の花

お隣のおばあちゃんが「雛さんに」って
桃の花をくださいました

お行儀の悪い枝を、揃え、
少しお花足して
(カスミソウとフリージャ。
250円)
aa
2021-02-27-21-21-21-076

♪ 明かりをつけましょぼんんぼりに
お花をあげましょ桃の花 ♪
思わず歌まで飛び出した私です
a


aaa

桃の花で明るくなりました

おまけ
こちらは、トイレ
DSC_2588

庭のキンカンを短く切って・・・
芳香剤の役目もするかな(笑)


今日で2月も終わり
この間、お餅つきだ。お雑煮だと大騒ぎしてたのに
はや2か月が過ぎました


スマホケース

先日、スマホのケースを変えました

以前のケースは、薄汚れて見るからに「変え時ですよ・・」と連日囁かれている状態

従来のケースは、折りたためて立たせて使う事が出来ましたが、そのように使った試しもなく、今回はネットで「安い物」を探しました


ポイントで買い、実質0円

以前の手帳型は重いし。。。と迷ったのですが、やっぱり今回も手帳型

1613896022569

またしばらくよろしく。。です。

大当たりです!

ブログの話題のない時に。。。
大きなブログネタに遭遇しました

大当たりです!

なにが。。。何に。。。いつ。。。

23日の夜半。。
その日はベッドに入るころから、なんだか気分が悪く、胃が重かった
夕食にたくさん食べた訳でもないのに。。。

ベッドにはいっても、不調は続き、右向いたり左向いたり。。
寝付かれるわけもなく。。

そして。。ついに!猛烈な吐き気
ベッドから大急ぎでトイレに駆け込む

それからの時間は、トイレとベッドの往復。。(下痢は無く嘔吐のみ)
(いっそ!トイレに座ったままで居たい気持ち)
結局、朝4時ころまで、嘔吐は続きました

何か食べたものが悪かった??
主人も全く同じものを食べてますが、何の症状もなく「大丈夫か」の声掛けもせず、ひたすら眠りこけてました

夕食の牡蠣??
ただ、生食ではなくカキフライでした
熱もしっかり通っていたはず。。
熱処理した後の牡蠣って、当たるかなぁ・・

と思いながら、やっぱり原因は牡蠣しか思い当たらない。
同じものを食べても、主人はアルコール消毒してるもん。。。害はなかったんや・・・

翌朝もそして翌々日まで時折、お腹が射しこむように痛みました


お年玉年賀はがきにしろ、各種の懸賞にしろ、大当たりした試しがない私
今回。牡蠣に大当たりでした




名古屋でお買い物

瑞浪のいインター近くで偶然見つけた。
恵那川上屋さん
この季節は、干し柿の中に栗きんとんの入った「ひなたぼっこ」
(本当は川上屋さんの「柿の実きんとん」が好きなのですが、今回はこちらで。
a

美味しいね。。美味しいね
一人
連発しながら娘宅で頂きました


娘の近所のお目当てのスイーツ
a


DSC_2581

米粉のサンドイッチとメロンのケーキ

今回は、苺のサンドイッチ
こちらのサンドイッチは、もうケーキの域だと思います

aaaaaa
aaaaa

そして。。メロンのケーキ

aa

DSC_2584

メロンの房の部分はくりぬかれ、
苺とシャインマスカットが入れ込まれてました

メロン1個まるごとケーキもありましたが、
手が届きませんでした(笑)


娘の所に行く楽しみの一つに、スーパーに行く事があげられます

オシャレなスーパーが点在する場所柄です

今回は主人を娘宅に置いて、娘と二人で買い物に大急ぎ


マイセンのカツサンドを見つけました
私の方では、買えませんから。
迷わず買い物かごに。
IMG_20210224_200210

緑の箱は今回初めて知りました
ポテトサンドです

分厚いカツサンドは、いつものことながら感激
ポテトサンドは可もなく不可もなく


先日、げんかあちゃんのブログで紹介のあった2点
私のほうでも、売られているとの事ですが、
家の近所のスーパーにはなかったので
名古屋で購入

元祖。ヨコイのパスタ
若鯱屋のカレーうどん
共に冷凍食品です。
ヨコイの看板商品。あんかけスパではなくナポリタン
あんかけは見つけられなかった。

DSC_2586

名古屋のスーパー
もう少しゆっくりと買い物がしたいのですが
主人が待ってます。
子供たちがそれぞれに
気を使ってくれて、一泊の娘宅行き
楽しく過ごしました。

息子と娘と

息子は、せっかく、帰省するなら、
両親においしい物を食べさせてやりたいと、
食べログを調べて、あちこち探してくれたようでした
(両親にという隠れ蓑で、
本当は自分が食べたいと思った節が見られました(笑))

で。。。ラッキーな事に見つけたのが、
瑞浪市の柳家  ジビエ料理のお店です


私は、まるで分らないのですが、
食べログの評価も高く、予約の取れない店としても有名なのだそうです。
(食べログで10年連続1位だそう)

それが。。。ラッキーなことに、20日の夜ならキャンセルが一組あり、
食事ができるとか。。
(19日の夜。20日の昼共に予約できず)

息子が娘夫婦にも声をかけ、
皆で夕食に出向くことになりました

ただ、残念なことに、婿殿はこの日。
友人とスキーに行かれていて一緒に行くことができませんでした


20日(土曜日)昼食を済ませて娘宅に。
主人と息子と娘、私。4人で出かけたのって、
何十年ぶりかなぁ。。

感慨深いものがありました

18:00の予約に間に合いました
創業は1946年。
岐阜県の瑞浪市にあります
(中央道瑞浪ICから30分くらいだったかな)

途中、看板やお店の道案内もなく、心細いことこの上なし
ナビだけが頼りです
3

安政6年に建てられた古民家を移築。
6室あるお部屋は、すべて囲炉裏を囲むスタイルです
(4.5年前に一部改築されたようです)

お部屋には、囲炉裏の中央に、炭が組み合わされていて、
あたたかな炎が心地よかったです

4
5
立派なハリと欄間。。。

私たちのお部屋の囲炉裏には、
こちらの大女将が付いて焼いてくださいました
私と同世代(3歳上だそうです)で、お話も弾みました

先付?かな?
「これ。。。なに?」
「蜂の子」の佃煮の様です
8

私と娘はちょっとパス(笑)主人が回収
主人と息子はおいしい。おいしいと連発
主人のお酒も進む進!

9
大根に軽くお塩を振っただけのもの。
口直しの役目は大きなものでした

いよいよ串が炭のそばに。

シカのひれ肉

7
10
丁寧に焼いてくださって
焼き加減抜群!
柔らかくで、心配していた臭みなどなく
牛肉を食べているような感覚でした

鴨肉のねぎま。一緒に鴨ロース

11
12
13
鴨がこんなにおいしかったとは。。
ネギも絶妙な焼き加減で、甘味が引き出されてます

猪です

14
1
これ。。。脂?
四角で真っ白いお肉に
びっくりしたのですが。。

16
17
脂が落ちて、火の手が上がります


18

串に刺されて持ってこられた時には、まるで脂の塊だったのに
焼きあがったものは、脂こくもなく
脂のにおいもなく、私は今回の中では一番おいしく思いました
粒マスタードが添えられていました


シカロース
19
2
20
柚子胡椒で食べました

小鴨が半身

21
鴨の小さいのではなく、小鴨という種類なんだそうです
国内では最小の鴨だそうですよ

22
半身ということでしたから、切り分けていただいたところによって
固い。柔らかいと感じ方も違ったのが興味深かったですよ

ここで一旦終了。
23

囲炉裏の火が引き上げられました
消壺に入れられて保管されるとか
消壺ってメッチャ懐かしい。。
昔の台所。おくどさんの横に必ずあったよね。
私って昔人間丸出しだわ。。(笑)

熾火の上に、つるされた
このつるすもの。自在鉤っていうらしい。
囲炉裏にはつきものだよね
DSC_2566

24
26

たっぷりのきのこ。ねぎの鴨鍋です

27

いいお出汁が出ていて、いくらでも食べられそうです
ここに、おうどんを入れたら抜群だと思うものの。。。
もったいないので、皆で一致団結して(笑)残さず、何回もお変わりしました

〆のご飯は、自然薯がかかったご飯
28
29

もうお腹いっぱいでしたが、わずかに見つけた胃の隙間に、少しだけ流し込みました
つるん!とした食感がとてもおいしくて。。
私はたくさん食べられませんでしたが、他の三人は、お変わりしていました

30
31

70歳になって、初めて食べたジビエ料理
息子に誘ってもらわなければ、
おそらく一生食べずに終わっていた事だと思います

ジビエって臭みが強いというイメージで、食べるなどもってのほか。。
と思っていたのですが、丁寧な下処理と火入れなどで
私の持っていたイメージは崩れ落ちました


このお店が人気で予約が取りにくいということも
十分に腑に落ちました


このお店は、季節によって、食材が変わり
春は山菜。
夏は鮎。ウナギ。川魚
秋にはマツタケなどのキノコ
冬はジビエ

その季節にしか食べられない食材を使ったお任せコースのみです

(息子さん。。。今度はマツタケの季節にお願いします)

食通の人たちの間では、ジビエのこの季節こそが。。。と言われる方も多く
遠く海外からのお客様も多いと聞きました

行きは息子の運転で
帰りは娘の運転で

子供たちと来られたことで
なぜかホンワカ気分の老夫婦二人は後部座席で夢の中。。

この日は娘宅に一泊し息子は翌日に帰っていきました

帯が長くなりました
最後まで読んでくださってありがとうございます




記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

のんき

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ